スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.04鳴神山登山(2)

鳴神山登山、(1)の続きです。

季節外れの積雪と急坂に苦しめられ、一時は「撤退」の2文字が頭に浮かぶような状況にも陥りましたが、なんとか鳥居のある広場へと登ってくることができた私たち。

そして、その先にある坂をひと登りすると・・・
やったぁ!鳴神山山頂だぁ
鳴神山山頂

辺りは明るく開け、雪もほとんど残っていません。
そして、つぼみをいっぱいにつけた低木の小枝たちの向こうに広がるのは、なんと!

ものすごい絶景なの――っ!!

山頂からの絶景!

昨日の雪たちは、ここ鳴神山だけでなく辺りの山々にも満遍なく降っていたみたいです。
春を待つ裸の枝たちと常緑の植林たちが描く模様の上に、まるで粉砂糖をふりかけたかのような山々の姿。それは絵画のように美しいものでした
すごーい、キレイだなぁ雪道の登りには苦労しましたが、その雪が辺りの景色にさらなる美しさを加えてくれたのかもしれないですね。今までの心身の疲れが吹き飛ぶ瞬間でした

動画も撮りましたので、よろしければご覧下さい
[広告] VPS
実はこの動画を撮影する時、近くにおじさまが立っていらっしゃったのですが、なぜか私が録画ボタンを押すたびに「あれは○山だー」と言いながら指差すもので、画面一杯におじさまの腕が写り込んでしまい・・・5回目の挑戦でようやく景色を撮影することができました(苦笑)
ですので、ちょっと急ぎ気味でカメラ動かしてます。(手ブレですみません

ここからの見晴らしは本当に素晴らしいものだったのですが、私たちがやや遅れをとったためか、さほど広くはない山頂は足の踏み場もないほどの大混雑だったんです
山頂で軽食でもとろうかと思っていたのですが、座る場所もなさそうなので、私たちはそのまま下山することに

さぁ、どのコースを通ろうか。
地図を見ながら辺りを少しウロウロしてみると、こんな看板を発見!
赤城山方面 眺望ヨシ

「赤城山方面 眺望ヨシ」
それは行ってみるっきゃない
こうして矢印の示す方向へ少し進んでみると・・・

確かに眺望ヨシ!

わぁぁぁぁー!!

こちらもまた素晴らしい景色!茶色と濃緑のシマシマが遥かに続いています
こちら側には雪はほとんどついてないみたいだね。

こうして鳴神山からの景色を満喫した私たちは、下山ルートを行きとは違う北側の沢沿いルートに定め、歩き始めました。

また徐々に雪が増えてきた~
また雪が増えてきた・・・
ここからしばらくは、雪の積もった滑りやすい道を、慎重に下ることになりました。

これは途中で見かけた木なんだけど・・・何か彫ってあるね?
文字が彫られた木
はっきり読めないけど、道案内とかじゃなくて落書きみたいだね

それから再び、私たちはカッコソウの保護地になっている坂を下っていきます。
こちらのルートは、登りに使ったルートに比べて雪は少ないみたい。良かったぁ~・・・
カッコソウ保護地の斜面

実は、諸事情あってこの下山ルートをある団体の方々とご一緒することになりました。
その団体さんは相当なハイペースで下山されていて、私の山の歩き方とはちょっと違うなと思ったのですが、これまた「諸事情」により、最後まで団体を離れることができなかったんです(苦笑)

私は急いでついていきながら、ずっとこんなことを考えていました。
もったいない。もったいないなぁ・・・。
こんなに森が深くて、立派な木々や、小さな花々がそこらじゅうに溢れてて、雪解け水で勢いを増した美しい沢があって・・・清々しい山の空気があって・・・
なのになんで私は、こんなに急いで歩いてるんだろうなぁ・・・。
残念だなぁ・・・

でも!私の山歩き、残念なままでは終わらせないよっ!
というわけで、途中からは気を取り直して、時々辺りの景色を見回す時間をこっそり作るようにしました~(苦笑)

じっくり見れなかったのは残念だけど、この森は本当に素敵だったの
この写真、左下にピンク色の人が写っているのが分かるかな?この木の大きさには圧倒されました。
人と比べると、大きい!

しかも、こういう大木が至る所に立っているの。
大木が立ち並ぶ森

この山に登り始めてすぐに気付いた、森の「気」の濃さ・・・。こちらのルートでも強く感じることができました

そして私たちは、何度も渡渉を繰り返しながらどんどん高度を下げていきます。
清冽な雪解け水に、思わず目を奪われ・・・るんだけど、前方から「早く来い」という無言のプレッシャーが・・・(苦笑)
水量豊富な沢

こうして最後はだいぶへとへとになりながら、森を抜け、車道を経由して無事に駐車場へと戻ることのできた私たちなのでした~。
だいぶ下りてきました~

鳴神山はとても自然が豊かで、人気があるのもうなずける素敵な山でした
きっとこのあとの季節には次々と花が咲いて、もっと大勢の登山客の心を和ませてくれるんだと思います。
私自身は、登りでは積雪に苦しめられ、下りでは急ぎ足になってしまって、この山を十分に楽しむことができなかったのが少し心残りですが、また今度、しっかり作戦を練って訪れるんだという新たな目標につながりました
ご一緒させて頂いた団体のリーダー様には、最後までご案内頂き感謝です!
(きっと頼りなさそうなのがヨタヨタ歩いていて心配をおかけしたものと思います

そして今回、もうひとつ分かったこと。
私にとって、「登って下りること」が登山じゃないんだってこと。
もっと「過程」を楽しみたい。自然の中で、色んな生き物たちと同じ世界を共有しながら、全身で山を感じたい。
やっぱり登山は、楽しくなくっちゃ!ね

それでは鳴神山さん、また・・・そう遠くない「いつか」にお会いしましょう!

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
駐車場(8:52)→一旦舗装道へ(9:21-9:25)→カッコソウ保護地の看板(10:03)→鳥居の広場(10:09)→鳴神山山頂(10:23-10:40)→赤城山方面眺望ヨシの場所(10:42)―ひたすら下って→車道に出る(11:52)→駐車場(12:00)

◆周辺の天気予報
群馬県桐生市梅田町周辺のYahoo!天気

◆水場とトイレ
トイレはコース中にはない。登山口に向かう途中にコンビニはあり。
水場があるとガイドに書いてあるんだけど、分からなかった。持参かコンビニ調達が無難!?
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.04鳴神山登山(1)

鳴神山(980m/群馬県桐生市)
今回のルートマップはこちら(ルートラボ)

この日、柄杓山でお花見を楽しんだ私たちは、そのまま車で鳴神山登山口へ移動しました。

今回、柄杓山だけでは行程が短いので、そこから吾妻山~鳴神山を結ぶ「桐生アルプス」の縦走路へ上がろうかとも考えたんです。
ですが、そうなるとかなり気合いを入れないといけなさそう(なのと、トイレがなさそう)なので、無理せず鳴神山だけ登ることにしました

私たちは、手持ちのガイドで「木品登山口」と書かれている、鳥居のある駐車場に車を停めます。
駐車場のある鳥居
しかし、ここでびっくり!
先ほどの柄杓山では人の姿をほとんど見なかったのですが、この駐車場はほぼ満車状態。運良く空いていた残り1台分のスペースに車を滑り込ませると、後からも続々車が上がってきました。
ふー・・・ギリギリセーフだね

こうして私たちは手早く準備を済ませると、山頂目指して歩き始めました。
歩き始めます
桜や椿の花がいっぱいに咲き乱れる舗装道を少し登ると、道はいよいよ山道へと変わります。
先行者はずっと先に行ってしまったようで、駐車場のにぎわいが嘘のように静かです。

辺りは見事なほど真っ直ぐに伸びた木々がずらりと立ち並んでいて、目がくらみそう!
見事な杉林

こんなに木々の密集する森の中にも春の陽射しは一杯に入り込んで、光と影の美しい模様を描き出していました。
光と影の模様がキレイ
なんだろう、なんだろうな・・・。この森、すごく空気が濃い。
木々や水や、土たちの息遣い・・・そんな森の「気」を強く感じました。
それは以前、屋久島の森へ入った時に覚えたものと近い感覚。まだこの山に入って数分だけど、その名前に「神」という字がつくこと、なんとなく頷けます。
これから、もっともっと奥に入っていったら・・・一体この山はどんな世界を見せてくれるんだろう。
ワクワク半分、鳥肌に近い感覚半分で歩き進めます。

すると予想外に、道が一旦舗装道へと変わりました~!
一旦舗装道へ。
これには「あれっ!?」と拍子抜けしてしまいましたが、その直前にかなりぬかるんだ部分があったので、歩きやすくなってほっと一息。

そして舗装道はすぐに終わって、再び山道へ入ります。

すると・・・

向こうの斜面に、雪!

「わぁ、向こうの斜面にうっすら雪がついてるよー!?

この地域は前日にずっと雨が降っていたようなのですが、どうやらここ鳴神山ではそれが雪に変わっていたみたいなの。後でちらっと聞いたのですが、この時期の積雪はやはり異例のことのよう。
さっきまで桜の花を眺めて春を感じていた私にとって、この景色はあまりに唐突すぎて、目を疑うべきものでした。

そして、恐れていたことに・・・

登山道にまで雪が現れ始めましたー!!
登山道にも積雪・・・

想定外の春の雪。油断して軽アイゼンすら持ってきていなかった私の心の中に、むくむくと不安の陰が頭をもたげてきました。
どうしよう・・・。でも、この程度の積雪であれば、まだ大丈夫かな。

しかし、標高を上げれば上げるほど、雪は深く、傾斜はきつくなってきました~
これは振り返っての撮影。滑りやすく、かなり歩きづらい道になってしまいました・・・
雪が深くなってきました~

これはいつスリップしてもおかしくないよ・・・。たとえ、もし登り切れたとしても、この道を下りで使うとしたら・・・かなり危険かも。

私は前を行く友達に声をかけました。
「あのさ・・・もう少し登ってみて、もしこれ以上雪が深くなるようなら今日は引き返した方がいいと思う。」
「えぇー?別に大丈夫でしょ。」
私の提案を軽くかわして、さらに先へ進んで行く彼の後ろ姿を見つめながら、私は心に決めていました。
「これ以上は危険だ」と判断したら、私はいつでも引き返す。
それに、その時はわがままだって言われても、あなたも絶対連れて下ろす。
それが、元々登山が趣味ではないあなたを誘って連れてきた、私の「責任」だと思うから。

・・・でもこれ、引き返すにしても危険は危険だなぁ~参った・・・

こうして様子を伺いながら少しずつ高度を稼ぐうち、看板のいくつか立てられた急斜面にぶつかりました~。
カッコソウの保護地

看板によれば、どうやらこの辺りは「カッコソウ」の保護地のようなのですが、辺りは一面雪で覆われていて、もちろんそれらしき姿を見ることはできませんでした。
「カッコソウってなんだ?」
「カッコウソウじゃないんだよね?」
そんなことを言いながら通り過ぎたのですが、後で調べるとこのカッコソウ、非常に貴重な植物のようですね。
一度その姿を見てみたいなぁ。どんな植物なんだろう。

こうしてなんとか急斜面を登り切った私たち。
進むか戻るかを判断するなら今かなぁと思っていたら、神社が見えてきました!
あっ、すごく変わった顔の狛犬(?)がいるよっ
神社の狛犬?

私はここで、一旦装備を整え直しました。
暗い森を抜けたせいか、雪は格段に少なくなっています。進路の鳥居方向には地面も露出するようになりました。
雪も減った鳥居の先の道

よし、これなら先へ進めそうだね。それに、山頂まであとほんのちょっとみたい!
私は再び気合いを入れ直して、最後の登り坂に足を踏み出すのでした。
最後のひと登り!

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.04柄杓山花見登山

柄杓山(361m/群馬県桐生市)

その頃、私は毎日のように桐生市のホームページへアクセスしては、
「あぁ、まだか」「今度の週末辺りはどうだろう?」
なんてひとりごちていました。

「お花見登山」
そんなことを口にすると「前回行ったばかりじゃないか」と呆れられてしまいそう。
ですが、今回計画している桐生の山のお花見は、私の中でこれまでとは大きく違った意味合いがありました。

これまでは、「山の上から町に咲く桜の花を見下ろす」お花見。
今度の山は、「山の上に咲く桜の花を見上げる」お花見。

この春登ったいくつかの山で、見晴らしのいい場所から景色を眺めていると、向こうの山の中腹に、まるでピンク色のコサージュのように桜の花が点々と咲いているのが見えたんです。
その度に私は、
「あぁ、山を歩いていて、もし満開の桜の花に出会ったら・・・それはそれは感動するんだろうなぁ」
なんて思って、すごくワクワクしたものでした。

それから「桜の名所の山」をあれこれと調べていた私は、いくつかの候補の中から桐生市にある柄杓山(ひしゃくやま)を目的地に定めました。
もっと自宅に近くて、桜の有名な山はいくつかあったのですが・・・私に「この山へ行きたい!」と思わしめるだけの理由がその山にはあったんです。
その理由については、この後のお話で。

柄杓山に行くとしたら週末しか動けないし、車を出してくれる友達の都合や天気のこともあるし・・・
なんて考えているうちに、桐生市ホームページのお花見情報には、「柄杓山 散り始め」の情報が掲載されてしまいました!
私は大慌てで計画をまとめると、その週末に桐生へ向けて車を走らせたのです。

誰もいない駐車場の一番奥に車を停めると、そこには幻想的な光景が広がっていました。
静かな駐車場
駐車場に沿って植えられた満開の桜たちから、はらはらと花びらが舞い散っていたんです。
風もなく音もないその駐車場で、小さなピンク色が朝日を受けてキラキラ輝きながら次々に舞い落ちるその様子は、まるでダイヤモンドダストのようでした。

しばらくの間その様子を眺めていた私たちは、いよいよ柄杓山へ向けて歩き始めます。
すると、こんな案内板が。
柄杓山城跡遊歩道・・・この山は昔お城になっていたんですね。
遊歩道案内図
今日は「現在地」と書かれた場所から、三の丸跡、二の丸跡と辿って柄杓山山頂(本丸跡)を往復するコースを歩きます。
所要時間はかなり短くて、30分程度。「遊歩道」とも書かれているし、登山というより山散歩になるのかな?

こうしていよいよ歩き始めると、私たちが車を停めた駐車場の一段上に、未舗装の広めな駐車場がもうひとつありました。
そこには既に4台位の車が停まっています。もっと遅い時間になれば、お花見客でここも一杯になるのかもしれないね。

登山道(遊歩道)に入ると、辺りは木々に囲まれて展望はなくなりますが、一部に切れ間があって、向こうの山肌を見ることができました。
向こうの斜面に桜が見えます
桜がちらほら見えてるねー!とってもキレイ。

登山道には朝陽が射して、シマウマのように木々の陰を落としています。
うん、とっても爽やか~!
しましま遊歩道
・・・だけど、前日遅くまで遊んでいたという友達は、テンションかなり低めなようで(苦笑)

道はさすがに遊歩道というだけあって、とても歩きやすいです。
お城があったという当時を偲ばせるものは何も残っておらず、所々に跡地を示す看板が立てられているばかりでした。(しかもその看板すら地面に転がっているところも・・・

やがて、辺りが明るくなってきたと思ったら、こんな景色が見えてきました~!
ピンクの森!
目の高さから足元にかけて、ピンク色の森が広がっているの。すごーい
これには友達もテンションUPした模様

それからすぐに、私たちは行き止まりと思われる広場にたどり着きました。
どうやらここが山頂みたいだね。桐生柄杓山城址の石碑がありました。
(その下には、やはり「本丸跡」の看板が置いてあります・・・)
柄杓山城址の石碑


そしてここからの景色は・・・・・・!!

山頂の桜たち

すごーい!見渡す限り、桜だらけっ
見上げると、視界一杯に広がる空の青と桜のピンク。
わぁぁぁぁぁぁ・・・春だなぁ、キレイだなぁ
散り始めとのことだったけど、なんとか間に合ったみたいだね。

ここは山頂だから、桜の花ごしに眼下の街並みを眺めることもできるんです。
桜越しの景色
そう、私が今回望んでいたのは、こういうお花見だったんだよ~!
私はしばらく広場をウロウロしながら、見上げたり、見下ろしたり・・・色んな角度で「山頂のお花見」を楽しみました。

この時私たちが出会ったのは1~2人程度のカメラマンの方々ぐらいでしたが、この山頂は広めだし、ベンチなども設置されているので、これから沢山人がやってくるんだろうなぁ。

それでは、下山します

ピンク色の森を過ぎると、再び道は植林に囲まれた遊歩道に変わりました。
植林の道を下る
うんうん、でもこれがいいんだよ~!

あっという間に駐車場付近まで下りてくると、青空の下に広がるのは濃緑の森。
駐車場まで戻って来ました~
そうそう、これがいい感じなの。

なにがいい感じなのかって?
それこそが、今回私がこの山へ行きたいと思った決め手なんです。

山頂はピンク色、そして中腹から麓にかけては緑色の森で覆われるこの山だからこそ見える光景・・・。
それは、お菓子のアポロチョコみたいな山の姿なんです!

アポロチョコといえば、こんな見た目ですが・・・
アポロチョコ

下から見上げた柄杓山の姿は、こちらです!!

柄杓山全景

すごーい!!かわいいー!!

柄杓山単体はお散歩感覚で登れてしまうので、「登山」としては少し物足りないものではありますが、山頂からのお花見と、下から見上げるピンク色の山を楽しむことができて、とっても満足することができました
私の春、満喫完了

(自分用メモ)
◆今回のルート
駐車場(7:43)→山頂(8:05-8:09)→一旦車道へ出る(9:41)→駐車場(8:24)

◆周辺の天気予報
群馬県桐生市梅田町周辺のYahoo!天気

◆水場とトイレ
トイレは駐車場手前にある。
水場らしき場所はなさそうなので、持参した方が良さそう。駐車場に向かう途中でコンビニもあった。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。