スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.04 白銀平・富士山~物見山・日和田花見登山(1)【白銀平・富士山編】

白銀平(195m)・富士山(221m)・物見山(375m)・日和田山(305m/いずれも埼玉県日高市)

今回のルートマップはこちら(ルートラボ)

都心では桜の盛りも過ぎつつある週末に、私は山へお花見に出かけました。
目的地はこれまで2度訪れたことのある埼玉県の日和田山。
登山仲間の皆さんと日和田山の鳥居から巾着田を眺めて、下山後に巾着田で宴会・・・という計画です。

しかし、高麗駅から日和田山の単純往復では少し物足りないなぁ。
今回は待ち合わせ時間も遅めなので、その前にひと山登ってきてしまおう!
幹事の方の了解を得て、私は「日和田山前のひと山計画」を進めることにしました。

その時私の頭にパッと浮かんだのは、同じ日高市にある「白銀平(しろがねだいら)」という場所。
実はこの場所で是非見てみたいモノがあったんです。
白銀平に立ち寄ってから日和田山へ向かうには、どういうルートを辿ればいいだろう。どこからアクセスすると効率的かな。
私は奥武蔵の地図を何度も指でなぞり、あらゆる情報を集めながら、今回のルートを決定しました。

決めた!高麗川駅から白銀平、富士山、宿谷の滝、物見山を経て日和田山の山頂へ向こうことにしよう。


その朝、私はいつもの高麗駅ではなく高麗川駅へと降り立ちました。
高麗駅には「将軍標」と呼ばれるトーテムポールのような高句麗伝来の守り神が立っているのですが、こちらにもそれをモダンにアレンジしたようなオブジェがありました。
高麗川駅前のオブジェ

ここから地図を頼りに、里の道を歩き始めます。
この後の宴会用にお酒の瓶とおつまみ類を入れてるから、ザックがいつもより随分重いなぁ(笑)

里の道を歩き始めます
毎回思うけど、山の道よりも駅から登山口へアクセスするまでの地上の道の方が分かりづらいんだよね・・・。
今回もその例に漏れず、私は地図とにらめっこしながら右往左往、通りすがりの人に道を尋ねながらふらふらと進んでいきました。

道標・・・・・こわっ!!!!
しかも書いてある文字が消えかけてて・・・読めないよ~(泣)
こわい道標

進むべき方角は外していないのですが、どうにも遠回りしている気がしてならない・・・
辺りに人の姿が見あたらなかったので、私は近くの個人商店に道を尋ねに入りました。

「すみませーん、どなたかいらっしゃいますか?」
店内に人の気配がなかったので、試しにそう声をかけてみると、
「ああはいはい、ちょっと待って下さいねー。」
店主の住宅とつながっているであろう扉の奥から、バタバタと慌しく足音が近付いてきました。

あっ、道を尋ねるだけだったのに、わざわざ出てきて頂くなんて申し訳ないなぁ・・・どうしよう。

「はい、いらっしゃいませ!」
出ていらっしゃったお店の女性に、私はすかさず謝りました。
「お呼び立てしてしまってごめんなさい!道をお伺いしたかっただけなのですが・・・あの、「天神社」へ向かうのはこの道で良いのでしょうか。」
「ああ、天神社ならこのまままっすぐ行くとすぐありますよ。・・・それで、」
そう答えながらその女性は私のいでたちをチラッと見ると、こう付け加えました。
「どこか山へ登るつもりですか?」
「あっ・・・はい、白銀平の方へ行こうと思っているんです」
「あ、白銀平だったらね、神社の先に進んでいくとゴルフ場があるから、その少し先に入り口があるのよ。私は富士山の方しか行ったことがなくて、そちらの登り口もまた別にあったと思うんだけど・・・まぁ看板があるから分かると思うわ。」
「ゴルフ場の先ですね。ありがとうございます!」
「今日は1人で?」
「はい、今は1人なんですけど、日和田山で友人たちと待ち合わせをしています。」
「そうかい、それなら安心だね。気をつけていってらっしゃい!」

とても親切なお店の方に送り出され、私は元気良く歩き出しました。
人から頂く親切は、自分のパワーになるね

ほどなく、教わったとおりに無事天神社へとたどり着くことができました。
ちょうど桜の見頃を迎えた参道は、一面ピンクに染まっています。誰もいない静かな静かな境内を私は歩きました。
天神社

・・・ええと、ここで非常に重要な情報をひとつお知らせしなければならないのですが、
この神社の女子トイレ、個室のドアのたてつけが今ひとつなのか、きちんと閉まりません!(笑)
私、この時点で既にかなりトイレに行きたかったので、辺りに誰もいないのをいいことにうっすらドアを開けたまま入りました!!
それはここだけの秘密でお願いします・・・(苦笑)

天神社を後にして歩くことしばらく、立派な駐車場の併設されたゴルフ場が見えてきました。
大きな入り口を少し行き過ぎたところに、本線とは分かれて左斜め前方、ゴルフ場沿いに登っていく坂道があり、そこに「白金台展望台」と書かれた看板が立っています。
白銀平展望台へ

よーし、ここからいよいよ登山?スタートだね!

こうしてゴルフ場のフェンスを左に見ながら進んでいくと、辺りの景色は徐々に緑を濃くしていきました。
それでも登山道というよりは、簡易舗装の道といった雰囲気なんだけどね。
歩きやすい道

フェンス越しにまぶしい芝生の黄緑と、桜並木のピンク色が映えてとってもキレイ。足元にも、花がいっぱい咲いていました。
スミレの花
スミレのほかにも、タンポポやイチゴの花みたいな白い花も見かけました。

やがて、高麗駅前の将軍標のように顔のついた真っ赤な柱が現れました~。
怖そうな顔をしてるけど、丁寧に道案内をしてくれてるよ!
変わった道標
この案内によれば、ここは富士山と白銀平を分ける分岐点になっているようです。
私はまず白銀平へと向かうため、左に進路を取りました。

道は登山道というよりはよく整備された遊歩道といった雰囲気で、徐々に勾配をつけてのびていきます。
整備された階段道

一旦広場のような場所に出て再び登っていくと、小高くなったところに真っ白な建物がありました。
これが白銀平の展望台のようです!
白銀平展望台

着いたっ!私は展望台の階段を駆け上がりました。

「・・・うっわぁー!!」

空はどんよりとしていて、決してクリアーな視界とは言えませんでしたが、思わず歓声を上げてしまいそうな景色がそこに広がっていました。
向こうの森には、ピンク色のパッチワーク!
桜のパッチワーク!

それから、霞む景色の中にぼんやりと浮かび上がる、まるで要塞みたいなビル群も。
要塞みたいなビル群

私は右へ左へくるくると回りながら、辺りの景色を楽しみました。
やがて1組の親子連れがやってきたので、挨拶をして場所を譲り、展望台の下に下りていきました。

実は私、今回この看板を見たかったの!
白銀平のレトロな看板!
「白銀平」なんて高原リゾートみたいな地名と、昭和を感じさせるレトロなフォント。
ちょっと斜めにずれている感じもまた風情があって、なんとも味のある看板ではありませんか!

たまたまインターネットでこの看板の写真を見かけて、それ以来「一度見に行ってみたいなぁ~」と思っていたところから、今回の山行が実現したんです。
普段、「この山に登ってみたいなぁ~」から始める私にとっては、かなり異例のきっかけでしょ?(笑)

ただ、この看板の近くには、「夜間は特に危険なので注意して下さい!」みたいな注意を促す大きな看板が立っていました。
うーん・・・確かにちょっと治安の面で心配があるかも・・・レトロな高原リゾート気分から一転、現実に引き戻された私。
と、とにかく先を急ごう!

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.04 白銀平・富士山~物見山・日和田花見登山(2)【白銀平・富士山編】

白銀平・富士山~物見山・日和田花見登山、【白銀平・富士山編】(1)の続きです。

見晴らしの良さとレトロな看板が魅力の「白銀平」を後にした私は、続いて富士山を目指します!
・・・って、もちろんあの富士山ではなく、標高221mのローカル富士山です

先ほど通った分岐の道標まで戻って・・・
左目充血してる道標の顔
あれっ!?この人、片目充血してるけど大丈夫なのかな?

そこから富士山方面へ進んでいくと、整備された階段の道になりました。
これが結構長くて息が上がります。暑くなってきた~
結構長い階段道

そして登り切った先には、意外と地味な山頂がありました(笑)
看板らしきものは見当たらなくて、代わりに祠が建てられていました。
富士山山頂!
実はゴルフ場の先から白銀平に向かう途中にも、浅間神社の鳥居を見ていたんです。
やっぱり富士山の信仰がここにも根付いているのかな。

この山頂周辺はあまり見晴らしが良くありませんが、赤いツツジの花がちらほらと咲いていてとてもキレイでした~
それにしても・・・すぐ近くで何羽ものカラスがカーカー鳴きながら飛び回っているんですよね・・・。
辺りに人の気配はないし、まるで私を獲物だと思っているかのよう
居心地が悪くなった私は、すぐさまこの場も後にしたのでした(苦笑)

そこから地図や顔の付いた道標を確認しながら進んでいきます。
初めのうちはトゲのある低木が張り出してきたり、クモの巣に引っかかったりと少し歩きにくさがあったのですが、やがてとても雰囲気の良い森の道に出てきました。
ちょっとジャングル風
足元は少しぬかるんで、木々の合間にはシダ植物が大きく茂っています。写真の見た目では普通の山道ですが、湿度の高さもあって、ちょっとしたジャングル探検気分を味わえました♪

しかしそれもそう長くは続かず、舗装道路へと出ることになります。

里の道は、まさに春爛漫。
深緑色をした植林を背景にして、桜のピンクがよく映えますね
里は桜が満開

ほら、こんなに素敵な春色のトンネルも通るんだよ
桜のトンネル

こうして気分良く舗装道路を進んでいく私。1箇所道を間違えかけたのですが、地図を見てすぐに戻れたのでほとんどタイムロスはありませんでした。
やがて、次に目指す「宿谷の滝」と書かれた道標が路肩に現れて、私は少しホッとしながらその案内に従います。

「宿谷の滝」はどうやらちょっとした観光スポットのようで、入口にはキレイな水洗トイレと周辺ハイキングコースの案内看板がありました。
私はトイレを借りると、川沿いに整備されている遊歩道を歩き始めます。
雰囲気の良い遊歩道

わぁ・・・ここ、すごく雰囲気がいい
歩き始めてすぐ、私はスッと涼しい空気に包まれました。緑がいっぱいの遊歩道を歩いていると、まるで長野辺りの観光地を訪れているかのような気分にもなってきます。
ベンチやテーブルもいくつか設置されているし、これは夏場に散策に来るとすっごく楽しいかも!
苔むした川

そして10分ほど歩いたところで、宿谷の滝が現れました~。
宿谷の滝
ここは滝つぼ近くまで下りていって、マイナスイオンを全身に浴びることができるんです
静かな森の中に透明な水音を響かせて美しく流れ落ちるその姿に、しばし心を奪われました。
こんなに素敵な場所があったんだなぁ!

それから少し急な登りを経て、あずまやの建つのどかな公園(宿谷の滝公園)へ出てきました。
ここも桜が満開で、絶好のお花見スポット。
宿谷の滝公園にも桜が一杯

私はその先にある、「物見山」と書かれた小さな道標を頼りに、再び山道へと入っていきました。
実は、ここからの登山道は山と高原地図 22 奥武蔵・秩父では破線表示になっている、いわゆる「難路」なんです。私の前後には人の気配も全くありません。
単独行の時は特にマイナーなルートは避けたいところなのですが、今回のコース取りの都合でここを通る必要があったので、この後待ち合わせをしているメンバーさんに、メールで「今からここのルートに入るので、もし音信不通になったら探しに来てください」と頼んでから登り始めました

破線ルート、一体どんなところなんだろう。
少しドキドキしながら入ったその道は、踏み跡もしっかりしていて道迷いの心配は少なさそうでした。
時にはこんな手描きの札もかけられていたりして。
「物見山」の小さな札
・・・って、ここが物見山の山頂というわけではありません(笑)

一部に滑りやすい岩がちな箇所もあったのですが、その後は意外と歩きやすい道が続きました。他の登山客とも2、3人すれ違ったかな。
思ったより歩きやすい道も

「なんだ、意外と平気かも♪」
と思ったところで、岩だらけのものすごい急坂が現れましたー!!
出た、急坂!

な、なにこの傾斜・・・しかも岩・・・そして長い!
それはまるで、日和田山の男坂の拡大バージョンとでも言うべき急登だったのです。

きつい、きつい!
ゼーゼー息を荒げて一歩ずつ足を踏み出しながら、私は思わずニヤリとしてしまいました。
きつくて、苦しくて・・・なんて面白い道なんだろう!

私は多分、「日常にはないもの」を求めて、山に入ってる。
私が日常を過ごす都会はモノに溢れていて、すごく便利で、何でも楽ちんで・・・それはとてもありがたいことだと思う。
だけど、だからこそ私は同時に、何にもなくて、すごく不便な山を欲するんだ。
きつければきついほど、山は面白いんだ
(もちろん、きつさを楽しめるだけの余裕がもてる山選びや準備があってのことですけどね

こうして私はこの急坂を、心から楽しんで登っていきました。

ようやく傾斜が一段落すると、道は再び穏やかさと静けさを取り戻しました。
まっすぐに伸びる茶色の幹たちと濃い緑の下草たちとの色合いが、心に落ち着きを与えてくれます。
難所を越えた実感と、道がなだらかになったこともあって、少しホッとしました。
歩きやすい道に戻りました

道はいよいよよく踏まれ、人の気配が濃くなってきました。
そろそろ多くのハイカーが訪れるスポット、物見山山頂が近いのかもしれない!

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。