スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.12本社ヶ丸・清八山登山

本社ヶ丸(1,630.8m)・清八山(1,593m)/山梨県大月市



■参考マップ
山と高原地図 24 大菩薩嶺


前回高畑山~倉岳山を歩いた時、残念ながら富士山はすっぽりと雲の中に隠れてしまい、見ることができませんでした(苦笑)

富士山にはこれまで何度か登ったことがありますし、観光でも登山でも何度もその姿を眺めたことがありますが、やっぱり見るたびに嬉しくなるんですよね
というわけで、今回また大月市周辺にある、富士山のキレイに見える山へ向かうことにしました!

大月市で富士山が特にキレイに見える山は「秀麗富嶽十二景」に認定されていますが、その中から今回は本社ヶ丸、清八山にお邪魔する計画を立てました。
本社ヶ丸は「ほんじゃがまる」と読みます。なんだかかわいらしい名前ですよね(笑)

今回はここJR笹子駅を出発して、清八山~本社ヶ丸を歩いて笹子駅へと戻る周回コースです。
それでは出発!
笹子駅からスタート

駅を出てからはしばらく・・・というかかなりの時間、舗装道路を歩きます
要所要所に道標があるので、登山口までの道は比較的分かりやすいです。
朝陽に照らされて、山々が輝いていますねー!
長い舗装道路歩き

うーん、それにしても登山口まで約1時間半の道のりはなかなか遠いです
上り坂も続くので、舗装道路歩きの時点でだいぶ疲れてしまいました(苦笑)

そして、ようやく登山口へ到着!
登山口には登山届提出用のポストがあり、辺りは大きく開けています。

目の前の斜面は広く伐採されていて、切り株が立ち並ぶちょっと異様な光景でした。これから植林されるのかな?
この斜面を登って林の中へ入りますが、最初からなかなか急な坂だったので息が切れました
ようやく登山口

林の中の道はすっかり冬の様相。裸になった木々の枝を透かして、青い空と山の輪郭が見えています。
傾斜のせいもありますが、ここまでの舗装道路歩きの影響もあって早くもだいぶ疲れてきましたー(苦笑)
登ります

やがて、道の両脇に白いモノがチラチラと見られるようになってきました。
こちらは日陰の斜面なので、霜柱がいっぱい立っているみたいですねー。

登山口から1時間ほど登り続けた結果、日当たりの良い清八峠まで上がることができましたー!
ポカポカ陽気に包まれて、ホッと一息。広い場所というわけではありませんが、脇道の辺りで座って休憩されている登山者さんも何人かいらっしゃいましたよー。

私たちはまず、ここから右手の清八山へと向かいます。そこからさらに足を延ばすと三ツ峠山まで行けるんですねー。
清八峠

清八峠から清八山まではほんの5分ほどの距離です。前方の木々の向こうに、富士山らしき山の姿が大きく見えていてびっくり!
これはものすごい景色が見られるんじゃないか・・・とドキドキしながら登ります。

そして・・・清八山に無事登頂!!
清八山

そして、ここからの景色は・・・


どーん!!!
雲一つない青空の下、悠々と聳える富士山ですーっ!!(嬉)
富士山!

いやー、これはすごいっ!!感動の絶景です!!!

それだけではありません。ここからは雪をかぶった八ヶ岳などの山並みを広く遠く見渡すことができました。
八ヶ岳!

ですが・・・ものすごく風が強いーっ!
冷たーい風がビュービュー吹いていて、長時間滞在する気分にはとてもなれませんでした。
なるほど、ここではなく清八峠で休んでいる人たちがいたのはそのためだったんですね

というわけで、絶景と強風の山頂の模様を動画でお楽しみください(苦笑)
[広告] VPS

こうして短時間ではありましたが、清八山での眺望を楽しんだ私たち。
そこからそそくさと清八峠まで戻りました(苦笑)

ここから今度は本社ヶ丸に向けて進みます。
歩きはじめは気持ちの良い尾根道。
本社ヶ丸へ

ですが、山と高原地図 24 大菩薩嶺によれば、このルート上に「危険」のマークが付いているんですよね。

どういうことだろう?と思ったら・・・

「うわっすごい岩場!」
数分と歩かないうちに、荒々しい雰囲気の岩場が連続し始めましたよー!
すごい岩場!

私たちは足下に気を付けながら、慎重に岩場を通過しました。
危ない道ですが、やはり見晴らしは抜群!三つ峠山と富士山の眺めが素晴らしかったです

危険な岩場が落ち着いてくると、今度はこんなモノと出会いましたよー。
氷がたくさん

落ち葉の合間に見える白いモノは、ザクザクの氷の塊たちなんです!
「すごーい、天然ロックアイスだー!!
なんて同行者さんと盛り上がっていましたが、さすがにこの氷をグラスに入れて冷たーいドリンクを飲む気には、今はなれませんでした(苦笑)

こうして時折富士山を眺めながら明るい尾根道を進んでいき、最後に岩がちな坂を登り切ると・・・

本社ヶ丸、登頂ですー!!
本社ヶ丸

やはりここからの眺めも素晴らしかったです。富士山もどーんと聳えていますよー!
富士山アップ!

本社ヶ丸の頂上は開けていてある程度のスペースもあったので、休憩するのにはちょうど良い場所でした。
ただ、私たちが登ってきた時には先に登頂された団体さんがお弁当を食べていらっしゃったので、満員状態でした(笑)
(上の山頂写真も、団体さんにお願いして撮影する時だけちょっと場所を空けてもらいました)

しかも、山頂は風が強くてとっても寒い!
どうしよう、このまま下山した方がいいかな・・・!?

そんな時、山頂直下の岩の脇に良さそうな陽だまりスポットを見つけました!
ここなら他の登山者さんの邪魔にならないし、風も防げてポカポカです

というわけで、快適な展望レストランで山ラーメンを食べることができましたー!
今回のラーメンも、前回の二子山登山と同じマルタイ 棒ラーメンを使いました。写真は前回とほぼ同じなので省略します(笑)

こうして、寒ーい山頂で見つけたオアシスのようなスポットで1時間近く過ごした私たち。
それでは、そろそろ下山します!

本社ヶ丸の山頂を後にした私たちはそこから東の尾根を辿って、角研山の山頂の辺りから笹子駅へと下る予定です。
まずは、明るくて歩きやすい尾根道を歩きました。
こういう道はとっても楽しいですよねー!
下山開始

それから階段状に整備された箇所もある道を下り、開けた道に出て鉄塔の横を通り過ぎると再び林の中へ。
そこからひと登りで、角研山の山頂にたどり着きましたー!
角研山

「つのとぎやま」という変わった名前の山の頂は、手書きの山頂標識が木にかけられているばかりの静かな場所でした。
対向からやってきた団体さんをやり過ごしてから、私たちは北へと進路を変えました。

ここから先、笹子駅への道は最近あまり人が入っていないような雰囲気。
ふかふかの落ち葉が積もって、踏み跡が不明瞭になっているところもありましたー。

最もすごかったところはこんな感じ。足首まで落ち葉に埋もれてしまいますよー!
ふかふか落ち葉!

こうして道の分かりづらいところは迷わないように注意しながら、私たちはどんどん下っていきました。
途中で鉄塔や舗装道路を過ぎ、さらに下っていきます。
下ります

そして駅近くの道路まで無事に下りてくることができましたー!
舗装道路へ

そこから歩くこと10分ほどで、私たち笹子駅へ戻ってくることができたのでした。


大月市周辺の山々は、駅から駅まで日帰りで歩けるコースが数多くあります。
今回は最初の舗装道路歩きでだいぶ疲れましたが(苦笑)、富士山を始めとする素晴らしい景色を楽しむことができ、とても充実した山行になりました

真夏の富士山も素敵ですが、雪をかぶった冬の富士山は本当に美しいですよね!
これからも、富士山を眺める山歩きはやめられそうにありません

【終わり】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。