スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.09焼岳~西穂高岳登山【2日目】(2)

焼岳~西穂高岳登山、(1)の続きです。

翌朝5時過ぎに山荘を出ると、頭上にはまだ月が煌々と輝いていました。
辺りにはきんと冷えた空気が満ちていて、山荘の窓から漏れるオレンジの明かりがとてもあたたかなものに思えました。
西穂山荘を出発

私たちは山荘脇の棚に不要な荷物を置かせてもらい、少し軽くなったザックを背負って歩き始めます。
前回の南アルプスでは北岳山荘から間ノ岳への往復にサブザックを使いましたが、今回の西穂高岳往復は道の険しさも考えて、メインのザック(OSPREY(オスプレー)ケストレル28)で行くことにしました。

登り始めは大きな岩が積み重なったような道。ほぼ同時刻に登り始めた多くの人々と一団となって歩かなければならなかったこともあって、ペースが乱れて息が上がりました
大岩の登りが落ち着くと辺りは低木に挟まれた見晴らしの良い道に変わり、ほどよく人もばらけて歩きやすくなってきました。
西穂高岳方面へ

日の出までにできるだけ先へ進んでおきたいところですが、うまくタイミングと場所を選ばないとご来光が山陰に隠れてしまいそう・・・。
うまくご来光を拝めそうな場所を探りながら歩いていた私たちは、大きく開けた丸山のピークを越え、さらに先へと足を進めます。

しかしこの頃になると、状況は大きく変わっていました。
私の心はいつの間にか、西の空に奪われていたんです。

夜明け前の西の空

眼下の街を覆う地上の層、月の浮かぶ宇宙の層、そしてその間に漂う赤の層・・・
黒々と聳える山並みの向こうに広がるのは、そんな不思議な世界でした。

こうして美しい朝焼けの東の空、そして強烈に心惹かれる西の空を交互に見ながら歩き続けます。
とはいえ私のことですから、足元の小さな世界にも目を落とすことは忘れませんよ~(笑)

葉っぱに霜のデコレーション
ちょっとぶれちゃったけど・・・小さくて丸い葉っぱにたっぷりの霜のデコレーション。とってもキュート

「・・・あれっ!?ここまで来るとご来光が山に隠れちゃうかも!
「さっきの広場っぽいところまで戻ろうか
気づけばちょっと行き過ぎていた私たち、慌てて来た道を少し戻り、開けた場所に出るとザックを下ろしました。
もうすぐ、日の出の時間だね。

やがて、シルエットだった西の山並みにも少しずつ光が当たり始めました。
その時浮かび上がったのは、思わず息をのむような光景だったんです。

荘厳な笠ヶ岳の姿

美しい・・・いや、そんな感覚なんて遥かに通り過ぎて、「恐ろしい」とさえ感じました。
人間を寄せ付けないような威圧感。威厳に満ちた山の姿がそこにあったんです。
その山 ―後にそれが笠ヶ岳だと知るのですが― の尖った頂が突然ぼぅっと炎のような赤に染まり、その火がじわじわと下りていくにつれて、荒々しい山肌があらわになっていくのでした。

山は本当に偉大で、「わたし」はこんなにも小さな、ちっぽけな存在で。
でもそんなちっぽけな存在でも、こうして大きな大きな山のふところをちょこちょこ歩き回らせてもらって、こんな風に感動をもらって、生かしてもらってる。
山と同じように、命って偉大なものなんだって思う。
生きてることって、ただそれだけで本当に素晴らしいことなんだなって思う。

こうして西の空ばかり見ていたのですが、どうやら既に日の出を迎えてしまっていたみたい(苦笑)
残念ながら、私たちのいる広場からは太陽が山の陰に入ってしまって見えないようです・・・

さ、さぁ気を取り直して登山再開!
しばらくは歩きやすい道でしたが、だんだんと岩が大きく、斜面も急になっていきました。

岩だらけの登山道

息を切らしながら登っていくと、ようやく山の陰から太陽が半分顔を出してくれましたー!
振り返った稜線にも光が一杯に射しています。昨日登った焼岳も見えるね
朝陽に照らされる稜線

しかし、この辺りからさらに道は険しくなっていきました。
とにかく一歩一歩、油断しないよう慎重に足を運びます。
険しくなってきました

こうしてなんとか無事に、西穂高岳独標へ到着!
西穂高岳独標に到着!

登山を始めて間もない私が心惹かれたこの場所は、想像通り・・・いや、それ以上に素晴らしい眺めの中にありました。

目の前には、命ある者の存在すら受け付けないような、とにかく厳しく、険しい山並みが迫っています。

立ちはだかる険しい山々

今回はあの山並みの中、西穂高岳まで登る予定です。
しばらくその景色を眺めた後、緊張半分、ワクワク半分で岩場を進み始めました。

ここからの道は、これまで以上に困難なものになりました。
両手両足と頭を使い、足場や手がかりをしっかり確保しながらゆっくりと慎重に進んでいきます。

この辺りで、先行者との間隔調整をしている時にサッと足元を撮影してみました。
(※高所恐怖症の方は閲覧注意です!)

まさに・・・崖っぷち

岩につけられた○印は登山道のマーク。
ですがこれ・・・すぐ脇は谷底まで切れ落ちていませんかっ!?
とにかく焦らず、慎重に・・・同行の友達と声を掛け合いながらゆっくりと進みます。

こうしてたどり着いたのが、ピラミッドピーク。
ピラミッドピーク!

独標の辺りから眺めていた時、ここが西穂高岳にも思えたんだけど・・・やっぱり目指す頂はもっと先にありました
ここまでの岩場で少し苦戦していたお友達に様子を尋ねると、大丈夫だということだったので、場合によっては引き返すことも考えながら、さらに先へと進みました。

もうこの辺り、どこを向いても迫力の景色ばかり。
振り返って見れば「こんなに尖った稜線を歩いてきたの!?」と自分にもびっくりです
尖ってます

西穂高岳山頂への最後の登りは、もうハンパない険しさで
手足だけでなくルートを見極めるために頭もすごく使うので、神経はこのエリアの稜線ぐらい鋭く研ぎ澄まされていたように感じます。
非常に険しい岩場の登り
でも・・・こうして自分の身体ひとつで、山と真剣に向き合っている感覚・・・好きだなぁ~

正直、ここまでの道のりは困難で、緊張を強いられるものでした。
だけどそれと同時に、とても楽しいものでした

そして・・・


西穂高岳、登頂!

西穂高岳、無事登頂!!

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.09焼岳~西穂高岳登山【2日目】(3)

焼岳~西穂高岳登山、(1)(2)の続きです。

西穂独標から続く険しい稜線を慎重にたどり、無事西穂高岳への登頂を果たした私たち。
晴れ渡った空の下に広がるのは、目もくらむほどの大絶景でした。

まるで自分が宙に浮いて、地球を見下ろしているような気分だね
西穂高岳頂上からの眺め

岩だらけの山頂には、何人もの登山者たちが腰を下ろして思い思いの時を過ごしていました。
私たちも近くの大岩に並んで腰掛けると、辺りの景色に目を細めました。
西穂高岳の山頂標柱
「やったね。無事にこれたね、ここまで。」
「私たち、西穂高岳に登れたんだね・・・。」
赤岳、北岳、そしてここ西穂高岳で、私たちは一緒に「登る喜び」や「登頂の達成感」を共有してきました。
こんな風に励ましあったり、分かち合ったりすることのできる仲間がいるということ。
分かち合えるだけの感動や喜びがここにあるんだっていうこと。
経験や技術はまだまだだけど、これまでの私が登山を通じて得てきたものは少なくないと思うんです

こうして私たちは登頂の喜びを噛み締めながら、辺りの景色を楽しんだり、山間を飛んでいく荷揚げのヘリを目で追ったりして西穂高岳山頂での素敵な時間を過ごしたのでした

さて・・・
ここから先のルートは、さらに危険度の高いエキスパートの世界。見るからにヤバイ感じです
私たちが歩けるのはここまでだね。
でも、それはつまり、もう一度このスリリングな稜線を戻らなければならないということでもあり・・・(苦笑)
西穂山荘方面の景色

こうして再び険しい岩場を渡り始めた私たち。
同じ道でも逆にたどると、まるで別の道のような感じがします。登りより、下りの方がスリルが増しますね
次々に登ってくる登山者たちと挨拶を交わし、時にはイケメングループに目を奪われながら(笑)、ゆっくりとトゲトゲの岩場を進んでいきます。
帰りもやっぱり険しいです

ここなんて、まるで恐竜の背中みたい!
恐竜の背中みたい!

相変わらず、視界の許す限りに広がる大絶景。
この後私たちが下山する予定の上高地方面もはっきりと見ることができます。
上高地方面を見下ろす

そして・・・西に見るのは、圧倒的なオーラを放つ例の山、笠ヶ岳。
私は何度も何度も顔を上げては、目と心にその姿を焼き付けました。
笠ヶ岳
あの山の持つ世界はどんなだろう。知りたい。直に触れてみたい。
私の新しい夢が、ここでまたひとつ生まれました。

こうしてなんとか西穂高岳独標まで戻ってきた私たち。
先ほどまで自分たちのいた場所を振り返りながら、小休憩を取りました。

すごいなぁ・・・私たち、こんなところを歩いてきたんだね・・・。
独標から振り返る

独標を過ぎて少し下ると、道の険しさはだいぶ落ち着きました。
私たちは最後まで景色を楽しみながら、無事に西穂山荘まで戻ってくることができましたー
西穂山荘到着!

ここまで緊張する場面の連続だったからか、山荘が見えた時にはなんだかホッとしました。
やっぱり山小屋は、「そこにある」っていうだけで本当にありがたいものなんだなぁ

今日この後は上高地へ下山するだけなのですが、帰りの車の都合で上高地を出るのは夕方になりそう。この時はまだ午前中で、3時前に下山完了するにしても時間にはかなり余裕がありました。
私たちは置かせてもらっていた荷物を回収し、食堂でコーヒーを頂きながら1時間ほどのんびり過ごしました。
(実は、今回お世話になった方にコーヒーをご馳走になったのです。本当にありがとうございました!

しっかり休憩を取って体力を回復した私たちは、西穂山荘を後にしていよいよ下山にかかりました。
山荘から焼岳方面に少し下り、現れた分岐で上高地方面へ。
下山開始!

先ほどまでの稜線歩きとは一転、ここからはひたすら眺望のない森の中を下っていきます。
ですが、時間に余裕があった私たちは、この行程を「単なる下山」では終わらせませんでした!

たとえ遠くの景色が望めなくても、森の中には美しい景色がそこら中に溢れているんです
「あっ!この苔すごーいじゅうたんみたい!」
「こういう樹好きだなぁ~
そんなことを言い合いながら、私たちはばしばしシャッターを切ってみたり、しゃがみこんで苔に顔を近づけてみたり・・・とにかくこの森歩きを目一杯楽しみました。

そして、こんなものも発見してしまいました!
生まれて初めて遭遇した・・・


ひもパンはいてる樹(笑)
ひもパンはいてる樹!!(笑)

他にも、森の中には素敵なものが沢山。
苔むした樹

トゲトゲきのこ!

この2日間のハードな行程、それなりに疲れは出ていましたし、急な下りもしばしば現れたのですが、こんなに楽しさを感じた下山も今までになかったかもしれません。
ここ北アルプス、焼岳~西穂高岳の自然は私たちを最後の最後まで楽しませてくれたのでした。
雰囲気の良い森

こうして無事に下山を果たした私たち。
整備された舗装道路、建ち並ぶキレイな建物たち・・・久しぶりに文明というものに出会った気がして、半ば浦島太郎のような気分でフラフラと辺りをさまようことしばらく(苦笑)
上高地へ下山!
それから上高地中心部のレストランで食事をして、立ち寄り温泉で汗を流してようやく「地上の人」に戻った私たちは、タクシーと車を乗り継いで東京へと戻ったのでした

雨の中の長い長い縦走路、生命の危険すら感じるような険しい稜線・・・今回の私の登山は、決して易しいものではなかったと思います。
山はきつくて厳しくて、恐ろしくもあって・・・だからこそ際立つ、あの神々しいほどの美しい世界があるんだなぁ。
私を歩かせてくれ、ありのままの姿を見せてくれた北アルプスの山々に心から感謝したいと思います。
そして同行してくれたお友達やお世話になった関係者の皆さんにも、本当に感謝しています
ありがとうございました!

季節が一回りしてまた夏が巡ってきたら、今度は北アルプスのどの山へお邪魔しようか?
今から楽しみで仕方ありません

【終わり】

※自分用メモは後日掲載予定です。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。