スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.09 八ヶ岳テント泊縦走登山(2)【2日目】硫黄岳・横岳編

八ヶ岳テント泊縦走登山、(1)の続きです。

白駒池から天狗岳を経てオーレン小屋に至り、テントで雨の一夜を過ごした私たち。

朝目が覚めると、雨音はすっかり止んでいました。
天気が回復したみたい!私たちはお湯を沸かしてフリーズドライのスープを混ぜたお粥(尾西の白がゆ)でお腹を満たすと、テントを這い出しました。
朝方まで雨が降っていたのか、まだフライシートは濡れていましたが、内部には浸水なし。
グラウンドシートも泥で少し汚れていましたが、ひとまず全体を大まかに拭いて収納しました。

パッキングを終えた7時過ぎ、私たちはオーレン小屋を後にして歩き始めました。
もちろん、目指す先は下界ではなく雲の上です!

深い深い森の道は、人の気配はなくとても静かです。
木々の向こうで太陽がいっぱいに輝いているのを感じて、一歩踏み出す毎に力が湧いてくるようでした
夏沢峠へ向かいます

30分も登らないうちに、森が開けてヒュッテ夏沢と山彦荘が現れましたー。
ヒュッテ夏沢

見上げれば、空は真っ青!ものすごくいい天気ですっ!
うわー、気持ちがいいなぁ!!

そしてこの雲、左に向かって飛んでいく鳥のような形をしています!
鳥みたいな雲!

ヒュッテ夏沢と山彦荘を過ぎるとすぐに、夏沢峠の指導標にぶつかりました。
そこから明るい林の中の一本道を進みます。一部道が崩れやすいようで指示に従って迂回路を通りましたが、5分ほどで開けた場所へと出てきましたー。

そして・・・眼下に広がるのは素晴らしい雲海の景色!
素晴らしい景色

「すごーいっ!
昨日はあまり景色を楽しめなかっただけに、喜びもひとしおです。
今日は絶好の登山日和だね

ここからは木々もなく、黒っぽい岩礫の積み重なる荒々しい道を登っていきます。
傾斜もかなりきつくなってきて、息が上がりました。
稜線のやや西を通っていた登山道ですが、やがて東からの陽射しを直に受けるようになりました。
日陰のない道なので、体感温度も急上昇。これはなかなかきついですっ

それでも、進路には大きなケルンがいくつも立てられていたので、「次のケルンまで頑張ろう!」と短い目標に向けて足を進めることができました。
ケルンの坂

そして、向こうにあるケルンに人が沢山集まっているのが見えました。
もしかして・・・とそのケルンを目指して進むと、そこが硫黄岳山頂でしたー!
山頂標柱の背後には、一面の雲海が広がっています!
硫黄岳山頂

だだっ広い山頂一帯はぐるりと景色が開けていて、風も強く吹いていました。
北側には爆裂火口が大きな口を開けています。まさに断崖絶壁!
爆裂火口

そして南には、赤岳をはじめとした南八ヶ岳の山々がずらりと頭を揃えていました。
とにかくどこを見てもすごい迫力ですっ
硫黄岳からの景色

私たちはしばらく辺りをウロウロとしながら、あちこち見て回りました。
あまりの景色に感動が止まりません!

それじゃあ、そろそろ横岳へ向かおうか。
私たちの進む道は、ずっと先まではっきりと見えていました。

大きく開けた砂礫の道を下って少し進むと、強い風当たりから身を隠すようにして建てられた硫黄岳山荘がありました。
この厳しい環境の場所に山小屋があるなんて、すごいことですよね。

そこから、まるでどこかの惑星みたいな雰囲気の道を登っていきます。
どこかの惑星みたい

まだ朝の9時台だというのに、かなり気温が上がってきたように感じます
さらに道もなかなかきついのですが、辺りに広がる素晴らしい景色がそんなことを忘れさせてくれました。

わーっ!見て、富士山だ!
富士山だっ!

こうして信じられないほどの絶景に囲まれ、半ば夢心地で足を運んでいた私ですが、道は徐々にそのことを許さないほど険しくなってきました。
険しくなりました

切り立って高度感のある岩場には、鎖も付けられるようになりました。
うーん、気を付けて進まなきゃ。

そんな岩の先端で、のんびり日向ぼっこするホシガラスさん。
落ちないでねー!・・・って、羽根があるから大丈夫か(苦笑)
ホシガラス

岩はかなり迫力を増して眼前に迫ってきます。
対向してくる登山者さんも少なからずいるので、声を掛けて譲り合いながら進みます。
かなり険しいです

そしてなんとか、横岳(奥ノ院)山頂へたどり着きましたー!
横岳山頂!

山頂へ着いたからといって一段落できるわけではなく、ここはまだまだ険しい岩の稜線の途中にあります。
狭い道を行き交う人の数も多いので、邪魔にならないようペースを調整しながら先へ進みました。

見下ろすと、この高度感です。険しいけれど、本当に素晴らしい景色!
すごい高度感です

そこから少し進むと、今度は三叉峰に着きました!
なんという絶景でしょうか
三叉峰

それから、岩場の隅にかわいらしい木の実も見つけましたよー!
こんなに厳しい環境の中でもたくましく生きているんですね。本当にすごいと思います。
こんなところに・・・

こうして私は、険しい岩場を通過する緊張感と、素晴らしい景色を眺める感動を同時に味わいながら進んでいきました。
道は細かいアップダウンがあり、トラバースあり、鎖場もあり・・・と、次々畳みかけてきます。

やがて、前方には大きな赤岳と、それに続く稜線の道がくっきりと姿を現しましたー!
すごい、この道を歩けるなんて・・・楽しすぎるっ!!
赤岳への道

ですがまだ鎖場もありました。慎重に通過します。
鎖場

その先に、二十三夜(?)という石碑が置かれている場所がありました。
二十三夜峰という高さ10mほどの岩峰があるんですねー。
二十三夜峰

そしてここを過ぎた辺りで、ようやく道の雰囲気が落ち着いてきました。
ほどなく、地蔵尾根ルートとの合流点である地蔵ノ頭へ到着!
地蔵ノ頭

2010年の夏には地蔵尾根を登ってここまでやってきたんだよね。こちらの道も険しかったなぁ。

険しい稜線の向こうに見えていた赤岳は、今や手の届きそうなほど近くに大きく聳えていました。
前回ここから見た時は、半分以上がガスに隠されてしまっていたけれど・・・

今回はこんなにクッキリ!!
いよいよ赤岳へ!

なんて幸運なんだろう。こんなに素晴らしい青空の下、雲の上の稜線を歩き続けることができるなんて。
私たちはいよいよ、今回の山行最後の頂へと向かいました!

赤岳展望荘前のベンチで少し休憩し、すごく急な坂をじわじわ、じわじわと登っていきます。
うーん、かなり暑くなってきた!!

そして・・・ついに赤岳頂上小屋までやってきましたー!
赤岳頂上小屋

目指す山頂は、もう目と鼻の先です!

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2015.07硫黄岳登山(赤岳鉱泉テント泊)(1)【1日目】

硫黄岳(2,760m)/長野県茅野市、南佐久郡南牧村


ルート詳細はコチラ
※1日目の赤岳鉱泉から硫黄岳への往復コースがGPSでうまく記録できていなかったようです

■今回のコースと所要時間
所要時間合計(テント設営撤収、食事、休憩等込み):
【1日目】約7時間5分【2日目】約6時間20分

(行動時間)
【1日目】
美濃戸口(トイレあり)―【約55分】→美濃戸山荘(トイレあり)―【約1時間50分】→赤岳鉱泉(トイレあり)―【約1時間20分】→赤岩の頭―【約25分】→硫黄岳頂上―【約1時間5分】→赤岳鉱泉(テント泊)

【2日目】
赤岳鉱泉―【約30分】→中山尾根展望台―【約20分】→赤岳鉱泉―【約1時間25分】→美濃戸山荘―【約40分】→美濃戸口

■参考マップ
山と高原地図 32 八ヶ岳
ヤマケイアルペンガイド 八ヶ岳

ヒマラヤからの帰国後は、日帰りでのんびり登山をすることが多かった私ですが、いよいよ7月に入り、大きな夏山へと気持ちが向かうようになりました!
今夏最初のテント泊登山は、仲間と一緒に八ヶ岳へー

今回の一番の目的は、何年も前からずっと憧れていた阿弥陀岳に登ることでした。
・・・あれっ?タイトルのお山と違うような?
その理由は、これからのレポートをご覧ください(苦笑)


阿弥陀岳に登るなら、行者小屋に泊まるのが近道なのですが、一度赤岳鉱泉のテント場にも泊まってみたいと思っていたんですよね。
また、タイミング的に赤岳方面がかなり混みそうなことも気になっていました。
そこで、計画を「初日に硫黄岳へ登って赤岳鉱泉テント泊、翌朝阿弥陀岳に登って下山」として出発しました。


当日は美濃戸まで車で行ければと思っていたのですが、私たちの到着時点ですでに満車との案内がっ
さすがに人気の登山口ですね私たちは美濃戸口に車を停めて、歩き始めました。
1507硫黄岳1

美濃戸までは車も通れるような砂利がちな道が続いています。
この時は美濃戸が満車だったので後ろからやってくる車もおらず、スムーズに歩くことができました
1507硫黄岳2

道すがら、こんなにぷっくりとしたかわいらしいお花を発見!
ホタルブクロかな?とーってもキュートです
1507硫黄岳3

こうして楽しく歩くこと1時間弱で、美濃戸に到着しましたー。
1507硫黄岳4

美濃戸山荘からは北沢と南沢にコースが分かれます。ほとんどの登山者さんたちは南沢コースへ進んで行かれました。行者小屋経由で赤岳へ登られるのかもしれませんねー。
私たちは赤岳鉱泉へ向かうので、北沢コースへ進みました。
1507硫黄岳5

道は濡れているところも多いですが、森の雰囲気が良くて木道や木橋も整備されているので歩きやすいです。
こちらのコースは人も少なくて、マイペースで進むことができました

道端の苔や花、美しいせせらぎなど、色んなものに目を留め、足を止めながらのんびりと歩いていきます。
ギンリョウソウも、見ーつけたっ
1507硫黄岳6

雰囲気がいいねぇ、楽しいねぇ、キレイだねぇ・・・そんなことを言い合いながら、山歩きを楽しむ私たち。
1507硫黄岳7

1507硫黄岳8

朝から空には分厚い雲がかかっていましたが、時々晴れ間が覗きました。
光が射し込むと、森の緑はまた一段と輝いて美しいのなんの
やっぱりいいなぁー、八ヶ岳。森を歩くだけでも本当に幸せな気分になれるんですよね
1507硫黄岳9

・・・と、気持ち的には楽しく歩いていたのですが
今回のメンバーは全員テント泊が久しぶりだったためか、赤岳鉱泉までの道のりが思ったよりも長く感じられました(苦笑)

まだかな?そろそろかな?と何度か言い合った後、ようやく赤岳鉱泉に到着ー!!
ふーっ、良かった!
1507硫黄岳10

早速テント泊の受付をします。
テント場は3割ほど埋まっている程度でしたが、今後の混雑も考えて、テント場の奥の方の個室っぽいスペースにテントを設営することにしました。

まだまだ時間的には余裕があったのですが、お天気のことを考えると硫黄岳へは早めに行っておいた方が良さそうです。
テントを張り終わって一息ついたら、サブザックに必要な荷物を詰めて再出発!

私たちは森の中を登っていきました。道自体は分かりやすいのですが、雰囲気は結構ワイルド。急なところも多いです。
1507硫黄岳11

みんなとペースを揃えつつ、でもお天気も気になるので少しだけ急ぎつつ、ひたすら登っていきました。
それでも、花や苔、森の雰囲気を楽しむことも忘れてはいませんよー
これは・・・ミヤマバイケイソウ?(後で調べました・苦笑)それは花なの?葉っぱなの?と尋ねたくなるような色ですねぇー。面白いっ
1507硫黄岳12

標高を上げて行くほどに、辺りはどんより暗くなってきて、赤岩の頭まで上がる頃にはもう真っ白
幸いまだ雨は降っていませんでしたが、あまりのんびりはしていられなさそうです。
1507硫黄岳13

さぁ、硫黄岳の頂上を目指そう!私たちは広い尾根道を進んでいきました。
やがて、大きな岩がゴロゴロとした険しいところに差し掛かりましたー!下りてくる人との擦れ違いにも気を遣います。
1507硫黄岳14

すると、険しい岩場の途中でついに雨が降り出してしまいましたー
これは本降りになりそう、とすぐに安全な場所に避けてレインウェアを着ていると、やはり雨脚が強くなってきました。

この先まだ岩場が続くようなら、危ないから引き返した方が良さそうだなぁ。
ちょうど大きな岩で視界が遮られていたので、ひとまず様子を見にその岩を越えてみると・・・すぐ先に頂上の標識がっ!

というわけで・・・なんとか硫黄岳に登頂しましたっ
1507硫黄岳15

しかし、遮るもののない場所に出ると、さすがに雨風が強く吹き付けてきます。
私たちは記念撮影だけ済ませると、すぐに来た道を引き返し始めました。

赤岩の頭を過ぎて下り始めると、森の中に入ったこともあって雨はだいぶ落ち着きました。
まだまだ滑りやすい道が続いているものの、思ったよりもスムーズに下っていくことができました。

こうして、無事に赤岳鉱泉まで戻ってきましたー
ひとまず濡れ物をテントにしまってから、小屋の中に入ってCCレモンと牛丼をかきこみます。あぁ、美味しいーっ
1507硫黄岳16

一息ついてから、今後についてちょっと相談。
サブザックやストックなどの装備がずぶ濡れになってしまったし、みんな久しぶりのテント泊装備だったことに加えて、その後雨に降られたりして、体力的にも思った以上に消耗しているんだろうなぁ・・・。
元々、メインの目的は阿弥陀岳でしたし、明日のお天気も晴れの予報でしたが、万全の態勢ではないだろうと考え、明日の登山はやめることに決めました!

ずっと憧れていた阿弥陀岳さんにお邪魔するチャンスだったので、少しは残念な気持ちになるかなぁと思ったのですが、全くそんなことはありませんでした。
装備も気持ちも万全な状態で、また来ればいいじゃん!今日明日は日程に余裕ができたぶん、山でゆったり過ごす時間を楽しもうよ
そう思ったら、なんだかとってもスッキリしたんです。

そうと決まったら、今夜はパーティーだっ(笑)
私たちはひとまずテントに戻ってひと休みしてから、夕方頃食材を持ち寄ってウッドデッキに集合しました

メインの夕食を作っている間に、まずはリッツ&チーズの前菜タイム!
1507硫黄岳17

それから永谷園 煮込みラーメンと、アルファ米&小さめどんぶりシリーズ 親子丼でお腹を満たし~~
1507硫黄岳18

食後にはスナックと一緒にお茶でまったりお喋り
1507硫黄岳19

・・・と、のーんびり過ごしました。とっても楽しかったー

あれっ?後半の写真がほとんど食べ物になってますが・・・(笑)
こうして初日は終了!私たちはテントに戻ってゆっくりと体を休めたのでした。

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2015.07硫黄岳登山(赤岳鉱泉テント泊)(2)【2日目】

硫黄岳登山(赤岳鉱泉テント泊)、(1)の続きです。

初日のお昼以降、降ったり止んだりを繰り返していた雨ですが、その日の夜中は本降りになっていたようです。
私は耳栓をしていたのでほとんど気になりませんでしたが、テントを叩く雨粒の気配は時々感じていました。

それでも・・・翌朝テントから出てみると、この青空
1507硫黄岳20

当初予定していた阿弥陀岳への登山はすでに中止を決めていましたが、朝のお散歩を兼ねて中山尾根展望台まで行ってみることにしました!
テントはそのままに、サブザックに必要な荷物を詰めていざ森の中へ
1507硫黄岳21

やはり路面は結構濡れていましたが、荷物が軽いこともあってどんどん進んでいくことができました。
しかし・・・私の中で「展望台は赤岳鉱泉と行者小屋の中間ぐらいにある」という印象を持っていたのですが、位置的にはほぼ行者小屋よりのところだったんですよね。
そのため、思ったより長い距離を歩いているように感じられました(苦笑)

道中には、こんなにかわいらしい花たちも。
昨夜の雨でしっとりと潤った、ゴゼンタチバナさん
1507硫黄岳22

それから、今回新たな発見が。
文三郎尾根だけでなく、こちらにもマムートさんがいるんですねー
1507硫黄岳23

こうして歩くことしばらく、ようやく展望台への分岐までやってきましたー!
1507硫黄岳24

ここからは、ワイルドな感じの急斜面を一気に登っていきます。
1507硫黄岳25

息を弾ませながら坂を登り切ると、ぽかんと開けた場所に出ましたー。標柱が立てられています!
1507硫黄岳26


さぁ、ここからの景色は・・・!?


わわわっ、すごーいっ!!
1507硫黄岳27

周囲には雲が多くて、すっきりとした景色を眺めることはできなかったのですが、そのぶんまるで水墨画のような光景に出会うことができました!
かっこいいなぁー

そして、赤岳~中岳~阿弥陀岳の景色もどーんと望むことができましたよー
1507硫黄岳28

しばらく待っても山頂付近の雲は取れずじまいでしたが、深い緑に覆われて、夏山らしい鮮やかな色彩を楽しむことができました。
あぁ、気分がいいなぁ!とっても贅沢な朝のお散歩だね

さぁ、それではそろそろテント場まで戻ります。
その前に、周辺に生えていた、この「緑のニョロニョロ」がなんだかかわいらしくて、じっくり観察してから下り始めました(笑)
1507硫黄岳29

展望台から赤岳鉱泉までは、さっき通ったばかりなので雰囲気も良く分かっていて、スムーズに戻ることができました。
テント場まで戻ったら、さっそく朝ごはんタイム


まずは同行者さんが海外のお土産で持って来てくれた、ココナッツカレーヌードル。
具は昨日の永谷園 煮込みラーメンの残りを使いました。
辛さもちょうどよかったし、何よりココナッツの風味がとっても美味しかったです
1507硫黄岳30

それからもちろん、食後のティータイムもゆったり
今日はもう下山するだけなので、時間はたっぷりあります!
1507硫黄岳31

朝食&ティータイムの間、日当たりの良い場所に濡れたテントや装備を広げておいたら、食事を終える頃にはあらかた乾いていました。
太陽の力ってすごいねぇー!

こうしてゆっくり、のんびりと朝のひとときを楽しんだ私たち。
荷物をまとめて、ようやく下山を始めました(笑)

今日は、こーんなにいいお天気
1507硫黄岳32

下るだけとは言っても、やはりお天気が良い方がいいですね。
とっても爽やかで、気持ちの良い森歩きになりました

これは土の色?とっても赤っぽい沢を眺めつつ・・・
1507硫黄岳33

そして、木道も気持ち良ーく歩いていきまして・・・
1507硫黄岳34

スムーズに美濃戸まで戻ってくることができました!
ここからは、車も通る道を美濃戸口まで歩きます。
1507硫黄岳35

荷物が重くなったからか、後半はちょっと足が疲れてきたものの、無事に美濃戸口の駐車場にたどり着きましたー

私たちは車に荷物を詰め込んでから、いったん八ヶ岳山荘にお邪魔しました。
美濃戸口の駐車場に停めると、駐車場代と引き換えに山荘でコーヒーのサービスが受けられるんですよー

これがまた本格的なお味で、とっても美味しいんです。何だか本当に申し訳なくなるぐらいの素晴らしいサービスなんです
今回は暑かったので、アイスコーヒーにできるかなー?とダメもとで聞いてみたら、できましたーっ!
1507硫黄岳36

あぁー、本当にありがたいっ
こうして最後までのんびりと過ごした私たちは、すっかりリフレッシュして帰路に就いたのでした。


今回は天候などの都合により、阿弥陀岳登山の予定を中止して、硫黄岳登山のみのゆったり行程となりました。
でも、今回のテント泊登山がとーっても楽しかったんです

この時、思いました。私にとっては「腹七分目登山」ぐらいがちょうどいいなって。
「もっと登れるぞ」ってぐらいの時間と体力の余裕を残して、そのぶん山で過ごす時間を目一杯楽しむ。それがとっても心地好かったんです。

こうして、この夏の登山テーマを腹七分目登山に決めた私。
今回お邪魔できなかった阿弥陀岳さんにも、またゆったり行程で来てみよう!と思ったのでした

今回も楽しい登山をどうもありがとうございました

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。