スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.03日和田山登山(2)

日和田山登山、(1)の続きです。

鳥居の前で低山とは思えないほど素敵な眺望を堪能した私達ですが、あそこが頂上というわけではありませんでした(笑)
そこから少し登ると、日和田山頂に到着です~
日和田山頂
ここからも一部が開けて、遠くの街まで望むことができました!

こうして日和田山登頂を果たしたわけですが、これで引き返すには物足りない。
キレイに整備された登山道を、このまま先へ進んでいきます
物見山への道

そして、物見山頂もGET!!
物見山頂

ここまでの道のりで何人かとすれ違ったのですが、手ぶらの人が多くてビックリしました
近くに住んでいる人たちはお散歩感覚で毎日登っているのかも。"裏山のある環境"に憧れます・・・。
ただ、歩きタバコの人もいて、気付かずに思いっきり煙を吸い込んでしまいむせてしまいました
山ではキレイな空気を吸いたいなぁ・・・

気を取り直して、先へ進みます。
再び山道

そして北向地蔵に到着!
赤い帽子とよだれかけ?がかわいい文字もかわいい・・・なんて書いてあるんだろう?
北向地蔵

北向地蔵を過ぎると、後は武蔵横手駅に向けて下山するのみ。
・・・と思っていたら、ここからが意外と長かったんだけど(苦笑)

集落には梅?桜?(いい加減違いを覚えたい・・・)がキレイに咲いていました。
花の香りがふんわり漂ってきて、本当に癒されますね~。
春ですね~

こうしてようやく武蔵横手駅までたどり着いたのですが、ここは高麗駅と比べると小さくて、周囲にも食事処が見当たりませんでした。
電車も30分に1本ぐらいなので、改札手前のベンチに腰掛けてひたすら待つ。。。
あまりに暇だったので、飯能駅周辺に美味しいお蕎麦屋さんがないかなーと携帯で検索したところ、良さげなお店がHITしました!

というわけで訪れたのが、飯能駅近くにある竹むらっていうお蕎麦屋さん。
竹むらの蕎麦
ここ、美味しい!ほんのりゆず皮の香りが効いてるし、天ぷらの衣も美味しいの
今度また飯能に寄ることがあったら、また食べに行きたいな~と思いました。

日和田山は低山でありながら素晴らしい眺望があり、家族連れでも楽しめる整備された登山道から荒々しい男坂までが凝縮された登りごたえのある良い山でした。
そして地元の人にも、遠方の人にも親しまれ、愛されている山だなぁと感じました。

また是非機会をみて登りに来たいと思います

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
高麗駅(8:05)→日和田山登山口(8:25)→男坂・女坂分岐(8:33)→金刀比羅神社(8:47)→日和田山頂(9:05)→物見山(9:50)→北向地蔵(10:30)→武蔵横手駅(12:00前ぐらい?)

◆周辺の天気予報
巾着田周辺のYahoo!天気情報

◆水場とトイレ
トイレは登山口にすごくキレイなトイレと、駒高集落に公衆トイレあり。駒高のトイレは水洗じゃないんだけどキレイだった(2008.03時点)
水場は男坂に入って岩場が始まる直前に1箇所。駒高集落には自販機や茶店があったと思う。
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
▼関連ワード
日和田山
飯能
高麗
巾着田

2009.03日和田山登山(1)

日和田山(305m/日高市)・物見山(375m/日高市・毛呂山町)

今日はワイルドさんと電車でお気軽登山に出かけました
高麗(こま)駅前の将軍標を横目に、日和田山へ向けて歩き始めます。
高麗駅前のポール

地図を頼りに20分ほど歩くと、登山口に到着です!
日和田山登山口

登山口周辺はすごくキレイに整備されていて、ちょっとしたあずま屋やトイレもあります。
道はふかふかのウッドチップ舗装で、とっても歩きやすいです
・・・でも、出だしは意外と急勾配。早速アキレス腱が伸びる伸びる(笑)

10分ほど歩くと、男坂・女坂の分岐にぶつかりました。
男坂・女坂の分岐
合流地点の金刀比羅神社まで、右の道は女坂、左の道は男坂を経由します。
私は女子ですが男坂を選びました(笑)

男坂を選んでほどなく、あれほど歩きやすかった道が突然荒々しい岩場に変わります。
男坂
ここから男坂の本領発揮ですね!

道はどんどん険しさを増して、ついには大きな岩壁まで登場しました。
鎖なしの岩場!
ここは鎖が付いてないんだけど、「鎖を付けるほどでもない岩場」というのではなく、「鎖を付けない方針の岩場」といった方が正しいかもしれません。今まで登った鎖場より豪快でしたから
ただ、足がかり手がかりは豊富にあるので、怖さはなくてむしろ面白い!全身使ってよいしょ、よいしょと登っていきます。

そして岩場を登りきると・・・・・・・
鳥居がどーーーーーーーーーーーん!!
鳥居がどーん!
わあぁぁぁすごーい!!

鳥居の上に回りこんで、眼下を眺めると・・・
鳥居からは巾着田が
鳥居ごしに巾着田が見えるんです

鳥居横にある岩には、こんな案内がありました。
色んなものが見えます!
この時も右手にうっすらと富士山が見えました(写真では撮れなかったけど
それから左の方に視線をうつすと、のどかな里山の風景を越えた向こうに、蜃気楼のように都心のビル群が浮かび上がって見えました~。
鳥居が見ている景色
この鳥居は毎日ここで、こんな素晴らしい景色を眺めているんだなぁ~・・・

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
▼関連ワード
日和田山
飯能
高麗
巾着田

2009.03大山三峰山登山(2)

大山三峰山登山、(1)の続きです。

雨だけでなく、徐々に傾斜もきつくなってきました~
次々と現れる鎖場を、1つずつ慎重に登っていきます。
鎖場がいっぱい

やがて、明るい道に出たかと思ったらこんなやせ尾根が!
やせ尾根

鎖場越える→やせ尾根崩れてる→橋で渡る
これはすごい!面白い!!一気にテンションが上がります
こんな道も・・・

そうこうしていたら、なんと頂上に到着~(実際は頂上みたいな場所がいくつかあって、「ここかな?」「あれっ違うの?」とか言いながら登り降りして思ったより歩いたんだけど
大山三峰山頂!
「1時間登ったら引き返そう」って言ってたのに、そこから1時間かからず登頂してしまいました(苦笑)

優しいチャロさん・・・私のことをものすごい美白で撮ってくれました(笑)
背景がまるで雪山のように真っ白に・・・
すっごい美白・・・

ふと気付いたら、雨はもう上がってました。
どんどん空が明るくなって、白い雲の塊から黒い山々が顔を出し始めています。
山頂は木の枝に隠されて展望は開けていないんだけど、その合間には墨絵のような素敵な景色が広がっているのが見えましたよ~

そして私達は山頂で軽食をとりながら一休みした後、下山開始。
山頂直下の少し開けた場所から、街の景色が一望できました!
山頂直下からの景色

それからやせ尾根を越え、鎖場を慎重に降り、ヒルの住むキャンプ場跡地は早足で行きすぎ、真っ暗なトンネルをふわふわした気分で通り抜け、スタート地点の車止めゲートに到着~。
近くの温泉へ向かう車窓からは、真っ青な空とまぶしい太陽が見えました。

露天風呂に浸かりながら、「山の天気について」と「自分の雨女っぷりについて」をしみじみ考えたのはいうまでもありません。
大山三峰山は展望があまり望めないですが、その道の面白さで十分登りごたえのある山だと思いました!
今度は晴れた日に登ってみたいです
あっ、もちろん・・・・・・・ヒルのいない時期に。(苦笑)

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
車止めゲート(8:15)→山ノ神トンネル(8:25)→キャンプ場跡地(8:50)→三峰山頂(10:25)→キャンプ場跡地(12:20)→車止めゲート(13:00前ぐらい?)

◆周辺の天気予報
厚木市七沢のYahoo!天気情報

◆水場とトイレ
トイレはトンネルの手前とキャンプ場跡地にあり。仮設っぽい見た目だけど中はキレイ。手洗い水道はなし。
水場は不動尻の先にあると本に書いてあるんだけど、気付かず。。。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
▼関連ワード
大山三峰山
ヤマビル

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。