2010.08富士山(剣ヶ峰)登山(3)

富士山(剣ヶ峰)登山、(1)(2)の続きです。

須走口五合目(の、ちょっと下)から頂を目指し、ただひたすら歩き続けてきた私たち。
ゆっくりゆっくり、一歩一歩踏みしめて・・・見覚えのある最後の白い鳥居をくぐりました。

そして・・・

吉田口・須走口頂上到着!

富士山吉田口・須走口頂上に到着~!
おめでとう!ありがとうー!

去年はここで、メンバーみんなで輪になって「やったー!」って喜びを爆発させたんだっけ。
でもね、今日はまだだよ。私が「やったー!」って叫ぶべき場所は、まだもう少し高いところにあるんだ。

山頂にはいくつもの小屋が立ち並び、多くの人々で賑わっていました。
まるで山の上に原宿があるみたいだよね、なんて友達と言い合いながら、近くのベンチに空きを見つけて腰を下ろします。

辺りの喧騒とは裏腹に、山も空も不思議なほどに静かでした。
鮮やかな青に浮かぶ白い雲だけが、ゆったりと流れていました。
ですが、行動食をつまむ手に降り注ぐ陽射しが、あっという間に皮膚をちりちりと焼いていきます。
わぁ、やっぱり紫外線が強いんだ!慌てて日焼け止めを塗り直しました。(手遅れというウワサが・・・

「さぁ・・・そろそろ行こっか。」

私たちはもう一度ザックを背負い直すと、お鉢巡りへ出発しました。
ここからは私も未知の領域。日本のてっぺんには、どんな光景が広がっているんだろう。
ワクワクしながら小屋の並ぶ通りを抜けると・・・

おおおおおぉぉぉ!!!

巨大な火口

それはそれは巨大な火口が、目に飛び込んできましたー!!
「ちょ、ちょっと!何このスケール!!」
興奮のあまり、思わず小走りになって火口に近寄りました。
やっぱりすごいよ、富士山、すごいっ!
あまりの迫力に目を丸くしながら、しばらくその景色に見入りました。

そして始まった、夢の世界の散歩道。

いよいよお鉢巡り

暑くもなく、寒くもなく、風もなく音もなく、その世界はただ静かに、穏やかにそこにありました。
私は雲の上を歩いているかのようにふわふわとした足取りで、その世界の中を歩いていきました。

ここは本当に、私の暮らす街と地続きの世界なんだろうか。
もしかしたらここは、天国、なんじゃないだろうか・・・。

もし天気が荒れていたら、きっとこんな風に思うこともなかったでしょう。
この奇跡的な好天に、この幸運を与えてくれた山の神様に、心から感謝します。

やがて、建物が見えてきました。この辺りが、御殿場口の頂上のようです!
御殿場口頂上

さらにそこから少し歩くと、大勢の人で賑わう場所に出ました。
ここは2番人気、富士宮ルートの頂上です!
富士宮口頂上
私たちはここの神社でお土産を買うと、建物の陰で少し休憩を取りました。

さぁ、ここからついに最後の登り。馬の背の急坂を経て剣ヶ峰の山頂に向かいます!

ところが・・・私たちが歩き始めると、剣ヶ峰の山頂付近は真っ白なガスで覆われてしまいましたー!!
山の神様・・・もう少し待っていて欲しかったのですがぁぁぁ・・・

少しテンションの下がった身体に、馬の背の急坂はひどくこたえました。
深く足を取られてずるずると滑る砂礫の斜面を、数歩ごとに立ち止まって呼吸を整えながら登ります。
もう少し、もうひと頑張り!この難所を越えれば、日本のてっぺんに・・・!!
馬の背の苦しい登り

しかし、私たちの登頂を阻む最大の難関は、この馬の背の先にあったのでした・・・。

登ってびっくり、


まさかの順番待ち!(笑)

山頂標柱記念撮影待ちの大行列!!

日本のてっぺんで、まさかの20分待ちです・・・(笑)

いやー、こんな経験、なかなか出来ませんよね。私はなんだかおかしくて、大笑いしたい気分でした。
こうして順番待ちをしながら、空を眺めたり、足元にぽっかり開いた火口の様子を眺めたりして過ごしました。
待っているうちに、ガスもだんだん晴れてきたみたい。これはラッキー☆
火口を眺めながら

そしてようやく、この瞬間が訪れました。
ずっと憧れていたこの場所に、たどり着きましたー!

ついに・・・日本最高峰登頂!

日本最高峰、富士山剣ヶ峰(3,776m)、登頂!!

やった―――!!!

・・・と、感慨に耽る暇もなく次の方へ撮影の順番を譲ったわけですが(苦笑)、ちゃんと立ちました。日本のてっぺんに立つことができました!
ありがとうございました!!

こうして無事に目的を達成した私たちは、剣ヶ峰山頂を後にします。
振り返れば、富士山よりも高く湧き上がる夏の雲。
高く湧き上がる雲

もう、遥か眼下にあるはずの地上の世界なんて見えやしませんでした。
目の前に広がるのは、どこまでも続く雲のじゅうたん。
このままポンと雲の上に飛び降りて、世界の果てまで歩いていけそうだね。
見渡す限りに雲のじゅうたん

でも忘れちゃいけない。今日は日帰り登山なんだ。
雷の心配もあるし、あんまりのんびり休んではいられないよね。
だけど・・・もう少しだけ、富士山の頂に広がる夢の世界を楽しみます!

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.08富士山(剣ヶ峰)登山(2)

富士山(剣ヶ峰)登山、(1)の続きです。

須走ルート七合目の大陽館を過ぎる頃には植物たちの姿もほとんど見られなくなり、いよいよ砂礫ばかりの「火山の道」になりました。
砂礫の登山道

登り始めの深い針葉樹林が背の低い木々たちに取って代わり、それが草本類へと姿を変え、そしてついには砂礫の荒原へと移り変わっていく。
富士山を包んでいた漆黒の闇が真っ赤に染まって朝が始まり、今や真っ青な夏の空が広がってる。

・・・そうだ、これが私のしたかった「富士山登山」なんだ。
富士山の持つ様々な表情、圧倒的な世界観を、こうしてこの目で、足で、全身で感じながら歩くってこと。
「山頂にたどり着くこと」が私にとっての登山の全てではないんだってこと。

富士山がようやく「本当の登山」を許してくれた気がして、私は嬉しさのあまり一人ニヤニヤしながら登っていました(はたから見れば変な人・苦笑)
標高も3,000mを越え、ますます深い呼吸とゆっくりしたペースが求められますが、辛いとかキツイなんて微塵も感じませんでした。
ただただ、嬉しくて

見て、向こうの斜面を下山していく人たちが、あんなに小さく見えてるよ!
雲は遥か遥か眼下で海になってる・・・富士山は雲の上の、もっと上の世界にその頂を据えているんだ。
眼下は一面の雲海!

このとてつもなく壮大な光景を前にして思うのは、やっぱり去年と同じこと。
私はもはや、「神の領域」に足を踏み入れているんじゃないかって・・・。

でもそんな「神の領域」にも、山小屋は普通にあるのでした。(笑)

本七合目 見晴館

本七合目、見晴館に到着~!
毎回思いますが、この「合目」表示、「本」とか「新」とか「勺」とか色々あって、なかなか次の数字に進みませんね
私は小休止がてら、最近お気に入りのアミノバイタルゼリー スーパースポーツをチャージしました。

遮るものの何もない登山道からは、頂上まで続く道のりがはっきりと見えています。
延々と伸びるジグザグ道。次の休憩ポイントはその上の山小屋だね。
延々と続くジグザグ道

標高はついに3,200mを越えました。高山病を発症してぐったり座り込んでいる登山者の数もどんどん増えてきます。
幸い私も友達も、高山病の兆しは見られませんでした。
呼吸を深く吐きながら、心拍数が上がり過ぎない程度のペースをキープしてゆっくりゆっくり登っていきます。

眼下に見えるのは、どこまでも続く地球の景色。
眼下の景色

この辺りから八合目にかけては、下山道と同じ道を使う箇所が出てきます。
しかもここ、一番人気の吉田ルートと一部共通利用しているんですよね・・・。
ということは・・・

「ギョエエエー!すんごい人の数!
「砂埃がすごすぎるっ!!

砂煙をもうもうと立ち上らせながら、多くの登山者が下りてくるのとすれ違うことになりましたー!

やはり、吉田ルートを使って山頂付近でご来光を見る人たちが圧倒的に多いようです。
私たちはその大混雑必至の行程とは時間帯とルートをうまく外せたけれど、ここだけはどうしてもその下山ラッシュとぶつかってしまうんです。
こればっかりは仕方ないよね。マスクとサングラスで顔をカバーしながら進みました。

こうして八合目を越え、本八合目の江戸屋へ着きました~!
本八合目 江戸屋

ここからは、吉田ルートの登山道と合流します。
ここまでもそれなりに登山者はいましたが、ここからはさらに増えました。
色々なペースのグループがいるので道を譲ったり抜かしたりに少し気を遣うようになりましたが、混雑と言うほどでもないので特に問題はありません

振り返ると、下山道には人がいっぱい。この砂埃からひとまず逃れられてホッとします。
(でも後でここを下山するんだよね・・・
人がいっぱい!

そして八合五勺、御来光館!看板がスタイリッシュです!
八合五勺 御来光館

赤土の目立つようになった登山道には、時々雲がふわっと湧いてくるようになりました。
時々雲が・・・

ま、まさか山頂は真っ白・・・なんてことは・・・・!!!!
なんて無駄に心臓をドキドキさせてしまいます。

でも、見上げればまだまだ青い空。
うん、大丈夫。今日の富士山はまだご機嫌です
(それにしても、急登だなぁ・・・)
急勾配の登山道

私たちはただひたすらに淡々と、ゆっくりペースで足を進めていきました。
大きな大きな富士山のお腹の上に刻むその一歩一歩は、とても小さなもの。
だけど、諦めずに歩き続ければ、いつかはたどり着くんだよね。

ほら・・・着いたよ。
九合目。あとちょっと、ほんとにちょっとだ。
ついに、九合目!

なんでだろう、もうちょっとで登頂できることは嬉しいけど、なんだか少し寂しいな。
去年は富士山、地震の中でゴオォォォって吠えてた。今年の7月は山小屋を揺らすぐらいに荒れてた。
ようやく出会えたこんなにも穏やかな富士山を、もう登り切ってしまうなんて・・・なんだかもったいないな。
その時の私はほんのちょっとだけ、そんなことを思いました。

それでも、足は止まりません。
見たかった「日本のてっぺん」からの世界が、もうすぐそこにあるんだから!

登山道は最後の最後まで、急勾配で何度も折り返しながら続いています。

「あ・・・!」

私は思わず声を上げると、後に続く友達を振り返りました。

「ここ、覚えてる。あそこに見えるのが最後の鳥居だよ。あれをくぐれば・・・吉田口の頂上だよっ!

最後の鳥居に向かって・・・

よしっ!もう一息、あとちょっとだ!

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.08富士山(剣ヶ峰)登山(1)

富士山(剣ヶ峰)(3,776m/静岡県駿東郡小山町)

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

「1度も登らない馬鹿、2度登る馬鹿」
その言葉に従うのなら、これまで富士山登山に2回挑戦してきた私は立派な馬鹿です(笑)

しかし・・・初めての挑戦では大地震により一合目から吉田口山頂までの登山にとどまり、2回目は悪天候により八合目手前の山小屋から下山を余儀なくされました。
そう、その日本一の高峰は、なかなか私に3,776mの頂を踏ませてはくれなかったのです。

普段からピークハントには特にこだわりのない私ですが、富士山に関してだけはどうにも消化できない思いを残していました。
日本のてっぺんにある世界を、どうしてもこの目で見てみたい!
こうして"大馬鹿者"は、3回目の富士山登山を志すことになりました。

この時、既に8月後半。一般登山シーズンは終盤にさしかかっていました。
このため、安全に楽しく登山をするための条件を設けて、計画は慎重に行いました。

・直前の富士山の天気予報がばっちり晴れであること。
・登山経験と装備のある同行者と一緒に行動すること。
・大混雑するルートと時間帯を外し、なおかつ雷を避けるため午後早めの時間に下山完了すること。

こうして決定したのが、須走口五合目を未明に出発し、途中でご来光を見て午前中に登頂、砂走り経由で午後2~3時頃には下山するという日帰り登山計画でした。

そしていよいよ当日。
深夜2時頃の駐車場到着を目指して車を走らせた私たちですが、ここで大きな誤算が!
なんと、山頂でのご来光を目指す先客たちで須走口五合目の駐車場は既に満車、ふじあざみライン沿いに延々と路駐の列が出来ていたんです
結局、五合目より2kmほど下ったところに車を停めることになりました・・・

気を取り直して準備を整え、しばらく高度に身体を慣らしてから車道を登り始めます。
この時、時刻は深夜3時前。まぶしいほどの月明かりに気づいて、頭に巻いたヘッドライトの電源を落としました。

「まだかなー・・・」
「五合目にたどり着くまでに、体力消耗しそうだね・・・」

テンションが下がりかけた頃、ようやく五合目に到着!(苦笑)
煌々と輝くまん丸な月の下に、山小屋の明かり(と、登山者のライト?)で縁取られた富士山の輪郭が浮かび上がって見えました。
目指す先は、あのてっぺんだね。
月明かりの富士山

ここでトイレを済ませ、装備を整え直すと、いよいよ富士山登山をスタートさせた私たち。(これまでは準備運動、ということで・・・
須走口五合目
山小屋の並ぶ通りを抜けて、小さな神社の裏手からついに山道が始まりました。
(真っ暗なので写真はありません・笑)

私たちはヘッドライトの明かりを頼りに、森の中を進んでいきます。
前後して何組もの登山客が歩いていますが、スタスタと歩いていく彼らのペースにつられないよう、体力温存を意識して急がずに歩を進めました。

やがて辺りの木々が徐々に低くなってくると、その合間に青みを帯びた空が見えるようになってきました。
少しずつ明るくなってきた!朝が近づいてるんだね

須走ルートの特徴的なところは、登り始めが深い樹林の中だということです。
富士山の「山」である部分をもっと楽しみたい私にとって、それは好都合である一方、うまく日の出までに樹林を抜けないとご来光が拝めないというリスキーなルート選択でもありました

六合目に着いて、この日初めての山小屋(長田山荘)を通過する頃には、東の空にひとすじの赤が走り、朝がすぐそこまでやってきていることを感じました。
道は所々に開けたところが現れるものの、まだ完全にはやぶのような低木帯を抜けられません。
だ、大丈夫・・・?間に合うのかな・・・?ひやひやしながら、黙々と進んでいきます

そして時刻が4:45を回る頃、木々が切れて大きく景色の広がった場所に出ました!
「わぁー、すごい景色よし、ここでご来光を待とう!
そう顔を見合わせた私たちは、道端にザックを下ろして東の空に向かいます。
ご来光を待つ

視線の先、雲海との境目に走る赤は、みるみるにじんで広がっていきます。
まるで、地の底からどんどん朝が湧き出してくるみたい。

一方、さっきまで漆黒だった空はあっという間に白んでいき、あれほどまぶしかった月が一気にその輝きを失っていきました。
お月さん、ご苦労様でした。
月にお別れ

さぁ、これからは太陽の出番。
もうすぐ、もうすぐ・・・

その時、雲の合間に突然、大きな大きなオレンジ色がぬっと姿を現したんです!
そしてそれは少しの間、線香花火の火球のように、じりじりとくすぶりながら雲間を漂っていました。
違う・・・今までに見たどの日の出とも違う。
なんて神々しい光景なんだろう。

雲の下から大きなオレンジ

こうして雲の海でまどろんでいた太陽は、ようやく目覚めたかのようにふと浮かび上がり、まぶしく輝きだしました。
そこにいる全てが赤に染まります。人も、草木も、富士山も・・・。

真っ赤に染まる世界

おはよう、地球!

こうして無事にご来光を拝むことの出来た私たちは、行動食を軽くつまむと再び歩き始めました。
ここからは、3,776mの頂を目指した長い長い旅になります。

道はまだ低木に覆われたり、開けたりをしばらく繰り返していきました。
良かった、ご来光の時刻にここを歩いていたら、景色が見れないところだったね・・・
木々に覆われた道

こうして、本六合目の瀬戸館へ到着!
本六合目 瀬戸館に到着!

まだまだ先は長い。今日一番の敵は高山病なので、山小屋ごとに休憩を取りながらのんびり進む予定です。
私たちは腰を下ろして、行動食を少しつまみながらお喋りをして過ごしました。

この辺りになると低木たちはほぼ姿を消し、代わりに草たちが茂り始めるようになりました。
かわいらしい花の姿もあちこちに見られます。
朝陽を一杯に受けて、気持ち良さそうだね
朝陽を浴びる花

さぁ、次の山小屋目指して出発!
道はだいぶ広くなり、視界も開けて山頂の様子もはっきりと見えるようになりました。
道が開けてきました!

わぁー、いい天気♪
大雨や強風に襲われた前回とは違って、今日は驚くほど穏やかな富士山です。
どうか山頂まで、富士山にはご機嫌のままでいてほしいなぁ~!

道ははっきりとしていて、誘導用のロープや道標が設置されている箇所もあり、迷うようなところは全くありません。
こんな標識を見ると、テンション上がりますねー!(まだまだ先だけど・苦笑)
富士山山頂への標識

こうして思ったよりもすぐに、七合目の大陽館に到着しましたー!
大陽館に到着
小屋前のベンチには多くの人々が腰を下ろして休憩を取っています。
私たちもここで小休止。

同行の友達は身体も大きくかなり体力のある男の子で、普段一緒に登山する時はスタスタ先を歩いていってしまうんだけど、今回ばかりはペースを落として私の後ろを歩いてくれています。
今回のために装備や行動食も色々と研究してきたようで、気合い十分。

まだまだ先は長いけど、一緒に富士山を目一杯楽しもうね。
そして・・・3,776mのあの場所に、一緒に立てたらいいな。

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi