スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.04般若山~釜ノ沢五峰(小鹿野アルプス)登山(3)【釜ノ沢五峰編】

般若山~釜ノ沢五峰(小鹿野アルプス)登山、【般若山編】(1)(2)の続きです。

般若山登山を終えた私たちは、続いてもうひと山・・・いや、もう5山というべきか?(笑)「釜ノ沢五峰」の周回登山へと出発しました!
スリリングな橋

このコースは、登山口ともなっている長若山荘のご主人が個人で整備されたものなのだそう。
最初に道を作るだけじゃなくて、継続的にメンテナンスもしていかないといけないんだもん、それって本当にすごいことだよね。感謝して登らせてもらおう

ほら見て、指導標も味があってすごくかっこいいの!
スーコ山?
一瞬、「左方向は『スーコ山の若殿』?」と本気で読み間違えた私。(笑)

登り始めてすぐに、ご年配の男性が何か作業をされていたので挨拶をしました。
すると、何とその方こそ、長若山荘のご主人ではありませんかっ!!

ご主人はお話好きな方のようで、色んなお話をして下さったのですが、
・最近の天候不順で道が荒れている。特に般若山の方はかなり荒れ気味。
・金精神社の近くにある天文台は見晴らしがいいのでオススメ。
・今は、7~8人の登山グループ1組がこの山に入っているようだ
といった情報を頂きました。

「ありがとうございます!行ってきます!」
私たちはご主人にお礼を言うと、再び歩き始めました。
「釜ノ沢」と名が付くだけあって、最初は沢沿いのややぬかるんだ道。指導標がいくつも設置されているので、目指す方角が分かりやすいです

やがて、先ほど般若山でも歩いてきたような滑らかな岩の登りにさしかかると、その上方に小さな石碑が立てられているのが目に入りました。
あっ!ここが「一の峰」だぁ
一の峰
この石碑、膝ぐらいの高さしかない小さなものなんだけど、なんだかすごく「えっへん」って威張った感じに立っていてとってもかわいいのこの先の峰も楽しみだなぁ♪

そしてここからの眺めも、実に爽快でした。
見晴らし抜群!

「さぁ、次は二の峰だっ!」
と言うが早いか、前方から風に乗って賑やかな話し声が・・・。
きっとその声の出所が、二の峰なんだろうなぁ~と思いながら5分ほど歩くと、
二の峰
二の峰に到着しました~
ここからはかなり高度感のある見晴らしが楽しめます

先ほど長若山荘のご主人が教えて下さった、「7~8人の先行グループ」の皆さんとはここで出会いました。
この山には恐らく私たち2組しかいないのに、なぜか狭い二の峰の上だけ大混雑。写真を撮ることすら苦戦する状態だったので、私たちは足早にこの場を後にしました~

・・・と、二の峰からの下りには早速鎖場が!
鎖場を下ります
般若山同様、手がかり足がかりの多い岩なので、楽しく下ることができます

せっかく静かな山だから、あんまり混雑には巻き込まれたくないなぁ・・・と、少しペースアップして先へ進んで行くと、
三の峰
今度は三の峰に到着~!それぞれの峰が5~10分位の間隔で次々と現れるので、とっても楽しい♪
この三の峰も、こんもりとした岩の上にあって、かなり見晴らしが良かったです

そしてここから四の峰に向かう途中、かなり急な斜面を下るところがあったんだけど、そこに白くてかわいらしい花が沢山咲いていたんです
家に帰ってから調べたんだけど、イワウチワっていう植物なのかなぁ?
イワウチワかな?
なにしろ滑りやすい急斜面に咲いていたもので、うまく写真に撮れませんでした
でもとってもキレイで、かわいらしくて、すごく癒されました

そして10分ほど歩くと、今度は四の峰に到着!
四の峰
この辺りになると木々に囲まれるようになって、見晴らしはあまりきかなくなってきました。

そこからなかなか急な坂を下って、登って・・・。やっぱり10分位歩いたところに、五ノ峰はありました!
坂を下って・・・

威張って立っていた一の峰と違って、五の峰は座椅子にゆったり座っているイメージですね~(笑)
五の峰

釜ノ沢五峰ということは、これで5つの峰を全部登りきったことになります。やったぁ
五の峰は先ほどと同様にほとんど眺望はないのですが、そのすぐ先にこんな光景が見えていました。
前方には空しか見えない、こんもりとした小ピーク。
見晴らしの良さそうな小ピーク発見!

わぁ・・・何あれ。あの上に立ったら、ものすごい景色が見れちゃうんじゃないの?
私はわくわくしながら、そのピークへと駆け上がりました。

「うっわぁ――っ!!

小ピークからの大展望!

大きく開けた視界に飛び込んでくるのは、遥かに続く山、また山の風景。
ギザギザの魔王みたいな両神山も、ぴょこぴょこっと耳を出した二子山も・・・他にも色んな山が(他はどれがどれだか分からない・・・苦笑)見えるよっ
すっごーい!!

こんなに素敵な場所を見つけたら、やるしかないよね♪
即席展望レストラン、開店でーす

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
▼関連ワード
小野町

2010.04般若山~釜ノ沢五峰(小鹿野アルプス)登山(4)【釜ノ沢五峰編】

般若山~釜ノ沢五峰(小鹿野アルプス)登山、【般若山編】(1)(2)、【釜ノ沢五峰編】(3)の続きです。

釜ノ沢五峰の5つの峰全てにお邪魔した私たちは、五の峰のすぐ先にある開けた展望スペースに腰を下ろしました。
ここでいよいよ、展望レストランをOPEN

とはいえ、凝った料理を作るわけではありませんが・・・(笑)
今回はプリムス114ナノストーブスノーピーク ソロセット“極”チタンを使って麺を茹で、あらかじめ自宅で炒めてきた具を混ぜて長崎ちゃんぽんを作りますよ~
ちゃんぽん作り中~

茹で上がりまでは先に作ったインスタントのカフェモカを飲みながら、秩父の山々を眺めて過ごします。
[広告] VPS

さぁ、できた!
友達と半分こで食べた長崎ちゃんぽんは、思いのほか美味しくて、あっという間になくなりました
やっぱり山で食べるご飯は地上で食べるよりずっと美味しく感じるね♪

こうして食器の片付けを始めた頃、背後から風に乗って再び賑やかな声が聞こえてきました。
どうやら、二の峰で会った団体さんが近付いてきてるみたい。きっとあの人たちもここで休憩を取りたいだろうから、私たちは早めに撤収しちゃおう
内心、あんまり混雑に巻き込まれたくないということもあったので(苦笑)、私たちは急いで荷物をまとめると先を目指して再び歩き始めました。
先へ進みます

5つの峰は越えたんだから、後は下山だけかと思いきや、実はこれからがまだまだ長いんです
林の中に入って眺望を失った道を、私たちはひたすら進んで行きます。

キャー!この白い木と茶色の木、なんだか抱き合ってるみたい
ラブラブ?

それから「モミの巨木」という看板の立てられた、こんなに立派な木も生えていましたよ~
すごい迫力です!
モミの巨木

こうして歩くことしばらく、私たちは登山口の長若山荘へ向かうルートを少し外れて、金精神社のある文殊峠の車道沿いまで出てきました~。
金精神社
もちろん、この神社まで出ることなくそのまま下山することも可能なのですが、山荘のご主人おススメの展望台に立ち寄ってみることにしたんです。
それと・・・神社の近くにはトイレがあるからね(笑)

道路沿いに立てられた「長若天体観測所」の道標に従って進むと、すぐにその施設が見えてきました。
陽射しをいっぱいに浴びて白く輝く特徴的なドーム状の建物・・・。なんと、こちらも山荘ご主人の私設の観測所のようですすっ、すごーいっ!!
天体観測所

施設の利用申請はしていないので建物の中には入れませんが、敷地からは遮るものもなく広い眺望が得られました。
とにかくすごいの。あのギザギザは両神山かなぁ?
両神山方面の景色

武甲山もくっきり見えるよ!
武甲山方面の景色

これだけ山々に囲まれた環境だったら、夜にはさぞキレイな星空を眺めることができるんだろうなぁ
そんな空想にふけりながら、しばらく山荘のご主人とっておきの眺望を楽しむ私たちでした。

さぁ、そろそろ行こうか。

再び金精神社から登山コースへ戻った私たちは、次なるスポット「兎岩」を目指します。
兎岩目指して
道はしっかりしていて歩きにくいことはないし、こういう雰囲気はすごく好きなんだけど・・・。
これまで般若山と5つの峰を越えてきて、そのアップダウンがボディーブローのようにじわじわと効いてきたみたい。体力面や精神面での疲労感はほとんどないものの、足取りが妙に重く感じるようになってきました~
まるで両足首に重りをつけられたような感覚。こういうのは初めてかも!さすがは小鹿野"アルプス"だね

それでも何とか歩き続けて、たどりついたのがここ。
竜神山山頂

竜神山・・・。気付いたらもうひと山登ってた~!!(笑)

それからの私は蝶を見て、キノコを見つけて、花を愛でて・・・
岩がちな道を進んで、小さな洞窟を見学して・・・

そしてようやく、ここまで来ました~!!

兎岩到着!

私が最初にこの山の情報を見つけた時、目を奪われた写真の場所。
大きな卵みたいな岩の上に、ひとすじの道がつけられてるの。これが、「兎岩」なんです

早速私はこの岩に一歩を踏み出しました。周りに木が生えていないから、ぐるりと景色が開けていて、とっても楽しいの
確かに岩はまん丸じゃなくて、中央が背骨みたいにでっぱっているから、兎の背中みたいにも見えますね
兎岩を下ります
この兎岩があまりに面白かったので、写真撮影がてら2往復ぐらいしました(笑)

今回のルートでは、この兎岩は最後のスポット。
ややぬかるんで滑りやすい急な坂を10分ほど下ると、車道に出てきました~。これで今回の登山は一段落。

後は車道沿いを歩いて法性寺の駐車場へと戻るのみ!
・・・って、これが一番長く感じたんだけどね(苦笑)

ツクシがいっぱい

今回お邪魔した般若山と釜ノ沢五峰は、ハイカーに人気の高い小鹿野エリアにありながら、まだあまり知られていない場所かと思います。
私をワクワクさせてくれるような岩場や鎖場、展望スポットがいくつもあって、とっても楽しい山でした
何より、手作りの指導標や山頂の石碑・・・このコースが長若山荘のご主人個人の手で整備されているものだということに頭が下がります。本当にすごいこと、大変なこと。登らせて頂けたことに心から感謝したいと思います
こちらの山に限らず、私設・公設にも限らず、「麓から山頂までの間に道が通じていること」、それって当たり前のようでいて、色んな人の力があって出来ることなんだなぁってつくづく感じました。
私みたいな一般登山者が毎回安全に、迷わずに山登りをできるのは、そこに登山道があるからだと思います。
これからはもっともっと、「そこに道があること」に感謝して、大切に歩かせて頂きたいなぁと思いました

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
法性寺駐車場(8:07)→変な形の洞窟(龍虎岩?)(8:23)→お船観音(8:47)→大日如来(8:58)→亀ヶ岳展望台(9:52)→長若山荘(10:04)→一の峰(10:34)→二の峰(10:41)→三の峰(10:50)→四の峰(10:59)→五の峰(11:08)→展望スポットで昼食(11:10-11:45)→モミの巨木(12:03)→金精神社;天体観測所(12:12-12:22)→竜神山山頂(12:35)→賽ノ洞窟(12:50)→兎岩(13:00)→車道に出る(13:14)→長若山荘前通過(13:26)→法性寺駐車場(13:45)

◆周辺の天気予報
埼玉県秩父郡小鹿野町般若周辺のYahoo!天気

◆水場とトイレ
トイレは法性寺、金精神社(文殊峠)横にある。長若山荘で借りることもできるかも。
水場らしき場所があったか不明。長若山荘では飲み物が調達できそう。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。