スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.07 草津白根山(逢ノ峰・本白根山)登山(1)

逢ノ峰(2,110m)・本白根山(2,171m、遊歩道最高点2,150m)/群馬県吾妻郡草津町



■今回のコース(出発&到着時刻)
白根山レストハウス駐車場9:57→10:14逢ノ峰→10:30リフト乗り場→11:36本白根山遊歩道最高地点12:05→12:26本白根山展望所→12:45鏡池→13:38白根山レストハウス(昼食)14:14→14:27湯釜→14:40駐車場

■参考マップ
山と高原地図 17 志賀高原 草津白根山・四阿山


山の楽しみは景色や山ごはんなど色々ありますが、今回はその中でも「花」を登山のメインテーマにしました
草津白根山周辺ではこの時期コマクサがキレイだと聞いていて、これまで湯釜しか行ったことがなかったので「ぜひお邪魔してみたい」と思っていたんです。

コマクサは高山植物の女王とも言われている見ごたえのある花。
これまで赤岳白馬日光白根山でその姿を目にしましたが、どれも時期がずれていて萎れかけだったり、ごく少数だったりしたんです。

今回こそは元気のいいコマクサの花を見られるといいな。
運次第のこともあるので、それほど強い期待はせずに登山口へと向かったのでした

朝9時過ぎにレストハウス近くの駐車場に着くと、すでに車がいっぱい!ツアーらしき大型バスも何台か停まっていました。
さすが人気のスポットですねー
駐車場

今回は逢ノ峰を経由して本白根山へと向かう計画。
私たちは道路を渡ってちらりと弓池を望みながら、登山道(探勝路)を歩き始めました。
うーん、ちょっと今日は雲が多いかな・・・。天気が持ってくれるといいけど。
弓池

よく整備された道は両脇にロープが張られ、とても分かりやすく歩きやすいです
顔を上げれば中腹にはカーブしている木道が、そして山頂には三角の屋根が見えています。
逢ノ峰はあの屋根のあるところみたいだね。
登ります

そして早くもあちこちに花の姿を見ることができましたー!
お目当てのコマクサではありませんが、こちらもキレイですねー
花が咲いてます

ホラ、こちらにも!
こちらにも、花

・・・というわけで、今回のレポートは花の写真が多くなりそうです(笑)

登り始めから10分も経たないうちに、道は木の階段に変わりましたー。
木階段

とはいえ、この木段は山頂まで続いているわけではありませんでした。
またすぐに土の道に戻ったなーと思ったら、山頂直下は随分とワイルドな雰囲気になりました
ちょっとワイルド

ですが、ここにも花が咲いていましたよー
ゴゼンタチバナですね。この後の行程でも、やや湿度のありそうな森の中などに数多く見られました。
ゴゼンタチバナ

そして、登り始めに見えていた三角屋根のあずまやに到着ー
とくに看板等はありませんが、ここが逢ノ峰のピークのようですね。
あずまや到着!

ここは多分、晴れれば展望が良さそうな雰囲気でした。
でも今日は雲が多くて・・・こんな感じ(苦笑)
景色は・・・

私たちは長居はせず、さらに先へと進むことにしました。
土の道から木段を経て、草の生い茂る斜面につけられた細道を下っていきます。

と、目の前の視界が少しずつ開けてきて、前方にこんもりとした山が見えてきました。
ここから下り切ったところにリフト乗り場があって、向こうの山の上まで上がれるようになっています。
下ります

わぁ、1回一気に下ってまた登るんだね。なかなかきつそうだなー。
そんなことを考えながら下っていくと・・・

「あれっ!?何かいる!!
斜面の中ほどに、モソモソと動く大きな動物がいるではありませんか!

目を凝らして見てみると・・・

あっ、カモシカだぁ!!
カモシカです!

こちらのカモシカ、草の斜面で身を隠す場所もないのに、私たちが近づいても逃げる様子はありません。
よく見ると試合直後のボクサーさんみたいな顔をしていますが、これは目の下の眼下腺が大きく膨らんでいるからのようですね。

私たちはカモシカさんを刺激しないよう、静かに斜面を下っていきました。
もちろん、花を見るのも忘れずに(笑)
ここでも花

こうしていったんリフト乗り場まで下ってきた私たち。
今回はリフトは利用せずに徒歩で本白根山を目指します。

ここで道は本白根山直行コースと鏡池経由コースに分かれますが、私たちはまず直行して、帰りに鏡池へ寄ることにしました
リフト乗り場

リフトの脇に伸びる登山道を進んでいくと、ほどなくして森の中へと入りました。
森の中へ

駐車場はいっぱいだったけど、先ほどの逢ノ峰やこの辺りの登山道は、人もほとんどいなくて静かな雰囲気です。
とはいえ、道はこんな風に木道が整備されていたり、登山者カウンターが設置されていたりするので、それなりに人は歩いているのだと思います。
木道

そして20分ほど歩いたところで中央火口へと出てきましたー!
景色が開けて、目の前に大きな窪地が見えています
中央火口

「わぁー、すっごい迫力だねぇー!

向こうに広がる景色に見とれながら歩を進めた時、私の目の前に突然、信じられないような光景が飛び込んできました。


・・・えっ?

一面のコマクサ!


「わぁぁぁぁー!!!!すっごーい!!!
砂礫の斜面が遠くの方まで、一面コマクサに覆われていたんです!!
信じられない、ここまでの大群生が見られるなんて!

それからはカメラ片手に近くのコマクサをじっくり観察したり、遠くのコマクサを眺めてみたり。
私の足は完全に止まりました(笑)

濃い緑色の葉っぱのクッションの上に首を伸ばして寄り添うコマクサの花たち。
その臙脂色に近い濃い赤色が、とっても美しいです
赤いコマクサ

よく見れば、薄いピンクの花たちもいます。こちらもとってもキュート
ピンクのコマクサも!

どこを見てもコマクサだらけの、夢のような光景。
私はここから先へ進むことができるのでしょうか?(笑)

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.07 草津白根山(逢ノ峰・本白根山)登山(2)

草津白根山(逢ノ峰・本白根山)登山、(1)の続きです。

レストハウス駐車場から逢ノ峰を経由して、本白根山の中央火口付近までやってきた私たち。
そこで目にしたのは、想像以上の規模で広がるコマクサの大群生でした

私たちは大興奮でコマクサを眺めたりカメラのレンズを向けたりしていて、なかなか先へ進めませんでした(笑)
この辺りになると人の姿も多くなってきましたが、みんながこの「高山植物の女王」たちに歓声を上げて顔をほころばせていました。

ただ、あまりにコマクサ撮影に熱中していたためか、中にはついついロープの中へ入ってしまっている方や、コマクサの花をつかんで引っ張っている方もいらっしゃいました
デリケートなコマクサさんたちが来年以降も元気に開花できるように、私たち人間がストレスを与えないよう、登山道の範囲内から優しく見守ってあげられたらいいなって思います

こうしてコマクサさんだけで既に何十枚も写真を撮ってしまった私たち(苦笑)
そろそろ登山を再開することにします

進行方向左手は、大きな窪地になっています。ここが火口なんですねー。
火口の様子

登山道はこの火口の斜面を横切るようにつけられていました。ロープや丸太で誘導されているので、はっきりとしていて分かりやすいです
分かりやすい道

おもしろいことに、斜面に他の植物が生えるような場所では、コマクサの姿は全く見られなくなりました。
それこそ「草も生えない」ような場所にだけ、コマクサは群生しているようです。
ライバルとの争いを避けるためにこのような厳しい環境を選んだのでしょうか。その繊細な葉や可憐な花からは想像も付かないようなたくましさを秘めているんですね

こうしてしばらく登っていき、平らで開けた場所に出てきましたー。
私たちは本白根歩道最高点目指して進んでいきます
開けました

この辺りにはこんな花も見られましたよー☆
こんな花も

その先で再びコマクサの咲く砂礫地を通りました。よく見てみると、色んな色の付き方があって面白いです
噂ではごく少数ながら真っ白なコマクサも咲いているのだそう。私もよくよく探してみましたが、見つかりませんでした。残念。。

気づけば少しずつ雲が晴れてきて、時々青空も望むことができるまでになってきました!
私たちはコマクサやその他の花たちを眺めながら、どんどん先へと進んでいきました。

そして、本白根山遊歩道最高地点に到着しましたー!
本白根山遊歩道最高地点

本白根山のピークは火山ガスの影響等により立ち入りが禁止されていて、一般的には本白根山登山はこの最高地点までとなっているようです。

この周辺はちょっとした広場状になっていたので、何組かの方々が座って休憩されていました。
私たちも邪魔にならない場所に腰を下ろして、少し休むことにしました。

ここからは、先ほど歩いてきた中央火口が見渡せました。
晴れていたらもっと景色がクリアーだったかもしれませんね
火口全景

そして、この付近の斜面にも沢山のコマクサたちが。
高山植物の女王を眺めながら休憩だなんて、なんという贅沢なんでしょう
ここにもコマクサ

こうしてのんびりと過ごしているうちに、またガスが出てきてしまいました
景色がだんだんガスに隠されていってしまいます。

よし、それじゃそろそろ戻ろうか。
私たちは往路とは火口を挟んだ向かい側にある、鏡池経由の道から下山することにしましたー。

開けた平らな道を進み、木道の脇に広がるコマクサの群生を眺めながらいったん分岐点まで戻ります。
ここからは傾斜のある坂を登っていきました。
登ります

火口の向こう側には、行きに通った道がくっきり見えています。
この写真の右側の方は緑がなくなって茶色っぽくなっていますが、あのエリアがコマクサの群生している砂礫の斜面です。
火口の向こう側

そして、登り切ったところで本白根山展望所にたどり着きましたー
ここにはよく山頂にあるような雰囲気の大きな標柱がありました。
みなさんで登頂記念撮影をするなら、この辺りも良さそうですね
本白根山展望所

そこからさらにコマクサを眺めながら鏡池方面へ進んでいくと、整備された遊歩道は山道らしさを増していき、周囲の木々の背も高くなっていきました。
森の中へ

この辺りになると人の姿は見られなくなりました。
うっすらと立ち込めるガスも相まって、なんとなく幻想的な雰囲気です。

しかし、実はこの辺りではクマの目撃も相次いでいると言います。
人もいないし、いつクマに出会ってもおかしくない雰囲気かも・・・
私は熊鈴とあわせて、同行者さんと会話をしてできるだけ音を出しながら歩いていきました。

やがて、鏡池の看板が立てられた場所に出てきましたー!
看板によればこの下に鏡池があるとのことですが、ガスに覆われて池らしきものは見えません。

私たちはひとまず池のほとりに下りてみようということになり、草の生い茂る細道を下っていきました。
往復10分くらいのちょっとした寄り道コースですが、なんだかクマが潜んでいそうな感じがしてちょっと怖いです

そして、無事に鏡池に到着ー!!



鏡池・・・




・・・(苦笑)



私たちは気を取り直し、来た道を引き返し始めました。
すると、登山道に復帰する直前で、こんな子と出会ったんです!!


クマじゃなくて、蝶!
蝶と遭遇!

モンキチョウでしょうか。やや黄緑がかった美しい黄色をしています。
私がカメラを構えて近づいても、気にかける様子はありませんでした。

ガスが出ちゃって池の景色は見られなかったけど、こんなに素敵な出会いがあったんだもん。寄り道して良かったな♪
気を良くした私が立ち上がって登山道へと戻った瞬間、

「わっ!びっくりした!」
「クマかと思ったー!」

たまたま通りかかった団体さんを驚かせてしまったようです

その方々にこの下の鏡池の状況をお伝えしてから、私たちは再び下山を始めました。
こんな木道も通りましたよー。
木道

それからこんな花も
白い花も

そして、大きな岩がゴロゴロと転がっているワイルドな雰囲気の沢らしきところを階段で渡りました。
階段

その先少しで舗装道路に出て、そこから行きに通ったリフト駅まで戻ってくることができました!
私たちは逢ノ峰は経由せず、舗装道路に沿ってレストハウスまで戻ることにします。

弓池では、ワタスゲたちの白い綿毛たちがとってもキレイでしたよー!
ワタスゲ

こうして無事にレストハウスまで戻ってくることのできた私たち。
ここで休憩がてら昼食をとりました
お蕎麦で休憩

昼食を終えてから、私たちは湯釜を見に行くことにしました。
車に不要な荷物を置いて、沢山の観光客の方々と一緒に舗装された坂道を登り始めます。

これは少し登ってから振り返ったところですが・・・この坂がかなりきついんです
サンダルの方もいらっしゃったので、もっと大変だったかもしれませんね。
けっこうきつい坂です

こうしてやってきた湯釜は、以前と変わらず幻想的な神秘的な色に輝いていました
何度見ても本当に美しい光景ですねー
湯釜

でも、2008年に黒斑山登山の帰りに見た時と、展望所の場所が変わっているのかな?湯釜までの距離がちょっと遠く感じました。
気のせいかな?と思ったら、火山活動の影響で2009年4月に見学コースが変更になっていたみたいですね。

こうして最後まで見所満載の登山を締めくくった私たち。
何より、あれだけのコマクサの大群生を見ることができたのには驚くと同時にとても感動してしまいました。

過酷な環境の中を生き抜いて花を咲かせるコマクサさんのように、私ももっとたくましく生きていきたいなぁ。
そして、彼らがこれからも可憐な花を咲かせ続けられるよう、もっともっと山に優しい人間になりたいなぁと思いました

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。