スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.07 アサヨ峰・甲斐駒ケ岳テント泊登山(1)【1日目】

栗沢山(2,714m)・アサヨ峰(2,799.1m)/長野県伊那市・山梨県南アルプス市

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

自分の登山スタイルに、「テント泊」という選択肢が加わって、初めての夏を迎えました。
今回は、5月の赤城山登山の時のように、ベースキャンプ型のテント泊登山をすることにしました

こうして決まった行き先は、南アルプス。
北沢峠の近くにある、北沢駒仙小屋にテントを張って、初日はアサヨ峰、そして、翌日は甲斐駒ケ岳へ登る計画です!

今回、登山口までの良いアクセス手段が確保できなかったので、「JRの終電で甲府へ行き、24時間営業のカラオケBOXで仮眠を取ってから始発のバスに乗る」という強硬プランになってしまいました
そして案の定、JRの列車が鹿に衝突したり、カラオケBOXが予想以上に賑やかだったりと、色々なアクシデントがありました

翌早朝、なんとか甲府駅の始発バスに乗れた私たちは、熟睡のまま広河原まで移動しました。そして、そこからバスを乗り継いで、北沢峠までやってきました

バスを下車すると、同乗していた何組もの登山者さんたちが、皆一斉に北沢駒仙小屋のテント場へ向かって、歩き始めます。
テント場、混むのかなぁ・・・。ちょっと心配になって、自然と早足になってしまいます。

林道沿いには、大きな木も生えていて、この道を散策するだけでも楽しそうですねー
ドロノキ?

そして、10分も経たないうちに、立派な山小屋へたどり着きました!
ここで、テント宿泊の受付をします
北沢駒仙小屋到着!

小屋のすぐ前が広いテント場になっていて、すでに色とりどりのテントが張られていました。
それでも、まだまだ余裕があります。

私たちも、早速テントを設営しました!
テント設営完了
ちなみに、私が使っているのは、エスパースの3シーズン用テントです。

ここでテントを張った登山者さんたちは、ほとんどが甲斐駒ケ岳か、仙丈ケ岳へ向かって出発していきました。
きっと、翌日はもう一方の山に登るのでしょう。

私たちも、状況が許せば仙丈ケ岳へ・・・とも思っていたのですが、睡眠不足もあるので、無理はせず、予定通りにアサヨ峰へ向かうことにしました

不要なものをテントに置いて身軽になると、いよいよ出発です!
出発です!

北沢駒仙小屋を後にして、短い橋を渡ると、すぐに甲斐駒ケ岳とアサヨ峰の分岐が現れました。
私たちは右方向のアサヨ峰方面へ進みます
アサヨ峰方面へ

すると、辺りはすぐに、深く静かな森に包まれました。
登山道

低山とは違って、白っぽい肌をした木々が立ち並ぶ森。なんだかワクワクしてきます
この感覚は以前、仙丈ケ岳へ登った時にも感じていたっけ。

頭上の緑だけでなく、足下の岩や木の幹などもすっかり苔生して、濃い緑の世界が広がっています。
その合間にぴょこっと顔を出しているのは、かわいらしいこの子たち!
キノコ!

今回の登山を計画していた時、どちらかというと甲斐駒ケ岳の岩がちな姿に心が向いていたので、アサヨ峰に向かうこの道の、緑の濃さには驚きました。
こんなに素敵な森があったんだなぁ・・・。

静かな登山道

踏み跡ははっきりしているので、迷う心配はあまりなさそうですが、とにかく人のいる気配がなく、とても静かな登山道です。
やはり、ほとんどの登山者さんたちは、仙丈ケ岳か甲斐駒ケ岳を登っているのでしょう。

こういう静かな山を敢えて選ぶところは、自分らしいなと思います(笑)

そして、この道では、この方々と何度も遭遇しました!!
ギンリョウソウ?

「こ、これは・・・ギンリョウソウ!?」
後で調べてみると、ギンリョウソウモドキにも見えなくもないのですが、定かではありません。
ちょっとシャイなのか、みんなうつむいてしまって、目玉の親父みたいな顔が見えないんですよねー(笑)

それから、見事な苔の絨毯も。見ているだけで、本当に楽しくなってきます!
すごい苔

相変わらず、人の気配はなく、とても静かな道が続いています。
傾斜はかなりありますし、大分蒸し暑くもなってきたのですが、森の雰囲気を楽しみながらの登りは、とても楽しいです。
まだまだ登ります

そんな時、木々の合間に、素敵なものが見えましたー!
カメラでズームしてみると・・・

どーん!!
景色がチラッと

これは、北岳じゃないでしょうか!?
わずかに雪を残すその姿は、本当に美しいものでした。

これには、テンション急上昇!!

私たちは、さらに標高を上げていきます。
こうして見ているだけでも、幸せな気分になれるような、素敵な森です。
素敵な森

そして・・・またまた、かわいらしい子たちと出会ってしまいましたー!!
花がいっぱい!

これは、イワカガミの仲間でしょうか。(手持ちの高山植物ポケット図鑑を見る限りでは、ヒメイワカガミのようですが、はっきりとは分かりません)

この辺りには、この花たちの群生が所々に見られました。
結構な斜面に生えているので、なかなか近づいて見れないのですが、ピンクの絨毯みたいで、とってもキレイなんです!

ほらね
群生してます

こんなに素敵な道を、歩けて良かったなぁ。
なんだか、とっても嬉しくなりました

こうして、かわいらしい花たちに目を奪われながら、ゆるゆると登っていくと、木々が切れ、視界が開けてきましたー!

すると、私たちの目に、こんな光景が飛び込んできたんです。

「うわぁ・・・すごい・・・!!
甲斐駒ケ岳が見えました

そこには、もくもくと立ち込める雲を従えて、白い兜をかぶったような、甲斐駒ケ岳のいかめしい姿がありました。
人間を寄せ付けないような、その圧倒的な存在感!

あの山に、明日登らせてもらうなんて・・・。
恐れとも、期待ともつかない、ビリビリした感覚に襲われました。

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.07 アサヨ峰・甲斐駒ケ岳テント泊登山(2)【1日目】

アサヨ峰・甲斐駒ケ岳テント泊登山、【1日目】(1)の続きです。

北沢駒仙小屋にテントを設営し、アサヨ峰へ向かって樹林帯を登ってきた私たち。
やがて、深い森を抜けると、岩とハイマツの明るい道へと出てきました!
開けた道になりました

ここから先は、南アルプスの素晴らしい眺めが広がるようになります。
森の中を歩くのも楽しかったのですが、こういう道も、とても爽快ですねー!
素晴らしい見晴らし

しかし、大きな岩の転がる登りは、なかなかきついです
岩だらけの道

雲の合間を縫って差し込む太陽の光が、全身をじりじりと焼いていきます。
あ゛・・・・あ゛づい・・・

それでも、素晴らしい景色を眺めたり、足下にちらほら現れるかわいらしい花を愛でたりしながら、私たちは進んでいきました。
そして、ようやく・・・栗沢山の山頂へ到着ーっ!

栗沢山山頂!

山頂標識の背後には、それはそれはものすごい迫力で、甲斐駒ケ岳が姿を見せていました。
すごいなぁ、南アルプスに来たんだなぁ・・・その喜びを、しみじみと噛みしめます

それにしても、南アルプスの主要な山々に比べると、この辺りはとても静かです。
この日の登山では、合計でも4人くらいしか、登山者さんには会いませんでした。
なんだかすごく、穴場に来た気分!

さすがに暑くて、日よけのはずの帽子すら、蒸れて熱射病になりそうな勢いでした
私たちは近くの岩に腰掛け、帽子を取って、少し頭を冷やしました(苦笑)

雲が湧き立つ中でも、私たちの進路ははっきりと見えていました。
この美しい稜線の先に、アサヨ峰があるんだね。

よし、出発!
これから進む稜線

そこからは、北岳、仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳などの南アルプスの山々から、遠くの山並みまでを見渡すことのできる、素晴らしい眺めの稜線歩きになりました。
また、至る所にに、花の姿もありました。こちらは、ハイマツといつも仲良しの、シャクナゲの仲間だね。
シャクナゲ

ですが、この道、結構な岩場なんです
景色や花に見とれすぎて、事故を起こさないよう、注意して進みます!
岩場注意!

この岩場は、写真では分かりづらいですが、白、黄色、ピンク色・・・色んな花が咲いていました!
花に励ましてもらっているようで、元気が湧いてきますねー
実は、花もいっぱい

栗沢山からアサヨ峰までは、登山地図によれば1時間の道のりでしたが、前夜からの長旅の疲れもあったのか、思った以上に長く感じてしまいました
ちょっとしたピーク(のような場所)が見えるたび、「あれがアサヨ峰だね!」と思うのですが、実際にその"ピーク"に立ってみると、その向こうにさらに立派なピークが見えるわけで・・・(苦笑)

それでも、歩き続けていれば、必ずたどり着けるんですよね。
私たちは、コースタイム通りの時間で、アサヨ峰の頂に立つことができましたー!
人のいない、静かな静かな山頂です。
アサヨ峰山頂!

私たちは近くの岩に腰を下ろしました。
ザックからごそごそと出してきたのは、コチラ!
簡単山ごはん

調理器具はテントへ置いてきたので、コンビニおむすびと、フリーズドライのスープ(マルちゃん まいたけスープ)という簡単なものでしたが、山で食べれば立派な御馳走です

だってここは、最高の展望レストランなのですから
景色を満喫

見渡す限りに広がる、濃緑の森。
果たしてここは、昨日まで過ごしていたビルの森と、本当に地続きの世界なのでしょうか。

うーん、やっぱり、南アルプスって最高だなぁー!!
この景色にパワーをもらって、元気を回復した私でした

それじゃぁ、そろそろテントまで戻ろうか。
私たちは荷物をまとめると、来た道を引き返し始めました。
戻ります!

今日は雲が多めでしたが、それでも主要な山々の頂は、しばしば姿を見せてくれていました。
天気が悪くならなくて、良かったです(雨女だけに・苦笑)

そんなことを考えながら、稜線を歩いていたら・・・


「・・・・・あっ!!!

なんと、なんと!!
ばったり、雷鳥夫婦と至近距離で出会ってしまったんですー!!
雷鳥夫婦!

ちょうど彼らは砂浴びをしていたところのようでしたが、私たちの姿を認めても、特に慌てる様子はありませんでした。
そのまま砂を足で掘り、羽を震わせて、バサバサッと砂浴びを続けています。

そのふわっふわな身体・・・・

か、か、か、

かわいいいいいいいーっ!!!!

動画も撮りましたので、よろしければ、気の済むまでリピート再生してご覧下さい(笑)
(あまりの興奮に、手ブレがひどいのはご容赦下さい・苦笑)
[広告] VPS

私は金縛りにでもあったかのように、身動き一つせず、ただひたすら雷鳥夫婦を見つめていました。
すると、さすがに夫婦の入浴シーンを盗撮(?)されて、気分が良くなかったのか、旦那さんがトコトコとハイマツの茂みに入っていきました。

そして、「グゥ、グゥ」と奥さんを呼ぶのですが、奥さんはまだ砂を浴び足りないようで、「クルルルル・・・」とかわいい声で返事だけして、砂浴びを続けていました。
な、な、なんというかわいさでしょう・・・・(悶絶)

これまでも、雷鳥さんに出会うことは何度かありましたが、こんなに至近距離で、彼らの行動をじっくり観察できたのは、初めてのことでした。
こんなに幸せなことはありません。アサヨ峰さん、素敵な出会いをありがとうございました!

ここからすぐで栗沢山の山頂に至り、そこから岩場を下って、斜度のある樹林帯を下っていきます。
体力的にはかなり疲労困憊だったのですが、雷鳥さんとの出会いですっかり舞い上がってしまい、気付いたらテント場に着いていたという状況でした(苦笑)

荷物を片づけ、一休みした私たちは、日が暮れる前に、晩ご飯を作りました。
尾西のアルファ米 白飯にさんまのかば焼き缶を混ぜて、いんげんを散らした混ぜご飯と、フリーズドライの素を使った海鮮お味噌汁、そして、マッシュポテトの素を使ったポテトサラダです!

切り貼りした写真ですが、一部を掲載しますー。
晩ごはん

栄養も取れたことだし、これから睡眠もしっかり取って、明日に備えようと思います。
明日はいよいよ、甲斐駒ケ岳。天気が良くなりますように!

それでは、お休みなさい。

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。