スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.06磐梯山ひとり登山(1)

磐梯山(1,819m/福島県猪苗代町)

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

ある週末、土曜と日曜それぞれ日帰りで2座、南東北の山に登る計画を立てていました。
ところが土曜の朝に突然のトラブルが発生し、出発することができなくなってしまったんです・・・

とても楽しみにしていただけに、がっかりしてしばらく放心してしまった私でしたが、
こんな気持ちを抱えたまま地上で過ごすなんて、自分らしくない。今日の山は諦めるしかないけど、日曜に予定していた山だけでも登ってこよう!と気持ちを入れ替えて、ひとり高速バスに乗り込んだのでした。

こうして猪苗代駅へと降り立った頃には、時刻は既に夕方になっていました。
午後から降り続いていたという雨がちょうど上がったところで、駅前には夕日が射していましたが、向こうの空にはいまだ真っ黒な雨雲が垂れ込めていました。
だけど・・・私は見たんです。その真っ黒な空に、ひとすじの虹がかかっているのを。
それは今にも消えそうに頼りないものだったけど・・・見えるかなぁ?
虹。見えるかなぁ?
その光景を、私はまるで自分の心の中を見るような気分で眺めていました。
きっと大丈夫。明日はきっと、いい山行になるよ。

その日、私は登山口からほど近いところにある宿に泊まりました。
ザックを背負って1人でやってきた私を、宿の方々は温かく迎えてくれました。

そして翌早朝、私はしんと静まり返った宿をそっと後にしました。
ようやく太陽が起きだした頃でしたが、既に辺りは朝を告げる鳥たちの声で賑やかでした。
「そうだね、朝だね・・・。うん、分かってる。もう行くよ。」
鳥たちの声に急き立てられるようにして、私は誰ひとりいない車道を登山口に向かって歩き始めます。
登山口へ向かう

ほどなく、猪苗代スキー場の入口へとたどり着きました。
宿の方に昨夜教えて頂いたとおりに、左側へ回り込むようにしてスキー場の中へ入っていきます。
磐梯山が見えてきた!
抜けるような青空。前方には、この日目指す磐梯山がはっきりと姿を現しました

磐梯山の登山ルートはいくつかあって、比較的短い行程で登頂できる八方台ルートなどが人気のようです。
私の使った猪苗代口ルートはスキー場の急斜面を登っていくこともあり、利用する人は少ないのかもしれません。この時も登り始めに1組のご夫婦を抜かした後は、遠くに単独行の男性を認めるだけでしばらく「本当の単独行」が続いたのでした。

いよいよスキー場の急斜面に差し掛かった頃、急に下から真っ白なガスがもくもくと湧き上がってきました!
見る見るうちに白く霞んでいく視界・・・
ガスに覆われる

これはまずい。私は追いかけてくるガスを振り切ろうと、一気にペースを上げました。
実は、昨日宿の人から2つの重要な情報を伺っていたんです。
1つは、登山道にブユと呼ばれる小さな虫が発生していて、血を吸われたり目に飛び込まれたりするので、立ち止まると危険だということ。
そしてもう1つは、ごく最近、このスキー場のリフトの下で登山者らしき方の遺体が発見されたということ。
私はガスで視界を失うことの恐怖と、ブユの恐怖に襲われていました。

しかし、本来ならリフトでさっと登って、スキーでシャーっと滑り下りるような斜面。歩いて登るにはかなりキツイ急傾斜なわけで・・・
ここ最近、格段に息が上がりにくくなったことを実感していた私でしたが、この時ばかりはゼーゼーと息を荒げて、とにかく必死に「白い追っ手」から逃れようと先を急ぐのでした。
ガスとの戦い!

この斜面、どこまで続くのー!?
まだまだ続く急坂

こうしてなんとかスキー場の斜面を登り切った私。振り返るとガスたちははるか足元でくすぶっていました。
良かった、もう追ってはこないみたい。少しホッとします。
スキー場の斜面を登り切りました

ブユの不安もあるので立ち止まることはしませんでしたが、ここまでのきつい登りでも私は結構辺りの草花を楽しんで登っていたようです(笑)写りは悪いけど、花の写真が何枚もデータに残っていました。
朝露に濡れる花たち

そしてようやく見つけた、登山者向けの看板。
天の庭
「天の庭」かぁ。素敵な名前だね
この辺りは景色もだいぶ開けてはいたのですが、この時は木々の頭ごしに巻き上がる白いガスを見るばかりでした。

それから、雰囲気の良い森に入ります。土や岩の様子が、火山らしくなってきました。
誰もいない登山道を、私はどんどん進んでいきます。
雰囲気のいい森

やがて森を抜けると、景色が大きく開けました!
「わぁぁあ・・・・っ!」
青空の中の磐梯山
雲ひとつない青空に聳える大きな山の姿・・・あれが磐梯山の山頂なんだ!
その雄大さに思わず足を止めた私は、背後に"何か"を感じて、ふと振り返りました。



・・・・・・・・・え?



雲の上の世界


遥か遠く、見渡す限りの真っ白な雲の海。私はいつの間にか、雲の上の世界に立っていたんです。
それは静かな、とても静かな世界の光景でした。


あぁ・・・・・・・・・・・・・・・

私の中で、抑えていた何かの糸がぷつんと切れた気がしました。
私はそのまま、その場に両膝をついて、

・・・泣きました。


これまで何度も単独行をしてきたけれど、こんなに「孤独」を感じた日はなかった。
昨日の朝からずっと、私の心の中には真っ黒な雲が淀んでいるみたいだった。
だけど、虹は確かにかかってたんだね。

山の美しさや厳しさ、そういう色んなものを見てきたつもりだったけど、この時初めて「山の優しさ」を思いました。
こんなにちっぽけで、ひとりぼっちの私でも、山はその懐に置いてくれるんだね。
本当にありがとう。私・・・やっぱり山に来て良かったよ

美しい、光景です。

うん、本当に良かった。


【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.05浅間山(前掛山)登山(3)

浅間山(前掛山)登山、(1)(2)の続きです。

浅間山の山腹につけられた砂礫の急坂を登りつめ、山頂直下の立ち入り禁止ロープ前までやってきた私たちは、前掛山山頂へと進路を変えて歩き始めます。
シェルターの設置された荒野の向こうには、まるで襲い掛かる大津波のように岩壁がせりあがっています。まさかこんな景色が広がっていようとは、麓から見上げていた時には知る由もなかったのでした。
目指す頂へは、この岩壁の上をひたすら歩いていくんです。この想像を絶するスケール感の中にあっては、人間なんてまるでアリンコ・・・いや、ゴマつぶぐらいにしか見えません!
岩壁の上を進みます

この写真なんてもう・・・恐るべき高度感です。
ものすごい高度感!

景色は360度、どこまでも開けています。
右手には、これまで壁のように見えていたはずの外輪山の山並み。あんなに低く小さく見えるなんて!
外輪山があんなに小さく・・・

そして左手には・・・浅間山山頂付近の美しい姿が見えています。
巨大な火山岩が転がっているのを見つけて、思わず絶句・・・。
火山岩の大きさに驚きます
自分の想像しうる「壮大さ」の範囲を超えたこのスケール感に、ただただ言葉を失います。

この辺りの道になると、急に冷たい風が強く吹きつけてくるようになりました。
私はウィンドブレーカーを羽織ると、「生きた火山」の感触を一歩一歩確かめるようにして先へ進みました。

そして・・・生物の気配すらない砂礫の土地に立てられた、1本の山頂標柱。
やったぁ、前掛や・・・・ま?
浅間山(前掛山)山頂!
良く見たら、浅間山って書いてある山頂に到着ですー!

浅間山の本当の山頂はここではないんだけど、危険なので立ち入ることができないことから、ここ前掛山の山頂に「浅間山」の標柱が立てられたのかもしれないですね。私はピークハントを目的としていないし、元々前掛山に登るつもりだったので特にこだわりはないのですが、やっぱり浅間山の頂上に立ってみたいって人は多いんだろうな。

そしてこの山頂標柱、もうひとつ面白い工夫がありました。柱の両脇に、手形マークがついてるんです!
はい、それでは山頂タッチ♪
山頂タッチ♪

この場から望む浅間山の(本当の)山頂は、ガスに霞みながらも火口の輪郭がはっきりと分かりました。
その火口に向かって、これまた斜めに延びる登山道(?)が。もし火口までの登山が解禁になったとしたら、あの道を歩いたりするのでしょうか。
・・・やっぱり急な気がする(苦笑)

風が強いのは一部の場所だけだったようで、この標柱付近はだいぶ穏やかでした。
私たちはあちこち景色を眺めたり、写真を撮ったりして過ごしました~。

なんだか浅間山よりも大きく見えるね。(笑)
浅間山山頂をバックに。

さらに、ここで私たちは驚きの発見をしました!
なんと、この辺りの地面、手を触れるとじんわり温かいんです!!
やはり生きた火山だからなのかなぁ?まるで浅間山の体温が伝わってくるようです。

そしてついにこんなことまで出来てしまいましたー!

山頂天然溶岩浴!
これぞ天然溶岩浴?
たまたまその場に居合わせたおばさまも飛び入り参加して、みんなで腰を下ろします。
「あぁー・・・あったかーい。」

・・・しかし、ここはいつ爆発するとも分からない危険な火口付近。あまりぼんやりもしていられません。
私たちは軽食を済ませると、来た道を引き返すことにしました。

実は私、この少し前に九州登山遠征で5日間連続登山をしていて、その筋肉疲労から膝痛が発生していたんです。
この日までにはすっかり治っていたのですが、念のためノースフェイス バイオテックスを履いている上からZAMST 膝サポーターを装着するという厳重装備で下山に臨みました(苦笑)

砂礫の急坂はやはり、富士山のように中途半端に足が滑って歩きづらいです。
それでも、足元に広がる湯の平と、前方にどんどん大きさを増してくる外輪山たちを見ながらの下りはとても爽快な気分なの
あの時、向こうの山の稜線からこちらをずっと眺めていたんだよなぁ・・・。過去の自分と向き合っているような、なんだかちょっと不思議な気分。
絶景の道を下ります

こうして私たちは、耳がつんと痛くなるぐらい一気に高度を下げてきました~。
振り返ると、やっぱりこんもりと大きな砂山みたいに見える浅間山。
やっぱり砂山みたいな浅間山
あの上には壮大なスケールの火山の風景が広がっているなんて、やっぱり信じられません。
それがきっと、登った人だけにしか見られない「雲の上の世界」なんだよね

ようやく湯の平へと下りてくると、後はほぼなだらかな道を戻るのみ。
火山館を過ぎると、再び赤い川が現れました。何度見てもこの色にはびっくりさせられます
再び赤い川

それから、朝通った時にはまだつぼみだった花たちが、帰りにはこんなにキレイに咲いてました~
かわいい花もいっぱいでした!

こうして私は最後まで山歩きを楽しみながら(実は途中で若い男性の落とした携帯電話を拾ってしまい、登山口で受け渡しするという女子的にテンションの上がるイベントもあったのですが・笑)、浅間山(前掛山)登山を無事に終えたのでした。
私を登らせてくれた浅間山に感謝!そして今回の登山の機会を下さったメンバーさん方に感謝。

時に遠くから、そして近くから眺めてきた美しい浅間山。登ってみて初めて、その山が「生きた火山」という全く別の顔も持っているんだということを知りました。
あんなにいい山。あんなに素敵な山。恐ろしくて、雄大で、楽しい山。それは言葉で伝えることが難しい・・・だから私はやっぱりこう思うんです。

一度、山に登ってみませんか?私が山にとりつかれた理由、登ったらきっと分かるから

【終わり】

※自分用メモは近日掲載予定です。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.05浅間山(前掛山)登山(2)

浅間山(前掛山)登山、(1)の続きです。

火山館で温かい飲み物を頂いた私たちは、コース中唯一のトイレを忘れずに済ませてから再び歩き始めました。
相変わらずなだらかで、とても歩きやすい道。「草すべり」へ向かう分岐を過ぎ、わずかに雪の残る林の中を抜けていくと、辺りの木々は低く、まばらになってきました。
歩きやすい登山道

やがて、視界が大きく開けた道へと出てきました~!
やや振り返るようにして見た平原の先には、押し寄せる大波のように聳える山並み。あれが黒斑山からJバンドへと続く浅間山外輪山たちです。
前回はあの稜線をたどりながら、この平原を見下ろしていたんだなぁあの時感じた驚きや感動の記憶が一気に蘇ってきました。
外輪山の眺め

そして進行方向右手には、浅間山も姿を現しました。
浅間山が目の前に!
火山性の砂礫ばかりで形づくられたこんもりと大らかなその山容は、恐ろしい火山というよりも、大きな大きな砂山を思わせます。
私が前回、外輪山の稜線からずっと眺め続けていたこの山へ、今日は登ることになるんだなぁ。
夢をまたひとつかなえようとする瞬間の、ワクワク感がたまりません!

こうして浅間山の足元を歩き始めると、辺りの景色はさらに変わってきました。
ごろごろと転がる火山岩の合間に、低木や苔たちがたくましく根を張っています。
これまで見たこともないような色や形をした植物たちを目の当たりにして、思わず足を何度も止めて見入ってしまいました。
ほら、この木なんてすごくカワイイ!
カワイイ木!

それから・・・見て、ちゃんとこんなに小さな花まで咲かせてるの
小さな花が咲いてるよ!

全てを焼き尽くすような、恐ろしい「生きた火山」がちょっと息継ぎをしている間に、その裾野からは小さな命が生まれ、そして徐々に命の手を広げていってるんだなぁ。
小さな花たちに癒され、励まされながら、いよいよ浅間山山腹に付けられた登山道を登っていきます。
急坂を登ります

・・・実は、以前外輪山を歩いた時に感じていたんですけど、

この道、ものすっごいきつくありませんかっ!?(苦笑)
浅間山登山道の図
(※前回の登山時に撮影した浅間山。登山道を白くなぞってみました。)

火口の淵に向かってすっと一筋伸びているこの登山道は、急勾配なだけでなく、富士山のような砂礫に一面覆われていてとても歩きづらいんです
それでも、歩くことを諦めなければ絶対にたどりつくはず。
私は自分のペースを守りながら、ゆっくり、じっくりと登っていきました。

顔を上げる度、眼下の平原が遠く、低くなっていきます。先ほどまで壁のように聳えていた外輪山の稜線が、目の高さに見えてくるようになりました。そしてその壁の向こうの世界が、少しずつ少しずつ顔を出してきます。
登りのきつさよりも目に映る世界の美しさに心を奪われて、私はいつしか苦しささえも感じることはなくなっていました。
空へ、空へ・・・不思議な高揚感に包まれながら、私はどんどん登っていきました。
どんどん高度を上げていきます

そしてようやく登り切った私を待っていたのは、意外な光景でした
浅間山山頂へは立入禁止
「立入禁止」と書かれた看板に、幾重にも渡されたロープ。そう、この先に見えるのが、本当の浅間山の頂なんです。
警戒レベルが緩和されたとはいえ、浅間山山頂は立入禁止。私たちはそこから右方向に進路を変えて、前掛山を目指します

とはいえ、「前掛山なら安全」ということでは決してなく・・・。
途中にはこんなに立派なシェルターがいくつも設置されていました。
立派なシェルター
それでも、もし浅間山が大爆発した時にはひとたまりもないのでしょうね・・・

少し緊張しながら、私たちはさらに先を目指します。
さぁ、前掛山の山頂まではあとひと登り!

・・・って、

なにこの絶壁ーっ!?

ものすごい絶壁が!


【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。