スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.10朝日岳~茶臼岳紅葉登山(3)【茶臼岳編】

朝日岳~茶臼岳紅葉登山、【朝日岳編】(1)(2)の続きです。

朝日岳のスリリングな道と美しい紅葉の景色を堪能した私達、峰の茶屋からいよいよ茶臼岳に向かって歩き始めました
茶臼岳へ向かいます
一面の火山礫に覆われた山肌からは、幾筋もの白い蒸気が上がっているのが見えます。
その一方で、右手に広がるのは色とりどりの美しい自然の風景。

右手に広がる景色

ロープウェイが通じていることもあって、峰の茶屋から茶臼岳側へ入るととたんに観光客が増えるのですが、お気軽にアクセスできる割には景色のスケール感が大きすぎますっ
圧倒されたり、感動したりしながら、なだらかな道をどんどん進んでいきます。

途中、「プシュー!!プシュー!!」ってものすごい音が聞こえてきたので顔を上げると・・・
蒸気がすごいです!
蒸気が勢い良く噴き出してるのっ
「もしかして・・・」と近くの岩に手を当ててみると、手袋の上からでも熱がじんわりと伝わってくるんです。
火山としての茶臼岳が持っている動的な生命力とか躍動感みたいなものをびしびしと肌で感じる瞬間でした

「えー、じゃぁこの蒸気もやっぱりあったかいのかなぁ?」
と、好奇心のままに近くの蒸気(上の写真ほどすごい勢いのところじゃないです・笑)に素手をかざしてみたところ・・・


・・・あづっ!!!!!!」(←局所的火傷をしたおばかな女子)

その様子を見ていて、
「えーそんなに熱いの?どれどれ・・・

・・・・・・・あっづっ!!」(←同じことを繰り返すおばかな友達)

それを見ていた通りがかりのおばさんは、
「アラ、熱そうね。手を出すのやめとこ・・・」

奥さん、それが正解ですっ!!

えぇと、繰り返しになりますが、こうして茶臼岳の火山としての生命力を「びしびしと肌で感じた」というわけです(苦笑)
(※注:火傷は一瞬のことで大事には至りませんでしたのでご心配なく・・・皆さんご注意下さい

そうこうしているうちに、牛ヶ首手前の分岐までやってきました~。
牛ヶ首手前の分岐
ここを真っ直ぐ登りきれば牛ヶ首なんだけど、私達は一旦ここで右に折れて、道を下ります。
少し前までニュースなどでも騒がれていた紅葉の名所、姥ヶ平へ向かったんです
姥ヶ平へ下りていきます

こうして見ると、左手の方はもう紅葉が終わって、白っぽい枝の色が目立ってしまっていますね~。
それでも、右側の方は・・・ホラ。
まだまだ紅葉もキレイ!
赤、黄色、緑。色鮮やかでとっても美しいの
こちら側もピークは過ぎているようで、枝だけになった木も目立ってはいました。でも、その白っぽいじゅうたんの合間に覗くカラフルな紅葉の風景が、すごく日本的というか、柔らかいというか・・・幻想的な印象をより強くしていて、とてもキレイに感じました

なかなか歩きづらくて急な下り坂でしたが、なんとか下りきると、そこはまるで庭園のような広場になっていました。
振り返ると、紅葉をまとった茶臼岳の全景が望めます。
姥ヶ平から茶臼岳

わぁぁ~キレイだなぁぁ

そして、奥の茂みの間にまるで隠されているかのように伸びる細い木道を進んで行くと、行き止まりに「ひょうたん池」という小さな池がありました。
その付近からみる茶臼岳の光景は本当に美しくて、皆さんばしばし写真に収めていらっしゃいましたよ~。
もちろん私も!
ひょうたん池の近くから・・・
さっきまで茶臼岳の荒々しい岩場しか見えていなかったから、裾野の方がこんな風に緑の濃い山なんだってことを初めて知りました。
木々の中にひっそりと佇むひょうたん池の姿、見えるかなぁ?
ひょうたん池、見えるかな?

静かで穏やかで・・・すごくホッとする光景でした

さて、姥ヶ平の散策を終えた私達は、牛ヶ首へ向けて再び急な坂を登り始めます。
すると、ここで突然雨が・・・お昼過ぎから天気は下り坂っていう天気予報は当たっていたみたい。
最初は小降りだったので一瞬迷ったんだけど、「着るべきかどうか迷う暇があったら、さっさとレインウェアをザックから出すべし」が私の登山人生標語なので(笑)、手早くレインウェアを着用しました。

雨はその後、一時的にかなり本降りになったのですが・・・
晴天、の牛ヶ首・・・
牛ヶ首に着く頃には、まぶしいほどの太陽が・・・
山の天気って、本当に分からないよ~!!

ここで少し座って休憩を取りながら、今後のコースについて友達と相談をしました。
また天気が崩れるかもしれないし、トイレにも行っておきたいので、ここからまずロープウェイ山頂駅を目指そうか。そこで天気が持ちそうであれば茶臼岳山頂にアタック!だね
こうして私達は一旦レインウェアを脱ぎ、山頂駅へと向かうことにしました

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.10朝日岳~茶臼岳紅葉登山(4)【茶臼岳編】

朝日岳~茶臼岳紅葉登山、【朝日岳編】(1)(2)、【茶臼岳編】(3)の続きです。

朝日岳から姥ヶ平を巡り、牛ヶ首へとやってきた私達。ここからひとまずロープウェイ山頂駅を目指します。

牛ヶ首を挟んで姥ヶ平と反対側にある谷も、真っ赤に色づいていました。
これは木ではなく草紅葉なのかな?山肌に張り付くようにして広がる赤いじゅうたんが印象的です。
まるで赤いじゅうたん!

矢印マークを頼りに、茶臼岳山頂を左手に見ながら回り込んでいきます。
茶臼岳山頂を見上げながら・・・

ロープウェイが近づくに従って、辺りには登山客よりも観光客の姿が目立つようになりました。
中にはショートパンツにロングブーツといういでたちの女の子たちも何人かいました~
辺りは火山礫で埋め尽くされた歩きにくい道なので、さすがにその格好だと危ないよ~とちょっと心配になってしまいます・・・

こうしてなんとか、ロープウェイ駅へ到着~。
ロープウェイ山頂駅
辺りには急激に雲が出て、遠くの景色は真っ白になってしまいました。
トイレを済ませてもう一度空を見ると、雲に覆われているものの雨は降っていないようです。
いつまた降ってくるか分からないので、早足で山頂を往復してくることにしました

・・・ですが、茶臼岳山頂への道は、岩がゴロゴロと転がるなかなかハードな登りでした~
岩だらけの登山道
ロープウェイ駅から観光で茶臼岳山頂を往復する人も多いと思うんだけど、この道はそんな観光気分を吹き飛ばしてしまいそう・・・。登り始めは小石が多くてズルズルと足を取られてしまうような道だったので、かなり歩きづらかったです

道中再び小雨が降り始めたのでレインウェアの上着だけを羽織ったのですが、またすぐに雨はやみ、山頂近くまで登った頃には分厚い雲の切れ間に青空も覗く状態になっていました。
あっ、鳥居が見えてきたよっ!
鳥居が見えてきた!

そして・・・山頂到着~!!
茶臼岳山頂

雲が下からもくもくとわき出してきていましたが、その合間から遠くの山並みが見渡せて、とても見晴らしの良い場所でした
山頂からの眺め

恒例山頂動画、よろしければご覧下さい
[高画質で再生]茶臼岳山頂付近からの展望
[広告] VPS

ここからお鉢めぐり(お釜周回)もできそうでしたが、天気のことも考えて、今日はここまでで下山することにします。
岩だらけの道は下りもなかなかハードで、大きな段差を前にして動けなくなっている軽装の女の子もいました。
ロープウェイが「山頂駅」という名前なので、ダイレクトに山頂へアクセスできるような印象がありますが、実際は駅から岩だらけの道を40~50分歩かないと登頂できないんですよね私がもし観光気分でここにきたらビックリするかもです(苦笑)

それでも、下りの時は眼下に広がる壮大な景色を眺めながら歩くことになるので、本当に気分がいいの
標高が高くても、低くても、たとえ山頂近くまで車道やロープウェイが通じていても、山は山。
自然の厳しさが共存しているからこそ、山の美しさは一層際立つんでしょうね

色んな失敗や大変な思いもあるけれど、やっぱり山が大好きですっ
やまーっ!!

こうして無事にロープウェイ駅へと辿り着いた私達。
ロープウェイの車窓から、最後の紅葉を眺めつつ・・・
ロープウェイ車窓から
麓駅でシャトルバスに乗り換え、スムーズに駐車場へと戻ってこれました~。

帰りは那須高原SAで、そば&ごはん&舞茸天ぷらのセットを頂きました。量が多くて食べ切れなかったけど、美味しかったです(そばの単品がメニューにあればちょうど良かったんだけどね
きのこのそばセット

以前から気になっていた茶臼岳、これまで「ロープウェイで行けるお気軽登山」のイメージでしたが、その道のハードさや、変わりやすい天気など、山の持つ厳しさも味わうことができて決してあなどれない山だということが分かりました。
そして朝日岳を含め、見渡す景色の壮大なことといったら!美しい紅葉も見ることができて、本当に幸せな山行になりました~
今回試行された「パーク・アンド・バスライド」は、係りの人の誘導やバスの乗り換えなどもスムーズで、渋滞による時間のロスもありませんでした。色んな課題があるのかもしれませんが、私としてはとてもありがたい試みだったと思います。(関係者の方々は大変だったでしょうね・・・。ありがとうございます!)

今度はきちんと準備と装備を整えて、三本槍岳まで歩いてみたいなぁ。
それはまた、いつかのお話。

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
峠の茶屋駐車場(8:53)→那須岳登山口(8:59)→峰の茶屋(9:41)→朝日岳登山道へ:危険の看板(9:45)→かなりハードな鎖場(10:05)→朝日岳の肩(10:16)→朝日岳山頂(10:24)→峰の茶屋(11:12)→牛ヶ首手前の分岐(11:33)→姥ヶ平(11:54)→ひょうたん池(12:03)→牛ヶ首(12:36)→ロープウェイ山頂駅(13:05)→茶臼岳山頂(13:43)→ロープウェイ山頂駅(14:10頃)

◆周辺の天気予報
那須郡那須町湯本周辺のYahoo!天気情報

◆水場とトイレ
トイレは峠の茶屋の駐車場と、ロープウェイ駅にある。
水場は無さそう。ロープウェイ駅で調達可能。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。