スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.12 蛭ヶ岳~檜洞丸小屋泊まり登山(1)

蛭ヶ岳・檜洞丸(神奈川県相模原市・足柄上郡山北町/1,673m・1,601m)

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

登山をしている時に、「今度は向こうに見えるあの山にも登ってみたい!」「この先の道もいつか歩いてみたいなぁ」などと思うことがあります。
こうして山に登れば登るほど、どんどん登りたい山や歩きたい道が増えていくわけでして・・・(笑)

先月、塔ノ岳~丹沢山を歩いた時にも、そんな風に思った山がありました。

蛭ヶ岳。

あの山にのびる道はどんなだろう。あの山から見る景色はどんなだろう。
そんな好奇心に突き動かされ、早くもその翌月には同志と共に蛭ヶ岳の登山口へと向かうバスに揺られる私がいたのです。

蛭ヶ岳へ登るルートはいくつか考えられますが、今回は北側から登ることにしました。
JR藤野駅からバスを1回乗り換えて、登山口最寄りの東野バス停へ到着ー。
バス停から歩き始めます

ここから登山口までは結構距離があって、道が分かりづらいんです。
事前にインターネットで調べた道案内の印刷を確認しながら、里の道をくねくね進んでいきます。

時々、指導標が立てられています。これはバス停のマークがかわいかったので撮影(笑)
時々現れる指導標

こうして歩き続けること50分ほど、登山ポストが現れたので登山届を提出しました。
この裏手から八丁坂ノ頭へ登るルートもあるのですが、私たちはこの奥から登る予定なのでさらに先へ進みます。
15分程歩くと車が5、6台停められた駐車場が現れて、そのすぐ先に車止めゲートがありました。
車でのアクセスなら、ここに駐車できるみたいですね。駐車場はまだ少しだけ余裕があったので、あと1、2台は停められそうな雰囲気でした(普段運転しないので感覚が怪しいですが・苦笑)

そしてゲートを越えてから10分ほど歩いたところで、ようやく、ようやく登山道に入りましたー。ふー・・・
登山道に沿って伸びているのは、荷揚げ用のトロッコ(モノレール?)のレールのようです。
私たちも運んでもらいたい・・・(笑)
登山道に入りました

茶色の葉がまばらに落とされた冬枯れの登山道は、人の姿もなくどこか寂しい印象を受けました。
木の幹や枝に所々結ばれたピンク色のリボンだけが、静かな山道に色を添えていました。

沢の道に入ると、いよいよ踏み跡も不明瞭になってきます。
沢の道

地図とコンパスで確認して、方角に大きな狂いはないからとピンクのリボンを目印に進んでいったのですが、どうも様子がおかしくなってきました。一般登山道と呼ぶには、あまりに道が荒れてきたような・・・

先月からハンディGPS(GARMIN DAKOTA20)を使い始めていたので、そちらで確認するとやっぱり登山道を少し外れてしまったみたいすぐに軌道修正をして事なきを得ました。
やっぱり踏み跡や目印だけをあてにしないで、自分でしっかり地図と方角を確認しながら進まないといけないなぁ。
沢を離れると道は分かりやすくなり、その後は迷うことなく登っていくことができました。

こうして地図や方角のことに意識がいってしまい、あまり印象に残らなかったのですが、結構傾斜はきつめです(笑)
それでも、なんとか丹沢主脈の尾根まで上がってくることができました!

合流点には立派な指導標と大きな東海自然歩道案内図が立てられています。
地図を見ると、この辺りにトイレつきの避難小屋があるはずなのですが、どうやらちょっと下ったところにあるようで見当たりませんでした。
トイレも行っておきたいから探してみようかとも思ったのですが、ここまでの行程で精神力・体力共にだいぶ消耗していたので、とにかく先へ進むことにします

歩き始めた尾根道には、にわかに霜柱や凍結箇所が現れ始めました。
アイゼンが必要になるほどのところはありませんでしたが、こんな風にちょっと緊張を強いられる道もあったりして
凍ったやせ尾根

やがて徐々に景色が開けてくると、気持ちの良い青空と向こうの山々が姿を現しましたー!
景色が開けました
わぁ、すごくいい天気!蛭ヶ岳からの見晴らしが楽しみになりますねー

それでも、登山道脇にはこんなに長い霜柱がびっしりついていました。
なんだかふさふさの動物の毛みたい。ここまでずっと動き続けてきたからあまり感じなかったけど、気温はそれなりに低いんだろうなぁ。
長ーい霜柱

そして、迫力満点の巨樹にも出会いましたー!これはすごい!
思わず立ち止まって、口をぽかんと開けたまま見上げてしまいました。
大木に出会う

こんな風に私たちは辺りの景色を楽しみながら歩いていき、姫次に到着しました。
姫次

と・・・

「わぁー!!富士山だーっ!!」
富士山が見えました!
山の向こうにくっきりと、白い頭の富士山が姿を現してくれたんです。ここで一気にテンションUP

姫次は開けた広場のようになっていて、ベンチやテーブルも設置されています。
私たちは早速腰を下ろしてお湯を沸かし、軽食を頂くことにしました。
私はマジックパスタ ナポリタンにポークビッツといんげんをあえた簡単パスタを食べましたー。
本日の山ごはん
これ、お湯を注いで3分でできちゃうし味もいいんですよーただ、これだけだと淋しいし味も濃いめなので、今回のように少し具を足すといい感じです。

こうして休憩も栄養もしっかり取れたところで、蛭ヶ岳へ向けて再出発!
新しい木の階段を下りて、再び木々に囲まれた道へ入っていきます。
先へ進みます

姫次の辺りからは指導標がキレイに整備され、目指す蛭ヶ岳までの距離も表示されるようになりました。

原小屋平ではこんなにかわいらしい花も見つけました。12月なのにまるで春のよう。なんて花だろう?
春みたいな花!
ここから蛭ヶ岳まで、2.5km。

私たちはどんどん進んでいきます。
蛭ヶ岳まで2.0km、1.6km、1.5km、1.2km・・・少しずつ、着実に目指す山の頂へと近づいていきます。
山頂はまだ先

登山口までのアクセスが容易ではなかったこと、沢で道を外れかけたこと、色んなことが重なって疲労もかなりでてきました。
そのため、指導標に記された数字が小さくなっていくのはとても励みになります。
一方、「まだ山頂は先なのかぁ・・・ふー・・・」なんて思う時もあったりして(苦笑)

やがて、一気に景色が開けました。
「うわぁ・・・
大きく広がる視界に入るのは、ずっと向こうの空に接するところまで、ただただ山ばかりが連なる光景。
私の生まれ育った小さな島国の中の、大都市の近くにこんな世界が存在しているなんて・・・とても信じられません。

山はやっぱりすごいよ。大きいよ。
その大きな大きな山のてっぺんに小さくてちっぽけな私がたどり着く術は、この足で刻む小さな小さな一歩の積み重ねでしかないんだよね。

頑張ろう。うん、頑張ろう。
そんなパワーが湧いてくるような景色がそこにありました。
素晴らしい景色

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.12 蛭ヶ岳~檜洞丸小屋泊まり登山(2)

蛭ヶ岳~檜洞丸小屋泊まり登山、(1)の続きです。

蛭ヶ岳山頂まで残り1kmほど、大きく開けた景色を楽しんだ私たち。
大きく開けた景色

※この写真は振り返っての撮影でした。記憶違いで進路だと思ってました(苦笑)
教えて下さった方、ありがとうございました

それからぐねぐねした細い木の生い茂る森を抜けていきます。
くねくねの木たち

すると、草がちの斜面から冬枯れの森の中へ駆け上がっていく登山道が目の前に現れました。
最後の登り坂
蛭ヶ岳山頂まで残り400m。そうか、これを登り切ったら、きっと・・・

身体はだいぶ疲れていて、足取りも重くなってきています。
私は大きく一息ついて気持ちを立て直すと、再び一歩を踏み出しました。

右手にはお日様と富士山が、そっとエールを送ってくれています!
富士山も見守ってます

山頂直下はさすがにかなりの傾斜があり、とにかく必死で登り続けました。
きつい、きつい・・・でももう少し。

そしてついに、この指導標。
残り200m!もう少し、あとちょっと!
あと少し!

自分を励ましながら、一歩、一歩前に進んでいくと・・・・・・

やったぁっ!蛭ヶ岳、山頂ー!!
蛭ヶ岳登頂ー!

登頂の達成感とほぼ同時に、鳥肌の湧き立つような感動が私の中に押し寄せてきました。
ここ、見晴らしがハンパないっ!!

雲に浮かんでいるみたいな富士山!
素晴らしい富士山の眺め

まるで水墨画のような山並み!
どこまでも続く山並み

それから、それから・・・・って、ちょっと待って。とにかく小屋で宿泊の手続きをしてこよう。(苦笑)

興奮状態から我に返った私たちは、山頂の山小屋、「蛭ヶ岳山荘」へ入りました。
蛭ヶ岳山荘

「はーい、いらっしゃい。今日は団体さんも入っていて結構混んでるんだけどね。若い人にも楽しい思いをして帰ってもらいたいからねぇ。」
確かに、見たところ宿泊客は圧倒的にずっと年上の方々が多いようでした。気の良いご主人が寝床の見取り図とにらめっこしながら、私たちに良さそうな場所を選んで下さいました。

私たちは割り振られた寝床にひとまず荷物を置きにいきます。
これは翌朝撮影した写真なんだけど、小屋の中はこういう大部屋で2階もあるみたいです。
山荘の内部
私たちは壁際にある2段ベッドのようになったところの上段に寝ることになりました。両脇に誰もいないので気楽ですね!

身軽になった私たちは、カメラを持って再び外へ出ました。
山頂は大きく開けた広場になっていて、西側にはテーブルやベンチもいくつか設置されています。

私たちは素晴らしい眺めを楽しみながら、お喋りをしたり、明日の行程を確認したりして過ごしました。
陽はどんどん傾いて、徐々に空を赤く染め始めます。
東側の眼下に広がる街には、大きな大きな蛭ヶ岳の影が落とされていました。
(この「影富士」ならぬ「影蛭」は、翌朝には西側でも見ることができました!)
影蛭

やがて、蛭ヶ岳を舞台にした天体ショーが始まりました。
富士山のふところに太陽が吸い込まれるようにして消えていく様子を、そこにいる人々が皆息を呑んで見守りました。

富士山に落ちる夕日

残照はまるで富士山から立ち上る炎のように思えました。
炎は空を赤く染め、富士山を黒に変えて・・・

これは・・・なんという神々しい光景なのだろうか・・・
まるで炎のよう

東側では、見上げる空も眼下の街も茜色に染まっていました。
少しずつ濃くなっていく空の色。まるで星が生まれる瞬間のように、ぽつり、ぽつりと灯っていく街の明かり。
厳しい寒さも忘れてしまうぐらい、どこを見渡しても美しい、美しい世界の景色でした。
茜色に染まる街


しばらく外にいてすっかり冷え切った私たちは、身を縮めながら小走りに小屋へと戻りました。
「あぁー、あったかーい!

素泊まりの私たちは夕食を自炊することになるのですが、ありがたいことに山荘には自炊部屋が用意されていました。
外はあまりに寒すぎるので、助かりますねー!
ところが、食材と調理道具を手に自炊部屋を訪れると、すでに部屋は満席。
それでは、と一旦寝床に戻ってしばらく時間を潰してから再訪したのですが・・・どうやら、大きなグループの方が夕食からそのまま宴会を始められているようで、今日中に席が空くことはなさそうな雰囲気でした(苦笑)
どうしよう・・・とオロオロした結果、なんとか部屋の片隅に場所を空けてもらえたので、私たちは小さくなって食事のスタンバイを始めました。

というわけで、ちゃんと写真が撮れなかったのですが・・・今日の夕食は力うどん!
力うどん!

立ち上る湯気をかきわけながら、熱々のうどんをふぅふぅ言ってすすると、身体がぽっかぽかに温まります!
一日の疲れも吹き飛びそうですね~

こうして今日一日を締めくくろうとしていた私たちに、もうひとつ大きなドラマが待っていたのでした。

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.12 蛭ヶ岳~檜洞丸小屋泊まり登山(3)

蛭ヶ岳~檜洞丸小屋泊まり登山、(1)(2)の続きです。

蛭ヶ岳山荘の自炊部屋で、熱々のうどんをすすっていた私。
満員の部屋は皆さんの熱気や夕食の湯気、魚を焼く煙等々で白く霞んでしまうほどでした(笑)
そのうち一人の方が「ちょっと換気しよう」と立ち上がって後ろの窓をガラッと開けるなり、
「うおっ!!なんだこれー!!」
と大きな声で叫んだのです。

なんだなんだ、と窓に集まる人々の合間にチラッと見えた景色に、ドクン、と心臓が大きく脈打ちました。
私は慌てて器に残ったうどんを口の中へかき込むと、カメラを手に外へ飛び出しました。


なっ、なにこれー!!!

蛭ヶ岳山頂からの夜景


眼下一面に広がる、光の海!!


きんと冷えて透き通った空気の下、無数の光の粒たちがまるで生き物のようにキラキラと瞬いていました。
「すごい、宝石箱をひっくり返したみたいだ・・・!」
誰かのつぶやきに思わず頷いてしまいます。ここから見る夜景は、どのビルの展望台から見るものとも違っていました。

そして西側にも、素晴らしい光景が広がっていました。
空には星たちが、足下には街の灯が輝き、富士山のシルエットを浮かび上がらせています。
富士夜景

身体の芯から震えがこみあげてくるほどの寒さの中、私たちはしばらく景色に見入ってしまったのでした。


そしてまた、とてつもなく美しい1日が始まりました。
ご来光

夜は寒さもあってなかなか寝付けなかったのですが、耳栓のお蔭で「夜の大合唱」(苦笑)もなんとかやり過ごすことができ、そこそこ眠れたような気がします。
昨日に続いて今日もこんなにいい天気!朝日を浴びる富士山も、白い頬をピンクに染めてとっても気持ちが良さそうだね
赤く染まる富士

団体さんが続々と出発していく中、私たちは外のベンチで温かいスープを飲みながらのんびり過ごしました。
気づけばお客さんは誰もいなくなっていた・・・といういつもの?パターンで、8時前に小屋を後にしました。

辺りはまるで雪が積もったかのように霜がびっしりと降りて、真っ白な芝生のよう。
寒いけど、こんなにいい天気だからきっとすぐに温かくなるね!
霜に覆われた山頂

今日はこれから檜洞丸を経由して西丹沢自然教室へと下ります。
指導標に従って歩き始めると、すぐに「蛭ヶ岳から檜洞丸までは危険個所が多いので、十分注意して通行してください」という看板を目にしました。
その看板の言う通り、ここからは急傾斜で脆く崩れやすい土の下り坂が続くようになりました。
慎重に進んで行こう!

急な下り坂

ところが、気をつけなければならないのは道だけではありませんでした。
前回塔ノ岳~丹沢山を歩いた時にもあったのですが、登山道の脇や、ともすると道のど真ん中に、トゲトゲの沢山ついた低木の枝が伸びているんです!

「イタタタタッ!!トゲが刺さったー!!
このトゲの枝、想像以上に強力なんです
良く「辛いのに敢えて山に登るような人間はM体質だ」なんて言われることがありますが、

こんなトゲトゲのいっぱいついた鞭みたいな枝に、バシッと足を叩かれても喜べませんからーっ!!(泣)

トゲの枝!

私たちはトゲの木と足元に気を付けながら、慎重に下っていきます。
それにしても急傾斜。鎖のついたところも多く現れるようになりました
鎖のついた急坂

背の低い木や草の多い開けた斜面なので見晴らしは良好なのですが、その景色を望む視点がみるみるうちに低くなっていくのを感じます。かなり急激に高度を下げているんだね。
しかし、今回の行程はこのまま下って終わりというわけにはいかないので(苦笑)、ひとしきり下った後には檜洞丸までアップダウンが続くことになるのでした。

やがて、テーブルやベンチの置かれた広場のような場所に出てきましたー。指導標によれば、ここは臼ヶ岳とのこと。
私たちベンチに座って少しの間休憩することにしました。
臼ヶ岳
この辺りには、ブナかなぁ?迷彩柄の衣装をまとったオシャレな木々が立ち並んでいました。
こういう雰囲気の木がすごく好きなんです。眺めているだけで癒されますね

ここから檜洞丸までは2.9km。まだまだ長いなぁ・・・。
よし、もうひと頑張り!

こうして再び歩き始めた道には、先ほどのような急激な下りこそありませんでしたが、崩落個所などもあり易しいものとは言えませんでした。
これなんて、なんだかすごいことになっちゃってます
ものすごい道

体力だけでなく、精神力もかなり消耗してきた私たちでしたが、道中に見かけるちょっとした物事に元気をもらうことができました。
この小さな看板、「おね」ってひらがなで書かれていてなんだかカワイイ(笑)
源蔵おね

この木の根の形はまるで指みたい。地面に手をついた人間みたいだよね!
手みたいな根っこだねー

こうして、身の回りの景色を楽しみながら、前方にそびえる大きな大きな山へ少しずつ近づいていく私たち。
少しずつ檜洞丸へ

そしてついに現れた、檜洞丸山頂への最後の登り。
きつい坂をじりじりと登って、登って・・・ようやく青い建物が見えてきました。
青ヶ岳山荘に着いたー!
青ヶ岳山荘

ここから山頂までは、ごくわずかの距離のはずです。
この階段を登れば、きっと・・・!
最後の階段!

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。