スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.01富山ひとり登山(1)

富山(350m/千葉県南房総市)

今回のルートマップはこちら(ルートラボ)

天気予報に、この時期としては異例の高い気温が並んだある平日。
その早朝、私は高速バスの車中にいました。
向かう先は、職場・・・ではなく、千葉房総!
有給を使っての、平日ひとり山歩きが始まりました~


ビジネスマン数人が乗るばかりのがらんとしたバスの中で、私はずっと車窓からの景色を眺めていました。
お台場の空が赤く染まっていき、レインボーブリッジや立ち並ぶビルたちが黒々と浮かび上がります。
車窓からのお台場
街が、動き始めた。
これから大勢の人たちが、それぞれの職場へ向かっていくんだろうな。
そんな時に山へ向かっている私は・・・。平日の山行には、いつもほんのりとした後ろめたさと、それ以上のわくわく感が同居しているのでした。

それから、驚くほど大きな太陽が海から上がってくる様子を眺めているうちに、バスは終点の君津駅へと到着~。
車窓からの朝日

そこからは電車で、今回のスタート地点である岩井駅へと移動しました。
駅前で地図を確認して、いざ出発
登山口まではしばらく、舗装道路を進んでいきます。
岩井駅からスタート!

「千葉には山がない」
そんな風に言われることが多いけど、周りに高いものがないせいか、目の前の山並みがとても立派な山脈のように見えます。
私が今日登る富山は、あの中にあるのかなぁ?
その時ちょうど向こうから地元の方が歩いていらっしゃったので、道を確認することにしました~。

「すいませーん、富山の登山口って、この道まっすぐでいいんですか?」
「ああー、そうだよだけど、距離あるわよ~
「ええっ、結構歩きますかね・・・?」
「歩くね~でも若い人なら大丈夫気をつけていってらっしゃい!
「はっ、はい!ありがとうございます
その方がキラキラした満面の笑みで答えて下さるので、私も何だか嬉しくなって、思わず笑顔になってしまいます
笑顔って伝染するなぁ。

こうしてしばらくぽかぽかした心を抱えて歩いていくと、福満寺と書かれた指導標にぶつかりました。
そこを左に入って坂を登り切ると、そこが福満寺。
トイレの横には、「富山登山者の方へ この杖を、ご自由にお使い下さい」と書かれた張り紙があって、杖が沢山置いてありました。
わぁ、すごく親切だなぁ私にはマイ杖(シナノ サントレース 3YS)があったので、そのまま進みます。
福満寺横の水仙の道
「いってらっしゃい!気をつけて!」
そんな風に水仙たちが見送ってくれているみたい

やがて、道は整備された山道になりました。
意外と急ですが、道標は多く整備されているので道迷いの心配は少なさそう。
いよいよ登山道

そして、こんな標柱もありましたー!
1合目の標柱
わぁ、1合目。なんだか富士山に登った時のことを思い出すなぁ

平日の朝だからか、辺りには人の気配はありません。
私は落ち葉の積もった、広い登山道を快調に登っていきます。
落ち葉が積もる道

そして、2合目を過ぎ、3合目を過ぎ・・・
その時突然、目の前に信じられない光景がぱぁっと広がったんです。



「え・・・・・・何、コレ・・・・・・。」



一面のお花畑!



さんさんと降り注ぐ朝の陽射しの中、見渡す限りに広がる濃緑の海。
その至るところに、まるでイルミネーションみたいな白い光が、無数に揺れていたんです

なんとこれ、ぜーんぶ水仙だったの!!
水仙がいっぱい

確かにこの地域では、水仙の花が有名だってことは知っていたし、ここまでの道でも道端にそっと咲いている様子は何度か目にしていました。
それがまさか、富山の中腹にこんなところがあったなんて・・。

水仙畑の中には、いくつもの通路が設けられていて、訪れる人が散策できるようになっていました。
その中へそっと入っていくと、まるで何かの意志に導かれるかのように、水仙たちが一斉にゆらゆらと揺れるのでした。
私、天国にいるんじゃないだろうか・・・。
水仙畑の中へ・・・

こうしてしばらく、私はふわふわとした気持ちで水仙畑の中を漂った後、再び登山道へと復帰しました。
元気チャージ、OK!それじゃ、頂上目指して頑張ろうっ
そこからの道も、とても良く整備されていました。
整備された登山道
きっとさっきの水仙畑は、地元の方が一生懸命に手入れをして作ったものなんだろうな。
そしてこの登山道も・・・。ありがたいなぁ、本当にありがたい
私は辺りの景色を楽しみながら、1歩1歩を大切に、大切に登っていきます。

すると、登山道のすぐ脇に、こんなかわいらしい植物を見つけました~!
かわいい葉っぱ!
分厚くて、丸っこい葉っぱたちが木の幹にいっぱい張り付いて、みんな思い思いに「のぼり」を立ててるのっ
うんうん、かわいいなぁ

登山口からここまでの道は、思ったより急な登り坂や階段が続いたりもしたのですが、こうしてあれこれと寄り道しながら楽しく登ってくることができました。
さぁ、山頂まではもうすぐだね。ここから先はどんな風景が私を待っているんだろう?

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.01富山ひとり登山(2)

富山ひとり登山、(1)の続きです。

中腹の水仙畑から階段道を登っていくと、視界が一部開けた場所があって、ベンチが設置されていました。
そこで一息入れて、再び登り始めることしばらく。今度は大きな杉の木にぶつかりました~。
仁王の杉とベンチ
「仁王の杉」と書かれた小さな札がかけられています。うーん、立派だなぁ。

ちょうどこのお向かいに、石段がのびていました。どうやらここを上がると富山の南峰に着くみたい。
なんだけど・・・どうやらこの辺りは今工事中のようで、石段の前に「関係者以外立ち入り禁止」ってポールが立てられていたの。
ただ、そのポールの横には簡易のハシゴのようなものが設置されているんです。
「うーむ・・・この石段は真ん中を通っちゃいけなくて、端っこのハシゴならいいのかな?」
そんな一休さんみたいなことを考えながら(笑)、ひとまず南峰は後回しにして先に北峰を目指すことにしました!

少し歩くと工事用の車両が数台停まっているところに出ました。足元にはゴムマットが敷き詰められています。
ゴムマット道!
誰もいない山道を登って、山中のオアシスみたいな水仙畑を見てきた私にとって、「山頂が工事現場」というのはちょっと拍子抜けでしたが、まぁ、そんな日もあるよね~
「ゴムマット登山道」なんて初めてだったから、ちょっと面白かったかも(笑)

そして、「里見八犬士終焉の地」と書かれた標柱の立つ、とてもキレイなあずま屋に出てきました~。
ここからはかなり視界が開けて、木々の枝の上から青い海が望めました

わぁ~、すごい景色っ
再びテンションUPした私は、ペースを上げて北峰へと歩を進めます!

そして・・・
林の中の古い祠の奥に、山頂標識がありました!
富山山頂!
富山山頂、到着ですっ

ここは木々に囲まれていて眺望はないのですが、そのすぐ脇に明るい広場がありました。
展望広場

「うわぁっすっごい景色――っ
辺りの視界が大きく開けて、胸がスカーッとするような景色が広がっています。
私はもっとよく景色を見るために、展望台の上へと駆け上がりました。

キャ―――――ッ!!!
山頂からの見晴らし

なにこれ!なんなのこれ!すごいよ、すっごい景色!!
標高350mの山頂から、こんなにも素晴らしい世界が見渡せるなんて。
予想以上の素晴らしい眺望に、もう1人で大騒ぎです(笑)

ホラ、海も見える。海沿いの町ののどかな風景も見える。南房総の景色が一望できるっ。
海も見える!

それから空には雲が流れて・・・なんだか左上の筋みたいな雲が、文字に見えてこない?
空に「そら」
私には「そら」ってひらがなで書いてあるように見えました
青い空に、雲文字の「そら」。面白いなぁ~!

展望台には、そこから見える景色の説明が書かれていました。
ここからは富士山も・・・
この方向には富士山が見えるんだね。今日は気温が高いせいか、遠くは霞んでしまっているのが残念。

こうして展望台からの景色を思う存分楽しんでいた私でしたが、実はこの時、大きな問題に直面していたのでした。
それは少し前、山頂直前辺りから薄々気付いていたことなのですが・・・


風、強――いっ!!!!


山頂まではずっと林の中だったのでさほどでもなかったのですが、遮るもののない展望広場には、思わずよろけそうになってしまうほどの強風が吹き荒れていたんです

山頂動画、カメラのブレ具合とマイクが拾ったゴーゴーという音で、風の強さがお分かり頂けるでしょうか・・・。
[広告] VPS

この間、2組ほどの登山者が山頂を訪れたのですが、あまりの風の強さにそそくさと退散していきました。
残されたのは、私1人・・・

それでも!山頂での時間を満喫しちゃうもんねっ
展望台を下りた私は、比較的風の影響を受けにくい低木の陰にあるベンチへと移動しました。

今回は「山頂で優雅な飲茶を楽しむ平日」がテーマだったので、前夜に作って半冷凍しておいたエビ蒸し餃子を持ってきていたんです
そして自作のすのこを使ってトランギア メスティンを蒸し器化してみましたっ
エビ蒸し餃子のできあがり
これが意外と使えるんです。ホラ、ちゃんと蒸しあがってるでしょ?
エスビット ポケットストーブに点火するのに、10分ぐらい風と格闘したのはここだけの話ね。(苦笑)

そして、これまた持参した中国茶器で「黄金桂」っていう中国茶を入れました~。
山頂飲茶セット☆

よしっ、これで準備はOK私は計画通り、山頂で飲茶を優雅に楽しみます・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

風吹きすさぶ展望広場の端っこで低木と向かい合い、レジャーシートに正座しながらベンチに置かれた飲茶セットを頂く女子1名。
その後ろ姿を見て、どこの誰が「優雅だなぁ」などと思うのでしょうか・・・(苦笑)
「何かの罰ゲーム?それとも修行?」そんな声が風に乗って聞こえてきそうなものですが、この時私は確かに、「ホント何やってるんだろうな~、私って。」なんて思いながら、当初の計画とは違った意味で、この飲茶タイムを楽しんでいたのでした(笑)

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.01富山ひとり登山(3)

富山ひとり登山、(1)(2)の続きです。

山頂の展望広場を吹き荒れる強風の中、ひとり罰ゲーム・・・もとい、「優雅な飲茶タイム」を楽しんでいた私
目の前は植え込みなのでせっかくの景色が見えないのですが、そんな私を気遣ってか、隣で水仙の花がふわふわと揺れるのでした。
広場の片隅に咲く水仙の花

さて・・・。お茶も飲み終わったことだし、そろそろ引き上げようかな。
私は荷物をまとめると、先ほど通過してしまった南峰を目指して歩き始めました。
南峰へ戻ります

里見八犬士終焉の地の展望あずま屋を越えて、ゴムマット道を歩き、再び仁王の杉の前まで戻ってくると、今度は向かいの階段をのぼります。
簡易のはしごが揺れる・・・
どうやら石段の部分は通行禁止なんだけど、脇に設けられたハシゴは通っていいみたい。
だけど、さすが簡易設置のものだけあって、足を置くとガシャッ、ガシャッと不安定に揺れるんです。

手すりにしがみつきながら何とかのぼりきると、そこは静かな広場になっていました。
辺りにはいくつかの祠が点在していて、いい雰囲気
階段上の静かな広場

こちらは、木に抱かれるようにして立つ苔むした祠。すごく歴史を感じますね~
古い祠もあります

この広場の上にもう1段登れそうなところがあったのですが、現在そこが工事現場のようなので今回はここまでとして下山することにしました~。
(※この工事、富山デジタルテレビ中継放送所建設工事だそうで、平成22年3月31日まで行われる予定とのことです)

私は再びガシャッ、ガシャッと揺れる階段をヨボヨボ下りまして・・・
仁王の杉の前から、再び北峰方面へ向かって少し進み、「伏姫籠穴」方面の登山道へ下ることにしました~。
今回私が歩いたコースだと、やはり北峰に行く前に南峰に寄っておいた方が効率的に回れそうですね。(今更だけど・・・

こうして下り始めた登山道、行きに使った福満寺からの道よりもさらにキレイに階段が整備されている印象でした。
伏姫籠穴方面への下り
「伏姫籠穴」まで車で入れるみたいなので、こちらの道から登ってくる方々の方が多いみたいですね。
でも意外と階段は急かも。途中休み休み登ってこられる観光客の方々とも数組すれ違いました~。

登山道としてはこちらの道の方が短いのかな?途中に水場らしきところも通りつつ、あっけないぐらいすぐに舗装道路へと出てきました~。
舗装道路
ここからは、この舗装道路をてくてく歩いていきます

ガードレールの向こう側は深い谷になっていて、驚くほど緑の濃い森が広がっていました。
緑が濃い!
海のイメージが強い南房総ですが、こんなに山深くて自然の豊かなところでもあったんですね~

そして、キレイな白壁が見えてきたと思ったら、ここが「伏姫籠穴」の入り口みたいです。
太陽の照り返しがまぶしくて、写真では白とびしちゃってますが・・・
伏姫籠穴の入口

なんだかとっても興味を引かれる名前だし、せっかくだから寄っていこうと思ったんだけど、案内図を見たら、この入り口からかなりの距離を歩いていくような感じだったんですっ
こ、これは厳しい・・・。というわけで、今回はあえなく断念となりました

ここからは再び舗装道路を下り、やがて行きに通った道と合流すると、強風によろめきながら駅を目指しました。
まだか、駅はまだか・・・。行きよりも遥かに遠く感じる道のりを経て、ようやくスタート地点の岩井駅へと到着!
駅前では大きな水仙が出迎えてくれましたよ~
岩井駅

実は私、この後もうひとつ別の山へ登る計画を立てていたんです。
ところが、その山へ向かうための電車を調べてみたら、1時間待ちだということが分かりました
そこから乗り継ぐ予定のバスも、接続がうまくいかないみたい。
どうしよう、日没までに下山できるだろうか・・・。バスじゃなくてタクシーを使えば間に合うかな・・・?
あれこれ頭で時間を計算しながら待合所のベンチに腰を下ろした私に、隣に座っていたご年配の女性が声をかけてきました。
「あら~、一人で山に登ってきたのかい?」
「えっ?あ、はい。富山へ。」
「へぇ~、そりゃすごいねぇ。あの山にはな~んにもないでしょう
「はい。だけど、キレイな水仙畑がありましたよ~
「そうかい、そうかい。それは良かったねぇ。このあたりにもた~くさん水仙が咲くんだよ
「やっぱりこの辺りはあったかいですかぁ~。」
「あったかいよ~昔はここでも雪が積もったものだけど、最近は雪なんか見ないねぇ~。」
こうして少しお喋りした後、その女性は駅前にやってきたバスへと乗り込んでいきました。
その後ろ姿を見送りながら・・・、私はなんだか、次の予定がどうでも良くなってきていました。

風はちょっと強いけど、あったかいこの房総でさ、
あったかい人たちとこうしてお喋りしてさ、
のーんびりと動く電車があってさ、
そんな中で、私はどうしてせかせか時間と戦う必要があるんだろう?って。
自分の中の時刻表も、内房線ぐらいゆとりを持ってもいいんじゃないかな?って。

さーて、道の駅にお土産でも買いに行こうかな~。
私はえいやっと待合所のベンチから立ち上がり、観光案内所でもらった地図を片手に再び駅を後にしました。

相変わらずの強風には閉口したけれど、山では見かけなかった菜の花畑なんかも見ることができましたよ~
菜の花畑
こうして道の駅で地元のお土産を沢山買い込んで、私はのんびりと帰路に就いたのでした~。


「観光」ではなく「登山」としては初めての千葉進出となった今回の富山。
「千葉には山がない」・・・確かに高山と言われるような大きな山はないけれど、素晴らしい眺望と豊かな自然、色とりどりのお花たち、それから地元の人たちとの温かい交流を楽しめる、素敵な低山があることが分かりました!
きっと広い千葉には、もっと沢山の素晴らしい山があるんだろうな。
「千葉にはいい山がいっぱいあるよ!」
いつかそう言えるように、これからも千葉の山に沢山お邪魔したいと思います

最後に、駅のホームで見かけた看板を。わぁ、素敵だなぁって思ったので載せておきますね
自然保護憲章

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
岩井駅(8:44)→福満寺(9:12)→一合目(9:21)→二合目(9:31)→三合目(9:33)→水仙畑(9:34)→仁王の杉(9:57)→里見八犬士終焉の地の展望あずま屋(10:04)→富山(北峰)山頂(10:10)→展望広場(10:12-11:20)→仁王の杉(11:31)→南峰の一段下の広場(11:32)→伏姫籠穴方面登山道へ下山(11:38)→舗装道路に出る(11:47)→伏姫籠穴入口(12:01)→行きに通った車道に出る(12:15)→岩井駅(12:31)

◆周辺の天気予報
千葉県南房総市市部周辺のYahoo!天気

◆水場とトイレ
トイレは岩井駅と福満寺、伏姫籠穴には水洗トイレ、北峰山頂手前(あずま屋の辺り)に簡易トイレが2つある。かなり充実!
水場は山頂から伏姫籠穴へ下る途中に水場らしき場所があったけど、飲料用かは不明。駅周辺で調達しておいた方がいいかもしれない。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。