スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.11岩櫃山登山(1)

岩櫃山(802m/群馬県吾妻郡東吾妻町)

図書館でふと手に取った登山ガイドを、見るともなしにただパラパラとめくっていた時のこと。
ほんの一瞬目の前を通過したある写真に、思わず「あ!」と小さな声を上げてしまいました。

慌てて行き過ぎたページを戻してみると、そこに現れたのは、まるで妙義山を思わせるような奇岩群の寄り集まった、荒々しく異様な山の姿。

岩櫃山(いわびつやま)・・・。その名前を目でなぞりながら、すでに私の心は決まっていました。
「この山に登ろう」

岩櫃山全景
(登山途中に撮影した岩櫃山全景)

岩櫃山にはいくつかの登山コースがあるようですが、西側から山頂を目指す<密岩通り>を歩くコースが最もドラマチックな登山を楽しめそうです(私の感覚では)。
車でアクセスした場合、「密岩通り登山口」へはJR吾妻線郷原駅に駐車(車5台分)して30~40分歩くか、登山口前の駐車スペース(車2台分)に停めるかの選択肢があると複数のガイドに書いてありました。
ところが、実際に登山口や駅前に行っても、きちんと駐車が認められている場所はなさそうでした~無理に停めて地元住民の方々にご迷惑をおかけすることは避けたかったので、山の東側にある一本松駐車場(車50台分)に向かうことにしました。

一本松には広くてキレイな駐車場が2面あって、奥の方には小さなトイレもありました。
時間が早いせいか、誰もいない駐車場に車を停めた私達は、装備を整えると、すぐ奥にある「原町平沢登山口」へと歩き始めました。

登山口近くには「休憩所」と書かれた小屋があって、分かりやすいマップや所要時間の図が置かれているの。
ネットやガイドブックでなかなか詳細な情報が得られなかったので、これは助かります!
そして、この近くにあった案内看板がこちら。
岩櫃山ルートマップ

ここからだと<沢通り>を通って山頂を往復するコースが最短なんだけど、どうしても<密岩通り>から登頂したかった私は、ここで本日のルートを検討しました。
その結果、「原町平沢登山口」から<沢通り>で「櫃の口(天狗の蹴上げ岩)」へ登り、そこから山頂ではなく一旦<旧赤岩通り>へ下りてぐるっと麓を回り込み、「密岩通り登山口」から山頂へ至るという、ちょっと変則的な遠回りコースを歩くことに決定!(※赤岩通りは現在通行止)
帰りは駐車場まで<尾根通り>を通って岩櫃城跡も見れば、岩櫃山のルートをほぼ全て歩くことができそうですね

さぁ、いよいよ登山開始!
初めは植林の中の良く整備された道を登って行きます。
歩き始めはこんな道
この辺りの木々には、かなりの年月を重ねたと思われる大きさのものも多くて、きちんと手入れがなされているような印象です。
やがてその植生が広葉樹へと変わると、足元も一面の落ち葉で覆い尽くされるようになりました。

ですが、前回の金袋山のようなふかふか道とは違って、落ち葉の下にはごつごつとした石が多く、つまずきそうになったり滑ったりと少し歩きづらかったです
そして標高を上げていくほどに、足元だけではなく、そこらじゅうに岩がぼこぼこと露出してくるようになってきました~。
気付けば、辺りは岩だらけ!
岩だらけになってきました

ついにはこんなにものすごい景色まで現れました~
天狗の蹴上げ岩
まるで新宿副都心の高層ビル群のように立ち並ぶ高い岩々。ここが「天狗の蹴上げ岩」のようです。
その迫力に圧倒されて、しばらくぽかーんと見上げてしまいました。

本来、このまま直進すれば山頂までは20分程度で到着してしまうようなのですが、私達は当初の予定通り、ここから<旧赤岩通り>方向へ進路を変えます。

そして尾根に上がると、指導標に従って右方向へ。
旧赤岩通りへ

この山は、こんな風に道案内もしっかりしていて、道迷いの心配が少ないです。
駐車場の広さから見ても、恐らく紅葉などのシーズンには老若男女、大勢の人で賑わう山なのでしょう。
季節が冬へと向かって駆け足で移ろいゆく今は、時間も早いせいか人の気配すら感じないのでした。

私達は明るい山腹の道を快適に進んで行きます。
明るい道

裸になった木々の向こうに、青い空や遠くの景色がチラチラと見えていました。
これってもしかして、山頂からは360度の絶景が見えてしまうんじゃないのっ!?とわくわくしながら歩いていると・・・

「うわぁ~!!ここ、すごいーっ
ほんのわずかに木の切れ間があって、そこから覗く景色にびっくり!
浅間山と岩松の絶景!

遥かに連なる山並みの先に、真っ白な頭を出しているのは恐らく浅間山
その美しさもさることながら、手前に突き出した岩櫃山の険しい岩場に、まるで浮世絵の世界から飛び出してきたような、見事な姿をした松の木が立っているではありませんか!
すっごーいあんな場所に植木屋さんが剪定をしに行くはずはないから、まさに自然の造形ですよね。
私達は感動のままに、「すごい!すごい!」を連発しながらシャッターを切りまくりました(苦笑)

そして、<旧赤岩通り>(<十二様通り>ともいうみたい)を下っていくと、林が切れてススキの広がる野原へ出てきました~。
ススキの野原から岩櫃山を見上げる
ここで岩櫃山の全容が明らかになります。
ふところに終わりかけの紅葉たちをぎゅっと巻き付けて、荒々しく突き出した岩稜・・・。想像以上の険しさと美しさに、これからの道に対するちょっとの不安と大きな期待が湧き上がってきて、心臓がドキドキし始めました。

今日の登山、とんでもないことになりそうだなぁ。

ススキの野原に付けられた道を少し進んで行くと、道は舗装された里の道へと出てきました。
民家の庭先にいる飼い犬くんを怒らせないように、熊鈴の音を消しながら密岩通り登山口へ向かって坂を登っていきます。
こんなにも特異な姿をしたこの山が、家の裏山だっていう環境・・・羨ましすぎですっ
古谷T字路近くから見た岩櫃山

こうしてようやく、「密岩通り登山口」へとたどり着いた私達。
密岩通り登山口

ここからいよいよ、山頂を目指した「絶景」と「絶叫」の登山が始まります!

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.11岩櫃山登山(2)

岩櫃山登山、(1)の続きです。

いよいよ山頂を目指して歩き始めた密岩通り。薄暗い植林帯は数分で終わり、道はすぐに明るさを取り戻しました。
所々にまだ紅葉も残っているようです。赤や黄色の葉っぱが朝日を受けてキラキラと輝いている様子はとても美しいの
紅葉が残っていました!

だけど、先ほど歩いてきた沢通りに比べると、道の傾斜がきついように感じます
途中からはキレイに整備された階段が続いたのですが、これがなかなか足に堪えるわけで・・・。
落ち葉に埋もれた階段

そしてついに、鎖やハシゴまで現れるようになりました~!
ここからは登山用ステッキ(シナノ サントレース 3YS)をザックにしまって進むことにします
ハシゴも登場

これらを乗り越えると、今度は木の根が張り出した大きな段差にぶつかりました。
大柄な友達はひょいっと登っていましたが、私にとってはまさに土壁クライミング
両手両足を使ってよいしょーっとよじ登ります。
この道・・・まるでアスレチックみたい!!

しかし、このルートのハイライトはここから始まるんです。
私達の行く手を阻むように、立ちはだかるのはこんな岩壁。
天狗のかけ橋と迂回路の分岐

左、天狗のかけ橋(注意)、右、迂回路かぁ・・・。
ふとその場で迂回路の方を見てみると、
迂回路の様子

崖の途中につけられた細い道を進み、木の根が網の目のように張り巡らされた急斜面を乗り越えていく・・・。私の持っている「迂回路」という道のソフトなイメージを、あっさり打ち砕くようなハードさです(苦笑)
あんな道を「迂回路」と言わしめる、「天狗のかけ橋(架け橋、懸橋)」って一体・・・?


その正体は、こんな道だったんです!


これが、天狗のかけ橋


この岩場、その名の通りアーチ状になっています。つまり、岩で出来た平均台みたいなところを渡るんですっ
高さは何メートル位あるんだろう?一番細いところの幅は、両足をそろえて立つことが出来そうにないぐらいの細さ

足元はこんな細さ・・・

高所恐怖症ではなく、むしろスリルある岩山(秩父二子山とか)が好きな私ですが、ここで写真を撮るために立ち止まったりすると、膝が勝手にプルプル笑い出すのでした
でもまだ山頂方向へ渡るなら大丈夫そう。この橋の逆走も試してみたのですが、距離は短いものの、その1歩目を踏み出すのにすごく勇気がいるようなスリル感でした~
高所恐怖の気がある人は、迂回路を選んだほうが良さそうですね。

こうして天狗のかけ橋を無事に渡り切り、ほっとしたのもつかの間、今度は大きな鎖場が登場しました~
今度は鎖場!

岩がボコボコしているので、手がかり足がかりは確保しやすそうです。なんとか無事通過。
鎖場を登ります

それから「鷹の巣遺跡」というところをちらっと見て(写真省略)、その後もいくつかのハシゴや鎖場を乗り越えました。
この写真、分かるかなぁ?岩に自販機のコイン投入口みたいな細長い穴が開いているんだけど、この間をすり抜けたりもするの。
岩の隙間を通って・・・

この変化に富んでスリル溢れる道は、危険度も高く緊張も強いられますが、その分登り応えも十分でとても楽しいです

気付けば、山頂へと続く稜線上まで登りつめていた私達。
見上げる先にあるものは、山頂標識の立つ最後の岩場と、ただひたすら青い空、それだけです!
頂上はもうすぐ!

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.11岩櫃山登山(3)

岩櫃山登山、(1)(2)の続きです。

ついに、山頂まであとひと登りのところまでやってきました。
高くそびえるこの岩のてっぺんには、どんな世界が待っているんだろう。
山頂への最後の鎖場

こうして私は最後の鎖場をよじ登りました。
よいしょっ・・・



「ギャ――――――――――ッ!!!!!!」



山頂で最初に私達を出迎えてくれたものは、360度見渡す限りの大絶景・・・


ではなく、数千、いや万の単位に届くかもしれないほどの、おぞましい数の虫たちの群れでしたーっ
よく、人の頭の上に群れをなす小さな虫がいますよね。私は「頭虫」と呼んでいますが、それが大集合していたんですっ

視界が霞むほどの虫の数に、ほんの数m先にある山頂標識までたどり着くことさえも困難に思えましたが、サングラスで目を保護し、両手で口と鼻を覆ってなんとか登頂を果たしました・・・

山頂到着・・・!

虫のインパクトが強すぎて霞んでしまいましたが、ここは約200mほぼ垂直に切れ落ちた崖の上なので、見渡す景色は信じられないぐらい素晴らしくて、目がくらむほどです

遥かに続いていく山並み、そして足元にはジオラマみたいな里の風景。
見て、この写真なんて、まるで自分が虫に・・・もとい、鳥になって空を飛んでいるみたいじゃない?
まるで空撮!

せっかくなので動画も載せておきます~
見づらいかもしれないけど、この動画にノイズのように映りこんでいるのは全て虫です
虫が苦手な方にとっては絶景というより絶叫動画になりかねませんので、ご注意下さい(苦笑)
[高画質で再生]
岩櫃山山頂からの絶景(絶叫?)動画
[広告] VPS

ここまで無呼吸で撮影をしていたので(苦笑)、そろそろ窒息しそう・・・
これが最後の写真です。
9合目には人が・・・
岩櫃山には山頂のほかにもうひとつ突き出した岩場があって、そこが9合目みたい。(東峰と言われることも。)
そのてっぺんにも人が立ってますね~。なんて爽快な景色なんだろう!

802mの低山とは思えないほどの高度感溢れる眺望に、「すごいなぁ~」と感動しつつ、

鎖場を下ります

速やかに撤収します。(笑)

鎖場を下りてから9合目まではほんの数分、やせ尾根を伝ってこの岩場を登るだけでした。
9合目へ

「わぁぁぁ――――・・・っ
9合目の岩場に立って山頂を振り返ると、そこにあったのはラクダのコブのように大きく突き出した岩峰。
9合目から望む山頂
そのてっぺんに、人の立っている様子がはっきりと見て取れました。
私達もさっきまであの場所に立っていたんだよね・・・信じられないっ

ここ9合目も山頂に負けず、素晴らしい眺望を楽しむことができました
しかも、先ほど私をあんなに絶叫させた虫たちが、山頂を後にしてからぱったりとその姿を消してしまったんです。

やっぱり「頭虫」というだけあって、「岩櫃山の頭」にだけ集まっていたのかもしれないね
きっと今日はあの虫たちにとっての一大イベントがあったんだろうな。お邪魔しちゃって失礼しました

これは山頂のアップ。真っ白な浅間山(多分)と、黒々とした岩櫃山の岩肌が対照的ですね
・・・って、さっきから結構長いこと山頂にとどまっていらっしゃる皆様、
山頂と浅間山

虫は無視ですか―っ!?

(・・・失礼しました。)


この頃になると、下から登ってくる登山客も少しずつ増え始めました。どうやら、一本松駐車場から沢通り経由でまっすぐ登ってこられる方が多いようですね。
私達もずっとここで青い空と見渡す限りの絶景を楽しんでいたいところですが、そろそろ場所を譲って尾根通りへと下っていくことにしました。

9合目を後にしようとした時、最後に私の目に留まったのがこの光景。
松ぼっくりが・・・!
露出した岩肌に、しがみつくようにして生えていた小さな小さな松の木に、立派な松ぼっくりができていたんです!
吹きさらしで栄養分も乏しく、根を張れる土もほとんどない。こんな厳しい環境の中で、この松の木は一生懸命に生きているんだなぁ

実は、密岩通り登山口を入ってすぐの登山道脇に、「岩ヒバ(岩マツ)の採取厳禁」って看板があったんです。
この写真の木は普通の松だと思うけど、こんな風に手の届く場所に、仕立てられた盆栽のように美しい姿をした木や、珍しい植物が生えていたりしたら・・・好きな人は思わず手が出てしまいそうになるかもしれません。
私も結構ミニ盆栽とか苔玉とかが好きなので、山歩きをしていて「わぁ~!」ってテンションが上がってしまうことも多いんだけど、やっぱり山で見る草木の美しさは、そこにあるからこそ際立つものなんだなぁと感じました。

さぁ、てっぺんからの眺めとはこれでお別れです。
下山といえど、初めて通る道。今度はどんな風景が私達を待っているんだろう?

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。