スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.09日向山(横瀬)ひとり登山(1)

日向山(横瀬)(627m/埼玉県秩父郡横瀬町)

週末、友達とお出かけの約束をしていました。
「待ち合わせの場所が西武池袋線横瀬駅、時間は10時半かぁ・・・・・・。
もしかして、待ち合わせ前に軽く山歩きできるんじゃないかな?

そんな思い付きからあれこれ情報をあたった私は、当日の朝8時頃に芦ヶ久保駅へと降り立ちました。
芦ヶ久保駅から

ここを訪れるのは横瀬二子山登山以来ですが、今回は横瀬二子山とは駅を挟んで反対側にある、日向山(ひなたやま)を目指す予定です。
今回私が歩くのは芦ヶ久保駅から日向山へ登り、横瀬駅へと下るコース。このコースは情報源が少なくてコースタイムもイマイチはっきりしなかった(2時間15分~3時間台)のですが、目標を2時間半以内と決めて、いつもより早めのペースで歩くことにしました。

駅前の階段を下りて信号を渡り、左へ進むとすぐに現れる三叉路。斜め右方向の道へ入っていくと、「あしがくぼ果樹公園村」と書かれた分かりやすい地図がところどころに掲示されていました。
地図が随所にありました
これは分かりやすいですね~地図左上に「あしがくぼ果樹公園村」って書かれていますが、その「村」って文字のすぐ下に「▲日向山山頂」があります。

地図を頼りに舗装道をどんどん登っていきますが、意外と傾斜はきついです
振り返ると、駅の向こうにいくつもの山がどーんとそびえているのが見えました。前回登った横瀬二子山や、その並びの山々なんだろうな。(どれか良く分からないけど)とても清々しい眺めです。
ビニールハウスと山の景色

やがて「農村公園」の標識にしたがって山道へと入ります。
なんだか、この道が・・・

んっ!?
なんだかこの道・・・めちゃくちゃ滑るんですけどっ
見た感じ普通の山道なのですが・・・しっかり踏み固められた砂利道の上に、粘土交じりの細かい砂がコーティングされていて、それが最近降った雨で湿っている状態って言ったらいいのかな。まるで雪道を歩いているような感じだったんです
慌てて持参していた登山用ステッキ(シナノ サントレース 3YS)を取り出し、ヨロヨロと進んで行きます。
今日のコースが全部こういう道だったら、ちょっとヤバイかも・・・

ほどなく、こんなものを発見!
巨大滑り台
巨大滑り台ですっ
自然の中を風に吹かれてシャーっと滑ったら楽しそう!!
とワクワクしたのですが、1回滑り降りたらまたここまであの道を登ってこないといけないので、今回はあえなく断念となりました
多分道が乾いている時は何の問題もないと思うんですよね・・・雨上がりの日にここへ行かれる方はご注意下さい

こうして滑りやすい山道を慎重に登っていき、神社らしき建物の横を抜けると、トイレのある舗装道へと出てきました。ホッと一息。
作業されていた地元の方に道を聞いて、再び登り始めます。
この、木で覆われた薄暗い階段を登っていくんだけど・・・
薄暗いトンネル・・・
この木って、ただの木じゃなかったんです!見て見て、頭の上には・・・
キウイが鈴なり~!
キウイが鈴なり~
すご~い!キウイってこんな風に沢山なるんですね~。この一体は果樹公園と呼ばれていて、色んな果物の畑やビニールハウスも沢山あり、味覚狩りも楽しめるみたい。
果物のなっている様子って都心ではほとんど見かけないから、こうして眺めているだけでも面白いですね~

蝶も沢山いました。この子はポーズを取ってくれましたよ~
シジミチョウ

ふと振り返って眼下の果樹園を見渡していたら、その向こうに大きな山影が見えました。
武甲山が見えます
わぁ~!武甲山だぁ!!
中腹に湧き出す雲を従えたその姿は、標高1,300mほどとは思えない迫力に満ちていました。
すごいなぁ・・・としばらく立ち止まってその姿を眺めます。

あっ、そうだ!今日は10時半に横瀬駅へ着いてないといけないんだった!
危うくいつものマイペース登山になるところでした

こうして横目に武甲山の姿を見ながら、ペースを上げて登り始めた私。
ここからの道は、「普通の山道」になりましたよ~。滑る山道じゃなくて良かった・・・(苦笑)
まともな登山道に・・・

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.09日向山(横瀬)ひとり登山(2)

日向山(横瀬)ひとり登山、(1)の続きです。

さぁ、目指す日向山の頂まではもうひと頑張り。
そんな時目の前に現れたのは、「山の花道」でした。
山の花道へ入ります

このエリアは、シーズンになると沢山の花々で埋め尽くされるんだって
でも今の時期は、ほとんど草ですけどね・・・(苦笑)
それにしてもこの階段はなかなかきついっ晴れて気温も上がってきたので、身体中から汗が噴き出してきます。
でも今回は、「体力温存」とか「ペース配分」とか、そういうのは考えずにちょっときつめのペースでどんどん登っていきました。

見上げると、青空に緑の山
いい天気!
この前の飯盛山登山を思い出させるような、まぶしいぐらいの鮮やかさに目を細めます。
来た道を振り返ると、向こうには幾重にも重なって続く山並みが・・・。
来た道を振り返る
うわぁ~、本当に素敵な景色だなぁ

そして急な坂を登り切って、T字の分岐を左折すると、いよいよ日向山頂に向けて最後の登りにかかります。
立派な木ですね~

この辺り、かなり急な階段道が続いていて、呼吸が大きく乱れます。
ちょうど下山してきた年配のご夫婦とすれ違いましたが、降りるのも大変そう
ちなみに、今回の登山コース中で出会った登山客はこちらの1組だけでした。

そして・・・日向山山頂へ到着~!!
日向山山頂

山頂標識、消えかけてます・・・しかも何故か文字が谷側を向いているので、「山頂から見える景色をバックに、山頂標識と2ショット」みたいなことができません
というわけで、「木々の合間に覗く景色をバックに、山頂標識(の裏側)と2ショットの私(の後姿)」という写真をどうぞ(笑)
山頂標識、の裏側・・・
ちなみに今日はサポートタイツ(ノースフェイス バイオテックス)に、山スカート(モンベルTRラップスカート)を合わせてます。
山ウェアの話はまた今度改めてさせて頂きますね~。

山頂はこじんまりした広場になっています。展望は木々の合間からしか望めませんが、方位盤によると伊豆ヶ岳、横瀬二子山、武川岳、大持山、武甲山、雲取山、白岩山、熊倉山、白石山、甲武信岳、両神山、秩父二子山・・・こんなに沢山の山の名前が書いてあります!
ええ~そんなに見えるんだぁすごいですね~!

こうして少しの間山頂で休憩を取った後、友達との待ち合わせ場所である横瀬駅へ向けて下山することにしました。
柔らかな緑に囲まれた歩きやすい道を気分良く下っていきまして・・・
素敵な道ですね~
一旦フェンス沿いの小道を抜けて、標識を頼りに再び山道へ。

そういえば、所々にこんな張り紙みたいなものがあったのですが、西武秩父線開通40周年記念ハイキングコースになっていたんですね~。せっかくだから参加すれば良かったかな?
張り紙!?

この辺りの階段道もかなり急ですね念のため持ってきた登山用ステッキ(シナノ サントレース 3YS)が役に立ちました。
急な階段道

そしてまた林を抜けると・・・今度は目の前に素晴らしい景色が開けました!
展望が開けました!

「後は下山だけ」なんて油断していたけれど、ここからも感動の体験がまだまだ続くのでした・・・。

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.09日向山(横瀬)ひとり登山(3)

日向山(横瀬)ひとり登山、(1)(2)の続きです。

日向山山頂を後にして横瀬駅へと下り始めた私。
林を抜けて開けた道へ出ると、こんな光景が視界一杯に飛び込んできました。

武甲山がどーん!

武甲山がこんなに近くにものすごい迫力に圧倒されます。

思わず目が釘付けになってしまいますが、足元はかなり急な階段なので気をつけないと転げ落ちてしまいそうです
かなり急です・・・
武甲山を見て、足元を見て・・・あぁ~忙しい(苦笑)
こうして少しの間、素晴らしい眺望を楽しみながら歩くことができました
「待ち合わせ前のちょこっとハイキング」なんて感覚でやってきたけれど、この素晴らしい景色は決してあなどれませんね。

その後、動物避けに張られたネットの扉を開けて(一瞬行き止まりかと思った)奥へ進むと、琴平神社にたどり着きました。ここから木の階段をとんとん、と下りて鳥居をくぐります。
琴平神社の鳥居
はい、日向山自体の登山道は、これにて終了~
ここからも素敵な景色が見えましたよ
見晴らしが良いです

ここまでの道はきちんと整備されていて歩きやすく、トレイルランにも向いているのかもって印象でした。
というか、途中ずーっとハチらしき昆虫にぶんぶん追い掛け回されまして・・・期せずしてランニングする羽目に陥ったりもしたのですが(苦笑)、森の中で風を切って走ることの爽快感が少しだけ分かった気がします

ここからは六番峠ハイキングコースっていうのかな?しばらく林の中を歩いて、その後は舗装道路を歩きながらいくつかの札所経由で横瀬駅へと至る道へ進んで行きます。

しかし、ここからの道は先ほどまでとは様子が一変
なんだかものすごいぬかるんでいるんですけどっ

逃げ場も無く、まるで田植えのような状態で泥んこ道を恐る恐る下って行くと、
今度はジャングル探検隊みたいなのがきた―――っ!!
まるでアマゾン!?

ここまでは時間的にも順調に来ていたのですが、このぬかるみ道で極端なペースダウン。
10時半までに横瀬駅、間に合うだろうか・・・
でも転んだりしてドロドロになって待ち合わせに行くのも考えものなので、ここは安全第一で慎重に進みます。

途中、少し開けたところに出たと思ったら、イノシシ?が暮らしている小屋がありましたよ~
イノシシがいるっ!

時間も気になるんだけど、イノシシも気になるので少し観察タイム。(笑)

彼らは毎日、こんな素敵な景色の中で暮らしているんだなぁ。
イノシシ小屋の向こうの景色
羨ましいなぁ~・・・私もこういう景色に囲まれた生活をしてみたい。。。

ここからは道の状態も良くなってきたので、大丈夫そうなところでは小走りに、危ないところでは慎重にと切り替えながら先へ進みます。
そしてようやく、刈米マス釣り場へ出てきました~!ここからは舗装道を駅まで歩くのみ!

さすがに舗装路は歩きやすいのでペースアップできるのですが、その分蒸し暑さがこたえますね

でも見て、この辺りでも民家や畑の合間に雄大な武甲山の姿を望むことができるの。
彼はいつもこんな風に、里の人々の暮らしを見守ってくれているんだろうなぁ。やっぱりいつまでも秩父のシンボル的存在であって欲しいですね
武甲山がそびえています

こうして、なんとか無事に横瀬駅へとたどり着くことができました!
横瀬駅
この時、時計の指していた時刻は10:33。予定通り!?・・・ってことにしておきましょう(笑)

日向山は隣の丸山とセットで登られることが多くて、日向山自体にスポットを当てた情報はなかなか見つかりませんでした。
それでも感動の景色あり、冒険的な山道ありで、あなどることのできない山だと思いました時期によっては花を愛でたり、果物狩りを楽しむこともできそうですよね!
それにしても私・・・芦ヶ久保駅から登る山にはいつも「ぬかるみ」と「虫」にやられてる気がまた時期を変えて、横瀬の山へリベンジしたいと思います

おまけ:友達と横瀬駅で待ち合わせて、お出かけしたのが小松沢レジャー農園ってところです。
果物狩り・しいたけ狩り・バーベキューなどなど、かなり楽しめますよ!
小松沢レジャー農園の様子

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
芦ヶ久保駅(8:10)→すごく滑る山道入口(8:28)→巨大滑り台(8:34)→キウイのトンネル(8:44)→山の花道(8:54)→日向山山頂(9:06)琴平神社(9:32)→琴平神社鳥居(9:34)→イノシシの小屋(9:44)→刈米マス釣り場(10:06)→横瀬駅(10:33)

◆周辺の天気予報
横瀬町芦ケ久保周辺のYahoo!天気情報

◆水場とトイレ
トイレは芦ヶ久保駅、巨大滑り台近くやあしがくぼ果樹公園村内に数箇所、琴平神社鳥居近くにあった。舗装道路に出てからは札所やコンビニなどで借りれそう。
水場はないけど、駅前の売店や恐らく果樹公園村内などでも調達できそう。横瀬近くならコンビニなどもあり。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。