スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

【富士登山】経験者は語る!(追記)

富士登山を志して以来、身近な友人や登山用品店の店員さん、さらにはたまたま電車で乗り合わせた見知らぬ方まで、色んな方から富士登山の経験談やアドバイスを頂くようになりました。
意識して見回してみると、富士登山経験者って意外といるかも!?

せっかく頂いた貴重な情報ですので、ここにメモしておきたいと思います。
もちろん、人によって状況や感じ方も様々ですので、参考にする・しないは各自の判断になると思いますが、「なるほど~、富士登山ってこんな感じなんだぁ」ってイメージすることができて、こうしてざっと並べてみるだけでも面白いですね~

情報を頂き次第、随時追加していきます



■富士登山に必要なもの

  • 富士山に登るために必要なものは、気力とお金。ひとまずそれがあれば何とかなる(笑)
  • 風が強いとコンタクトでは辛いので、視力が悪ければメガネの方が良さそう。
  • ベテランさんはダブルストックを使っている。初心者は金剛杖を使っている人も多い。
  • 山小屋のトイレは有料(100円)なので、小銭を多く用意した方がいい。1泊2日の予定だったら100円玉を10枚以上は持っておきたいところ。

■寒さについて

  • 山小屋では、衣類を総動員しても寒かったので、山小屋の人に別途かけるものを1枚借りた。
  • ダウンジャケットだけ持っていったら寒かったので、フリースも合わせた方が良かった。
  • 8月上旬~中旬だったら、アンダーウェアとフリースがあればダウンはなくてもOKだと思う。フリースは風を通すので上からレインウェアを羽織る。
  • 一番手が寒く感じるので、手袋は必須。
  • 午前中~お昼頃に頂上に行ったら、そんなに寒くなくて長袖Tシャツと半袖Tシャツの重ね着でちょうど良かった。

■混雑状況

  • シーズン中、御来光を拝むために暗いうちから山頂を目指す時は、ダブルストックが使えないぐらいに混雑する可能性あり(後ろの人にぶつかってしまう)。下りは恐らく大丈夫。

■高山病対策

  • 深呼吸を心がける。特にしっかり息を吐くこと。吐けば自然に息は吸えるので、とにかく息を吐くことを意識する。
  • 食べる酸素を2~3日前からポリポリ食べておいたら全然違った。
  • 若い人はペースの速い人が多くて、山頂付近で倒れているのも比較的若い人が多かったのでゆっくり進んだ方が良さそう。
  • 高所で食欲が無くなった時などはウィダーインゼリーみたいなゼリータイプの食べ物でエネルギーチャージするのがオススメ。
  • 3,200mを超えた辺りでは明らかに酸素が薄くて頭が痛くなった。でも深呼吸を心がけたらしばらくして体が慣れようで大丈夫になった。

■登山道の状況・設備

  • 登山道の中で一番きつかったのは、9~9.5合目の岩場。足が上がらなくて最後は自分との戦いになった。
  • トータル的には道も比較的歩きやすい。下山も落ち着いて歩けばさほど辛くなかった。
  • 山小屋のトイレはトイレットペーパーが必ずついていた。
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

富士山、登ってきました!

登山初日には台風のために登山するか否かの慎重な判断が必要だったり、翌朝には地震に遭遇したりと色々なことがありました~
この辺りのお話は後日させて頂くとして、まずはご報告。

富士山1合目からの登頂に成功し、怪我や病気もなく無事帰宅しました!
正確には、富士吉田駅から富士山1合目までがかなり長かったので、0合目からの富士登山と言えるのかもしれませんが・・

「富士山は眺めるもので、登るものではない」なんて言われることもままありますよね。
私も約1年前に登山を始めた時は、まさか自分があの頂に立つなんて想像もしていませんでした。

では、なぜ富士山に登ったんだろう?
その答えは、実際に富士山で見つかりました。

やっぱり私は・・・雲の上に広がるこの世界を見たかったんだ~

富士山ご来光

ものすごい雲海

多くの山々を眼下に見下ろします

今回はリーダーの方が山小屋の方と連絡を密に取りながら天候の状況を確認したり、メンバーの状態に合わせたペース配分や下山の指示など、実に適切な判断をして下さいました。
私が今回無事登頂を果たせたのも、今回のグループに参加させて頂いたからだと思います。本当に感謝!です。

私のとてつもなく長くて、それでいてあっという間だった富士登山のご報告は、またゆっくりさせて頂きますね。とにかく今日は疲れました


最後になりましたが、今回の地震で被害に遭われた方や被災地の一日も早いご回復と復旧をお祈りいたします。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.08富士山1合目からの登山(1)富士吉田駅~1合目

富士山(3,776m―吉田口山頂3,720m/山梨県富士吉田市・静岡県富士宮市他)

「この天気・・・。本当に富士山に行けるの?」
その日の朝一番で、私は同行の友人にこんなメールを送りました。

前夜に南海で突然発生した台風は、まるで私達の富士登山を阻むかのように一路本州へ向かって突き進んでいるとのこと。
「大雨」の文字が躍る天気予報を眺めながら、「やっぱり私は雨女。今回の富士山行きは諦めるしかないな・・・」とため息をつくばかりなのでした

ひとまず現地へ行ってから、山小屋の人と連絡を取りつつ判断しようということになり、電車を乗り継いで富士吉田駅へと向かった私。
ここで今回声をかけてくれた友人以外の、4人のメンバーさんと初めて顔を合わせたのですが、みなさん「体育会系」「山男」「スポーツマン」という言葉がぴったりの方々でした
わ、私・・・明らかに足を引っ張る気がする・・・(しかも女子1人・・・)

果たして、富士吉田駅へ着いてみると意外にも雨は小降りで落ち着いています。
翌日には回復するらしいとの山小屋の方からの情報も得て、ひとまず今日は山小屋を目指して登山を開始することになりました~。
でも台風は来るんだろうから、きっと途中で引き返すことになりそうだな・・・なんて重い足取りで皆さんの後を追って歩き始めます。
富士吉田駅からスタート

そして街の中を20分ほど歩くと・・・
冨士浅間神社の鳥居
富士山と書かれた大きな鳥居。冨士浅間神社に着きました~。
誰もいない参道は、雨に煙って荘厳な雰囲気を漂わせています。この写真は振り返って撮影。
雰囲気ある参道

ここで、みんなでお参りしました。
「無事に富士山登頂できますように。これからも山を楽しめますように・・・」
お参りします

さぁ!ここからいよいよ登山道です・・・
吉田口・・・遊歩道。
と思ったら、「吉田口遊歩道」って書いてあるね(笑)
そう、実は富士山吉田口の1合目はまだまだ先。私達は言わば0合目からようやく歩き始めたところなんです。
うう~ん、先は長い・・・

登山道・・・もとい、遊歩道に足を踏み入れると、草木が覆いかぶさるように生い茂っていて、まるで私達を富士山の奥深くへと誘ってくれるトンネルのように見えました。
遊歩道を進みます
柔らかな地面の感触、立ち上る土や木の香り、雨に濡れて一層鮮やかさを増した緑・・・それまで沈んでいた私の心が、フッと軽くなったような気がしました。
「そっか、やっぱり私は山歩きが好きなんだ
登頂することだけが全てじゃない、今はこの山歩きを楽しもう!

こうして足取りも軽く歩いて行くことしばらく、次のチェックポイントに到着しました。
・・・って、さっきの看板と「現在地」の場所が全然変わっていないような
全然進んでない・・・?

こんな調子でひたすら進んで行く私達。
静かな道です
遊歩道と言うだけあって、勾配らしき勾配もなく、とても歩きやすい道です。
車道沿いなので時々車の音は聞こえるのですが、この道を歩く人の姿は全く見かけません。

そして・・・中ノ茶屋に到着です
中ノ茶屋
とてもキレイなんだけど、今日は営業していないみたい。友人曰く「これまで3回来たけど1回も営業しているのを見たことがない」そうで
ここでトイレ休憩を兼ねた小休止。いつのまにか雨はやんで、薄日さえ射すほどになっていたので、蒸し暑く感じていたレインウェア上下を脱いで、ウィンドブレーカーとロングスパッツに装備を変えました。

そしてここからもひたすら遊歩道歩きが続きます(ので、写真は省略)。
馬返で再度休憩を取った後、少し登り坂になってきたなぁと思ったら・・・

1合目に着きました~!!
1合目に到着~!

まるで登頂したかのような達成感を思わず感じてしまいましたが、ある意味ここからがスタートのような・・・

気持ちも新たに、山小屋へ向けて登山開始です!

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。