スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.04金峰山登山(1)

金峰山(2,599m/山梨県甲府市・長野県南佐久郡川上村)



■今回のルート(出発&到着時刻)
瑞牆山荘前登山口06:09→07:06富士見平小屋→08:12大日小屋→09:52砂払いの頭→10:50五丈岩→10:56金峰山頂上12:10→14:26富士見平小屋→15:09瑞牆山荘前登山口

■参考マップ
山と高原地図 26 金峰山・甲武信


4月に入り、街や低山には春の風が吹くようになりました
高い山も残雪の季節です。

その週末の天気は、文句なしの晴れ予報
あいにく日帰りの山行しかできませんが、登りごたえのある雪山へお邪魔して来よう!
そう決めて、金峰山登山を計画しましたー!

朝早くに瑞牆山荘近くの駐車場へやってきた私たちは準備を整えると、山荘前の登山口から森へと入っていきました。
登山開始

この辺りにはもう雪はありませんが、芽吹きにはまだ早いようで、裸の木々が立ち並ぶ寒々しい光景が広がっていました。
以前、瑞牆山登山のためにここを訪れたのは6月だったけど、その時はこの森の新緑の美しさに目を奪われたんだっけ

登山口から富士見平小屋までは、瑞牆山登山の時と同じ道をたどります。
途中で林道を渡りつつ、整備された登山道を息を弾ませながら登っていきます。

すると、木々を透かして荒々しい岩山の姿が目に入りました。
いやー、すごい迫力です!
迫力の姿!

日の射さない登山道はかなり冷え込んでいたので、私たちは立ち止まらずにどんどん先へと進んでいきました。
ところが!そんな私たちの前に、ぴょこぴょことお散歩しているカワイイ小鳥が現れたではありませんかーっ!!
小鳥さん

グレーと白の身体に黒いラインの入ったオシャレな子です。後で調べたのですが、ゴジュウカラでしょうか?
私たちのことは気にも留めず、一生懸命朝食の材料を探しているようです。
か、か、かわいいーっ!!

というわけで、あっさり足を止めて小鳥観察に興じた私なのでした(苦笑)

数分後、小鳥とお別れして再び歩きはじめると、ついに登山道上に凍結箇所が現れ始めましたー!
しかも、雪が融けたり凍ったりを繰り返しているようで、ツルツルのスケートリンク状態になっています
凍結が

ただし、この時点では登山道の全面が凍結していたわけではなかったので、氷のない道端を選んで歩くことができました。

そして・・・富士見平小屋に到着!
富士見平小屋

こちらの小屋は最近管理人さんが入られたとのことで、以前訪れた時よりずっと手入れが行き届き、キレイになっていましたー
実は以前こちらのトイレを借りようとしたのですが、あまりの事態(詳細は省きます・苦笑)に結局トイレに入るのを諦めたことがありました・・・
ですが、今回はトイレもきちんと整備されており、ありがたく使わせて頂くことができましたよー!

管理人さんをはじめとする関係者の方々が大変な苦労をされて小屋を整備されたのだと思います。本当に感謝、感謝です

さぁ、ここからは初めて歩く道です。
私たちは、トイレの脇から道標に従って金峰山方面へと進んでいきました。

この先しばらくは針葉樹の落ち葉が敷き詰められた地面に中くらいの石がごろごろ転がっているような登山道が続きました。
しかし、小屋から15分ほど歩いた辺りから凍結箇所が現れ始め、徐々に氷の範囲が広がってきました。

そしていよいよ靴のままでは滑って危なくなってきたので、アイゼンを装着しましたー。
道は分厚い氷に覆われてガチガチです。アイゼンの歯もほとんど刺さらないので、意識して足を置きながら前進しました。
凍結しています

・・・と、そんな私たちの目の前を、チョロチョロッと何か小さなモノが駆け抜けていったんです!!
な、何!?と目を凝らしてみると・・・

「わっ、ネズミだぁ!!
ネズミ!

分かるでしょうか?木の根元に頭を突っ込もうとして、こちらにお尻を向けているネズミです
一瞬ヤマネかと思いましたが、細長い尻尾はネズミのもののようです。

春がすぐそこまで来ているとはいえ、凍りついた登山道の上をこんなにも小さな生き物が、しかも裸足で走り回っているなんて!!
尻尾も毛がほぼないから、生足ならぬ生尻尾(?)じゃないですか!!

びっくりすると同時に、野生動物のたくましさを感じずにはいられませんでした

鳥や動物との出会いに気を良くした私は、凍りついた道を順調に進んでいきました。
やがて、開けた場所へと出てきましたー!

一段下がったところに小屋が見えます。あれが大日小屋ですねー。
大日小屋

この辺りは日当たりが良く暖かいので、雪はだいぶ融けていました。
ポカポカです

そこからさらに先へ進むと、再び道は分厚い氷に覆われました。
太陽が昇ってきて、少しずつ森の中に光を届けてくれるようになりましたよー
凍結の道

その先で再び開けた場所に出ると、今度は素晴らしい景色が私たちを待っていてくれました!
「うわー!!すごーい!!
素晴らしい景色

視線の先には屏風のように広がる白い山並みが
なんという景色、なんというお天気!気分は最高ですっ

しかも、この場所は大日岩の直下だったので、こんなに迫力ある岩場の光景も見ることができました。
ものすごい岩場ですねー。
すごい岩場

私たちはこの岩場を直登・・・せず(苦笑)、森の中の道を進みます。
少し進んで・・・

そして、大日岩の道標が立てられた場所へ出てくると、その奥の森が開けて、大日岩がどーんと姿を見せてくれました
岩に赤い矢印が書かれているけど、この先に進めるのかな・・・すごい。
大日岩

私たちは大日岩へは寄らず、そのまま金峰山の頂上を目指しました。
凍結していた登山道はいつしか締まった雪の道へと変わっていました。随分歩きやすくなっています

こうして大日岩から1時間ほど雪道を歩き、この坂を登り切ると・・・
雪の道

どーんと景色が開けましたーっ
砂払の頭に到着です
砂払の頭

どこまでも広がる雲一つない青空。
そして、まるで宙に浮いているかのように立ち並ぶ白い山々の姿。
あまりの景色に言葉を失います

そして・・・こんなにも白くて美しい富士山までもがくっきりと姿を見せてくれていたんです。
富士山も!

すごい、すごい景色っ!!
大興奮でシャッターを切り続ける私たちには、この後さらに素晴らしい雪山の世界が待っていたのです!

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.04金峰山登山(2)

金峰山登山、(1)の続きです。

瑞牆山荘前から富士見平小屋を経て、砂払いの頭まで登ってきた私たち。
雲一つない青空の下に広がる絶景に、しばらく足を止めて見入ってしまいました
砂払の頭から

なんというお天気なのでしょう!真っ白な雪がまぶしく輝いて、空はより一層深い青に染まっています
さぁ、ここからは森林限界を超えていきます。出だしもなかなかの急坂だったので、私たちはピッケルを装備して歩きはじめました。

雪を踏みしめて登っていくほどに、辺りの景色はさらにスケール感を増していきました。
目の前には真っ白な雪と真っ黒な岩が織りなす荒々しい稜線が伸びています。
向こうに突き出している大きな岩は五丈岩ですね。この迫力、美しさ。言葉にできません
美しい稜線!

そして、私たちの右手には宙に浮いているかのような富士山の姿が見えていました
富士山が浮いてます

あぁ、この美しさ・・・。こんなにすごい景色を見てしまったら、雪山にのめり込んでしまうのも仕方がありませんね
こんな素晴らしい日に山歩きをさせてもらえたことに、感謝の気持ちでいっぱいです

しかし、そうそう浮かれてもいられません。
急斜面に付けられた細いトレースは、もし誤って踏み外しでもしたら大変なことになりそうです
アイゼンを引っ掛けないよう足下に気を付けながら、そして万が一転倒してもすぐに身体を止められるようピッケルを構えながら慎重に足を運んでいきました。
緊張します

そして、稜線上に突き出す大きな大きな岩の塊、五丈岩へとたどり着きましたー!!
見づらいかもしれませんが、この写真の右上には飛行機雲が伸びていたんですよー
五丈岩

五丈岩の左手を回り込んでいくと、岩の手前に鳥居が立てられていました。
この五丈岩には登ることもできるそうですが、それは夏山シーズンのお楽しみということにしておきます(苦笑)

五丈岩の辺りに立てられている指導標や杭などには、融けかけたエビの尻尾が不思議な造形を見せてくれていました。
私たちは少しの間、それらを眺めて過ごしました。

さぁ、いよいよ金峰山の山頂へと向かいます
目指す頂はこのすぐ先にありました。
いよいよ山頂へ!

五丈岩からほんの数分、雪の斜面を登っていくと・・・

ありました!金峰山の山頂です!!
山頂の標柱は雪に埋もれて、「金峰」までしか見えていませんでしたー!
金峰山頂上

この絶好の登山日和の中、美しい雪の金峰山へ登ることができて胸が一杯です
私たちは笑顔で「やったねー!」「すごいねー!」と言い合っていました。
その場に居合わせた他の登山者さんたちも、みーんな笑顔です!
みんなで山に登る幸せを共有できた瞬間でした

雪があるとはいえ、辺りは陽射しが降り注いで春の陽気です
私たちは近くの岩陰に腰を下ろして、のんびりと過ごすことにしましたー

融けかけた氷の張りつくこの岩は、まるでモンスターのよう。
岩と氷のモンスター

私たちはこの岩陰でお湯を沸かし、ミルクティーとミニラーメン(日清チキンラーメン ミニ)を頂きましたー!
富士山にかんぱーい!
富士山に乾杯!

私の目の前にはこんな景色が広がっています。
うーん、幸せ
美しい富士山です

こうして気付けば1時間以上も山頂に滞在していた私たち。
今回は日帰りなので、そろそろ下山を始めることにします。

山頂を後にして、まずは五丈岩に向けて下ります。
まだまだこれだけの素晴らしい景色が広がっていますよーうーん、名残惜しい
まだまだいい天気

それから、ギザギザの稜線を進んでいきます。白と黒のコントラストが本当に美しいです
素晴らしいです!

しかし、この急斜面を横切っていくのはなかなか怖いです
転倒などしないように慎重に進みます。

こうして無事に砂払いの頭まで下りてくると、私たちは樹林帯の中へと入っていきましたー。
随分と日が高くなったので、森の中もだいぶ明るくなりました!
こうして少しずつ雪が融けていくんだろうなぁ。
森の中へ

そして順調に大日岩、大日小屋を通過して、富士見平小屋を目指しました。
この辺りはやはり路面がガリガリに凍結していましたが、朝通った時よりも少し氷が融けてきているのかも!?
だいぶ土が露出するようになってきたので、途中からはアイゼンを外して歩きました。

富士見平小屋へ着くと、トイレ休憩を兼ねてちょっと一休み。
同行者さんは小屋でお土産を買っていましたー

そして、すっかり雪の解けた道を、のんびりと下っていきます。
さっきまでの真っ白な世界が嘘のようですねー。
雪が無くなりました

こうして、無事に瑞牆山荘の前まで下りてくることができました
瑞牆山荘


今回はお天気にも恵まれ、本当に素晴らしい雪山歩きになりました
まぶしいほどの雪の白に岩の黒と空の青が映えて、シンプルだけど実に美しい世界の光景を満喫することができました!

それでも、山には様々な危険があることを忘れてはいけませんね。
これからも、季節問わず山の素晴らしい景色に出会うために、装備・技術・知識をしっかりと身に付けていきたいと思います。

金峰山さん、今回は本当に素敵な1日をありがとうございました!

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。