スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.06磐梯山ひとり登山(1)

磐梯山(1,819m/福島県猪苗代町)

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

ある週末、土曜と日曜それぞれ日帰りで2座、南東北の山に登る計画を立てていました。
ところが土曜の朝に突然のトラブルが発生し、出発することができなくなってしまったんです・・・

とても楽しみにしていただけに、がっかりしてしばらく放心してしまった私でしたが、
こんな気持ちを抱えたまま地上で過ごすなんて、自分らしくない。今日の山は諦めるしかないけど、日曜に予定していた山だけでも登ってこよう!と気持ちを入れ替えて、ひとり高速バスに乗り込んだのでした。

こうして猪苗代駅へと降り立った頃には、時刻は既に夕方になっていました。
午後から降り続いていたという雨がちょうど上がったところで、駅前には夕日が射していましたが、向こうの空にはいまだ真っ黒な雨雲が垂れ込めていました。
だけど・・・私は見たんです。その真っ黒な空に、ひとすじの虹がかかっているのを。
それは今にも消えそうに頼りないものだったけど・・・見えるかなぁ?
虹。見えるかなぁ?
その光景を、私はまるで自分の心の中を見るような気分で眺めていました。
きっと大丈夫。明日はきっと、いい山行になるよ。

その日、私は登山口からほど近いところにある宿に泊まりました。
ザックを背負って1人でやってきた私を、宿の方々は温かく迎えてくれました。

そして翌早朝、私はしんと静まり返った宿をそっと後にしました。
ようやく太陽が起きだした頃でしたが、既に辺りは朝を告げる鳥たちの声で賑やかでした。
「そうだね、朝だね・・・。うん、分かってる。もう行くよ。」
鳥たちの声に急き立てられるようにして、私は誰ひとりいない車道を登山口に向かって歩き始めます。
登山口へ向かう

ほどなく、猪苗代スキー場の入口へとたどり着きました。
宿の方に昨夜教えて頂いたとおりに、左側へ回り込むようにしてスキー場の中へ入っていきます。
磐梯山が見えてきた!
抜けるような青空。前方には、この日目指す磐梯山がはっきりと姿を現しました

磐梯山の登山ルートはいくつかあって、比較的短い行程で登頂できる八方台ルートなどが人気のようです。
私の使った猪苗代口ルートはスキー場の急斜面を登っていくこともあり、利用する人は少ないのかもしれません。この時も登り始めに1組のご夫婦を抜かした後は、遠くに単独行の男性を認めるだけでしばらく「本当の単独行」が続いたのでした。

いよいよスキー場の急斜面に差し掛かった頃、急に下から真っ白なガスがもくもくと湧き上がってきました!
見る見るうちに白く霞んでいく視界・・・
ガスに覆われる

これはまずい。私は追いかけてくるガスを振り切ろうと、一気にペースを上げました。
実は、昨日宿の人から2つの重要な情報を伺っていたんです。
1つは、登山道にブユと呼ばれる小さな虫が発生していて、血を吸われたり目に飛び込まれたりするので、立ち止まると危険だということ。
そしてもう1つは、ごく最近、このスキー場のリフトの下で登山者らしき方の遺体が発見されたということ。
私はガスで視界を失うことの恐怖と、ブユの恐怖に襲われていました。

しかし、本来ならリフトでさっと登って、スキーでシャーっと滑り下りるような斜面。歩いて登るにはかなりキツイ急傾斜なわけで・・・
ここ最近、格段に息が上がりにくくなったことを実感していた私でしたが、この時ばかりはゼーゼーと息を荒げて、とにかく必死に「白い追っ手」から逃れようと先を急ぐのでした。
ガスとの戦い!

この斜面、どこまで続くのー!?
まだまだ続く急坂

こうしてなんとかスキー場の斜面を登り切った私。振り返るとガスたちははるか足元でくすぶっていました。
良かった、もう追ってはこないみたい。少しホッとします。
スキー場の斜面を登り切りました

ブユの不安もあるので立ち止まることはしませんでしたが、ここまでのきつい登りでも私は結構辺りの草花を楽しんで登っていたようです(笑)写りは悪いけど、花の写真が何枚もデータに残っていました。
朝露に濡れる花たち

そしてようやく見つけた、登山者向けの看板。
天の庭
「天の庭」かぁ。素敵な名前だね
この辺りは景色もだいぶ開けてはいたのですが、この時は木々の頭ごしに巻き上がる白いガスを見るばかりでした。

それから、雰囲気の良い森に入ります。土や岩の様子が、火山らしくなってきました。
誰もいない登山道を、私はどんどん進んでいきます。
雰囲気のいい森

やがて森を抜けると、景色が大きく開けました!
「わぁぁあ・・・・っ!」
青空の中の磐梯山
雲ひとつない青空に聳える大きな山の姿・・・あれが磐梯山の山頂なんだ!
その雄大さに思わず足を止めた私は、背後に"何か"を感じて、ふと振り返りました。



・・・・・・・・・え?



雲の上の世界


遥か遠く、見渡す限りの真っ白な雲の海。私はいつの間にか、雲の上の世界に立っていたんです。
それは静かな、とても静かな世界の光景でした。


あぁ・・・・・・・・・・・・・・・

私の中で、抑えていた何かの糸がぷつんと切れた気がしました。
私はそのまま、その場に両膝をついて、

・・・泣きました。


これまで何度も単独行をしてきたけれど、こんなに「孤独」を感じた日はなかった。
昨日の朝からずっと、私の心の中には真っ黒な雲が淀んでいるみたいだった。
だけど、虹は確かにかかってたんだね。

山の美しさや厳しさ、そういう色んなものを見てきたつもりだったけど、この時初めて「山の優しさ」を思いました。
こんなにちっぽけで、ひとりぼっちの私でも、山はその懐に置いてくれるんだね。
本当にありがとう。私・・・やっぱり山に来て良かったよ

美しい、光景です。

うん、本当に良かった。


【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.06磐梯山ひとり登山(2)

磐梯山ひとり登山、(1)の続きです。

ガスに追い立てられながら猪苗代スキー場の急斜面を必死に登り切った私が出会ったのは、信じられないような「雲の上の世界」でした。
火山性の石が転がる赤茶けた道の先には、「二合目 赤埴山」と刻まれた石碑がありました。
元々人のほとんどいなかった猪苗代口ルート、さらに私は少し寄り道してここ赤埴山を経由するルートをたどったので、辺りには人の気配は全くありませんでした。

誰もいない山の上で、私はひとり、再び真っ白な大海原と向き合います。
雲海を眺める
「この世の果て」まで見えてしまいそうなぐらい、遥かに続く雲の海。
私が地上に残してきたわだかまりは、この白いうねりの中にすっかり呑み込まれて、もうどこにも見えやしませんでした。

「よしっ!山頂へ向けて再出発!」
心にいっぱいエネルギーをためると、私は再び磐梯山の山頂を目指して歩き始めました。

どこを見ても、素晴らしい景色
絶景です!
磐梯山さん、ありがとう。ありがとう。

赤埴山の寄り道ルートから本線に復帰すると、その先からしばらくなだらかでとても歩きやすい道になりました。
この辺りを沼ノ平というようです。湿原のようなところもあり、花もいっぱいに咲いていました
花も咲いています

そして・・・なんと、今が満開?の水芭蕉にも出会ってしまいました~
思ったより大きいの。びっくりしました!
水芭蕉発見!

見上げれば青い青い空。そこにどんと聳える磐梯山や、周囲の山々の雄大な姿。
青空と山
なんて楽しくて、なんて幸せな道なんだろう心だけでなく足取りまで弾ませながら、私は快適に先へと進んで行きました。

しかし、磐梯山はそうそう楽に私を山頂まで登らせてはくれないのでした・・・。

沼ノ平を抜けていよいよ山頂へ向かう道に差し掛かると、いきなりガレ場の急坂が現れたのです
ガレ場の急坂です
ふー、と息をつきながら、ゆっくりと登っていく私。
実は、この先で道がY字に分岐していて、どちらにも登山ルートを示すマーキングが見えたのでちょっと悩んでしまいました。
この先で合流するんだろうな・・・と、ひとまず左側の道へ進んだところ、急坂の先に待っていたのはなんと残雪の平原!
しかしこの残雪、内部はかなり解けていそうな雰囲気で、下手に足を踏み出すとズボッとはまってしまいそう
単独行だし、周りに人もいないので、通るにはちょっと抵抗があるなぁ・・・と通過を諦め、一旦Y字の分岐のところまで戻ることにしました。
すると、ちょうど下から単独行の女性が登ってこられるところに出会いました。

「あら、どうしたの?」
「こっちの道を登ったら残雪があったので、危ないかなぁと思って引き返してきたんです~。」
「あぁ、でも距離は短いから大丈夫よ。右の道を通っても、その先で少し残雪の上を歩くことになるのよね。でも問題ないわよそれじゃ、一緒に右の道を行きましょうか。」
こうして右側の道をご一緒させて頂くことになったのですが、その女性は地元の方で、ほぼ毎日のように磐梯山へ登っていらっしゃるのだそうです。すごーいっ
しかも、さらに驚いたことに履いていらっしゃるのはなんと、長靴ではありませんかっ!

その女性のおっしゃる通り、急坂を登り切った先には小さな雪原がありました。
長靴の彼女は気に留める様子もなく、スタスタと雪の上を進んで行きます。
私はだいぶ遅れをとりながら、そろりそろりと彼女についていくのでした

「あぁ、今日はいちだんと見晴らしがいいねぇ。ホラ、あっちに見えるのが○山でしょ、その横には○山も見えるじゃない。今日登ったアナタはラッキーだったわよ~。」
彼女の指差す先に目をやると・・・わぁー、すっごい絶景
見晴らし最高☆

さらに、足元にはこんなにかわいらしい花たちもいっぱい
花もいっぱい!

思わずニヤニヤしてしまいそうなほど、そこら中が素敵なモノに溢れています

しかし、これから進む道はあんなにも急斜面(苦笑)
やっぱり急坂・・・

それでも、私はご一緒した女性に色々な地元のお話を伺いながら、楽しく急坂を越えていくことができました。
心細さを感じる道を一緒に歩いて頂けただけでもとても心強かったのに、毎日のように磐梯山に親しんでいらっしゃる地元の方ならではの情報を沢山伺うことができて、すごく楽しかったです
本当にありがとうございました

急坂を登り切ったところには、まるでお花畑のような広場が広がっていたのですが、そこでご一緒していた女性が別の常連さん仲間とばったり出会ってお話にも花が咲いていたので、ここからは再びひとりで山頂を目指すことにしました。
女性にお礼を言って歩き始めると、すぐにとうとうと湧き水の流れ出す水場に出会いました。
美味しい湧き水!

冷たそうだなぁ。ちょっと飲んでみよう。
ペットボトルに汲んだ湧き水を何の気なしに口にした私は、思わず声を上げてしまいました。
「わぁっ!なにこれ、すっっっっごい美味しい!!

味がどうとか、冷たさがどうとか考える前に、飲むのが止まらない・・・今まで感じたことのないような強烈な美味しさに、本当にびっくりしてしまいました。

やばい、これはクセになる・・・。
私はペットボトルとプラティパスいっぱいに美味しい湧き水を詰めてから、再び立ち上がりました。

よーし、山頂でこの美味しいお水を使った山ごはんを食べるぞー!

こうして再び急な斜面を登っていきます。
背後に広がる絶景が、私を後押ししてくれます。
まだまだ絶景が続きます

そして・・・弘法清水小屋へ到着~!
弘法清水小屋に到着!

この辺りは人気のある八方台ルートともぶつかるので、一気に人が増えました。
小屋の前では多くの登山客が一休みしています。

私もここで水分補給、とばかりについさっき汲んだばかりの美味しい湧き水を再び堪能(笑)
さぁ、ここから山頂まではあとひと登りだね

・・・ところが私、ここで大きな失敗をしてしまうのです・・・。

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.06磐梯山ひとり登山(3)

磐梯山ひとり登山、(1)(2)の続きです。

磐梯山山頂手前、猪苗代口ルートと八方台ルートの出会う広場には、弘法清水小屋と岡部小屋という2つの山小屋が並んでいました。
これまでの道ではほとんど人に会うことのなかった私は、この場所の人の多さに驚かされます。

私は立ったまま一休みしながら、地図を広げました。ここから山頂まではあと30分もかからないみたい。よし、もうひと頑張り!
こうして岡部小屋の先から、山頂へ向かう道へと進みました・・・

・・・が!
岡部小屋の先にある、この道標・・・この角度からみると裏向きになっているものがありますよね。
山頂へ向かう分岐
実はこれが、山頂の方角を示しているんです。

ところがなんと私、ここを通る時に向かいにあった鐘?に気を取られ、人の流れに乗ってそのまま直進してしまったんです

そして前後したグループと時々会話をしたり、すれ違う人たちと挨拶をしながらしばらく歩いていたのですが、なんだか様子がおかしいことにふと気づきました。
「あれっ・・・山頂まであとひと登りのはずなのに、この道なんだかずっと下ってるよね!?

振り返り気味に顔を上げると、向こうに見える磐梯山山頂。私の進路は明らかに山頂から遠ざかっています。
そう、私は山頂を目前にして、なぜか八方台ルートを下っていたのでした

「わ!山頂に行こうと思ってたのに道を間違えました今から戻ります!」
一緒に歩いていたグループの方々にそう伝えて向き直ると、
「あら~!そうだったの!?ごめんなさいね、私たちが分岐のところからあれこれ話しかけちゃったからいけなかったわね~・・・」
と謝られてしまいました。。

でもこれは完全に私のミス。弘法清水小屋の前で一旦地図は広げたけど、ただ眺めていただけ。読んでない。
分岐で方角を確認していなかったし、道標の表示もきちんと確かめていなかった。
最初に下り始めた時点ですぐに気づくべきところをそのまましばらく進んでしまった。
自分がいかに甘かったかを思い、冷や汗をかきながら小屋のある広場まで早足で登っていきました。
人が多く整備された登山道だったから大事には至らなかったけど・・・単独行なら尚更、気を引き締めていかないといけないよね。これは本当に今後の教訓になりました。

こうしてなんとか問題の分岐へと戻った私は、山頂へ向けた登山をやり直します
しかし、ここからひと登りと思っていた山頂までの0.5kmの道のりは、想像以上にハードなものでした。
そこに待っていたのは、大岩の転がる歩き辛い急坂だったんです。
山頂への険しい急坂!

予定外の体力のロスもあったせいか、一気に足が重くなり、ゼーゼーと息が上がります。
それでも私はゆっくりゆっくり、止まることなく登っていきました。

目の前には迫力のある岩肌、背後には大きく広がる景色。先ほど汲んできた美味しい湧き水にも元気をもらって、じりじりと山頂への距離を詰めていきます。
迫力ある光景です!

こうしてしばらく登り続けると、大きな岩がごろごろと転がる歩きにくい道の先に、沢山の人たちが賑やかに休んでいる場所が見えてきました。
あったぁ・・・!ようやく、磐梯山山頂ですっ!
磐梯山頂

わぁ――――っ、これはすごい景色!
少し雲が湧いてきてしまいましたが、眼下の世界は実に素晴らしいものでした。
山頂からの景色

山頂標識の前方は大きな岩が積み重なった小高い丘のようになっているのですが、その岩場のてっぺんまで登るとこれまで以上に雄大な眺望がぐるりと広がりました。
山頂の岩場の上から
すごい、すごい!私は地球を見下ろしているんだね
うーん、爽快な気分!

私は休むのにちょうど良い場所を見つけて腰を下ろすと、細長いテーブルのようになった岩にガスを置き、美味しい湧き水でお湯を沸かしました。
今日は行動食のつもりでスティックパンを何本もザックに入れてあるので、それを浸して食べられるよう、コーンポタージュスープを作ります!
展望洋食店ランチ営業中☆
こうして私は即席の展望青空レストランで洋食ランチを楽しんだのでした

軽食を終えてからもしばらく辺りの景色を眺めていたのですが、時間と共に少しずつ雲も増えてきたし、帰りの高速バスのこともあるのでそろそろ下山を始めることにします。

岩がちな山頂を後にして、分岐までの急坂ではすれ違う登山客に「頑張ってください!」なんて声をかけつつ慎重に下りました。
そして小屋の並ぶ広場を過ぎて水場まで下りてくると、「お土産」と称して再びプラティパスいっぱいに美味しい湧き水を汲み直します(笑)
今度は少しゆっくりとお花畑の花たちを眺めて、前方に素晴らしい景色を見ながら下っていきました。

それから再び、雪原を渡ります。青空が本当に気持ちいい!
雪原を歩く
ここは雪の上を歩くとはいえ、平坦な場所なので滑落のような危険はなさそうです。
初夏の陽気の中で雪の感触を確かめながら歩くのはとても新鮮なことでした

そこから急坂を下り、水芭蕉の咲く沼ノ平を快適に歩いていきます。
快適な花道
この時間になると、このルートにも人の姿が少なからず見られるようになりました。挨拶したり、少し立ち話をしたりしながら、行きに感じた孤独とは、全く違った気持ちで同じ道を歩きます。

そして赤埴山への分岐を見送った辺りで、自分の足からタイムの要請がかかりました。
さすがにハードな行程だったので、かなり疲れがたまっていたようです。
私は小広くなった場所の片隅に腰を下ろし、靴を脱いで少しの間休むことにしました。
見上げれば、そこには美しい緑に燃える磐梯山の姿。さっきまであのてっぺんにいたんだなぁ・・・。
磐梯山山頂付近の景色

すると、そこに単独行の年配男性が下りていらっしゃいました。
「こんにちはー。」
「あぁ、こんにちは。・・・おやっ、一人かい!?」
実はこちらの男性、この地域の山関係でかなりお偉い方のようでした。
足元を見ると、やっぱり長靴!雪山の山頂で撮影したという写真も見せて頂いたのですが、そこにもピッケルを携え、長靴で微笑むその男性の姿がありました。すごーい!

しばらくお話をした私たちは、それから一緒に下山することになりました。
その男性は道すがら山菜を採っているそうで、袋一杯の収穫物の中から、「コシアブラ」という山菜を分けて下さったんです。

「いいか。酒と塩、醤油をちょうどいい具合に混ぜて米を炊く。
コシアブラは袴を外して、こういう大きいやつは茎を半分落としてな。小さいやつは茎も使う。
こいつを細かく刻んで炊きたてのご飯に混ぜて食べてみろ。

・・・おまえ、絶対俺に感謝すっから!!

貫禄があって少し怖そうな風貌をしたその男性は、そう言うとニカッと少年みたいな満面の笑みを浮かべました。
「ありがとうございます!家に帰ったら、早速作ってみますね

こうして楽しくお喋りをしながらスキー場まで戻ってきた私は、ここで山菜採りを続けるその男性と別れて、再びひとりで下山を始めました。

まるでスキーのように急斜面をすいすいと下りていく私の見下ろす先には、美しい猪苗代湖の湖面が太陽の光を反射して、キラキラとまぶしく輝いていたのでした。
スキー場を一気に下降!

色々なことがありながらも無事に下山を果たした私は、宿泊した宿でシャワーを借り、駅まで車で送って頂いちゃいました(感謝!)
駅前で高速バスの到着を待ちながら、すっきり晴れ渡った空の向こうに聳える磐梯山の姿を眺めます。
駅前から望む磐梯山

今日の猪苗代の空のように、いつのまにか私の心からもどんよりとした黒い雲はすっかり姿を消していました。
昨日あんなに落ち込んでいたけれど、磐梯山や地元の方々の優しさに触れて元気を取り戻すことができたんです
今回は反省すべき点もありましたが、やっぱりここに来て良かった!
やっぱり山っていいなぁ・・・そんなことをしみじみと感じさせられた今回の山行だったのでした。

磐梯山さん、地元の皆さん、本当にありがとうございました

(おまけ)
その後、下山をご一緒した男性から頂いた「コシアブラ」の炊き込みご飯、作りました!
感想は・・・「おっしゃる通りです。ありがとうございましたっ!」(笑)

【終わり】

※自分用メモは後日掲載予定です。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。