スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.08赤岳日帰り登山(1)

赤岳(2,899m/長野県原村・茅野市、山梨県北杜市他)

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

登山を始めたばかりの頃、私が「憧れの山」としてまず思い浮かべたのは、実は富士山でもアルプスでもなく、八ヶ岳だったんです。
小学生の頃のちょっとした思い出もあって、大きな山々の中でもひときわ親しみを覚えていたその山域。
昨年、その端っこにある編笠山~権現岳を縦走させてもらい、八ヶ岳の持つ世界観を肌で感じた私でしたが、その時に見た八ヶ岳の主峰、「赤岳」の圧倒的な存在感をずっと忘れることができずにいました。
そして今回、ようやくチャンスと心強い同行者を得て、私は赤岳に日帰りでお邪魔することになったのです!

金曜の夜、新宿発の夜行登山バス「毎日アルペン号」に乗り込んだ私たちは、一路八ヶ岳へ!
・・・がっ。
たまたま運転席が良く見える席だったのですが、バスはがらんとした舗装道路を制限速度より遥かに遅い時速20km程度で進みまして・・・到着予定時刻をかなり遅れて八ヶ岳の玄関口、美濃戸口へとたどり着いたのでした
渋滞でもないのに、なぜ遅れたのかは未だに謎です(苦笑)
時間が許せば赤岳から阿弥陀岳まで足を伸ばそうと思っていたのですが、この時点でその計画は時間的に難しいだろうということになりました。
(とは言っても、それは時間的な問題だけではないことを後に痛感することになるのですが

美濃戸口にある八ヶ岳山荘前で装備を整えた私たちは、美濃戸まで簡易舗装のなだらかな道を歩きます。
美濃戸への道
この道、思ったより細くて、しかも所々がかなりボコボコに荒れていました
美濃戸までは一般車両も入れるので、後ろから何台もの乗用車に追い抜かれましたが、時々
ゴリッ!!! バキッ!!
というお腹をこする音が響き渡るのでした・・・(苦笑)

こうして歩くことしばらく、前方にいくつかの小屋と、多くの車が停まる駐車場が現れました。ここが美濃戸のようです
さぁ、ここからがいよいよ本番。南沢の登山道に入ります!

歩き始めは美しい森の中の道。木漏れ日が降り注いで、とても雰囲気が良いです
雰囲気のいい森です☆
この日ご一緒したお友達(女性)は登山経験も装備も私以上にある人なのですが、これまで地上でしか会ったことがありませんでした。一緒に山へ行くのはこれが初めてのことだったので、お互いの歩くペースや体力など、様子を見ながらの歩き出しになりました。
実は美濃戸口からこの辺りまでは友達のペースが私にはかなり速く感じて、ちょっとぎくしゃくしていたのですが、そのうち自然と波長があってきて、すごく歩きやすくなりました

何より、ガールズ登山は久しぶりのこと。
「わー、この雰囲気素敵だよね~☆」
「あれっ?もしかして私たちのストック同じやつかな?」
(実際には同じLEKIですが、私のLEKI シーヴァアンチショックとは別のものでした)
なんて言い合いながら、楽しく登っていきました。

さすがに人気の山とあって、行き交う人々の姿は少なくありません。
向こうから下りてくる人をやりすごそうと、道端に立ち止まっていたら・・・
「あーっ!!!
タマゴタケがっ!
なんと、そこににょきっと生えていたのは、日向山でも見た「タマゴタケ」ではありませんか!
しかも2本並んでいます!

キノコ狩りをしに来て探し回っている時には見つからないのに、何気なく山歩きをしている時に限って次々と現れるタマゴタケさん・・・(笑)
この時も目的が登山だったことと、正式な鑑定ができないことから(普段キノコ狩りをする時は、専門家に食毒の鑑定をお願いするようにしています)観察するにとどめて先へ進みました。

森の中には、キノコだけでなく花もちらほら見られました。
今日は日帰りゆえ、立ち止まってゆっくり鑑賞する時間はあまり取れませんでしたが、人とのすれ違い待ちのタイミングなどを使って何度かカメラを向けました。
この紫の花、すごく立派ですよね~!トリカブトかなぁ?
花も多いです

やがて、辺りの森がより一層雰囲気を増してきました~!
白っぽい樹肌をした木々が立ち並ぶ足元は、一面ふっかふかの苔のじゅうたんなの!
苔に覆われた森
すごい・・・全てのものがキラキラしてて、生き生きしてて・・・すごく「生きてる森」って感じがしました。
この辺りは傾斜が比較的緩やかなところが多いこともあって、本当に楽しく歩くことができました。

こうして森歩きを目一杯満喫した私たちは、ようやく行者小屋へとたどり着きました~。
行者小屋
八ヶ岳という高い高い壁にぐるりと囲まれた小屋前の広場は、驚くほど沢山の人々で賑わっています。
山奥から急に街へと出てきたようなふわふわした気分で、私たちは広場の端にあるベンチへ腰を下ろしました。

ここからの景色といったら――。荒々しく圧倒的な存在感を誇る山々に、青い青い夏の空。
これは是非、動画でご覧下さい!
[広告] VPS

ほっと一息ついた私たちは、小屋でトイレを借り、水場でプラティパスに水を補給しました。豊富に流れ出る水は、冷たくて美味しいっ!
そしてベンチに戻ると、再び黒々とした山々を見上げます。
お互い口には出さなくても、思いはひとつでした。

「私たち、これからここのてっぺんまで登るのっ!?(笑)

そう、比較的なだらかだったこれまでの道とは打って変わって、この先には岩だらけの険しい急坂が待っていたのでした。
指導標に従って稜線に向かう道を登り始めると、やがて森の木々は徐々にまばらになり、背も低くなってきました。
木々の合間に望む景色

景色がどんどん開けてきて爽快な気分、ではあるのですが・・・
こんなハシゴ(階段)が次々と現れ始めましたよーっ!!!
ハシゴが現れました!

うそっ!?って言いたくなるぐらいの急な岩場の連続に、呼吸は乱れ、心臓も限界寸前です。
他の登山者をやり過ごす間に呼吸をなんとか整えようと、腰に手を当ててふと振り返ったら・・・

わぁあ――っ、なにこの景色―!!

広大な森

眼下に広がる深い深い緑の海。
八ヶ岳はこんなにも広大な森を持っていたなんて・・・!!

アメリカのヨセミテ国立公園を訪れた時に見た光景、あの時の感動がふと蘇ってきました。
今見ているこの世界も、あの時に負けないぐらい素晴らしいものでした。
やっぱり地球って、すっごいなぁ~!

・・・とはいえ、このハシゴの連続もすっごいわけですが(苦笑)
でも、ハシゴの先に広がるのは青空。これを登り切れば、いよいよ稜線に・・・!!
登り切れば・・・青空!










まだまだ先だったー!!

残念っ!


赤岳山頂へのハードな道のりは、もうしばらく続きそうです・・・(苦笑)

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.08赤岳日帰り登山(2)

赤岳日帰り登山、(1)の続きです。

行者小屋から地蔵の頭まで、ハシゴの連続する険しい道をひたすら登っていく私たち。
一気に標高を稼いでいるせいか、辺りの景色はどんどん低くなっていきます。

眼下に広がるのは、こんなにも濃密な緑の世界。
これが日本の一風景だなんて・・・信じられる?
阿弥陀岳方面の眺望

登っても登っても、進む先には私たちを拒むように岩壁が立ちはだかっています。
そしてついには、こんな鎖場まで現れましたー!!
ハードな鎖場!
とはいえ、実際に登ってみれば見た目ほど難しいものではありません。
もちろん危険がないと言うわけではありませんが、落ち着いて、慎重に登れば大丈夫。

先行者の鎖場通過を待ちながら、ふと振り返るとこんな風景に出会いました。
このままふわっと宙を舞って、夏の雲に吸い込まれていきそうだよ・・・。
夏雲もくもく

こうして、なんとか岩の急坂を登りきった私たち。
ようやく・・・ようやく稜線へと上がることができましたー!!
ようやく稜線へ・・・
前方に見える一番大きなとんがりのてっぺん、あれが赤岳の山頂だね!
でも・・・左側からものすごい勢いで上がってきている「白いモクモク」は何だろう・・・?(苦笑)
実は私も友達も、かなりの雨女なんです。
登り始めはあんなに青空だったのに・・・ここに来てパワー発揮とは・・・

一抹の不安を感じながらも稜線をたどり始めた私たち。
目指す頂はガスに巻かれて見えなくなったり、時折さぁっと姿を現したりしています。
願わくば、私たちがその場所に立つときには一瞬でもいいからガスが晴れて欲しいっ
そんなことを祈りながら進みます。

ほどなくして、赤岳展望荘に着きました~。
赤岳展望荘
ここまでの急登でだいぶ体力を使っていたので、小屋前のベンチに腰を下ろして小休憩を取りました。

そして再び歩き始めた時、私は信じられない出会いを果たしたのです!
「そこ、コマクサ咲いてるよ」
近くに座っていらっしゃったおじさまの声で、ふと斜面に目を落とすと・・・

あーっ、ホントだー!!
コマクサ
ガスに覆われて霞む視界の中に、くっきりと浮かび上がる鮮やかなピンク色。
その独特の形は、まぎれもなくその花のものでした。

時期的にまさかここで「高山植物の女王」に出会えるとは思っていなかったので、これは思わぬサプライズ!
本当にキレイだなぁ~

とはいえ、さすがに咲いていたのはわずかに1株でした。
ですが、そのたった1株が、もしかしたら私たちを待っていてくれたのかもしれないそんな都合のいいことを考えて、どんどんガスに巻かれていく稜線の中で一人テンションが上がる私なのでした(苦笑)

コマクサの可憐な姿に元気をもらった私は、いよいよ山頂を目指して最後の登りにかかりました。
急な斜面、険しい岩場・・・やはり八ヶ岳の主峰はそうやすやすと登頂を許してはくれなさそうです。
晴れていればものすごい絶景の中を登れるはずでしたが、この日はガスでほとんど景色を望めませんでした。
視界の利かない中、油断は許されません。
険しい稜線を進みます

だけど、楽しかったぁ。本当に楽しかった
ハードな登りも楽しかったし、憧れ続けた八ヶ岳の稜線を自分の足で歩けることが嬉しかったし、
それに・・・ほら、足元のこんなに小さな小さな存在にも出会うことができたから。
小さな小さな木の実を発見
こんなに険しい山のてっぺん、荒々しい岩場の中で、花を咲かせ、実をつけて・・・
命はこんなにも強くて、尊くて、美しいものなんだなぁ。
「生きる」ってこと、「生きてる」ってこと。それは、どんなに素晴らしいことなんだろう。
一歩一歩に、心が大きく動かされました。

そして、赤岳頂上小屋に到着!
赤岳頂上小屋

「頂上小屋」ということは・・・ここが赤岳の山頂なんだね!
と思ったのですが・・・もうひと頑張り必要なようです(苦笑)
もうひと頑張り!

それでも、小屋から山頂まではごくわずかの距離でした。
切り立った岩場の道を慎重に進んで、ついに、ついにたどり着きましたー!

やったぁ!赤岳、山頂!
赤岳山頂

残念ながら、空も眼下の景色も真っ白になってしまいましたが、憧れ続けたこの山にこうして立つことができ、感慨もひとしお。
この登頂は本当に嬉しかったです

幸い、ガスで景色は望めないものの、雨が降る気配はありませんでした。
私たちは一旦赤岳頂上小屋まで戻り、小屋前の広場(と言っても岩場ですが・・・)で昼食をとることにしました。

今日は私がご飯係。メニューはベーコン入りの野菜スープと尾西の五目ごはんにしました。
尾西のごはんはお湯を入れて15分待つだけという便利なご飯。スープもキャベツ以外の野菜は自宅で下茹でしてきたので、マギーブイヨン1個に具を入れてちょっと煮る程度ですぐに完成です
野菜スープ

岩場に腰を下ろして、見えそうで見えない景色を心の目で堪能しながら()ご飯をほおばる私たち。
「良かったねぇ、うちらちゃんとここまでこれたよ!」
「天気はイマイチだったけど、本当に良かったよね!」
と、なんだか登山を終えた人のようにしみじみとこれまでの道のりを振り返ってしまいましたが・・・

公共交通機関利用の日帰り赤岳登山、ある意味ここからが正念場ですから!(苦笑)

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.08赤岳日帰り登山(3)

赤岳日帰り登山、(1)(2)の続きです。

赤岳登頂を果たし、頂上小屋の前で山ごはんを楽しんだ私たち。
今回は日帰り登山なので、日没前には下山を果たさねばなりません。

出発前にトイレを済ませることにしましたが、トイレは小屋の裏手、少し下ったところにあるみたい。
交代で行くことにして、先に友達がトイレへ向かって下っていきました。
こうして彼女の姿が見えなくなった頃、

「うおおおお!!」

あちこちから上がる歓声。なんと、突然前方のガスが流れて、阿弥陀岳へと続く美しい稜線がくっきりと姿を現したのです!
ガスが晴れた!
わぁぁぁぁー!すごいっキレイー!!
あの稜線、歩いたらどんなに楽しいだろうなぁ。いつか歩いてみたいなぁ

しかし、ガスの晴れ間がのぞいたのはほんの数分でした。あっという間に景色は再び白い世界に閉ざされてしまったんです。
その直後、背後から友達の声。
「お待たせー。」
「あ・・・。」

この時、私は思いました。
私も彼女も雨女を自称しているけれど、もしかして今日のこの雲を呼んでいるのは彼女なのでは・・・と(笑)

という冗談は置いといて(苦笑)
いよいよ私たちは美濃戸口へ向けて下山を始めました。
今回は赤岳山頂から阿弥陀岳へ伸びる稜線を少し進み、分岐からは文三郎尾根に折れて行者小屋まで下る計画です。

しかし、こちらのルートも非常―――に険しかった!
これは振り返っての撮影なんだけど・・・ごつごつした岩だらけの急坂で、鎖やハシゴがいくつもかかっています。
険しい坂を下ります
見るからに登りもきつそうだけど、下りにも危険を感じます。これは慎重にいかないと・・・

それでも、こんな岩場にさえも小さな植物が美しい花を咲かせているんです。
それでも花はキレイ
生きてるよ~。みんな精一杯生きてる
私も生きて、元気に家まで帰らなきゃ!

だからこういう鎖を見かけても、ぶら下がってふざけたりしない!(笑)
鎖・・・場?

もう時刻は午後ですが、小屋泊まりと思われる登山客がまだまだ登ってきます。
お互いうまくやり過ごしながら登り下りする必要がありますが、そのお陰でペースが落ちて慎重に下ることができたので、すれ違いの多いことがむしろありがたいと感じました。

時間に限りがあるとはいえ、焦っちゃいけない。こんなにも険しい道なんだからね・・・
険しいです!

やがて岩場が落ち着き、阿弥陀岳へ向かう道と、文三郎尾根の分岐点へやってきました~。
ガスの合間に見え隠れする、あの美しい稜線。
分岐に到着
状況さえ許せば、このまま直進したかったなぁ。あの道を歩いたら、どんなに楽しいことだろう。
私は少しの間この場所に腰を下ろして、稜線に伸びる登山道を目でなぞっていました。

・・・さぁ、今日は予定通り、文三郎尾根から下山しよう!
あの道はずっとここにあるんだから、また来ればいいんだよね

こうして歩き始めた文三郎尾根。険しい岩場はなくなりましたが、今度はザレ場・ガレ場の歩き辛い道になりました
むしろこっちの方が滑りやすくてキツイかも・・・。私たちは乾いた砂と小石に何度も足を取られては、ヒーヒー言いながら下っていくのでした

先ほどまで目線の高さにあったはずの中岳、阿弥陀岳の姿は、もうすっかり手の届かない場所になってしまいました。
阿弥陀岳を見上げる
まるで魔法が解けるかのように、私の歩いてきた稜線はどんどんどんどんせり上がり、私を取り囲む高い壁へと変わっていきます。
さっきまであの高みへいたことが嘘みたいだね・・・。

こうしてなんとか無事、傾斜が落ち着くところまで下ってきました。森の中へ入って少しホッとしますが、道はまだ滑りやすいので要注意。
道が落ち着きました!
さすがに疲れもたまってきたし、ハードな下りで精神力も消耗していた私たち。
行者小屋までがとてつもなく長く感じて、「まだかなー・・・まだかなー・・・」と言いながら進んでいきました(苦笑)

ようやく向こうから賑やかな人々の話し声が聞こえてくると、広場の向こうに行者小屋の姿が!
「着いたー!」
ここからまだまだ先があることは、お互い敢えて口にはしませんでした(苦笑)

小屋の前はテント場になっていて、色とりどりのテントが立ち並んでいました。
その脇を通り抜けようとした時、目の前にヒラヒラ・・・と鮮やかな色彩の蝶が飛んできたんです!

わぁ!!すっごいキレイー!!こんな蝶見たことない!!
美しいクジャクチョウ
目の前の花にふわっと舞い降りた蝶は、私がどんなにカメラを近づけても逃げようとはしませんでした。
まるで印象派の絵画のようなその美しい模様にじーっと見入っていると、これまでの疲れさえ吹っ飛んでしまいます。

携帯の電波が入ったのでこの蝶の写真をTwitterにアップしたら、詳しい方々から「それはクジャクチョウだよ」とすぐに教えて頂きました!
孔雀蝶・・・名前にぴったりの美しい蝶ですね☆教えて下さった皆さん、ありがとうございました!
(それにしてもTwitterの情報力とスピードってすごい・・・)

気が済むまで蝶に見とれた後、私たちは行きと同じようにベンチに腰を下ろして休憩をとりました。
疲れたけど、ここまで来たら後は比較的なだらかな道だけだよね。もう少し頑張ろう!

こうして、行きにも通った美しい森の中へ進んでいった私たち。
雰囲気の良い森の中

延々歩き続けて、もう足の裏もだいぶ痛くなっていたんだけど、やっぱり森は素晴らしく輝いていました。
足がだんだん上がらなくなってきて、木の根っこに度々つまずくようになってもなお、山歩きの楽しさは消えませんでした。

そして・・・美濃戸山荘に到着~!
美濃戸山荘
「わ――――!!着いた――!!」
(まだ先があります、というのは禁句で・苦笑)

私たちはここで帰りの高速バスの予約と、美濃戸口からバス停までのタクシーの迎車依頼を済ませました。
ここからは簡易舗装の道、あと1時間もかからないね。
タクシーの迎えの時間に合わせて、再び歩き始めます。

すると途中で、こんなに不思議な光景に出会いました。
不思議な雲!
太陽の位置が低くなって、その上にある雲を下から照らしているのかな?
雲の上の空に、影が浮かんでいました。
その幻想的な光景を見上げながら、無事に美濃戸口へとたどり着くことのできた私たちなのでした。

八ヶ岳の美しさや険しさ、雄大さを目一杯感じることのできた今回の山行。
帰りの高速バスの中で、私はこんなことを心に誓うのでした。
今度は泊まりでゆっくり来よう。あの美しい稜線を、ずっとずっと歩いてみよう。
赤岳登山の夢がかなった私に、新しい夢が生まれました

・・・ちなみに、美濃戸口から高速バスのバス停へ向かうタクシーに乗り込むとき、
中央道 原(ちゅうおうどう はら)バス停のことを中央 道原(ちゅうおう みちはら)バス停
と間違えて、タクシーの運転手さんを困らせてしまったことはここだけの話です(苦笑)

【終わり】

※自分用メモは後日掲載予定です。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。