スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.08 鬼怒沼トレッキング(1)

鬼怒沼(栃木県日光市)



休日の行き先を考える時、私の頭に浮かぶのは「○○山」や「○○岳」、それから「○○峰」や「○○丸」、時には「Mt.○○」といった山の名前がほとんどです(笑)
ですが、Twitterでフォロワーさんから鬼怒沼のことを教えてもらい、すごく心惹かれたんです

栃木県日光の奥深く、鬼怒川の源流にあるその高層湿原は、東京から現地までのアクセスもそう容易ではなく、また徒歩でのアプローチもかなり時間がかかるのだとか。
そんなことを言われると、ますます行きたくなってしまいますねっ!(笑)

こうして早速計画を立てた私。
鬼怒沼自体は日帰りで歩く予定ですが、日光周辺の宿に一泊して、翌日は日光白根山へお邪魔してから帰ることにしました!


レンタカーで東京を深夜に出発した私たちは、朝5時台に女夫渕温泉(めおとぶちおんせん)の駐車場にやって来ました
ここから先は一般車両通行止め。この先には奥鬼怒温泉郷があるのですが、そちらの利用者は送迎バスを利用するか、登山者と同じく徒歩でのアクセスとなります
駐車場にあった案内看板によれば、最奥の日光澤温泉までは、徒歩で1時間半の道のり。まさに秘境です!

温泉客と登山客の集まるこの駐車場はかなり広く、しかも無料で利用できるんです。
そして、こんなにキレイなトイレもありました!これは本当にありがたいことです
駐車場のトイレ

装備を整えた私たちは、駐車場を出て歩き始めました。
奥鬼怒温泉郷までは、奥鬼怒歩道という森の中の道を歩きます。

・・・のはずが、歩き始めてすぐに「一部区間に危険個所があるため通行禁止です。仮歩道をご利用下さい」の看板がっ
というわけで、はじめは一般車通行止めの林道を歩くことになりました。
出発!

誰もいない林道を20分ほど歩くと、「奥鬼怒歩道入口」の看板が出てきたので、ここからようやく本線に入ります。
太い樹、細い木、緑の葉っぱ、土の匂い。うん、やっぱり土の道を歩いた方が楽しいね!
ようやく歩道へ

細いながらも良く踏まれて歩きやすい道を進んでいくと、こんな石畳の道や橋なども現れましたー。
石畳の道

傾斜のあるところは階段状に整備されていたり、ベンチとテーブルが置かれていたりもします。
温泉に浸かりにいく人たちも、温泉浴の前に森林浴をのんびりと楽しめそうですね
階段も

そして、こんなインパクトのある看板もありましたよー。
「投げタバコや焚火はやめましょう」
子どもの木は大泣き、両親の木はめちゃ怒ってます!
木が怒ってます!

それから道が少し開けて、すぐ横に鬼怒川の流れを見ながら歩くところが出てきましたー。
道端には色んな花が咲いていましたよー
川沿いの道

そして、「こっ、これは食べられるのかな・・・?」と思いつつ撮影(笑)
実もなってます

それから、橋を渡ります。
今回のコース中、橋は何度か現れますが、どれもきちんと整備されていました。
橋

橋の上から見る鬼怒川は、大きな岩がごつごつしていて荒々しい雰囲気です。
鬼怒川

それからまた林の中へ入っていきます。
森林浴を楽しみながら進みますよー!
木を見上げる

その後は河原に出たり、林の中へ入ったりしながら進んでいきました。
雰囲気が良いです

途中の川沿いの道で、ものすごくぬかっているところがあったので、立ち止まらず通過しようと思ったら・・・

「キャ――――ッ!!カワイイっ!!
ツリフネソウ!

口をパカッと開いた動物のような風貌で、お尻がくるんと巻いている花に出会いましたー!!
これは、ツリフネソウと言うのだそうです。

なにこれ、かわいい、かわいすぎる・・・!!
確か、北岳登山をした時にも黄色いのを見かけたなぁ・・・と思ってブログを見てみたら、その時もやっぱり私の心をとらえていたようです(笑)
黄色いタイプはキツリフネというみたいですね。うーん、どちらもキュート!

ツリフネソウさんとの出会いにテンションが上がった私は、足取り軽く先へと歩を進めました
向こうの方に人の気配がするなぁと思いながら歩いていくと、大きく開けた場所へと出てきましたー。

ここが奥鬼怒温泉郷最初の宿、八丁湯さんです!
やっと着いたぁー!
八丁湯さんに到着!

スタートから迂回路を通ったり、途中で写真を撮ったり(すでにコンデジ&デジタル一眼カメラSONY NEX-5で130枚くらい撮ってます)と寄り道が多かったこともありますが、駐車場からここまで約2時間もかかってしまいました!コースタイム1.5時間だったのに、かかりすぎ・・・(苦笑)
それでも、まだまだ先は長いです。ここから鬼怒沼までは、なんと3時間くらいかかるみたいなんですよー!

私たちはひとまずザックを下ろして、少し休憩することにしました
八丁湯さんはとても立派な建物で、ログハウス風の客室もあるようでした。
いいなぁー!こんな素敵なところに泊まってみたい!

しかもこちらの建物の前には、無料の足湯がありました
帰りに余裕があったら浸かってみたいねーなんて話しながら通り過ぎました。

・・・この後、この足湯にものすごーく救われることになるのです・・・

さぁ、鬼怒沼目指して再出発!
ここからは10分おきくらいに温泉宿が続きます。目標になるスポットがこまめに出てきてくれると、精神的にも助かりますねー

川沿いの整備された道を歩き始めると、今度はキレイな花と蝶に出会いましたよー!
花と蝶

ここまでほとんどアップダウンはなかったものの、少しずつ体力を消耗していた私にとって、こういう出会いがものすごくチカラになります!

そして蝶と出会った場所のすぐ先に、次なる温泉宿、加仁湯さんがありました!
うわー・・・すごい、この外観
加仁湯さん

そして、加仁湯さんの横を通って先へ進むと、今度は日光澤温泉さんにたどり着きました。
こちらもすごく歴史を感じる建物だなぁ
日光澤温泉さん

奥鬼怒温泉郷の温泉宿も、これで終わり。ここからはいよいよ、鬼怒沼に向けて登っていきます。
私たちは最後の水場で水を補給をして、「鬼怒沼・丸沼登山口」という看板のあるところから奥へと進んでいきました。

細い道を登って橋を渡ると・・・あっ!!

キツリフネさんだー!!
キツリフネ!

さっき見たツリフネソウさんの仲間がいましたー!かわいいー!
尻尾はくるんと巻いてないんだねー、なんてじっくり観察してしまい、しばらく足が止まってしまいました(苦笑)

この先も川に沿って、森の中の道が続いていきました。
登ります

勾配もきつくなってきたし、森の緑も濃くなってきて、いよいよ登山の雰囲気になってきました。
目的地である鬼怒沼にも、だいぶ近づいてきたのではないでしょうか?

なんて淡い期待は、あっという間に崩れ去りました・・・

ええーっ、まだあと3.2kmも先なのかぁー!!
先はまだまだ長いです

長い長い鬼怒沼トレッキング、まだまだ続きます。

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.08 鬼怒沼トレッキング(2)

鬼怒沼トレッキング、(1)の続きです。

女夫淵温泉の駐車場から約2時間歩いて八丁湯さんへやってきた私たちは、そこから加仁湯さん、日光澤温泉さんを経て先へと進みます。
それでもまだ、目的地である鬼怒沼までは3kmほど距離がありました
今回は山頂を目指す登山ではないけれど、かなり歩きごたえがありますねー!!

深い森の中をしばらく進んでいくと、分岐の指導標にぶつかりました。
左方向は「ヒナタオソロシの滝展望台」、右方向は「鬼怒沼」と書かれています。

「この『ヒナタオソロシ』ってどんな滝なのかな!?
「なんか恐ろしい滝なのかも・・・!?

とても変わった名前なので興味が湧いたのですが、その名前が持つ怖そうなイメージに、思わずしり込みする私たち(苦笑)
分岐からの距離も700mぐらいあるみたいだったので、寄り道するのはやめておきました。

ただ、滝の方向には橋がかかっていたのですが、ちょこっとだけそちらの方へ進んでみると、向こうの方に滝が見えたんです。
もしかしたらあれがヒナタオソロシの滝かも!って思って写真を撮ったのですが・・・何滝なのかは分かりません
滝が見えます

それから私たちはまた鬼怒沼を目指して、山道を登っていきました。
登ります

時々大きな岩が転がっていたりするものの、道はよく整備されています。
・・・と、前方にまたまた滝の名前が書かれた指導標を見つけましたー!

今度の滝の名前は、「オロオソロシの滝」!!

「またすごい滝が出たっ!!
「オロオロしちゃうほど恐ろしい滝なんじゃないの?

怯えながら指導標の示す方角を眺めてみると、遠くの森の中に滝が見えましたー!
あれがオロオソロシの滝でしょうか!?
こちらにも滝が見えます

※ちなみに、これらの滝の名前の由来はWikipediaで見てみたら「日向・日陰(オロ)にある恐ろしい音がする滝」ということのようです。

こうして2つの滝見物(何滝か正確に分からないものを遠くから・・・苦笑)を終えた私たちは、まだまだ登っていきました。
指導標や案内看板なども所々に現れるので、とっても分かりやすいです

鬼怒沼まであと2kmほどのところになると、下草もかなり生い茂ってきて、森の奥深くを探検しているような気分になりました。
自分たち以外には人の気配もなく、とても静かでワクワクするような山歩きです
さらに登ります!

そして、こんな子たちも続々と登場しましたよー!
目玉のおやじ・・・もとい、ギンリョウソウさんです!
ギンリョウソウ

あと1.5km、0.9km、0.7km・・・次々と現れる指導標が、鬼怒沼へのカウントダウンをしてくれていました。
もうすぐだと思うと、自然に歩くスピードが上がってきます。

そして、ついに木道が現れました!
いよいよ木道に・・・!!

これまでもぬかるんだところなどには部分的に木道がありましたが、これは長く続いていそうです。
向こうに明るい空も見えています。

ということは・・・!!

鬼怒沼に着きました――っ!!
鬼怒沼に到着!

これまでの深い森から一転、大きく開けた空の下には一面の湿原が広がっていました。
草の間を縫うようにして伸びていく木道、鏡のように空を映す池溏・・・ここだけ時が止まってしまったかのような光景でした
素晴らしい景色!

長い長い道のりの先に、こんな世界が待っていたなんて・・・
大きな感動と興奮に包まれて、しばらく先へ進むことができませんでした

ひとしきり写真を撮って気分が落ち着いたところで、いよいよ鬼怒沼の木道散策へ出発!
進みます

夏空の下、爽やかな風を感じながら歩くこの一本道・・・気分は最高です!
真っ直ぐに伸びる木道

また、辺りは単なる草原のように見えますが、色んな花や、珍しい植物が沢山見られたんですよー。
緑の草たちの中で、ひときわ目立つ「赤い手」をいっぱいに広げているのは、モウセンゴゲさん。
この写真は、木道の上からファインダーを覗かずに手だけ近づけてマクロ撮影してみました。
モウセンゴケ

それから白い花や黄色い花も咲いてましたよー!黄色い花は、キンコウカかな?
白い花も

キンコウカ?

特にモウセンゴケさんが自生している姿はとても新鮮だったので、私は数歩進むごとに立ち止まっては、あちこち観察しながら歩いていきました。
私たちの他には3~4人くらいしか人がおらず、しかもばらけていたので、かなりマイペースに散策を楽しむことができましたよー

しばらく歩いたところにベンチがあったので、私たちはお昼ご飯を食べることにしました。
今回は日帰りトレッキング装備で、コースの途中に温泉宿などの施設が複数あるということで、普段の登山ではなかなか食べられないようなものを持ってきました。

主食(おにぎりとパン)以外のものはこちら。コンビニで買ったサラダとミニトマトと、オムレツです!
今日のお昼ご飯

今回、玉子はエッグホルダーでガードしつつ、保冷剤を詰めたグラナイトギア エアセルブロックスに入れていったらきちんと冷やされていて、問題ありませんでした。
オムレツは、溶き卵を入れたジップロックを湯せんにかけて作りました。鍋に直接ジップロックがくっつかないよう気を付けながらの調理でしたが、ふわっふわのオムレツができましたよー!

こうして私たちは、いつもの登山とはちょっと違う雰囲気の食事を、美しい景色を眺めながらのんびりと頂きました
ご飯を食べながら眺めた景色

ですが・・・

「あれっ、向こうの方、ちょっと雲が湧いてきてるよね?何だか雷雨になりそうな雰囲気・・・
「本当だ。早めに帰らないと、天気が崩れるかも・・・!」

何しろ長い道のりなので、早めに行動しないと手遅れになってしまうかもしれません。
私たちは急いで荷物を片付けると、来た道を引き返し始めました

最後に振り返って、鬼怒沼に別れを告げてから、再び森の中へ。
帰ります!

そこからは順調に下って、日光澤温泉さん、加仁湯さんを通り過ぎました。
しかし、かなり長い時間歩いていたので、足が疲れて足の裏が痛くなってきてしまいましたー

ここから駐車場まではほとんど平坦な道のりとはいえ、距離はまだまだ長いです。
うーん、結構厳しくなってきた・・・

そんな時にふと思い出したんです。
「あっ、八丁湯さんには足湯があるんだ!

こうして私たちは、八丁湯さんで足湯に浸かることにしましたー!
私たちが足湯のところにやってきた時は、ちょうど家族連れの皆さんでいっぱいになっていたのですが、場所が空くまで少し離れたところでじ―――――っと待ってました!(苦笑)
そして裸足になってサポートタイツをまくり上げ、いざ入湯!
足湯に救われました・・・

ああー、生き返る・・・

しばらく温泉に浸かって足をよくマッサージしてから、私は再び登山靴に足を入れました。
うん、さっきよりかなり足が楽になってる!
八丁湯さんの足湯には本当に助けられました。感謝です

それから私たちは、女夫淵温泉駐車場へ向けてひたすら歩き続けました。
森の雰囲気を楽しんで、かわいいツリフネソウを見て、川を覗き込んで・・・
帰りの道

そうして、ようやく長い長い旅を終えましたー!
駐車場周辺も雲がだいぶ多くなっていましたが、雨や雷には遭うことなく帰ってくることができました
女夫淵温泉駐車場到着!

車のシートに身体を放り込んで靴を脱いだら、「はぁーっ!!」と大きなため息が出ました。
一番達成感があったのは、この時だったのかもしれません(笑)


観光客が大勢訪れる華やかな日光のイメージとはうらはらに、奥日光の温泉郷はとても静かで、まるでタイムスリップしたかのような不思議な空気が流れていました。
そのさらに奥、深い深い森の向こうにぽっかりと浮かんでいる鬼怒沼の美しさは、別世界に入り込んだかのようにすら感じられました。

日本は小さな島国だというけれど、まだまだ私の知らない、そして想像すらつかない世界が沢山あるんだなぁ。
これからも色んな世界の光景を、この足で確かめに行きたいと思います!

鬼怒沼の情報を下さった方、ありがとうございました

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。