スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.10谷川岳登山(1)

谷川岳(1,977m/群馬県利根郡みなかみ町)

最近、登山道具を買い揃えたり、近場の低山へ出かけたりと妙に山づいている友達がいます。
今回はその友達と、山登りへ行くことにしました~

「・・・それで、どんな山がいいの?」
「ジュラシックパークみたいな山に登ってみたい!」
ジュ、ジュラシックパーク・・・ですか?その答えにいまいちピンとくる山が浮かばなかったのですが(苦笑)、山が好きになり始めた友達に、山の素晴らしい世界を見せてあげられたらいいな・・・そんな思いであれこれ検討の上、谷川岳へ向かうことにしたんです。
(実際に素晴らしい世界が見れるかどうかは、お山さんの気分次第ですけどね

谷川岳はロープウェイを使って天神平から山頂までを往復する一般向けのコースが有名ですが、その一方で、その険しい岩壁や激しい気候の変化などから遭難者も多く、かつては「魔の山」とも呼ばれた山であると聞きます。
今回一緒に行く友達には、自然の怖さ、レインウェアの重要性などを口がすっぱくなるほど説明して、ザックの中身だけはでなく心の準備も万全にしてきてもらった・・・はずっ。

そしてその日の朝、レンタカーでロープウェイの麓の駅へ到着した私達は、装備を整え、登山届を提出してからロープウェイへと乗り込みました~
時間も早めだったせいか、待ち時間もなく、車内にも余裕があって快適な空中散歩

車窓からは、初めのうちは美しい紅葉が眺められたのですが、徐々に木々は葉を落とし、やがてすっかり晩秋の景色へと変わってしまいました。
谷川岳ロープウェイの車窓から
この写真の下の方に写っている丸い影は、大きなリンゴではなく私の乗っているロープウェイの車体です(笑)

そしてロープウェイが天神平駅へ到着すると、枝ばかりになった木々の合間に一筋伸びる、緑の笹原と真っ赤なリフトが鮮やかに目に飛び込んできました。
天神平のリフト

でも私達はこのリフトには乗らず、ここから徒歩で登山スタートですっ

すると友達が、突然こんなことを言い出しました。
「あーっ!山頂でお茶飲もうって言ってたのにカップ忘れてきたーっ
「ちょっと~、家にカップ4つぐらいあるよって言ってたのに、全部家に置いてきたら使えないじゃんっ

・・・あれ・・・?

私も、車の中に日焼け止め忘れてきちゃった・・・・・・・・・・・・


持ってても、持ってこないと意味が無い。(yamajoshi心の川柳)


こうして出だしからつまずき気味の私達でしたが、何とか気を取り直して歩き始めました。

天神平の広場を出て山道を少し登ると、早速景色が開けてきます。
早速谷川岳の姿が・・・

わぁ、すごーい
雲ひとつない青空の中に、圧倒的な存在感をもって聳えているのは谷川岳山頂付近の岩肌。
まだ歩き始めて何分も経っていないのに、まるで高山の山頂付近まで登り上げてきたかのような景色が見えてしまうなんて・・・。贅沢すぎますっ

この辺りの道は、木道や階段がしっかりと整備されていて、ものすごく歩きやすいです。
整備された階段

木々の合間にちらちらとあの頂を望みながら、緩やかに登っていきます。
山頂方向だけでなく、多少霞んではいるものの遠望も利くようになってきましたよ~
遠望も開けました

見渡す限り、山また山の景色。本当に快適な山歩きです。
いつ雪が降ってもおかしくないぐらいの気候だと思っていたのですが、歩くほどに暑くなってきて、どんどん上着を脱いでいきました。
「山頂までずっとこんな道が続いていたらいいのにね~

・・・なんて言っていたら、急斜面の岩場に沿って、回り込むように付けられた鎖場に遭遇
危険な鎖場

ここまでは非常に歩きやすかっただけに、この鎖場ではちょっと緊張を強いられました。さすが魔の山、油断は禁物ですね~

しかし、この鎖場を越えると、再びなだらかで良く踏まれた、歩きやすい道に戻りました。
再び整備された道へ

ここは道幅もあるし、右手の景色も素晴らしいし、本当に気分よく歩けますね~

するとその時、背後で
「キャッ!」 ガサガサッ・・・
女性の小さな悲鳴と一緒に、藪の枝葉がこすれるような音が一瞬聞こえたんです。

「・・・ん?」
なんとなく立ち止まって、振り返った私の数十m先で、それは起こりました。

1人の男性が、谷を見下ろしながらしゃがみ込むような動作をして、そのまま何かに引っ張られるかのようにバランスを崩し、


登山道から、谷側の藪の中へ消えていきました・・・・・・・・・・


嘘でしょ?
「目を疑う」って、こういうことを言うのかもしれません。
私は今まさに目の前で起きた光景を理解することができず、少しの間身動きができませんでした。
そして、
「落ちた・・・・・・落ちたのっ!?」
少し遅れて実感が蘇ってくると、全身の血が逆流するような驚きと恐怖に襲われたんです。

その頃には後ろを歩いていた登山客の方が、「大丈夫ですかっ?」と現場に駆けつけていて、幸いなことに登山道に近い藪の中から話し声や笑い声のようなものも聞こえました。
恐らく、歩いていたご夫婦の奥さんの方が何かの弾みで登山道脇の藪の方へ転倒し、それを慌てて引き上げようとした旦那さんも誤って登山道下に転落してしまったのではないかと思います。
谷側は結構な急斜面だったと思うのですが、深い笹薮に覆われていたことが幸いしてちょっと道を踏み外した程度、大事には至らなかったようです。

あぁ・・・大丈夫みたい。良かったぁ・・・・・・。

ここは危険な要素を探すほうが大変なぐらい、本当に「何でもない道」でした。しかもその直前に危険な鎖場を越えているから、より歩きやすさが際立って、思わずホッとしてしまうかもしれません。
私自身も景色に見とれたりしながら、かなり油断して歩いていたと思うの。
事故はこういう何でもない場所こそ起こりやすいんだ・・・。そのことをすごく痛感しました
そして、自分の周りでこうした事故が起こった時、ただ傍観しているんじゃなくて、自分に何ができるか、何をすべきかを素早く判断し、必要とあれば迅速に行動に移せるような人間になりたいなぁ、とも思いました。

こうして道中ヒヤリとするような出来事に遭遇したものの、私達は何とか熊穴沢避難小屋までたどり着きました~。
熊穴沢避難小屋

周囲の木々がどんどん低くなり、青空にぐっと近付いたような気がします。
それに合わせるかのように、気温までぐんぐん上がっていくのは想定外でした~もうこれ以上脱げないってぐらいに脱いではいるのですが、ベースが防寒用のあったか素材だったので、かなり暑くなってしまいました

避難小屋からの道は、最初はこんな風にものすごく歩きやすいのですが・・・
最初はとても歩きやすい道

徐々に岩がごつごつし始め、鎖やロープの設置してある険しい登りも増えてきました。
ゆっくり、慎重に・・・。
険しい岩場が出てきました

こうして進んでいくほどに、辺りの木々は低く、数もまばらになり、ますます視界が開けるようになってきました。
そろそろ森林限界を抜けて、山頂へ向けた大展望の尾根歩きが始まります!

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.10谷川岳登山(2)

谷川岳登山、(1)の続きです。

熊穴沢避難小屋を過ぎると、急な岩場が連続するようになってきました。
険しい岩場

植生はいよいよ、低木から笹原へとその様相を変えました。
ぐるりと見渡す限りに広がるのは、抜けるような青空と雄大な山の景色。
私はなんてところに来てしまったんだろう。なんて世界を歩いているんだろう・・・。

そして私達は、「天狗の溜まり場(留まり場?)」と呼ばれる、岩がごつごつと盛り上がった場所に着きました~。
岩の上によじ登って、これまでの道を振り返ります。
来た道を振り返る
うっわぁぁぁぁ~~~~~~~~!!!すごい、すっごい!!こんな稜線をずっと歩いて来てたの~?
興奮のままにばしばし写真を撮りまくる私達。(笑)

天狗の溜まり(留まり)場から
この時の私、頭には吹雪にも負けないぐらいのあったかニット帽をかぶり、上には長袖シャツと保温性の高い長袖アンダーウェアを着用、さらに下には二重構造になっていて間に空気をため込み保温するあったかズボンに加えて、ZAMST 膝サポーターをがっつり膝に巻いていました。
それがこの陽気・・・。すんごい暑いんですけどっ
想定外の天候とは言え、もうちょっと調節のきく重ね着の仕方を研究した方が良さそうだな・・・と思いました

さぁ、そろそろ先へ進もうか
前方へ目をやると、一面に広がる笹原が風を受けて、銀色の波を走らせていく様子がはっきりと見えました。
山頂までの道
この緑の海の中に一筋つけられた道が、私達を山頂まで導いてくれるんですね
よぉしっ

そこからの登りも決して楽なものではありませんでしたが、とにかく見渡す限りの絶景が私達を励ましてくれました。
左手にのびていく稜線の美しさに、思わず足を止めてしまうこともしばしば。
左手の美しい稜線

こうしてようやく、見晴らしの良い広場にどーんと建つ山小屋へたどり着きました~
これが肩ノ小屋なんだね。ちょっとザックを下ろして休憩します。
肩ノ小屋

ここからの景色は恐ろしく素晴らしいのっ
肩ノ小屋近くからの眺望

美しく雄大な稜線上に、ずーっと伸びていくのは万太郎山への登山道。
すっごい・・・こんな陽気の日にこの道を歩いたら、どんなに気分がいいだろう。
いつかの自分が、胸を躍らせながらこの道を進んで行く姿を思い描きます。
それは全くの空想のようでもあり、近い未来の現実のようでもあり・・・。
また夢がひとつ、増えた瞬間でもありました

信じられないくらいの絶景動画、是非ご覧下さい
[高画質で再生]

谷川岳肩ノ小屋付近からの眺望
[広告] VPS
この辺りでは急激に風が強くなってきて、景色を眺めているうちにだいぶ肌寒くなってきました
ウィンドブレーカーを羽織りながら地図を確認すると、ここから谷川岳1つ目のピークであるトマの耳までは10分ほどのよう。
「もう少しだね、頑張ろうっ!」
そう声を掛け合いながら、急な坂を登って行くと・・・
いざトマの耳へ!

わーいっ!トマの耳に到着しました~
トマの耳到着~

さほど広さのない山頂スペースは結構混雑していて、写真を撮るのに数組の順番待ちが発生していました。
ちょっとの隙に慌てて撮影したので、私も友達もなんだかグダグダなポーズで写真に収まることとなった次第です(苦笑)

これで登頂達成、と言いたいところですが、谷川岳は双耳峰。最高地点はもう一方のピークであるオキの耳なの。

見れば、何とも恐ろしげな急勾配の岩稜の先に、私達の目指す場所があるようです。
次は、オキの耳・・・

ええーっ、あんなにものすごい道を登っていくのー!?

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.10谷川岳登山(3)

谷川岳登山、(1)(2)の続きです。

トマの耳を後にした私たちは、次なるピーク、オキの耳へと向かって歩き始めました。
トマの耳から見たオキの耳はかなり豪快な岩場の先にあって、「すごっ!」と驚いたのですが、道中ふとトマの耳を振り返ってびっくり!こちらも負けないぐらいの迫力ある光景じゃないですか
トマの耳もすごいです!
「えーっ、さっきまであんなところにいたんだぁ!」

この辺りでは行き交う人の数もさらに増えて、すれ違いに気を付けながら少し歩きにくい道を慎重に進んでいきました。
それでも、あんなに険しく、遠くみえたあのピークに立つまで、それほど時間はかかりませんでした。

青い青い空に向かって、どーんと立てられた山頂標柱。やったぁ!オキの耳に到着ですっ!
オキの耳到着!
辺りには多くの人がいて、写真を撮ったり、座って景色を眺めたりと思い思いに山頂でのひとときを楽しんでいます。
数組の順番待ちののち手早く撮影を済ませた私達は、稜線づたいに少し先へ進みました。
少し進んで・・・
そしてすぐに休憩に良さそうな場所を見つけて、腰を下ろしました。

トランギア メスティンエスビット ポケットストーブでお湯を沸かし、チャイとお味噌汁(と、お菓子諸々・笑)を頂きます
最初に写真を撮り忘れて食べかけのお味噌汁になっちゃいましたけど・・・(笑)
味噌汁(食べかけ)
うーん、燕岳で覚えた感動は気のせいじゃなくて、やっぱり山で飲むお味噌汁は美味しいっ
今日は想定外に暑くなったから、温かい飲み物はどうかな~って思ったんだけど、肩ノ小屋を過ぎてからは冷たい風も吹いてきて肌寒く感じていたので、ちょうど良かったです

こうしてしばらく、遠い山並みを眺めたり、深い谷を見下ろしたり・・・まさに至福の時を過ごしました
深い谷

気づけば団体さんが集まって大変なことになっているトマの耳に、
「えーっ!あれ、特撮じゃないよねぇ?」
と盛り上がったりもして(笑)
トマの耳、人いすぎ

やがて、万太郎山の方角から真っ白な雲がもくもくと湧き上がってきているのが目に入りました。
やっぱり山の天気は本当に変わりやすいんだね。
強風に流されて、まるで生き物のように形を変えながら広がっていく雲を眺めながら、私達はそろそろ下山することに決めました。

あの雲がやってくる前に下山したいなぁ~
雲が出てきました

ここから下山までの写真は、ほとんどありません(苦笑)
険しい岩場の下りは登り以上に慎重に歩を進める必要があったのと、ツアー登山のものすごい団体さんに巻き込まれてしまったこともあり、マイペースに写真を撮りながら・・・というのが出来なかったわけで

しかも、途中でふと自分の右頬が熱を持っていることに気付いて、友達に
「ねぇ、私もしかしてこっち側日焼けしてる?」
って聞いたら、
「あ!やばいよそれ!真っ赤だよ!!」
って言われちゃったんです
ああー日焼け止めさえあれば・・・それからはもう見た目なんて構っていられなくて、首に巻いていたタオルマフラーをミイラ男みたいに顔にぐるぐる巻きにして、その下にはサングラスがきらりと覗く完全不審者になって歩いていたんです(笑)

それでも、熊穴沢避難小屋を過ぎると非常に良く整備された道になり、歩きやすいだけでなく距離もすごく短く感じました。
振り返れば、さっきまで立っていたはずのあの頂が、あんなに遠くに見えていたの。
山頂を振り返る

こうしてあっという間に、スタート地点の天神平まで下りてきました~。
下山がこんなに短く感じた山は、初めてかもしれません

今回は山に登り始めたばかりの友達が一緒だったこともあるので、ロープウェイで麓駅まで一気に下山してしまいます
麓駅の辺りは紅葉がまだすごくキレイでした~
麓は紅葉がキレイ!

こうして無事下山を果たした私達は、帰りがけにまつやさんというおそばやさんに立ち寄り、季節限定のきのこそばを頂きました~
きのこそば
これ!これすっごい美味しい!!
光が透けるぐらいに透き通ったおそばの麺は、かみ締めるほどにそばの甘みと旨みが染みだしてきて・・・って、これ以上熱く語ると「そば女子ブログ」に方向転換しないといけなくなりそうなのでやめておきます(苦笑)

こうして今日1日を満喫した私達は、レンタカーを飛ばして日常の世界へと戻っていくのでした~。
高速の車窓から

以前から気になっていた谷川岳。魔の山とも呼ばれる彼が私達に与えてくれたのは、申し訳なくなるぐらいに素晴らしい天気と絶景の世界でした。
山頂付近の荒々しい岩場の風景は、ジュラシックパークの世界・・・と言えなくもないような。(笑)
今回同行した友達も、きっと山がもっと好きになってくれたんじゃないかな?

そして、私の心に何より強く残ったのは、谷川岳から続いていく美しい稜線の光景。
今度はその先へ・・・。こうして私の山の世界は、どんどん広がっていくことでしょう

ところが、「残ったもの」は私の心の中だけでなく、ズボンのポケットの中にもあったようで。
帰宅してから洗濯をしようとポケットを検めたら、ひらりと舞い落ちた1枚の紙切れ。
「・・・・・・あ"っ!!!下山届け出すの忘れたっ!!
こればっかりは「今度」というわけには行かず、「ただちに」登山センターへ電話をかける私なのでした・・・。

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
天神平(8:05)→田尻尾根との合流(8:20)→熊穴沢避難小屋(8:52)→天狗の溜まり(留まり)場(9:26)→肩ノ小屋(10:03-10:22)→トマの耳(10:29)→オキの耳(10:51-11:41)→肩ノ小屋(12:06)→天狗の溜まり(留まり)場(12:32)→熊穴沢避難小屋(13:04)→天神平(13:36)

◆周辺の天気予報
谷川岳天神峠の天気(日本気象協会 tenki.jp)

◆水場とトイレ
トイレはロープウェイ麓・天神平各駅にあって、すごくキレイで便座も温かい!コース上には肩ノ小屋にあって、臭いはなかなか(笑)だけど、周りはきちんと清掃されていてありがたいです。
水場は多分ないと思うので、ロープウェイ各駅や小屋で調達した方が良さそう。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。