スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.01石割山登山(1)

石割山(1,413m/山梨県南都留郡)

今回のルートマップはこちら(ルートラボ)

今回同行の友達にとって、これが今年の初登り
せっかくだから、富士山を間近に見ることのできる山に行きたいね!と、富士山周辺の山へ登ることにしました~。

ところが、ここで浮上してきたのが雪の問題。
登山道の積雪や凍結についてはもちろん、当日はノーマルタイヤの車で移動する予定だったので、登山口までの道路状況も確認して行き先を検討する必要が出てきました
そこで私達は手分けをして、役場へ問い合わせたり、インターネットや図書館で情報を集めたりして、なんとか前夜までに今回の石割山登山の計画をまとめたのでした。
結論からいうと、事前に細かく調べたお陰で、登山口までのアクセスもスムーズでしたし、選んだコースも本当に素晴らしくて、大満足の登山となったのでした

それでは、私達と富士山の長い1日のお話、始まり始まり~


その朝、私達は山中湖畔の通りへ車を走らせていました。
当初は道の駅富士吉田辺りに車を停めて、バスに乗り換えるつもりでしたが、山中湖観光情報ホームページの道路状況によれば、もう少し先までは雪がなさそうだったんです。
「あれっ、意外と雪がないよね。このまま登山口のある平野まで車で行けちゃうかも!?」
そんなことを友達と話しながら進んでいたら、途中からあっという間に路面は雪だらけになってしまいました
慌ててUターンして、ホテルマウント富士近くにある湖畔の無料駐車場まで戻ることにします

日の出の時刻まではあとわずか。
すると、オシャレな雰囲気の町並みの向こうに、驚くほど大きくて、ピンク色に染まった富士山が唐突に姿を見せました。
町の向こうに富士山が・・・
遠近法なんてまるで関係ないかのような大きさに、思わずぎょっとさせられます。
そこにあるのは山であって山ではない・・・単なる「山」という存在を超えた「何か」であるように感じました。

無事に湖畔の駐車場へ車を停めることができた私達は、そこで山中湖越しに昇っていく朝日を眺めました。
山中湖から日の出を見る

歯の根が合わないほどに凍りついていた空気が、陽射しを受けて少しずつ緩んでいきます。
登山を始めてから強く感じるようになったけど、太陽って、本当にあったかいんだなぁ・・・

湖畔の鯉カップルも、朝日を浴びて嬉しそうです(笑)
湖畔の鯉・・・?

そろそろバスの時間が近付いてきたので、私達はそこからすぐのところにあるバス停へ移動します。
そしてほどなく、やってきた循環バス(ふじっ湖号;富士吉田駅~山中湖を周回するバス)へと乗り込みました。
うん、順調順調

私達2人だけを乗せたバスは途中で止まることもなく、湖畔をぐるーっと回り込んで平野のバス停へとたどり着きました。
バスを降りると・・・わぁぁぁぁ―――っ!!

平野バス停は、一面の雪!

一面の雪っ!!

まっさらな白いじゅうたんに足を下ろすと、薄く積もった雪がギュギュッて小気味良い音を鳴らします
わぁぁ~楽しいっだけど、山の上もこんな風に雪が積もってるのかなぁ・・・?
わくわく半分、不安半分を抱えて、歩き始めた私達。
真っ白な舗装道を歩きます

ここからは轍の残る真っ白な舗装道を20分ほど歩くことになるのですが、全く退屈することはありませんでした。
今までの登山では、足元がこんなにまぶしい道を歩いたこともなかったし、霜柱のざくざく感は知っていたけど、こんな風にギュッギュッって歩く感覚は初めてだったんです
思えば、一年前は仕事が忙しくて、山に全然行けてなかったんだ。雪の上を歩くのがこんなに楽しいなんて、知らなかったなぁ
こうして、石割山登山口となる鳥居の前に到着!
登山口に到着!

さぁ、ここからも張り切って行こう~

・・・ん?



なっ・・・・なに、あれ・・・・・・・・・



なにこの階段!?



目もくらむほどに延々と続いているこの石階段、特撮か何かですか―っ!?


予想外にハードな進路を前にして、開いた口のふさがらない私・・・。
と、とにかく行くしかないよねゆっくりとその石段に足をかけます。

それからはひたすら登って、登って・・・。まだまだ登って・・・・。
それでも空へ、空へと延びていくその階段は終わることがありません。
きつい・・・・ぎづいいいいいいい・・・
さっきまでの楽しい雪道歩きはどこへ行っちゃったの~っ!?

まだまだ終わりません・・・

だけどね、
「まるで私、修行してるみたい。いや、プロ野球選手の新春トレーニングかも!?」
そんな風に思ったら、なんだかおかしくて、思わずひとりニヤニヤしてしまいます
すぐ脇に茂る笹の葉っぱが、お砂糖みたいな雪の結晶をうんと積んで重たそうにうなだれる姿とか、そういうものにも励まされながら、ゆっくりと着実に登っていきました。
雪を乗せた笹の葉っぱ

そして、「よーし、階段終わったー!」って思ったらその先にまだ続きがあったりしつつ、何とか全ての階段を登り切ることができました
階段を登り切りました~
ちょうといいところにあずま屋があったので、そこで1枚服を減らし、登山用スパッツ(PuroMonte ゴアテックスショートスパッツ)を着けました。

さぁ、ここからはいよいよ山道だね。
私達は、薄暗い林の中に浮かび上がる白い道に導かれるようにして、進んでいきます。
林の中へ・・・

この辺りの道はうっすらと雪を纏っていましたが、所々で雪がなく土が露出した箇所も現れました。
今のところ凍結しているところはなさそうなので、とっても快適です

すぐに、木々がまばらになって視界が開けてきました~
まさに快晴!
「わ、すごい。『雲ひとつない青空』ってやつじゃない?今日。」
「あーっ!ホントだ!!ええーやばいよ、どうする?この天気ーっ!!」
もうテンションは最高潮

山頂で、富士山、待っててくれるかな。
私はどんな顔して、富士山に会ったらいいだろう。

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.01石割山登山(2)

石割山登山、(1)の続きです。

私達は真っ青な空の下、所々薄い雪に覆われた登山道を進んでいきます。
青空の下を進みます

そして、ちらりと覗く山中湖や富士山の姿に歓声を上げたり、桂の御神木のごつごつとした幹に圧倒されたりと、道中の色んなものを楽しみながら、八合目にある石割神社までやって来ました~。
そのご神体が、この大岩。

石割神社ご神体

うわぁっこれはすごい
それはそれは大きな岩が、パカッと見事に割れているんです!
どうやらこの大岩が「石」の字みたいに割れているところから、「石割」山の名前が付けられたのだそう。
そして、この岩の割れ目を時計回りに3回通り抜けると、運が開けるんだって
早速私達も開運奇岩・・・もとい、開運祈願といってみよう

こうしていざ割れ目の前に立ってみると、かなり狭いことが分かります。
この隙間を通ります!
解説版には幅約60cmって書いてあったんだけど、なんだかもっと狭い気が・・・
途中で詰まって動けなくなったら恥ずかしいなぁなんて思いながら進んでみると・・・

あっ、意外と大丈夫でした(笑)
意外と大丈夫そうだね

私ってこういう岩の隙間を見ると、こんな風にはさまってみたくなるみたい。
ブログには載せてないけど、アメリカのヨセミテ国立公園瑞牆山燕岳でも似たようなポーズで写真撮ってました(笑)

こうして無事3周し終えた私達は、ザックを背負い直して再び山頂へと向けて歩き始めます。
それからの道も、雪が現れたり、消えたりしていました。
いよいよ勾配もきつくなってくると、こんなロープ場も現れましたよ~
ロープもありました

そんな時、ふと足元の霜柱に目が留まりました。
「わぁ、何これ!?すっごくキレイ~
霜柱がキレイ!
それはあまりにも繊細で、透き通っていて、私がいつもざくざくと踏み鳴らすものとは全く別のもののように思えました。
きっとこの山がたたえる水は、ものすごくキレイなんだろうなぁ

こうしてしばらく、足元の霜柱に夢中になっていた私。
ふと顔を上げて友達の後ろ姿を目で追うと・・・彼のすぐ前には大きな青い空が広がっていました。

あれっ、登山道の先が見えない。それに、空があんなに近いよ?
ってことは、もしかして・・・

慌てて彼の後を追った私がその1分後に見たものは、想像を絶するほどの光景でした。


石割山からの富士山


ふ、富士山だぁぁぁぁ―――っ!!
すごい、すごい!!足元からてっぺんまで、ぜーんぶ見えてるっ

そして、富士山の裾野を追って右方に目をやると、そこには真っ白な雪をかぶった壁のような南アルプス(かな?)の山並みが・・・。
南アルプスかな?
地上から連れてきた胸の中のモヤモヤも、スカーっと蒸発してしまうほどの大絶景です

動画も撮りましたので、観れる方はご覧下さい
[広告] VPS

あまりの景色にしばらく我を忘れて見入ってしまったけれど、ここが石割山の山頂です!
石割山山頂

あぁ、なんてところに来てしまったんだろう。なんて景色なんだろう。
テンション振り切ったまんま、富士山と2ショット写真を撮ってみたりして。(苦笑)
富士山と2ショット

それじゃぁ、せっかくだから富士山を眺めながらの山ごはんにしよう
今回はプリムス114ナノストーブスノーピーク ソロセット“極”チタンで、パスタを作ります。
山ご飯作り中~♪
このパスタ、乾燥した麺にトマトソースのパウダーがまぶしてあって、しばらく煮詰めて水分を飛ばすとトマトソースパスタになるっていう便利なものなの。
麺を入れて茹で始めると、風下にいた友達がこんなことを言いました。
「おっ、トマトソースのいい匂いがする~
「・・・あっ、本当だ!なんだか美味しそうだねぇ

こうして、先に作っていたおしるこをすすりながら待つこと数分。
今度は友達が言いづらそうに、ぼそっとつぶやきました。
「あのさ・・・。なんか、焦げてるっぽい・・・」
「え"!!うそっ

慌てて底の方を混ぜてみると、底面に接した麺が数本、焦げ付いてしまっていました~
あぁー失敗・・・。やっぱり火力も強いし、チタン鍋だし、焦げ付きやすかったのかも。
それでも、焦げ付いた数本の麺以外は見た目普通のトマトソースパスタになっているみたいだよ

というわけで、焦げた部分をよけて食べ始めたのですが・・・
「なんか・・・煙の味しかしないね・・・
「うん、トマトはどこへ行ったんだろうね・・・

こうして富士山の雄姿を眺めながら、黙々と煙を食べる私達なのでした

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.01石割山登山(3)

石割山登山、(1)(2)の続きです。

石割山の山頂で、ちょっと失敗作の山ごはんをゆっくりとたいらげた私達。
最初は5、6組はいたかと思われる登山者たちも次々に山頂を発っていき、最後には私達2人だけが残されました。

静かな静かな山頂で、私は遮るもののない富士山の全景と向き合います。
富士山と向き合います
「やっぱり、美しいなぁ・・・。」

どんなに遠くから見ても、ほとんどの日本人がすぐにそれと分かる山。
山に登る人にとっても、登らない人にとっても、富士山は「山」である以上の特別な存在なんだと思うの。
さらに、私自身は昨夏に登頂を果たしたことで、より心の距離が近付いたというか・・・ある種の親しみのようなものを抱いていたんです。

それが、年の暮れに起きた大きなニュースによって、私の心はぐらぐらと揺れました。
今私が見ているのは、つい最近、2人の尊い命を呑み込んだ山なんだ。

この年末年始の山行で、私が富士山の見える山にこだわった理由・・・それは空気が澄んで富士山がキレイに見えるからでした。
だけどそれだけじゃなくって、あのニュースを受けてから、私にとっての富士山を、富士山への想いを、どういう風にとらえたらいいのか・・・そんな迷いが生じたから。
それを富士山に会って、確かめたかったからでもあったのでした。

左の斜面には雲が・・・
白く輝く富士山の左斜面には、まるで雪煙のような雲がもくもくと湧き上がっているのが見えます。
こんなに美しく見えているけれど、もしあの場所に立っていたら世界は全く違うのかもしれないなぁ。

富士山に限らず、やっぱり山は怖いよ。本当に怖い。
だけど、そんな恐ろしさや厳しさと共にあるからこそ、山には息をのむほどの美しさや、心を震わせるほどの感動があるんだろうな。

私が山を想う時、そこにあるのはきっと「恐れ」よりも「畏れ」なんだ。


・・・さぁ、ここから先も長いよっ!そろそろ出発しよう
私達は石割山山頂を後にして、富士山へと向かってのびていく登山道を歩き始めました。
石割山を後にします!

・・・がっ!!ここの下りが思いっきり凍結してるしっ
早速、凍結・・・
幸いさほどの距離はなかったので、慎重に足場を探しながらなんとか下ることができましたが、もう少し凍結が進むと結構危ないかもしれませんね~

ここからは、開けた尾根道を快適に進んでいきます。
これまで同様、雪はあったりなかったりですが、さっきよりは雪の量が増えてきたかな?
すっかり雪道です

ほどよく踏まれた雪が、足元でギュッ、ギュッと鳴いています。
あぁーこの感じ、なんて楽しいんだろう!今までにない新鮮な感触に、テンションが上がります。
今冬はスノーシュートレッキングにもチャレンジしてみたいなぁ

やがて、ベンチの置かれたちょっとした広場のような場所に出ました~。
富士山の見晴らしも抜群のここが、平尾山の山頂です
平尾山山頂

石割山より少しだけ富士山に近付いた平尾山からの眺望は、山中湖も良く見えるようになってきて、本当に素晴らしいの

動画を撮りましたので、観れる方はどうぞご覧下さい
[広告] VPS

富士山と山中湖の手前に、なだらかなふたこぶの稜線が見えています。
これから私達は、この道を進んで行くんだね。楽しみっ
平尾山を後にして・・・

こうして、富士山へと少しずつ近付いていく山旅が始まりました~
あの稜線を越えた向こうへ、早く行ってみたいなぁ。
富士山へと続く稜線

しかし、ここからの道は意外とアップダウンが多くなってくるのでした・・・。
階段もなかなか歩きづらいです
階段は結構きついです・・・

でも・・・ホラ。こんなに素敵な景色。
山中湖と富士山が見えてます!
こうして、ほとんどずっと富士山を目の前に見ながら進んでいくの。
一歩進む度に違う景色が見えるような気がして、私は何度も何度もシャッターを切りながらゆっくりと歩いていきました。
というわけで、同じような写真ばかり載せることになってしまい、ごめんなさい

鏡のように空を映す山中湖。少しずつ大きく、大きくなっていく富士山の姿。
なんて素敵な道なんだろう

そんな小さな幸せを、ギュッ、ギュッって踏みしめながら歩いていきます。
何度見上げても、そこにある富士山はやっぱり、日本一の美しい山なのでした。

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。