スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.08乗鞍岳登山(1)

乗鞍岳(剣ヶ峰)(3,026m/長野県松本市・岐阜県高山市)

富士登山のトレーニングとして、まずは塔ノ岳で主に体力面のきつさを体験しましたが、その翌週には標高3,000mの酸素の薄さと寒さなどをチェックするために、乗鞍岳へと足を伸ばしました
もちろん富士登山の準備というだけでなく、乗鞍岳から望む雲海や一面のお花畑など、高山ならではの景色が見られることにも期待大!です

前日の深夜に車で出発した私達は、途中のSAで休憩を取りつつ朝6時前に乗鞍高原観光センターに到着しました。
乗鞍高原観光センター

天気はなんと・・・・・・雨です
あーめーおーんーなー

乗鞍岳へは標高2,700mの畳平まで車道が通じているのですが、一般車は通行出来ないのでここからバスへ乗り換えます。
朝6時発のバスには、思ったより多くの人が乗り込みました。私達は座席に腰を下ろした瞬間から熟睡モードへ突入(苦笑)
途中でふと目を覚ますと、窓の外には相変わらずの分厚い雲が広がっていたのですが、遠くの空に光が射して、素晴らしい雲海の光景がチラリと覗いている様子が目に入りました。
「わぁ」と慌てて友達を起こそうとしましたが、思いっきり爆睡していたので、やめておきました

この調子なら、もしかしたら畳平についたら晴れ間が見れるかも・・・

畳平に着きました
なわけないですよね、雨女ですもの
たどり着いた畳平は、雨こそ小降りなものの真っ白なガスに覆われて視界がききません。
なんなんですかね、これは・・・
真っ白です・・・

ひとまずレインウェアを着込むと、「行けるところまで行ってみよう」と歩き始めました。

この一帯はいくつもの山々が連なっており、それらの総称として「乗鞍岳」と呼ばれているそうです。
私達は、その最高峰である剣ヶ峰の頂上を目指す・・・つもりです。
地図によると「お花畑」のある場所のすぐ脇を通り過ぎますが、花の姿はほとんど確認できませんね~・・・
右手はお花畑

やがて、道は舗装路から岩がちな道に変わりました。それでも全体的に整備されていて歩きやすいです。
岩の多い登山道

これは火星で宇宙人と遭遇した時の写真、と言っても通じそうな風景です(笑)
宇宙人に遭遇(笑)

雨とガス、そして風・・・。山頂を目指す気持ちが折れかけた頃、ふと右手の山肌を見上げると、
「あ!
雷鳥発見!

白く霞む岩場の上に、ぴょこぴょこっと動くもの・・・な、なんと!雷鳥じゃないですかっ!!
北アルプスの高山とはいえ、山頂近くまでバスで行けてしまうことから「ハイヒールでも登れる山」とも称される乗鞍岳。多くの観光客が集まるこの場所で、しかも登山道のすぐ脇に、まさか雷鳥が現れるなんて思ってもいませんでした!!
想定外の出会いにテンション急上昇の私(笑)

すると、急にさぁっとガスが晴れて、雷鳥の姿をさらにくっきりと見ることができるようになりました
かわいいー!

見ると、この雷鳥はオスで、奥さん雷鳥がすぐ近くで葉っぱをついばんでいました。
オス雷鳥は人が通りかかると、「なんだなんだ?」とでも言いたげに見通しのきく岩の上によじのぼるの。どうやら奥さんを守るために見張り役をしているみたいなんです
それでも、人間を恐れる様子はなくって、とりあえず誰が来たかの確認をしている感じ。
足が短いので、大きな岩へは大股開きで「よいしょっ」とよじ登っています。なんてキュートなの

そんな雷鳥の姿に励まされ、再び山頂への道を進み始めた私達。
一瞬晴れたガスはまたすぐに回ってきてしまいましたが、さっきよりは見通しがきくような気がします。
見て!左手には雪渓が。
雪渓も見えて来ました
この奥にもっと大きな雪渓があって、スキーをしている人たちかな?人影も見えました。

そして・・・なんとか肩ノ小屋に到着~。
肩ノ小屋到着~

ここまでは道の状態も良く、きつい登りなどもほとんどなくてとても歩きやすかったです。
ですが、問題はこの天気・・・私達はこの後、無事に登頂することはできるのでしょうか?

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.08乗鞍岳登山(2)

乗鞍岳登山、(1)の続きです。

真っ白なガスに覆われた乗鞍岳の登山道。なんとか肩の小屋まではたどり着きましたが、弱いものの雨風もあるので、ここで引き返すべきかどうかを考えなくてはいけない状況でした。
ところが、トイレ休憩を兼ねて小休止を取っている内に、雨風がおさまってガスも薄くなってきたんです。
剣ヶ峰へ通じる登りもだいぶはっきりしてきましたね~
剣ヶ峰口
よし、じゃあもう少し様子を見ながら先へ進んでみよう

こうして、再び歩き始めた私達。
いよいよ勾配の増してきた登山道を、数組の団体さんと前後しながら5分ほど登ったところで・・・
あらっ?なんだか前方の視界がやけにスッキリしているような・・・
前方の視界がクリアーに!

もしかして、ガスが晴れてきてたりします・・・?
友達にそのことを伝えようと、何気なく振り返った私の目に飛び込んできた光景は・・・

雲海が・・・

ええええええ!?

景色が開けました・・・

おおおおおおお!!

青い空に緑の丘、赤い小屋・・・

きゃ――――っ!!

ほんの一瞬前までは、ただただ真っ白だったその世界が、突然ぱぁーっと開けて壮大な景色へと変わっていたのでした!!
雲の上に浮かぶ砂礫とハイマツの丘、その上に立っている小さな小さな人間たち・・・

そうだ、思い出した。
私が山に登り始めた理由って、こういう雲の上の別世界を見たいからだったんだ。
これまで低山を中心とした山歩きを楽しんできたのですが、こういうスケールの大きさや"異世界感"っていうのはやっぱり高山特有のものかもしれないですね。
もちろん、低山には低山の面白さ、美しさ、爽快感、色んな楽しさがあります地上に近い分、まるでジオラマのようにはっきりと見て取れる眼下の景色にもすごくワクワクしてしまいますよね~
だから低山がいい、高山がいいと区別するつもりは全然ないのですが、この時はふと、自分の登山の原点を再認識した瞬間でもあったのでした

ねぇねぇ、せっかくだからこのすっごい景色をバックに写真撮ってよ!
そう言って同行の友達に撮ってもらった写真が、これ。

やっぱりガスに巻かれる・・・

・・・・・・・・・・。
私にカメラを向けたとたん、急激にガスが眼下の世界を覆い尽くしたのだそうです
さすが・・・雨女。。。

ええーと、ここから先しばらくは真っ白なだけですので、写真はありません。(苦笑)
ただ、道は先ほどまでとは打って変わって、かなり険しくなりました。
ごつごつした岩の転がるきつい登りが続き、ただでさえ息が上がるのに加えてこの標高。
海外の高山を登る人たちが、驚くほどゆっくりと歩を進めている様子をTVで観たことがありますが、今回はそれを意識しながら普段の自分をスローモーション再生するぐらいの速度で歩く必要がありました。

友達もこの時、少しだけ頭が痛くなっていたんだとか。
時々立ち止まって激しく脈打つ心臓をなだめながら、ゆっくりゆっくりと進んで行きます。

そして・・・頂上に到着!!

蚕玉岳だった・・・

あれっ?「蚕玉(こだま)岳」って書いてある・・・。どうやら手前の山だった模様
でも、ここでも既に標高2,979m!!
目指す剣ヶ峰、3,026mまではもうひと頑張り

そして・・・

今度こそ、本当に剣ヶ峰に到着しました~!
剣ヶ峰山頂!

・・・予想通り、真っ白です~
しかも後ろから冷たい風が強く吹き付けてきて、かなり寒いですっ

あまり広くない山頂には、神社がありました。
先に登頂されていたグループの方々が、社殿に身を寄せて風を凌いでいます。
乗鞍神社

不思議なことに、社殿の裏側に回るとほとんど風がこないことが分かったので、私達は裏側の岩場に腰を下ろして、しばらく天候の回復を待ってみることにしました

カロリーメイトの箱がベコベコになってるなぁ~と思って開けてみたら、中のパッケージがぱんぱんに膨らんでいます!
カロリーメイトがぱんぱんです
こんなところで標高の高さを実感する私達なのでした(笑)

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.08乗鞍岳登山(3)

乗鞍岳登山、(1)(2)の続きです。

乗鞍岳剣ヶ峰の山頂で、しばらく天候の回復を待った私達。
もし晴れていたら、ここからの見晴らしは相当すごいに違いない

強い風に煽られて、辺りのガスはかなりのスピードで流れて行きます。
時折サーッと幕を開けるようにガスが引いて青空が覗くのですが、すぐにどこからかガスがもくもくと湧いてきて、せっかく見えた空を覆い隠してしまうのでした

かろうじて見えたのはこんな感じ。
山頂から一瞬見えた景色

岩にしがみついているように写っているのは地元(岐阜県)の中学生。今日は学校の行事なのか、団体で登ってきていました~
私なんて長袖シャツの上にフリースとウィンドブレーカー、さらにその上からレインウェアというもっこもこの服装なのに、彼らはジャージのみという潔い格好ですよ若いって素晴らしい・・・(笑)

私達はここでしばらく頑張ったのですが、天候の回復が望めそうにないことと、先の中学生の団体さんがこれから続々登ってきそうだったので、諦めて下山することにしました~。
下山を始めてすぐ、風は嘘のように穏やかになり、随分歩きやすくなりました。
登りはかなりゆっくりペースでしたが、下りはペースアップ。

ガスも時々晴れるので、行きには見れなかった景色もちらほら見れたりして。
壮大な景色が・・・

こうして快調に進んで行くと、突然目の前に茶色いかたまりが飛び出してきましたっ
え”え”っ!!!何!?プレーリードッグ?(んなわけない・・・んだけど一瞬思ってしまった

慌ててカメラを取り出し、シャッターを切ると・・・
雷鳥親子!!

あ――っ!雷鳥のお母さんと、ひな雷鳥たちだっ
なんと、登山道を雷鳥の親子が横切っていったんです!!
慌てる様子もなく、少しだけ早足で左手の岩場へと歩いていくお母さん雷鳥の後ろを、何羽かのひな雷鳥たちが「ピヨピヨピヨピヨ・・・・」って絶え間なく鳴きながらコロコロと転げるようにしてついていくんです。

か、か、か・・・・・・・・・

かわいいいいいい――――

完全にメロメロになってしまった私は、彼らの姿が見えなくなるまでその後ろ姿を見送ったのでした

雨風に吹かれて寒くても、ガスに巻かれて視界が真っ白でも、雷鳥さんが見れたらもう大満足。思い残すことはありません!
・・・と思ったらその先にもう1組親子雷鳥がいた~!!

ここにも雷鳥親子!
ちょっと遠かったので霞んでますが、この親子はかなり畳平に近い場所にいましたよ
ひな雷鳥ってこうして見るとウズラみたいですよね~。ずっとピヨピヨお喋りしながら小走りしているのに、高山病にならないのがすごい(笑)

こうして天気が悪いながらもかなり楽しみながら下山してきました。
下りは少しペースアップしすぎたのか、ちょっとだけ頭痛が発生。たとえ下りでも、油断すると高山病の症状が出てしまうのかもしれないですね
最後に、畳平手前にあるお花畑をぐるっと1周~。

辺りは真っ白で”一面のお花畑”というのは見る事ができませんでしたが・・・
お花畑を行きます

小花をちりばめた緑のじゅうたんの合間に、大きな岩がごろん、ごろんと転がっています。
晴れたら本当に素晴らしい景色が見られそうですね。
岩がゴロゴロ

もっとちゃんと撮れば良かったんですけどクロユリ・・・かな?すごく目を惹きました
高山のお花たち

お花畑をぐるりとめぐる木道を歩き終える頃、ガスが急激に薄くなって視界がきくようになりました。
ガスが晴れてきた
その代わり、空から落ちてきたのは大粒の雨。これまではガスの合間に霧雨が降ったりやんだりの状態でしたが、ここに来て本降りになってしまったようです。
剣ヶ峰山頂までの道のりには頭上に木などの遮るものがないので、ここまでの雨になってしまったら登頂は諦めるしかないかもしれませんね。ある意味私達はラッキーだったのかなぁと思いました。

こうして畳平へと無事戻ってきた私達。この悪天候の中、想像以上に沢山の人がいらっしゃいました~。
雨の畳平

皆さん建物の中で雨宿りされていたので、私達は長居せず、次のバスで下界へと舞い戻りました。
そして駐車場に停めておいた自分たちの車に乗り換え、最後はやっぱり・・・
美味しいお蕎麦!
美味しいお蕎麦で今回の登山を締めくくったのでした(笑)

富士登山前のトレーニングを兼ねて登った今回の乗鞍岳。天気がイマイチで期待していた眺望は得られませんでしたが、時折ぱぁっと広がる壮大なスケールの景色に、高山への想いをまた新たにした山行となりました。
後で知ったのですが、雷鳥って晴れている時にはどこかに身を隠していて、天気が悪くなると出てきてくれるのだそうです。
今回これだけ沢山の雷鳥に会えたのも、天気が悪かったお陰かもしれない。そう思うと、雨女も悪くないなぁ・・・なんて思えてくるのでした

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
畳平(7:17)→雪渓近くで雷鳥と遭遇(7:47)→肩ノ小屋(8:00)→蚕玉岳(8:54)→剣ヶ峰山頂(9:10-9:50頃)→お花畑(11:04)→畳平(11:25)

◆周辺の天気予報
乗鞍岳の天気(日本気象協会 tenki.jp)

◆水場とトイレ
トイレは畳平と肩ノ小屋にあった。行程も短いのでそんなに困らなさそう。
水場はコース中では見てない(多分ない)けど、畳平や肩ノ小屋で調達できる。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。