スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.08小仙丈ケ岳~仙丈ケ岳~大仙丈ケ岳 三姉妹縦走登山 【1日目】(1)

小仙丈ケ岳・仙丈ケ岳・大仙丈ケ岳(2,855m・3,033m・2,975m/長野県伊那市・山梨県南アルプス市)

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

南アルプス。それはこれまでの私にとって、遠い遠い場所にある異世界のように感じられる山域でした。
そこにある景色はまさに、私が憧れ続ける世界の光景。いつかはこの目で・・・と思ってはいたんです。
ですが・・・私にとって、南アルプスの山々は標高以上に大きな存在すぎて、具体的な計画として挙げることがなかなかできませんでした。

そんな時、登山関係のお友達から南アルプス登山のお誘いが届きました。
これは願ってもないチャンス山小屋2泊という初めての登山スタイルではありましたが、私は早速情報収集と装備の準備を始めました。
こうして私は、初めての南アルプス―仙丈ケ岳へ向かうことになったのです
(ちなみに、前回の日向山登山は南アルプスの山々へのご挨拶&雰囲気の確認も兼ねていました


南アルプス北部、北岳や仙丈ケ岳などの登山口までは、直接マイカーで入ることができません。
前夜遅くに車で東京を発ち、未明に芦安の駐車場へとたどり着いた私たちは、仮眠を取る猶予もほとんどないまま、乗り合いタクシーで広河原へと移動しました。
乗り合いタクシー
このタクシー、バスより料金が100円高い程度なのですが、荷物は後ろに積めるし、人数が揃い次第出発できるので使い勝手が良いです!(ただし、夜叉神のゲートが開く時間まで少し待たされます)

広河原では、北岳登山へ向かう大勢の登山客を横目に、さらにバスへと乗り換えます。
こうして長い道のりを経てやってきた北沢峠、第一声は
「寒っ!!!
でした。(笑)
早速長兵衛荘前のベンチでお湯を沸かし、温かいドリンクで一息つきました。

さぁ、いよいよ出発です。私にとって初めての南アルプス、一体どんな景色が待っているんだろう。
登山道へ入った一歩目から、今までにないワクワク感に襲われました

スタートのタイミングが遅れたせいか、歩き始めは私たちパーティー以外の登山客の姿はほとんど見られず、高山らしい雰囲気のとても静かな森が広がっていました。
歩き始めの道
鬱蒼と生い茂る木々の合間から陽射しがこぼれて、足元の緑にまでまんべんなく降り注いでいます。
地面を覆う苔の所々から、かわいらしいキノコがぴょこぴょこ顔を出しています。
楽しい!この森、とっても楽しい!

登山道はしばらく樹林帯の中を進むので、展望はほとんどありませんが、時折ごくわずかに視界の開ける場所がありました。
合間に望む景色
そこから覗く、圧倒的な存在感を誇るあの山こそ、日本第二の高峰「北岳」でしょうか。
やっぱり私は今、南アルプスに来ているんだなぁ・・・そうしみじみ実感します。

こうして遠くの景色に時々目を向けながらも、足元に広がる小さな生きものたちの世界にも目が離せませんでした。
木漏れ日の中のキノコ
ふかふかの苔のじゅうたんから顔だけ出しながら、気持ち良さそうに日向ぼっこをするキノコ。
このキノコ、きっと今すっごく幸せな時間を過ごしてるって思う。だって、彼を見ている私もすっごく幸せな気分になれるもん

登山道上には、時々「一合目」「二合目」・・・と書かれた看板が現れます。
それを目安にして、休憩を挟みながらのんびりと進んでいきました。
大きめな岩がごろごろと転がって少し歩きにくいところも出てきましたが、それでもまだまだ快適な道。
なかなかハードな道も・・・

やがて、馬の背方面との分岐にぶつかりました!
ここまで同行して下さったメンバーさん方とは本日の行程が異なるのでここで別れ、いよいよ単独で山頂を目指します。
馬の背との分岐

ここからは少し速度を上げて、自分のペースで歩き始めます。
なんだか急激に歩きにくさが増してきたのは気のせいか・・・・!?(苦笑)
険しくなってきました

この先から景色が開けてくるのですが、その手前の薄暗い森の中を歩いていた時、道端に1人の中年女性が腰を下ろしているのが見えました。
「こんにちはー!」
すれ違う少し手前でそう声をかけると、うなだれていた彼女はワンテンポ遅れてふっと顔を上げ、
「・・・こんにちは」
と小さな声で答えました。

んっ、なんだか違和感。だけど、あんまり挨拶をしたがらない人もいるしね。と気にせず通り過ぎたのですが、やがて背後から聞こえてきた彼女の小さな独り言に、私の足は止まりました。
「・・・・・・寒い・・・」
すぐに私は踵を返すと、彼女に声をかけました。
「大丈夫ですか?」
「あ・・・大丈夫です。」
さっきよりはっきりとしたその受け答えに、何か手を貸すべきかなぁ、でも本当に大丈夫なのに余計なことをしたら失礼かもしれないし・・・と悩んだ私は、「寒いですよね~。お気をつけて!」と一声かけるとそのまま進むことにしました。
でもやっぱりちょっと心配だなぁ

この頃には下山してくる登山者たちとしばしばすれ違うようになったので、
「こういうジャケットを着た女性がこの先で休んでいらっしゃるんですけど、同じパーティーの方ですか?」
と声をかけてみることにしました。
すると数組目で
「あぁ、仲間の女性が先に行ってますよ。」
という男性2人組に出会ったんです。
あぁ、良かった!ひとまず彼女の状況と、その先で座って待っていらっしゃることを伝えて別れました。

こうして森を抜けると、視界には夏の青空が広がりました。
・・・が、思ったより雲が増えているような・・・
雲が湧いてきました

辺りは一気にハイマツとシャクナゲ?の低木帯になり、目指す前方の景色も大きく開けました。
傾斜もきつく、歩きにくい乾いた道が、緑の中にくねくねと伸びていく様子に目を奪われます。
ですが、だいぶガスが上がってきていますね~
低木の中の道
今回このルートを歩きたかったのは、この先の小仙丈ケ岳から見る景色にずっと憧れていたから。
どうか、あの景色を見ることができますように・・・ガスが晴れることを祈りながら進み続けます。

ここからの道のりは、大きく息をつきながら、じりじりと足を進めていく・・・思った以上に苦しいものでした。
それでも・・・見て。小さな花たちが至るところでキラキラ揺れてるの。
かわいい花☆

顔を上げればホラ、大きく開けた空に、柔らかな緑の斜面。その向こうには荒々しい山のシルエット。
素晴らしい景色
これが山なんだ。南アルプスなんだ。
きついんだけど、苦しいんだけど・・・嬉しくて仕方がない。私は自分の口元が自然に緩むのを感じました。
急坂をゼーゼー言いながらニヤニヤしている女子ひとり・・・かなり変です(苦笑)

そしてそんな変人の私に、
「この先でさっき、雷鳥を見たよ!」
と教えてくれる登山者さん。

なななななんとっ!雷鳥ですかっ!!!!!
さらにテンションが上がり、変人度もアップ(苦笑)
(でも結局この時は雷鳥に会えませんでした・・・

こうしてきつい坂を登って、登って・・・さらに登って・・・
ようやく登りきった時、私の前に大きな景色が広がりました。


つ・・・着いた・・・・・・



ついに・・・見えた!

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.08小仙丈ケ岳~仙丈ケ岳~大仙丈ケ岳 三姉妹縦走登山 【1日目】(2)

小仙丈ケ岳~仙丈ケ岳~大仙丈ケ岳登山、【1日目】(1)の続きです。

ハイマツに覆われた岩だらけの急坂を登り続けて、ようやくたどり着いた、小仙丈ケ岳山頂!
小仙丈ケ岳山頂

たまたま居合わせた方に図々しくも「このアングルで!」などとお願いして写真を撮ってもらいました
小仙丈カールをバックに

だけどね、本当に嬉しかったんです。
ここからの景色・・・これこそが、私が今回の山行で最も見たかったものだったから。
憧れ続けた景色

仙丈ケ岳には3つのカール(氷河によって削られた地形)があって、ここ小仙丈ケ岳から望むのは小仙丈カールと呼ばれているそう。
鋭角に削り取られた山肌は、緑と砂礫が入り混じって複雑な模様を描き出しています。
こんなに絵画のような美しい光景が、今私の目の前にあるんです。
夢じゃない、本当にそこにあるんです。

私はしばらくこの場所で景色に見とれた後、ゆっくりとカールに向かって歩き始めました。
ここはまるで、雲の上の散歩道のようです。
雲の上の散歩道

ここから先にも、至る所に高山植物の花が咲き乱れていました。
小さな花のひとつひとつに、心から癒されます
花もいっぱい!

これからあの美しい稜線に向かって進んでいくんだね。
こんなところを歩けるなんて・・・ワクワクが止まりません
ワクワクするような道が続いています

そんな私の足元で、小さく揺れる花たち。
こんなにも小さくて可憐な花が、この苛酷な環境で懸命に生きているんだ。
可憐な花たち
夢じゃないよね。私もちゃんとここにいて、自分の足でこの世界を歩いてるんだよね。
私は、生きてる。ちゃんと生きてるんだ。

・・・そんな感傷に浸りながらゆっくりと進んでいった私ですが、この後に予想外の展開が訪れました。
美しいカールを登り上げて、そのてっぺんが仙丈ケ岳山頂だと思い込んでいたのですが・・・

この稜線、ぐる――――――っと回っていった向こうが山頂なんですかっ!!!
山頂はまだ先だったのかー!

ここまでのきつい登りでだいぶへばっていた私、これを見て一瞬心が折れそうになりました(苦笑)
ですが・・足元の小さな花たちや、辺りの雄大な景色に背中を押されるようにして、どんどん足を進めていきました。

こうして、ようやく仙丈ケ岳の山頂へとたどり着きましたー!
標高は3,000mを超えています。
仙丈ケ岳

私は山頂の岩場の片隅に腰を下ろし、行動食を軽くつまみました。
ガスの合間に美しい稜線が続いているのが見えています。地図を確認したら、それが明日歩く予定のルートみたい。
わぁ、これは明日も楽しみだなぁ
(実は翌日もここ仙丈ケ岳に登頂するのですが、この日は高度順応も兼ねて一度登っておいたのでした)

さぁ、今日はここまでにして、宿泊予定の山小屋へ下りることにしよう。
本日の宿は、山頂直下の仙丈小屋・・・は満員のため、そのさらに下にある馬の背ヒュッテです。
まずは眼下に見える仙丈小屋へ一気に下降!
と思いきや、滑りやすい砂礫の急坂もあって、かなり慎重に下りなければいけませんでした

こうして下りてきた、仙丈小屋。
仙丈小屋
遠目に見ても、「ものすごいところに建ってるなぁ~」と感心してしまうのですが、こうして間近で見てもとてもキレイで立派な建物です。わぁ、ここに泊まりたかったなぁ・・・。

そして、小屋のすぐ下に勢い良く水の湧き出す水場がありました。
これがとっても冷たくて美味しいの!早速プラティパス一杯に汲んでおきました。

そこからは、出会う人の数も一気に少なくなりました。ハイマツの合間につけられた細道を、縫うように抜けていきます。
ハイマツの中の細道
ガスも濃くなってきて、少し不気味・・・思わずペースアップして進みます。

ハイマツ帯を抜けて薄暗い樹林帯に入り、しばらく進んでいくと馬の背ヒュッテへ向かう分岐がありました。
良かった、もうすぐだ!私はハイペースで分岐の示す先へ下りていきます。
そして人の話し声が耳に届くようになり、小屋まであとわずかとなった頃、突然辺り一面に黄色い花(マルバダケブキかな?)の咲き乱れるお花畑が現れましたー!
黄色いお花畑
森の中にぼんやりと浮かび上がる黄色たち・・・それはそれは幻想的な光景だったのでした

こうしてなんとか無事、馬の背ヒュッテに到着です!こちらも雰囲気のいい立派な建物でした。
馬の背ヒュッテ
小屋の前でお友達と合流すると、私は早速自分の寝床を確認しにいきました。
思えばこれまで日帰り登山を中心にしてきて、山小屋に泊まるのって富士山以来なんだよね。どんなところなんだろう?ちゃんと寝れるかな?とドキドキワクワク。
この日はやはりそれなりに人は多いようで、私が割り当てられた大部屋では、布団2枚を3人で使うような感じでした
でも私の隣はちょうど柱になっていてスペースがぽっかり空いていたので、感覚としてはほぼ1人分。精神的な圧迫感はありませんでした。ラッキー

この日は素泊まりだったので、小屋の外にあるテーブルで自炊をすることにしました。
まずは夕飯前の軽食として、先ほど仙丈小屋で汲んできた冷たーい湧き水とスキムミルクで作ったシリアルを。これがとっても美味しかった!
シリアルいただきます☆

それから少しゆっくりして、今度は早目の夕食。(次々食べすぎ?・笑)
アルファ米を戻してレトルトの丼の素と、いんげんを混ぜて頂きました
ここで悟ったのは、尾西のアルファ米 白飯(1袋がご飯茶碗大盛り1杯分って書いてある)は女子にはちょっと量が多いということと(苦笑)、いんげんは日持ちもするし調理も簡単で山ごはんの自炊にはかなり使える食材だってことでした。

こうして夕食を食べ終わる頃には日もだいぶ傾き、肌寒くなってきました。
見上げる空は徐々に色を濃くし、夕日に染められた夏の雲はまるで生きもののようにむくむくと形を変えていくのでした。
こんなにも穏やかな1日の終わりを、山で迎えることができるなんて
うん、今日はとってもいい日だったな。

明日も、いい日になるといいな。

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.08小仙丈ケ岳~仙丈ケ岳~大仙丈ケ岳 三姉妹縦走登山 【2日目】(3)

小仙丈ケ岳~仙丈ケ岳~大仙丈ケ岳登山、【1日目】(1)(2)の続きです。

私の南アルプス2日目の朝は、いかめしい兜のような甲斐駒ケ岳をまぶしい赤に染め上げて、ゆるゆると空へ昇っていく太陽から始まりました。
南アルプスの朝焼け

夕べは消灯時間を迎えてもまだまだ喋り足りないおじさまもいらっしゃったりしてなかなか寝付けませんでしたが(苦笑)、耳栓のお陰か?いびきコンサートも思ったほど気にならずに済みました。細切れながらも睡眠を取ることはできていたようで、身体はとても軽いです

今日は同宿のお友達と同じコース。仙丈ケ岳に登頂し、そこから仙塩尾根を辿って大仙丈ケ岳へ向かいます。
行程は長いですが、昨日仙丈ケ岳の山頂から見たあの美しい稜線を歩くんだと思うと心が躍ります

さぁ、出発!仙丈ケ岳の山頂までは昨日1度通った道なので、勝手がつかめている分歩きやすく感じます。
昨日はガスっていて遠くの景色は望めませんでしたが、今日は林の中からでもこんなに幻想的な光景をちらりと望むことができました。
甲斐駒ケ岳を望む

そしてハイマツ帯へ出ると、今度は前方の景色が開けました。
仙丈ケ岳山頂方面の景色
昨日の小仙丈カールも美しかったけど、こちらの藪沢カール側の斜面もなんて素晴らしい光景なんだろう。
甲斐駒ケ岳の荒々しい山容とはちがって、仙丈ケ岳のそれはとても女性的に感じます。
まさにこの山は、「南アルプスの女王」だね

この先で砂礫の広場のようになった場所を通りかかったのですが、驚くほど遠望がきいてびっくり
ぼんやりの霞のかかる地上の世界から、黒々とした山並みがまるで浮かび上がるようにして続いているの。
これから先の見晴らしにも期待大!

こうしていよいよ、仙丈ケ岳の山頂へ向けた登りに差し掛かります。
大きな岩が転がる道は、寝起きの身体にはなかなか堪えます・・・
岩がちな道を登って・・・

そして、なんとか仙丈小屋へ到着!
仙丈小屋

小屋の周りは広場になっていて、テーブルやベンチもいくつか設置されています。
ここからの景色が、本当に素晴らしい・・・

・・・というわけで、
展望カフェでミルクティー!
展望カフェでミルクティー、いただきまーすっ!

やはり気温は低いようで、腰を下ろすとかなり肌寒さを感じるのですが、甘くて温かいミルクティーが、胃にじんわりと染み渡ります。
それにしても、この景色。これは本当にこの世の光景なんだろうか。まるで自分が宙に浮いているみたいだよ。

少しの間景色を楽しんだ私たちは、気分も新たに山頂を目指します。
ここからも歩きづらく急な部分も多いのですが、なんとか登ってこれました。
ほら、山頂まではあとちょっとだよ!
山頂まではあとちょっと!

ここまでの道にも、高山植物の花たちが至るところで咲き乱れていました。
おはよう☆今日もよろしくね♪
今日も、花がいっぱい☆

こうして、仙丈ケ岳再登頂!
仙丈ケ岳、再登頂!
・・・実は、登頂した瞬間に、空からパラパラっと滴が落ちてきまして
まさかね。確かに雲は多めだけど、遠くの景色もこんなにキレイに見えるのにね。と心の中で否定しても、「雨女」という私の特殊能力(?)は否定することができず・・・
この標高と、明日まで登山を続ける計画であることから、早めに雨対策をすることにしてレインウェアとザックカバーを早々に装備しました。

ところが、「雨対策を万全にすると雨が上がってしまう」というのも雨女の能力なわけでして・・・(苦笑)
あっという間に雨は上がり、この後降ることはなかったのでした

こうしてしばらく山頂からの景色を楽しんだり、写真を撮ったり、地図を確認したりして過ごしていたのですが、何組もいた登山客が一斉に斜面を指差してカメラを構え始めたので、何だろう?と近付いてみると・・・

あああああ――っ!!雷鳥だ――っ!!
ママ雷鳥♪

山頂直下、すぐ手を伸ばせば届きそうなほど近くに、ひなを何羽も引き連れたママ雷鳥がとことこ歩いているではありませんかっ

ち、近すぎる・・・!かわいすぎるーっ!!
半ば取り乱しながら、写真をばしばし撮りまくる私。(苦笑)

ひな雷鳥もかわいいいいいいい――!!
ひな雷鳥♪
でもやっぱり雷鳥のひなはウズラに見える・・・というのは心の中にしまっておいて、と。

雷鳥親子はそのまま仙丈ケ岳登頂を果たし、道なき道を下山して行かれました。
まさか今回雷鳥に出会えるとは思ってもみなかったなぁ。あぁ、本当に幸せ

心臓のドキドキをなんとかおさめたところで、私は再び辺りの景色を見渡しました。

先ほど登ってきた道を振り返る。小さく仙丈小屋が見えるのが分かるかなぁ?
来た道を振り返る
雲の上に突き出す、黒々とした山並みの光景。
そのあまりのスケール感と高度感に、言葉を失います。
私は本当にここまで、南アルプスまで来てしまったんだなぁ・・・。

そして顔を上げれば、さらに圧倒される光景がそこにありました。
北岳と富士山
目の前に悠然と構えるのは、日本第二の高峰、北岳。
その背後に聳える美しい山容・・・あれは日本最高峰、富士山ではありませんか!

すごいよ、ここ、すっごい。
やっぱり雲の上には、すっごい世界があるよ。
私は全身に鳥肌が湧き立つのを感じました。

今日も1日、どっぷり雲の上の世界で生きてきます!
南アルプスの皆さん、どうぞよろしくお願いします

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。