スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2014.05大丸山登山(と、金沢動物園)

大丸山(156.8m)/神奈川県横浜市


ルート詳細はコチラ

■今回のコースと所要時間
所要時間合計(休憩等込み):約3時間30分(うち動物園散策1時間)

(行動時間)
金沢自然公園正面口駐車場(トイレあり)―【約20分・海の見える小径経由】→にこにこプラザ(高速側駐車場・トイレあり)―【約35分・しだの谷経由】→ひょうたん池―【約25分】→大丸山山頂―【約20分】→関谷奥見晴台―【約30分】→金沢動物園(円海山ゲート・園内トイレ複数あり)→にこにこプラザからコアラバス乗車(無料)で正面口駐車場へ



当ブログでもお知らせをしていましたが、この春に2度目となる足首の手術を受けました。

約1年前に受けた最初の手術に比べると、今回の手術はボルトを抜くなどの軽い内容だったので回復も早かったです。
前回はハイキングへ復帰するのに4ヶ月以上かかりましたが、今回は1ヶ月ちょっとで山へ戻ってくることができました!

当ブログの山行一覧では3月、4月、5月と普通に山へ行っているので、まさかその間に手術を受けていたなんて、言わなければ誰にも気づかれなかったかも(笑)

とはいえ足首の状態はまだまだ不完全で、今後もリハビリを継続していかなければなりません。
術後かなり体重も増えてしまったので、リハビリと運動不足解消を兼ねて、ごく軽いハイキングから始めることにしました


今回お邪魔するのは、大丸山。
名前だけではあまりピンと来ないかもしれませんが、こちらは横浜市の金沢動物園の近くにある山で、市の最高峰なのだそうです。

ちなみに鎌倉アルプスを歩いた時、横浜市の最高地点を通ったような・・・と思ったのですが、そちらは「最高地点」、大丸山は「最高峰」なのですねー。

「『横浜の山』というから公園や丘のような所かと思ったけど、かなり緑が多くていい場所だったよ!」
と実際に登った人から教えてもらって、是非リハビリ登山でお邪魔してみたい!と思った次第です。

今回は足の負担を考えて車でのアクセス。金沢自然公園の正面口駐車場(私の利用時点では1日600円でした)に車を停めました。
ここから金沢動物園方面に進むのですが、駐車場からはコアラバスという無料シャトルバスに乗って動物園の方まで行くことができるんです。

が!張り切っていた私は、バスを利用せずに歩いて向かうことにしました(笑)

まずは駐車場の脇にあるこの階段を上ってー・・・
ここからスタート!

って、この階段の時点で手すりにつかまってゼーゼーハーハー言ってた私(爆)
これは、足の具合というよりも単に運動不足なのかもこの先ちゃんと登れるのでしょうか・・・?

ここからしばらくはしっかりと舗装された遊歩道を登っていきます。
辺りはあっという間に深い緑に包まれました。すごい、自分も緑に染まってしまいそう!
すごい緑!

さらに、驚きの出会いがありました!
突然目の前をタタタタッと2羽の鳥が駆け抜けていったんです。

「あっ!コジュケイだっ!!

彼らが身を隠した薮に目を凝らすと、奥から2羽の会話が聞こえてきます。
「変な人がまだいる。ジロジロ見てるけどどうするー?」
「逃げるしかないねぇ。僕が先に行くよ!」
と言ったかどうかは定かではありませんが(苦笑)、薮から1羽がさっと飛び出して、木の柵にとまりました!
コジュケイが!

キャーッ!かわいいーっ!!
これだけはっきりと野生のコジュケイの姿を見られたのは初めてのことだったので、私はとっても嬉しい気持ちになりました。
コアラバスに乗らないで歩いてきてラッキーだったかも(笑)
コジュケイさんたち、お騒がせしました。写真を撮らせてくれてありがとう

彼らに別れを告げてさらに先へ進むと、すぐに見晴台に出てきましたー。
そこからの眺めは実に爽快
見晴台からの眺め

私たちは少しの間景色を眺めてから、さらに進みます。
そして、コアラバスの通り道と思われる広い道路へとぶつかると、その先ににこにこプラザ(高速側駐車場)がありましたー!
金沢動物園の入り口

ここから中へ入れば動物園なのですが、私たちは向かって右手にあるトイレを借りてから、その脇に伸びている登山道へと入っていきます。
入口には「ハイキング順路」という看板が立てられていたので分かりやすかったです

しかし、ここから先はこれまでとは一変、かなりワイルドな雰囲気の道が続いていましたー
道幅が細く、地面はかなりぬかるんでいて、今の私の足ではかなりの難コース。慎重に足場を選びながら、ゆっくりと進みました。
ワイルドな道

しばらく進むとぬかるみも落ち着き、よく整備された歩きやすい道になりました。
周囲にはシダが生き生きと茂っていて、清涼感があります。何とも良い雰囲気ではありませんか

途中からは木道にもなって歩きやすさがさらにアップしました。
この辺りは「しだの谷」と呼ばれるエリアのよう。ここ周辺を散策するだけでも、かなり楽しめそうですねー
木道になりました

私は緑の柔らかさや木漏れ日の美しさを一つ一つ確かめるようにして、ゆっくりと進んでいきました。
やっぱり自然はいいなぁ。ただそこに身を置くだけで、こんなにも幸せな気分になれるんだもん
自然はいいなぁ

こうしてしばらく進んでいき、長い階段を上ると森を抜け、砂利道に出てきましたー。
目の前には横浜横須賀道路が走っていて、車の往来の音が賑やかに聞こえてきます

ここから少しの間、道路沿いの砂利道を歩くことになります。陽が射してちょっと暑くなってきた
砂利道

それでも、この道にも色々な楽しみがありました。沢山の花や蝶です。
こちらは道中出会った大きな蝶!帰宅後調べたら、たぶんアカボシゴマダラの白化型のようです。とても目を引きました
大きな蝶!

やがて、道路沿いの砂利道が一段落しました。ここから道路をくぐって再び自然の中へと入っていきます。
すると、とたんに車の騒音がすぅっと消えて、静かな雰囲気になりました。まるで、ここは別世界への入口みたいだね

先ほどのシダの谷とは違い、今度は静かな池が私たちを出迎えてくれましたー。この辺りがひょうたん池かな?
一部、木道が細くてものすごくぬかるんでいる箇所があり、「滑って足をひねったりしたらヤバイ・・・」と慎重になりました

それでも、ぬかるみを越えると広い木道がしっかりと整備された池になり、とても歩きやすくなりました!
池の中を覗き込むと、透明の小さなエビたちがあちらこちらへトコトコと歩いているのが見えましたよー
キレイな池

水辺の草の上では、こんなにキレイなカワトンボの仲間が日向ぼっこをしていました。
カワトンボ!?

なんて素敵なところなんだろう
横浜市内にこれほど自然豊かな場所があったなんて、とっても意外でした

こうして池を過ぎると、いよいよ大丸山の山頂へと向かいます。
森の中に手すりのついた木道や階段が整備されていて、まるで韓国のハイキングコースみたいだなぁー!
今の私には大助かりなのです
いよいよ山頂へ

しかし・・・思ったよりも階段が長くて、私はまたもやゼーゼーハーハー言い始めます(苦笑)
やがて木道が終わり、幅の狭い土の道になりました。丸太で階段状になっている場所もあり、なかなかハード

しかも、所々に小虫が集っていたので、うちわでパタパタと扇いで避けながら進んでいきました(笑)

それにしても・・・緑が濃いなぁ。木も立派だなぁ。
「これが横浜市の景色です」って言ったら、みんなびっくりするかもしれないなぁ
横浜とは思えない景色です

こうして息を弾ませながら、思ったよりも長い坂を何とか登り切ることができましたー!
明るく開けた広場に出てくると、そこが大丸山の山頂でした!
大丸山山頂!

山頂は比較的広く、ベンチやテーブルもいくつか設置されていました。
陽射しが強かったので木陰のベンチに腰を下ろし、私たちは持ってきたおいなりさんと鶏のから揚げのお弁当を食べました!

陽の当たる場所や長い登り坂などでは汗をかくほどの気候ですが、日陰に入れば風が涼しくて快適です
山頂からは、草が長く伸びていたのでその上から望む形になりますが、街や海などを見下ろすことができました。

しばらくここで涼んだ私たちは、そろそろ下山することにしました。
今回は来た道をそのまま引き返すのではなく、違う道から下って横浜横須賀道路のところで合流するコースを辿ります。

下りの道も丸太階段でしたが、登りの道より道幅は広かったです。念のためステッキ(シナノ サントレース 3YS)を使って下っていきました。

こんな風に指導標も随所にあるので、道は分かりやすかったです。
ちなみに左方向は「鎌倉天国」じゃなくて「鎌倉天園」ですよー(笑)
そう、ここは以前歩いた鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)へとつながっているんです
指導標

そこからも、とーっても雰囲気の良い森の道を進んでいきました
雰囲気の良い道

途中でこの子にも度々出会いましたよー。とってもオシャレなカラーのハンミョウさん。
ハンミョウ

登山道上の私と同じ進路に飛んで逃げるので、まるで追いかけっこをしているみたいでした。
後で調べて分かったのですが、そのような性質から、「道教え」などとも呼ばれているようですねー。

それにしてもこの下山ルート、思ったよりもアップダウンがあって長かったです
ようやく横浜横須賀道路にぶつかると、今度は道路の上の陸橋(っていうのかな?)を渡ります。

ここからは道路を往来する車たちや、その向こうに広がる景色を眺めることができました

道路を越えてさらに森の中を進み、そこからようやく下っていきます。
下ります

そして行きに通った横浜横須賀道路沿いの砂利道に合流ー
ひとまず登山道歩きはこれにておしまい。何とか無事に歩き通せたのでちょっとホッとしました

後は来た道をそのまま引き返すのでもいいのですが・・・
せっかくなので、金沢動物園へ立ち寄りましたー!

術後初めてのハイキングということで、足に疲れもあって全てを回ることはできませんでしたが、気になる動物たちはばっちり眺めてきましたよー!

これはオカピ!
オカピ!

それからコアラ!
コアラ!

・・・って、沢山写真は撮ったのですが、これ以上載せると動物ブログになりそうなのでやめておきます(笑)

こうして色々動物を見て回って、足もだいぶ疲れたところで本日の行程終了!
帰りは駐車場までコアラバスに連れて行ってもらいましたとさ



今回お邪魔した大丸山は、とても横浜市内とは思えないような自然の豊かなところでした
久しぶりに緑に包まれて、森の空気を吸って、心身ともにリフレッシュできました!

また、こちらのコースはハイキングと一緒に動物園も楽しめるという特殊なメリットが(笑)
さらに行き帰りに(今回は帰りだけでしたが)無料のシャトルバスを利用できるのもありがたかったです。
高速側の駐車場に停めればバスを利用しなくても良さそうですね。

普段ガイドブックなどで見ている近郊の低山だけでなく、実はもっともっと身近に素敵な低山・里山があるのかもしれません。
これからもリハビリを兼ねて、色んな「隠れた名山」を見つけていきたいと思います

【終わり】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。