スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.01扇山~百蔵山ひとり登山(3)【百蔵山編】

扇山~百蔵山ひとり登山、【扇山編】(1)(2)の続きです。

大久保山を越えた辺りから、快適だったはずの道は急激な下り坂へと姿を変えました。
とにかく傾斜がきついっさらに、路面には乾いた落ち葉がそこかしこに積もっていて、すごく滑りやすいんです
あまりの歩きづらさに思わず立ち止まり、延々と下っていく先を見下ろしながら、思わず「参ったなぁ・・・。この坂、すごすぎるよ・・・」なんてこぼしてしまいます。
この感覚は、小学生の時のスキー旅行で、間違えて上級者コースに行ってしまった時以来かも

こうしてダブルストック(シナノ VIP-CARBON)をフル活用しながら、慎重に坂を下り始めた私。
何度か落ち葉や砂状の土にズルッと足を取られながらも、なんとか転倒は免れることができました
やがて、険しい下り坂の合間に比較的歩きやすい道も混ざるようになってきたので、道の状態の良いところではペースアップして進むことができるようになりました

さすがにこの道を通る人はほとんどいないとみえて、辺りには人の気配が全くありません。
だけど、こうして所々に指導標があるから道案内はバッチリですね

・・・って、

真っ白な指導標!?

行き先真っ白・・・

気付けば、梨ノ木平から扇山までの道に比べて、踏み跡も薄くなってきているみたい。
踏み跡が若干分かりづらくなってきました
人が少ないこともあるので、ここは慎重に・・・。地図や踏み跡を何度も確認しながら進みました。

それから、道は薄暗い植林の中へと入っていきます。
誰もいない細道は、まるで2つの山を結ぶ「秘密の抜け道」のよう。
ちょっとのわくわく感と、ほんのりとした孤独感を胸に、歩を進めます。
「秘密の抜け道」を進む

こうしてしばらく歩いていたら、突然脇の林の中から「ガサガサッ!!」と物音がしましたっ
なっ、なに!?熊なのっ?
立ち止まって薄暗い林の奥へ目をこらすと、どうやら中型の鳥たちが地面に下りて、うろうろと歩き回っているようでした。
あぁー・・・びっくりした・・・。私は足早にその場から離れます。
「森のくまさん」って歌があるけど、ある時ばったり熊と出会うとしたら、こんな道かもしれないなぁ
そこからしばらく、私の頭の中で「森のくまさん」のメロディーが延々とリピートされることになるのでした(苦笑)

そして、
「ふぅ・・・ちょっとお菓子でも食べようかな。」
と、立ち止まってザックを下ろしていたら、再び後ろの方から「ガサガサッ!!」という物音がっ
ギャ――ッ!!!ついに、森のくまさんが・・・・

と心臓の止まる思いで振り返ったら、なんとそこにいたのは人間、しかも単独行の女性でしたっ
「こんにちはー・・・」
その女性が私を追い越す時に挨拶を交わしたのですが、きっと私はお化けでも見たような顔をしていたに違いありません
だって、扇山からここまで、一部慎重にならざるを得ない急坂があったものの、それ以外はかなりハイペースで歩いてきたんです。
私の心のアンテナが届く範囲には、さっきまで誰の気配もなかったし・・・。
うーん、とっても歩くのが早い人なんだなぁ。山のベテランさんなのかもしれないなぁ。

ともかく、出会ったのが人間で良かった。さらに言うと、女性で良かった・・・。この時正直ホッとしました。
1人で歩いていて「怖い」と強く感じたのは、これが初めてのことかもしれません
その意味でも、今回この道を歩いたことはいい経験になったと思います

それから、お菓子と飲み物をチャージして、再び歩き始めた私。
道は徐々に明るさを取り戻してきました。どうやら「秘密の抜け道」は無事越えることができたみたいだね
少し明るくなってきました

そして、木々の合間にこんな景色が開けるようになりました!
向こうに山が見える!
わぁ、これすごい山を縁取る木々がすっかり葉を落として、まるで坊主頭の男の子みたいに山の地肌(?)が透けて見えてるよっ(笑)

アップにしてみると・・・ホラ!
稜線のアップ
わぁぁ、面白いなぁー

それから、こんな細い道も通ります。
細い道

木々の向こうに望む景色も、さらに良くなってきました!
景色も良くなってきました

いよいよ山頂が近付いてきたのか、勾配も徐々に増してきました~
一面に厚く積もった落ち葉と、両脇から覆いかぶさるように伸びてくる低木の枝たちに阻まれて、歩きづらさも増しています。
落ち葉が増えてきた
やっぱり、この道は人があんまり通らないのかもしれませんね。
今は枝だけだからいいけど、夏になったらちょっと藪っぽくなってしまうのかも

そして、ついに最後の急登に差し掛かりました~!
な、何これっ!!きつすぎるよっ
最後の急登!
ごつごつした岩の露出する斜面をびっしりと落ち葉が覆い尽くしていて、足をかけてもまるで砂山のようにズルズルと滑ってしまうんです
何とか足場を探して身体を持ち上げますが、かなりの急勾配に息も絶え絶え・・・。少し登っては立ち止まり、また少し登る・・・というのを繰り返しながら、少しずつ高度を上げていきました
すると上から、まるでグリズリーでも駆け下りてきたかと思うほど豪快にばっさばっさと落ち葉を掻き分けて、登山客2人が半ば滑り降りるような勢いで下りてこられましたー。

うわぁー・・・この道は登りもきついけど、下りに使うのはさらに厳しそうだなぁ

挨拶を交わして彼らとすれ違った後、私はまだ終わりの見えない急坂を見上げます。
なんだかとんでもない道に出てしまったけれど、果たして無事に山頂までたどりつけるのでしょうか・・・。

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.01扇山~百蔵山ひとり登山(2)【扇山編】

扇山~百蔵山ひとり登山、【扇山編】(1)の続きです。

ちょっとしたトラブルでスタートが遅れてしまったものの、何とかペースアップして大久保のコルまで登ってくることができた私。
ここから扇山山頂までは、広くてなだらかな尾根道を進んでいきます。
気持ちの良い尾根道
あぁ、こういう道、すごく好きだなぁ
何てことのない道のようだけれど、ただ歩いているだけで、胸の奥からわくわくが溢れてくる。
たまらなく嬉しくて、訳もなく楽しくて・・・このままずーっと歩いていたくなる。
私の好きな道って、そんな感じなんです
しかもそれが苦労して登ってきた先にあると、喜びも2割増なんだよね

そんな素敵な道を快適に歩いていくと、林を抜けて広場に出てきました~。
ここまでほとんど見かけなかったけれど、沢山の登山客が腰を下ろしてのんびり過ごしている様子が目に入ります。

ってことは、ここが・・・

扇山山頂

やったぁ!扇山山頂だぁっ

天気も最高!気分もサイコー!!
まるで夏みたいな青空だね
まるで夏みたいな青空!

この時の時刻、11時少し前。
出発が1時間遅れてしまったものの、梨ノ木平の登山口までタクシーを使ったことと、少しペースアップして登ってきたことが幸いして、当初の予定通りの時間に登頂を果たすことができたのでした~
ふー、良かったぁ

そして、今回一番見たかったこの景色。
扇山からの富士山
幾重にも連なる山並みの向こう、ちょっと雲に隠されてはいるけれど、その美しい姿ははっきりと望むことができます。
今年初めての富士山を前にして、心の底まですぅっと透明になるような、そんな感覚を覚えました

扇山の広い山頂、富士山方面の視界はこんな風にかなり開けているんだけど、他の方角の景色も、木々の合間に広く見渡すことができるんです。
町の景色も望めます

私はしばらく山頂をウロウロしながら景色を楽しんだ後、富士山の見える方向に腰を下ろして少し休憩しました
なんとか遅れを取り戻せたので、ここからは余裕を持って先へ進むことができそう
ふぅ・・・本当に今朝はどうなることかと思ったなぁ

それからしばらく、近くにいらっしゃったご夫婦とお喋りしたり、富士山とツーショットで写真を撮ってもらったり。
富士山とツーショット

富士山にかかる雲はゆったりと流れていて、もう少し待てば富士山から離れていきそうにも見えました。
でも今回は次なる山、百蔵山(ももくらやま)からも素晴らしい富士の景色が眺められるんですよね。
というわけで、
「それじゃぁ、この続きは百蔵山から見てきます!」
お話相手をして下さったご夫婦にそう告げると、私は扇山山頂を後にしました。

それじゃ、またねっ
扇山山頂を後にします

こうして私は再び、気持ちの良い尾根道を気分良く下っていきます。
再び、尾根道

そしてあっという間に大久保のコルまで戻り、そのまま百蔵山方面へ直進します。
するとすぐに、大久保山(1,109m)の山頂までやって来ました~。
大久保山
快適、快適。この調子で百蔵山まで行ってみよう

ところが・・・
ここから、信じられないぐらいハードな急下降が始まったのでした

ここから突然の急降下!

あのー・・・この下り坂、急すぎて先が見えないんですけどっ!?

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.01扇山~百蔵山ひとり登山(1)【扇山編】

扇山・百蔵山(1,138m・1,003m/山梨県大月市)

今回のルートマップはこちら(ルートラボ)

2010年初めての山歩き
1年のスタートにふさわしい山として、私は大月市にある扇山と百蔵山の縦走を選びました。
2009年最後に登った高川山で、残念ながら望むことのできなかった富士山の姿を今年こそ拝みたい!って思ったのと、このエリアの山々が持つ雰囲気に、心惹かれるものがあったからでもあります。

乗客もまばらな河口湖行きの列車の中で、ゴトンゴトン・・・というどこか懐かしい振動に身をゆだねながら、私は携帯で母宛てにメールを打っていました。
「山頂でもし電波が入ったらメール送るね。もし圏外だったら下山してから連絡します。」
そのメールを送信し終えると、列車は今回の下車駅である鳥沢のホームへと滑り込みます。
「おっ、着いた着いた~♪」
私はザックをよいしょ、と背負って、列車を降りました。

えぇと・・・ここで私、今まさに使っていた携帯電話をなぜか列車内に忘れるというおばかなことをしでかします

周辺の人々を巻き込んで大騒ぎした挙句、なんとか携帯は取り戻すことができたのですが、この一件のお陰で出発予定時刻を1時間も過ぎてしまいました
関係者の皆様、新年早々お騒がせしてすみませんでしたっありがとうございました・・・。


・・・と、いうわけで・・・。
歩き始める前から大幅なタイムロスをしてしまった私は、遅れた時間を取り戻すためにタクシーで登山口の梨ノ木平まで行くことにしました
本当は歩いて行くはずだった道のり、1人タクシーだなんて随分と贅沢をしたものですが、背に腹はかえられません。

こうしてようやく、梨ノ木平から登山開始ですっ
梨ノ木平

扇山への道は、家族連れからわんこまで、多くの人が歩いているようで、しっかりと踏まれて歩きやすいです。
だけど、意外と勾配がきついんですよね・・・。
扇山へ向けて出発~

いつもより少しペースを上げて歩いていることもあり、かなり息が上がります
だけど、周りの景色を楽しむことは忘れてはいませんよ~。

ホラ・・・見て。これ何だか分かるかなぁ?
キラキラ輝く氷の粒
足元の丸太に張り付いていた氷の粒たちが、木漏れ日を受けてまるで宝石みたいにキラキラ輝いてるの
あぁ、キレイだなぁ・・・

ほどなく、水場も現れました~。
水場
今回は飲み物を十分に持参していたので、そのまま進みます!

するとすぐに、小さな祠と出会いました。
山ノ神の祠
私はいったんザックを下ろして、今年初めてのお参りをします。
今年も素敵な山々と出会えますように。事故なく楽しい山歩きが出来ますように・・・。

そして、再び林の中の道をぐんぐん登っていきます。
林の中を登っていきます

やがて、辺りの景色は薄暗い植林から冬枯れの雑木林へと変わり始めました。
ますます明るさを増す視界の先に、時折遠くの山並みが開けるようになります。
時折開ける視界
わぁ・・・今日は天気が良さそうだなぁ
これなら、きっと山頂から富士山の姿もはっきり見れそう。今度こそ、だね

こうして冬の陽だまりの中を気分良く登っていく私。
冬枯れの明るい山道

登り始めた時には、家族連れなど登山者が数組いらっしゃったのですが、少しペースが速めだったためか、いつの間にか1人になっていました。
自分の息遣いと足音だけが響く、とても静かな山歩き。
青空が見えます!

こうしてなかなか急な坂を登り切ると、こんな分岐の標識にぶつかりました。
ここが「大久保のコル」だね。
大久保のコル

私はひとつ息を吐くと、右の道へと進路をとります。
富士山の絶景が待つという、扇山の山頂までは、あともうひと頑張り!

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。