スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.11鐘撞堂山ひとり登山(1)

鐘撞堂山(330m/埼玉県寄居町)

ここ最近は山へ同行してくれる友達が何人かいたので、ひとり登山に出かける機会はありませんでした。
できれば単独行は避けたいと思っていた私にとって、それはとてもありがたいことでした。
気がおけない仲間達とお喋りしたり、一緒に景色を眺めたりしながら山登りするのはとても楽しいこと。
だけど・・・なんとなく、「たまにはひとりで登るのもいいなぁ」っていう思いもあったんです。

11月も終わりの週末、朝の下り列車は閑散としていて、まぶしいほどの陽射しが窓いっぱいに差し込んできていました。
うたた寝を繰り返しながら時折見上げる車窓からの景色は、背の高いビル群から住宅街へ、そして一面に畑の広がる里の風景へと移り変わっていきます。
広くなった空の向こうに立ち並ぶ山々のシルエットを眺めているうちに、懐かしい故郷へ帰るかのような、じんわりとした高揚感みたいなものに包まれていったんです。
今回の私のひとり登山は、そんな風にして始まりました。

ロングウォークちちぶ路参加以来の寄居駅に降り立った私は、駅前でトイレを済ませると、まず大正池を目指して歩き始めました。
町の道は複雑に入り組んでいて、手持ちの地図だけでは不安があったのですが、指導標がいくつも設置されていたので迷うことはありませんでした。

ここへ来て初めて気がついたのですが、この辺りは今がまさに紅葉真っ盛りのようです。
見渡す限りの山々が皆、赤やオレンジに染まっているの!!
民家が背負っている小さな山だって・・・ホラ。
辺りの山も紅葉・・・
わぁ~すごいっ!たまたまだけど、今日来れた私ってかなりラッキーだったんじゃないかな?
これからの私を待っているのは、期待以上の景色かもしれない。
私はひとり、ワクワクしながら進んでいきます。

やがて、「大正池」の看板が立つ、静かな池にたどり着きました~。
穏やかな水面が、紅葉と青空を鏡のように映しています。
紅葉を映す大正池
なんてキレイなんだろう・・・。しばらくの間、この景色に見入ってしまいました。

池のほとりには、こんなに立派な木も立っていましたよ~。
張り巡らされた枝が、今にも動き出しそうなほどの躍動感です。
池のほとりの木

大正池を後にしてしばらく舗装道を進むと、両脇を高い植林に挟まれた未舗装の車道になりました。
キレイな植林~

さらにこの先にある指導標に従って、いよいよ今回の目的地、鐘撞堂山の登山道に入ります。
初めは沢沿いだったためか、ぬかるんだ道が現れて一瞬ヒヤッとしましたが、それもすぐに終わって比較的歩きやすい道が続きます。
山側は土が削れて木々の根が露出していました。
わぁー!左の木、今にも落ちそうだよ!!頑張って・・・
木の根、頑張る!
ちなみにこの辺りの木には、なぜか健康食品(?)などのチラシが所々にぶら下げてありました(笑)

そこからさらに進んでいくと、辺りは突然竹林へと変わります。
無数の竹たちが覆いかぶさるようにして生えていて、まるで緑色のトンネルの中を歩いているかのよう。
竹林の中の道って、なんだかとても新鮮で楽しいですね~
この林、途中に竹炭工房があって、色々な体験ができるみたいです。
竹林のトンネル

そして竹林を抜けると、再び植林の中の道を登っていきます。
林の中を進みます
道はすごくしっかりしているし、分岐には指導標が完備されているのですごく分かりやすいです

やがて辺りの木々がまばらになって、その合間に真っ青な空が覗くようになりました。
見ると、右手の木々のすぐ向こうは草がちな斜面になっていて、そのてっぺんにはあずまやのような建物があるみたい。
もしかして、もうすぐ頂上なのかも!ワクワクしながらスパートをかけようとした私が、ふと木々の切れ間から右手後方を振り返ると・・・

「ええ―っ!!何これ――――っ!?


木々の切れ間に絶景が・・・


見渡す限り、一面の赤。紅葉の山々が遥か遠くまで続いていく景色。
何これ、嘘でしょ、信じられないっ!!
あまりの景色にびっくりしてしまって、心臓がばくばくと早鐘を打ち始めました。
だから「鐘撞堂山」って言うのかな(そんなわけない)。

こうして山頂への最後の階段を、早足で登っていく私。
最後の階段!
この階段、結構長くて息が切れるんだけど、そんなこともはや全く気になりません。
この一歩一歩が山頂に、あの景色に近付いていってるんだと思うと嬉しくて嬉しくて・・・

そして、鐘撞堂山山頂に到着―――っ

鐘撞堂山山頂

って、標識うすっ!!(笑)

山頂標識は意外と拍子抜けでしたが、大きく開けた展望には、もう「すごい」って言葉しか出てきません。
標高330mの軽いハイキングで、こんな景色が見えてしまうの!?うわごとのように「すごい」を連発しながら、私は左の端から右の端まで、何度も何度も目の前に広がる美しい光景を繰り返し見渡すのでした。

こんもりとした紅葉の森の向こうには、キラキラと輝くジオラマみたいな町並みがあって、
山頂からの町の景色

その右手には、真っ赤な海のようにうねりながら続いていく山並みがあって・・・。
真っ赤に染まる山々
そして真っ青な空には白い雲と、飛行船がぷかぷか浮いているの。

ねぇ、こんなこと・・・こんな景色ってあるの?こんなにも美しい光景って・・・。
山頂の賑わいも耳に入らぬまま、私はただただこの美しい世界の中に引き込まれていたのでした。

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.11鐘撞堂山ひとり登山(2)

鐘撞堂山登山、(1)の続きです。

見渡す限りに広がる秋色の山々と、キラキラ輝くジオラマのような町並み。
思いもかけない山頂からの絶景に、私はすっかり心を奪われていました。

ふと我に返って辺りを見回すと、多くの人たちがお弁当を広げながら、ワイワイ過ごしています。
そうだ、私もお昼にしよう
そして見晴らしの良い場所を見つけて腰を下ろすと、トランギア メスティンエスビット ポケットストーブでお湯を沸かしました。

ポカポカ陽気の中、絶景と共に味わうミルクティーは格別っ
絶景とミルクティー♪
このほか、持参したご飯とフリーズドライのマルちゃん まいたけスープで雑炊を作って食べました。簡単なのに美味しかったです

ひとり気ままにのーんびり、見上げれば青い空。
見上げると青空!
あぁ、すっごく幸せだなぁ・・・

こうしてしばらく山頂で過ごした私は、ようやく腰を上げて下山することにしました。
この絶景に別れを告げて・・・
紅葉に別れを告げて・・・

先ほどの階段を下りると、指導標に従って円良田湖方面へと進みます。
落ち葉が厚く積もった道はとっても快適
落ち葉の積もる道

こうして一気に標高を下げていくと、やがて道がコンクリート(?)の舗装道へと変わりました。
先ほどまで眼下に見ていた紅葉たちを、今度は見上げるようにして歩いていきます。
紅葉を見上げる

舗装されているとはいえ、辺りは一面に落ち葉が積もり、人の気配もない山の道といった雰囲気。
快適な舗装道歩き

辺りに響くのはヒヨドリの鳴き声と、すぐ脇を流れる沢の音、そして足元の落ち葉たちが鳴らす乾いた音だけでした。
今回の動画は、映像というより音声を聴いてみて下さい
静かで優しい沢の音です
[高画質で再生]
鐘撞堂山の沢の音
[広告] VPS

ふかふかの落ち葉の感触を楽しみながら、森の香りを胸一杯に吸い込んでみる。
顔を上げると、整然と並んだ植林の向こうに、キラキラと輝く紅葉の木々が私を待っていました。
とっても素敵な道

・・・なんか、泣きそうになった。
ひとりが淋しいから、じゃなくって(笑)、山って、自然ってなんて美しいんだろうって思って・・・。
確かにこの道は大自然の中って訳じゃない。むしろ「なんてことない道」って言えるのかもしれない。
だけど、今日これまでの経緯もあってか、その時ふいに強い感動を覚えたんです。

山は、私みたいな人間でさえも懐深く受け入れてくれて、時に優しく、時に厳しくありのままを見せてくれる。
なんてありがたいことだろう・・・。そんな風に思いながら、植林の先にある明るい雑木林に差し掛かった時、


紅葉のライトアップ!


あぁ・・・。
大きな紅葉の木が、太陽にライトアップされるようにして、燃えるような赤に包まれていたんです。
私はしばらく立ち止まって、この美しい光景をじっと眺めていました。

私にとっての「ひとり登山のよさ」、見つけたよ。
きっと誰かと一緒にいる時よりもずっと、自然や自分としっかり向き合うことができるんだ。
私が無性に単独行を欲したのも、きっとそういう時間を必要としていたからなのかもしれない。

これだけ美しいものを見せられたら、夕べ居酒屋で友達に吐き出していた悩み事なんて、全部吹っ飛んじゃうよね。(苦笑)

こうして私は登り始めた時よりも元気になって、どんどん先へと進んで行きました。
そしていったん車道に出ると、「五百羅漢 少林寺ニ至ル 登山口」と書かれた看板に従って再び登山道へ入ります。

後は下山だけだと思っていただけに、急な登り階段が延々と続くこの道は、かなりキツイーっ
少林寺への階段

息を弾ませながら階段を登り切ると、あずまやの建つちょっとした広場に出ました。
ここから少林寺まで、「千体荒神」の道を経由して下る道と、「五百羅漢」の道を経由して下る道の2つがあるみたい。
私は少林寺からまたここへ戻ってくるので、周回コースにしようとまずは「千体荒神」の道を選択しました。

ところで、「千体荒神」って何だろう?
その正体は歩き始めてすぐに分かりました。
こんな風に文字の刻まれた石碑たちが、ずらーっと道に沿って立ち並んでいるんです!!

これが千体荒神

こちらの道には人もほとんど入っていないのか、落ち葉がかなり分厚く積もっていました。
しかも、その下には岩がちな道が隠されていて、とっても滑りやすいです
石碑が延々と並ぶ、薄暗い九十九折れの道をそろりそろりと下っているうちに、背中にツーッと冷たい汗が伝っていくのを感じました。

ずらっと石碑が並んでいます・・・


こ、この道・・・ちょっと不気味すぎやしませんか!?

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.11鐘撞堂山ひとり登山(3)

鐘撞堂山登山、(1)(2)の続きです。

千体荒神の石碑がずらりと立ち並ぶ薄暗い下り坂は、九十九折れに延々と続いていきます。
落ち葉の下に潜む尖った岩や木の根に足を何度も取られながらも、ほんのりと漂う不気味な雰囲気に思わずペースが上がります
今日はトレーニングのつもりで登山用ステッキ(シナノ サントレース 3YS)を持ってこなかったのですが、ここばかりはあった方が良かったかも・・・。

こうして進むことしばらく、木々の合間に明るい光が射して、建物の姿が見えて来ました。
ホッ、助かった~・・・
そしてたどり着いたのが、ここ少林寺。
少林寺
もう少し時期が早ければ、真っ赤な紅葉に囲まれた美しい景色が見られたかもしれませんね
ここで一旦トイレを借りると、今度は五百羅漢の道を通って戻ることにしました。

千体荒神の道はかなり怖かったですが、五百羅漢はどうなっているんだろう・・・。
恐る恐る歩き始めた私はすぐに、こんな風景に出会いました!
五百羅漢

わぁ~、石像がいっぱい
ここからは先ほどの千体荒神同様、道に沿ってずらりと並んだ石像さんたちを見ながら登っていくことになりました。

でも、千体荒神の道のような不気味さは全くないんです。
だって、石像さんたちがすごくいい表情をしてるから・・・
にこやかな石像

こうして1体ごとに違うポーズや表情を楽しみながら進んでいきます。
少林寺を訪れる人のほとんどがこの五百羅漢の道を通っているみたいで、道も比較的歩きやすいです。
(千体荒神の道も、ちょっと怖い感じですが十分面白いですよ!)

この石像さんは、太陽を見上げながら祈りをささげているみたいだね
祈りをささげているのかな

私も暖かな陽射しを目一杯浴びながら登っていきます。
登ってます!

そして千体荒神との分岐のところまで登りきった私は、急な階段道を下り、車道へと再び戻って来ました。
ここからは車道沿いに円良田湖を右手に見ながら進むことになります。

途中、すぐ脇の藪から、ガサガサガサッ!!と何かが突然飛び出して来ましたっ
ビクッ!として身を縮めながらその"何か"の行き先を目で追うと・・・

飛び出してきた鳥

あ~っ!鳥だぁ。カワイイ~
この鳥、警戒心がさほど強いわけでもなく、私がカメラを構えて近付いてもこんな風にじっとしてました。
何ていう鳥だろう?カワラヒワかな?とその時は種類までは分からなかったのですが、家に帰って調べてみたら、「アオジ」って鳥みたいです(多分)。
去年の誕生日に知人から何故かもらった本、「野鳥」がまさかこんなところで役に立つとは(笑)

円良田湖はとても静かな湖で、釣堀やボートなどもありました。
向こうに連なる山々の紅葉を受けて、湖全体がまぶしいオレンジ色に染まっていたの。
本当にキレイだなぁ
円良田湖

こうして私は湖を後にして、車道沿いを下っていきます。
いくつかのカーブミラーを見送ると、こんな横道が。
「かんぽの宿 寄居」への分岐
私のこれからの行き先、「かんぽの宿 寄居」はこの横道を入るようなのですが、指導標がこっそり立っていてちょっと見落としやすいんです
たまたま何気なく右後方を振り返った時に、指導標を見つけました。危ない危ない・・・。

ここからは落ち葉の積もる、静かな山道へと変わりました。
沢の音をBGMに、快適にペースを上げていきます。
沢沿いの裏道を歩きます
というのも、「かんぽの宿 寄居」で立ち寄り温泉に行くつもりなのですが、送迎バスの時間に間に合えば寄居駅まで無料で送ってもらえるの
温泉にしっかり浸かる時間も確保したいので、逆算すると・・・ちょっと早足で行かなければっ

もうすぐゴール!

道は歩きやすく、余力も十分だったので、予想タイムを大きく縮めて「かんぽの宿 寄居」に到着~。
かんぽの宿 寄居

早速温泉に入ったのですが・・・ここはすごいっ。
最上階である6階に浴場があって、天然温泉の内湯・露天風呂ともにこれまで歩いてきた山並みが広く展望できるんです
(・・・ってことは、向こう側からもこのお風呂が丸見えだったりして
いや~、極楽、極楽
こうして温泉で疲れと汗を流した私は、送迎バスで寄居駅へと帰っていくのでした。

今回は変化に富んだ道々にワクワクして、紅葉真っ盛りの絶景に心打たれて、温泉で癒されて・・・。こんなにも贅沢な1日を過ごしてしまって申し訳なくなるぐらいでした
決して単独行を熱烈に勧めるわけではないし、1人では行ける山も相当限られてしまう(私の場合は)けれど、私にとって今回のひとり登山はすごく意義のあるものだったと思います。
私のとっておき登山コースに、今回のコースが加えられたことは言うまでもありません。
鐘撞堂山さん、ありがとう

※今回のひとり登山(セルフ写真の撮り方とか)は、山と渓谷 2009年 11月号 [雑誌]を参考にさせて頂きました~。
・・・とはいえ、三脚を持っていかなかったので、まともに自分が写っていないのはご愛嬌(苦笑)


【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
寄居駅(10:42)→大正池(11:15-11:25)→鐘撞堂山登山口(11:38)→竹林(11:44)→鐘撞堂山山頂(12:01-13:01)→少林寺に至る登山口(13:29)→五百羅漢・千体荒神分岐(13:35)→少林寺(13:46)→少林寺に至る登山口(14:05)→円良田湖(14:08)→「かんぽの宿 寄居」への分岐(14:20)→かんぽの宿 寄居(14:32)
◆周辺の天気予報
埼玉県大里郡寄居町桜沢周辺のYahoo!天気

◆水場とトイレ
トイレは寄居駅前にキレイなところ、大正池横に簡易っぽいけど汚くはないところ、少林寺にキレイなところがあった。
水場はなかったような(沢はいくつも通ったけど)。駅から大正池までの間にコンビニがあったのでそこまでの間に調達するのが無難かも。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。