スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.11 両神山登山(1)

両神山(1,723m/埼玉県秩父郡小鹿野町)



思えば、登山を始めてすぐの頃から、その山の名前は私の目に入っていました。
そして、いくつもの山の上から、その山の姿を眺めてきました。

ギザギザした特徴的な山容、2,000mに届かない標高とは思えないほどの存在感。それが両神山でした。
しかし、それはとても近くにあるようで、私にとっては遠く大きな山でもあったんです。

そして今回、ついにその両神山へ登らせて頂くことになりましたー!
今回計画したのは、鎖場が連続する険しい八丁峠コースです。

しかし・・・登山当日の天気予報は晴れだったものの、前日に雨が降っていたらしいことが分かりました
11月になってだいぶ冷え込んでいたこともあり、「もし岩場の一部が凍結していたら・・・」という不安が頭をよぎりました。
「心にほんの少しでも不安がある限りは、危険なこのコースを登るべきではない」と考えた私は、同行者さんと登山コースについて再検討しました。

その結果、危険個所の少ない一般的なコースである、表登山道を登ることに決定!
こうして私たちは登山口の日向大谷へとやってきたのでした。

この時、憧れだった八丁峠コースを登れなくなってしまったことを少し残念に感じていた私。
ですが、結果的にこのコース変更が、私に素晴らしい出会いと気付きを与えてくれることになったのでした。


日向大谷の駐車場に車を停めた私たちは、舗装道路を少し上って両神山荘の前に出てきました。
両神山荘

ここで登山届を提出し、山荘脇に伸びる細い道をたどって森の中へと入ります。
この辺りで山荘のワンちゃんにも出会いましたよー!朝のお散歩中だったのかな?
細道を進む

森に入ってすぐ、神社の鳥居と祠がありました。
今日も事故なく登山を楽しめますように
祠

そこからは森の中の道を進んでいきました。
多少岩なども目につきますが、危険個所の少ない土の道が続きます。
登山道

また、今回のルート上では、所々に小さな祠や石像、石碑などを見かけました。
ここが信仰の山であることを強く感じさせてくれますね。
石像たちがいます

鳥居を過ぎて30分ほど歩いたところで、分岐の標識にぶつかりましたー。
右手は七滝沢コースと書かれていますが、そちらは難路のようなので、左手の道を進むことにします。

こうして森の中の登山道を進んでいった私ですが、歩くほどに大きな驚きと感動を覚えずにはいられませんでした。

黄葉の木々、柔らかな落ち葉、清冽な水を湛えた沢、苔生した岩・・・
ここは、なんて素敵な森なんだろう!!
素敵な森

私はこれまで、両神山に対して「険しい岩山」というイメージばかりを持っていました。
ところが実際に歩いてみて、今まで気付けなかった両神山の魅力に出会うことができたんです

今回は事情があって表登山道を登ることになりましたが、「今日この道を歩くことができて本当に良かった」と、私は心から感じたのでした
いい道です

両神山はとても人気の高い山ですが、この時は出会う人もまばらで、落ち着いた山歩きをすることができました。
沢沿いのルートは道を見失いがちなので、気を付けながら登っていきました。
沢伝いに登る

沢にも落ち葉がいっぱいに浮かんでいて、とってもキレイ
辺りは信じられないほど美しい景色だらけです!
美しい沢の景色

素晴らしい森に感動しながら沢伝いに登っていくと、「八海山」と書かれた指導標のところにやってきましたー。
ここはピークというわけではなさそうですが、石像などが立てられています。

ここから清滝小屋までは800mほどのようです。なかなかの急坂ですが、もうひと頑張り!
花たちも応援してくれていますよー!
花も咲いてます

その先に「白藤の滝」という案内標識がありましたが、「転落注意」という注意書きが赤文字で添えてあったので、寄り道はしませんでした(苦笑)
さらに、わずかに水の出ている「弘法之井戸」を過ぎ、秋色の森の道をひたすら登っていくと・・・

ありました!清滝小屋です!
清滝小屋

清滝小屋は現在休業中のようですが、ログハウス風の造りでとても雰囲気の良さそうなところでした。
中に何人か人がいらっしゃるような気配もありました。

私たちはここでトイレを借り、一息ついてから再び登り始めました。
進みます
結構急ですが、葉を落とした木々の合間に向こうの景色がちらちらと見えています!

やがて、「産体尾根」と書かれた立派な指導標にぶつかりましたー。(産泰尾根とも言うようです)
この辺りになると裸になった木々の割合も増えて、随分と明るい道になりました。

そして、こんな鎖場も現れましたよー!
それほど難しさのある岩場ではないので、慎重に足を運べば問題はなさそうです。
鎖場登場

その先にも岩場がありましたが、それほどの険しさは感じませんでした。油断しないよう気を付けて登ります。
こうしてどんどん登っていくことしばらく、両神神社へと出てきましたー!
両神神社

狛犬は少し変わった風貌をしています。ここも狼なんですね。
神社にはテーブルとベンチが置かれていたので、ちょっと休憩をするには良い場所かもしれません。
そのすぐ先にも神社があって、こちらは御岳神社の奥社のようです。

ここまで来たら両神山の頂上まではあと800mほどです!
私たちはワクワクしながらその先を目指しました

途中で見かけたこんな木の幹。とってもオシャレな柄ですよねー
オシャレな木

少し登って、「山頂→」と書かれた看板の辺りにたどり着くと、木々の切れ間に山頂方面と思われる景色を望むことができました。
さすがにかなり岩っぽいですねー!
山頂方面が見えてきました

そこから少しの間は土の道が続いていましたが、そのうちロープの垂れ下がった岩場にぶつかりましたー。
岩自体はごつごつとしていて手がかりや足がかりも多いようです。スリップしないように慎重に登りました。
ロープ場です

さぁ、もうすぐ山頂です!

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.11 両神山登山(2)

両神山登山、(1)の続きです。

八丁峠コースの予定を変更して、日向大谷から山頂を目指した私たち。
紅葉と沢の美しい景色を楽しみながら、山頂まであと100mほどのところまで登ってきましたー

八丁峠と比べて危険度の少ないと言われている表登山道ですが、さすがに山頂近くになると大きな岩場が増えてきました。
そして見晴らしもだいぶ良くなってきています。

ロープ場を越えて少し進んだところからは、こんなに素晴らしい景色を望むことが出来ました
見晴らし良好!

晩秋らしい濃い赤と深い緑のパッチワークになった山並みは、どこまでも続く大海原のよう。
実に爽快な景色です

さぁ、ここまで来れば山頂はもうすぐそこ。
この迫力ある岩場を通って・・・
すごい岩場です

大きめの鎖場をよじ登っていくと・・・
最後の岩場!

両神山の山頂です!
両神山山頂

山頂からの景色も、実に素晴らしいものでした
山頂からの景色

遠くの山々には所々雲がかかっていましたが、わずかに富士山らしきシルエットも見ることができましたよー!

手前の森には冬の気配すら感じられましたが、麓の方を見下ろすと、まだまだ鮮やかな秋の色が目に留まりました。
紅葉も

本当に素晴らしい景色だったのでここでしばらく眺めていたかったのですが、この山頂標識が置かれた岩場は狭く、数組の登山者さんがいらっしゃったので、場所を空けることにして早目に岩場を下りました。

それに、開けたこの場所は冷たーい風が通り抜けてかなり寒かったんです
私たちは脇にある大きな岩場の影に良い場所を見つけ、そこでダウンジャケットを羽織って少し休憩することにしましたー。

そして、ザックの中からお昼ご飯を取り出します。
今回はちょうど家で作っていた豚汁と、おいなりさんを持ってきましたー!

豚汁は保温ポット(Wステン スープ&フードジャー)に入れて、保温してきたんです。
山頂の気温がかなり低かったので、温かい食事は本当にありがたかったです
豚汁

元々この日は登山者さんが少なかったのですが、寒さもあって皆さんすぐに下山されていきました。
そして、私たちが食事をしているうちに、辺りはすっかり静寂に包まれていたんです。

「あれっ、人の気配がしなくなったけど、もしかして・・・!?」


もう一度岩場を少し登って山頂へ行ってみると・・・


まさかの山頂一人占めー!!(笑)
誰もいない山頂

こんなに人気の山で、誰もいない状況を楽しめるとは思ってもみませんでした。
私たちはもう一度山頂の岩場に上がって、写真を撮ったり、景色を眺めたりして過ごしました

それから、ちょっと下ったところにある鎖場をもう一度登り返してみたり・・・(笑)
八丁尾根~赤岩尾根のギザギザ感がものすごいんですけどっ!!
ギザギザしてます

こうして1時間近くも寒い山頂で過ごした私たち。
そろそろ下山することにします

危険個所は少ないとはいっても、下山時に事故が起こりやすいので注意しないとね。
こうした岩場は特に気を付けて下りました。
慎重に下る

その後、岩場が落ち着いたのでぐんぐん下っていったのですが、途中で私はふと立ち止まりました。
左側の森の中に、何かの気配を感じたような・・・!?

目を凝らしてみると、数十メートル先に大きな黒い塊があるではありませんかっ!!!
最初は大きな切り株かなと思ったのですが、その塊がのそっと動いたんです。

「け、獣だっ!!熊かも!!

一瞬にして全身に緊張が走りました。
どうしよう・・・距離はあるけど駆け寄ってこられたらマズイ・・・

しかしよく見てみると、その獣はなんとなく見覚えのある容姿をしていることに気付きました。

「あっ・・・カモシカかぁ!
熊!?と思ったら・・・
いやー、ビックリしました(苦笑)


それから私たちは、再び下り始めました。
下ります

そして、無事に清滝小屋へ到着しましたー
再び清滝小屋

ここでトイレを借りようと思ったのですが、関係者の方がちょうどトイレの大がかりな清掃を始められたところのようでした。
休業中の小屋ではありますが、利用者も多いと思うので管理は大変だと思います。本当にありがたいことです。

というわけで、下山してからトイレに行くことにしてそのまま下っていきました。

しかし、数分後・・・
「実は・・・小屋でトイレに行けると思ってたから言わなかったけど、結構トイレに行きたいんだよね・・・」
という同行者さんからの衝撃の告白が!!(苦笑)

いざという時のための携帯トイレは持参しているのですが、できればちゃんとしたトイレを使いたいですよねー
この先は比較的歩きやすい森の道が続いていたはずなので、ならば・・・と、ハイスピード下山開始!

他に登山者さんもいなかったので、危険の少ない所では小走りに近い勢いで下っていきました。
おかげで、写真ちょっとぶれてます(笑)
ハイスピードで下山

こうして、清滝小屋から1時間で両神山荘に到着!
両神山荘まで出てきましたー

「下山お疲れ様」と言う間もなく、近くの公衆トイレまでダッシュした同行者さんでした(笑)
色々ありましたが、これにて無事に下山完了です!
トイレで終了(苦笑)


今回は日向大谷からお邪魔することになった両神山。
その山頂には予想通りの荒々しい岩場があり、山頂から見る八丁尾根方面のギザギザにはものすごい迫力がありました。
しかし、それだけではありませんでした。
今回歩いてみて、両神山の中腹には本当に美しい森や沢があることに初めて気づいたんです。

「百聞は一見にしかず」というけれど、実際に歩いてみないと出会えないものが山にはあるんだなぁとしみじみ感じました

これからも私は、色んな山の景色をこの目で見るために、この足で歩き続けたいと思います!
今回もありがとうございました

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。