スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.09焼岳~西穂高岳登山【1日目】(1)

焼岳・西穂高岳(北峰2,444(2,393?)m・2,909m/長野県松本市・岐阜県高山市)

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

この夏、八ヶ岳(赤岳)富士山南アルプス(北岳・間ノ岳)と立て続けにお邪魔しました。
どの山もとてもハードだったけれど、その雄大さに圧倒され、美しさに大きく心動かされる素晴らしい山行になりました
こうして標高3,000mを巡る山旅を終え、地上に舞い戻ってから数日経ったある日、頭の中にふとこんな思いがよぎったんです。
「北アルプスはどうだろうか。あの山々が持つ雰囲気は、八ヶ岳や富士山、南アルプスとはまた違っているんだろうか。」

実は少し前、北アルプスにある山小屋の関係者の方に、「一度遊びにおいでー」と声をかけて頂いていたんです。
そうだ、登山を始めた頃から憧れていた、あの山小屋へ泊まりに行こう!
そして、自分に許される範囲で、北アルプスの山を歩いて来よう!

こうして1年前の乗鞍岳燕岳以来となる北アルプス登山が決定したんです。

金曜の夜遅くに都内を出発した私は、お友達の車に同乗させて頂いて一路上高地を目指します。
上高地中心部はマイカー規制がかかっているため、沢渡でシャトルバスやタクシーに乗り換える必要がありますが、今回私たちはマイカーでもアクセス可能な中の湯(厳密には、中の湯温泉旅館の奥にある「新中の湯ルート」の登山口)に車を停め、焼岳を経て西穂山荘を目指す計画です。

目的地が近づき、まだ先かな?まだ行けるの?と不安になりながら真っ暗な山道を登っていくと、道路脇が広めの駐車スペースになった場所が現れました。
そこに車を停めて装備を整え、ヘッドライトがいらないくらいの明るさになったところでいよいよ出発です!

今回はいつもの登山女子さんとご一緒なのですが、車を出して下さったもう1人のお友達とも初日の行程が同じだったので、みんな揃っての歩き出しとなりました。
駐車スペースの向かい側にある、看板1つ立てられただけ(というか、寝てた・苦笑)のシンプルな登山口を入っていきます。

新中の湯ルートから登山スタート!

鬱蒼と生い茂る森の中、湿度の高い細道は時折大きめな段差を挟みながら静かに続いていきます。
森深い雰囲気でとても素敵・・・なんだけど、出だしから結構息が上がるんです

1時間半ほど歩いたところでようやく森を抜けて、開けた広場へ出てきました~。地図を確認すると、「中の湯ルート」との合流地点(下堀沢出合)の少し手前にある「山頂部を仰ぐ広場」と書かれた場所のよう。
しかし、この時辺りにはどんよりとした雲が立ち込めていて、見晴らしはゼロでした・・・(泣)

この先からいよいよ、焼岳山頂へ向けた急登が始まりました。

急坂を登ります

草がちな斜面で景色はだいぶ開けている・・・と思うんだけど、この時は真っ白でほとんど望むことはできませんでした。
急勾配の坂道を、しばしば丸太の階段を挟みながらひたすらひたすら登っていきます。
これは、相当キツイですっ!

・・・ですが、そんな私たちをこんなにもかわいらしい子たちが励ましてくれていました。

シラタマノキ

し、シラタマノキー!!かわいいーっ!!

以前、茶臼岳燕岳で少しだけ見かけたんだけど、ここでは登山道沿いに沢山の白玉が揺れていたんです
「あっ、ここにも!・・・ここにもいた!わー、いっぱいいるー!!
そんな風に彼らを目で追いながら歩いていると、登りの辛さも思わず忘れてしまいそう

とは言え、相変わらず続く急坂、いつまでも晴れないガス・・・
決して良好とは言えないコンディションの中をひたすら登り続けた私は、ふと不思議な感覚に囚われました。

金色の草原

前方の斜面が黄葉した草たちに覆われ、白く霞む私たちの進路をぼんやりと金色に光らせていたんです。
空を仰ぐと、まるでおぼろ月のような太陽が、薄い霧の向こうで静かに輝いていたのでした。

ガスの向こうに太陽

幻想的、だなぁ・・・。
八ヶ岳を越え、富士山を越え、南アルプスを越え・・・私は今、北アルプスという異世界に入り込もうとしているのかもしれない。
そしてその漠然とした「異世界感」が、はっきりと目の前に突きつけられるのはこのすぐ後のことでした。

霧が・・・晴れてきた・・・

ガスが晴れてきた!

まるで幕が引かれるようにさぁっとガスが晴れていき、それまで真っ白だった景色の中に、荒々しい岩たちの姿が浮かび上がってきたんです。
近付けば近付くほど、眼前の世界はどんどん鮮やかさを増していきました。

そして現れた真っ青な空、切り立つ岩峰!!
鮮やかな景色!
右手には、ぼうぼうと白い煙を吐く大岩も見えました。

突如鮮やかに変貌したこの景色にびっくりして、私は心臓がばくばくしてきました。
どうしよう、すごい景色。この坂を登った先にあるのは、どんな世界だっていうの!?
大きく呼吸を乱しながら、半ば駆け上がるようにして急坂を登り切った私は、そこで信じられない光景を目の当たりにしました。

「うそ・・・っ、なにこれーっ!!

信じられない光景・・・

雲海を見下ろすようにして立ちはだかる城壁のような岩々。
その壁に守られるようにして、鏡のように空を映す美しい湖がそこにあったんです・・・。

信じられない、こんな景色。
こんな景色がこの世にあったなんて・・・!!

これが雲の上の世界、神様の住む場所なのかもしれない。この信じられないような光景を、是非動画でご覧下さい。
[広告] VPS


正直、ここに来るまで私の目は西穂山荘とその先の峰々に向かっていて、ここ焼岳でこんなにも素晴らしい景色に出会えるとは思ってもいませんでした。(ごめんなさい!
あまりにびっくりして、あまりに感動して、テンションも振り切って、大きな声で「すごい、すごい!」と連発しながら何度も何度もシャッターを切ったのでした。

・・・さぁ、今日の行程は長い。そろそろ先に進まなきゃ。
この焼岳、南峰は危険なため立ち入り禁止になっており、北峰だけが登頂可能なんです。
私たちは北峰に向かって、白煙の噴き上がるすぐ脇の岩場を慎重に越えていきました。(これが結構スリリング

北峰へ向かいます

ほどなく北峰と本来の進路である焼岳小屋方面への下りとの分岐にたどり着き、荷物をデポして北峰への岩場を登った私たち。
ここでも、信じられないほど素晴らしい景色が待っていてくれました。

視界一杯に溢れんばかりに広がる、綿菓子みたいな雲の海!!

ものすごい雲海!

焼岳・・・なんて素晴らしい山なんだろう!

北峰頂上
(北峰頂上。地図では2,444mなんだけど、標柱では2,393mになってました。)

こうして早くも素敵な山の景色を満喫してしまった私たち、
「いやー、すんごいもの見ちゃったねー!!もう超満足だよ!
「そうだねー!今日はこのまま下山しても十分ですってぐらい満喫したね!
なんて調子に乗った会話をしながら、荷物を回収して小屋へ下り始めました。

すると・・・

あっという間にガスガス・・・

あっという間に白の世界に逆戻り。。。
「もういいんでしょ?」という山の神様の声が聞こえてきそうです。
雨女が調子に乗ると、ろくなことがありませんね・・・

こうして焼岳小屋へ下る道は、思ったよりも長く感じました。
ようやくたどり着いて、小休止~。だいぶ肌寒くなってきました。
焼岳小屋

ここからは、西穂山荘を目指して長ーい稜線をひたすら進むのみ!

実は・・・地図を見た時にここからの道は景色の開けた気持ちの良い尾根道だと思っていたのですが、実際はほぼ森の中を歩く形になりました
しかも、霧がどんどん濃くなって、いつしか雨に変わってしまったんです。
道はひどくぬかるんでいるだけでなく、両手を使わないとよじ登れないような大きな段差までもが次々と現れて私たちを苦しめました。

ハードな縦走路

これにはさすがに参ってしまい、写真もほとんど撮れず・・・。
口数も減り、ただ荒れた山道に視線を落としながら、黙々と進んでいきました。
どれだけ歩いても、見えてこない西穂山荘・・・。あぁー、心が折れそう。。。

そんな時、少し開けた場所に出ました。
たまたま雨が上がっていたので、疲れ切った身体を休めるためにザックを下ろして座り込みました。
ふー・・・
ここで私たちはしばらくの間、お喋りをしながらゆっくり過ごしました。
この時、私はアミノバイタル スーパースポーツをチャージしたのですが・・・これがびっくり!

チャージ後、20分くらい経ってから歩き始めたら・・・身体も気分も軽いんです!!
さっきまで疲労困憊で黙々と足を運んでいた私が、今やスキップでも踏みたい気分で歩いているの(笑)
これまで見えてこなかった、雨に濡れる森の美しさや、足元の沢山のキノコたちにも目が行くようになりました

ほら、このキノコなんてマカロンかハンバーガーみたい!
かわいいキノコ!

私はアミノバイタルの回し者ではないですが(笑)、少なくともこの時のアミノバイタルと休憩のお陰で、私本来の山歩き、「山を楽しみながら歩くこと」が取り戻せたような気がします

こうしてようやく山荘方面と上高地方面の分岐点までたどり着いた私たち。
この辺りには「西穂山荘」と書かれた蛍光色の看板が沢山現れましたー。
木の高いところに掛けられている看板もあったんだけど、雪が降った時用なのかな?

そして・・・
色んなことがありましたが、なんとか無事に西穂山荘へ到着~!
お疲れ様ー!
ガスでかなり霞んでしまっていますが、テント場にも沢山のテントが張られていました。
西穂山荘

今回私たちは素泊まりでの宿泊にして、西穂ラーメンを頂きましたー!
名物、西穂ラーメン!
さすが名物、胃に染み渡る美味しさです

ここで私を以前山荘に誘って頂いた方にも無事お会いすることができました。
明日の行程を相談したところ、「西穂高岳までいけるでしょう」とのこと。
独標までにするか少し悩んでいたんだけど、様子を見ながら西穂高岳を目指してみることにしました

この日、私も同行のお友達もだいぶ疲れていたので、ラーメンを食べた後少し部屋で休んで、その後軽くスープを作って食べてから早めに休みました。
明日は危険度の高いルートを歩くことになる。しっかり休んで、気を引き締めていこう。
新たな山の世界との出会いが楽しみだ

ちなみに・・・夜少し外へ出た時、自分の靴があまりにドロドロすぎて自分の靴と認識できず、しばらく探してしまったのはここだけの話です(苦笑)

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.09北岳~間ノ岳登山【2日目】(4)

北岳~間ノ岳登山、(1)(2)(3)の続きです。

前日は真夏のような暑さと急坂・ハシゴの連続に、何度も心が折れそうになりながら稜線へと這い上がった私たち。
この日は北岳山頂直下の険しい岩場を、両手両足を使って必死によじ登っていました。
こんなに苦しいのに、きついのに、それでも登ることをやめられない。
ゼーゼー息を荒げ、あまりのきつさに喘ぎながらも、心では笑いの止まらない私がいます。

だって・・・こんなにも素晴らしい、夢のような世界を歩かせてもらえるんだもん
「生きてて良かった」って幸せを、全身で感じることができるんだもん。

眼下には雄大な南アルプスの大自然が広がっています。
私は本当に、ここまで来れたんだね。
山頂直下から振り返る

見上げる先にはもう、空しか見えませんでした。
この山のてっぺんまで、あと少し。あとちょっと!
同行の友達と励ましあいながら、最後の坂を登り切ると・・・



北岳山頂だぁー!!
北岳山頂その1





んっ!?この山頂標柱、倒れてません?(笑)
しかも山頂なのに、人が誰もいないのですが・・・!?

ポカンとしている私たちに、通りがかりの男性が声をかけて下さいました。
「この奥がちゃんとした頂上になってるんだよ」
「えっ!そうなんですか!?」
なるほど、そこから少しだけ先へ進んだところが広めになっていて、多くの登山者が腰を下ろしていました。
そこには山梨百名山の山頂標柱と、大きな山頂看板も設置されています。
ちょっとフライングしてしまった(?)私たち、そちらに移動して、改めて登頂達成!

北岳山頂その2

北岳山頂その3

この時既に、北岳山頂付近はガスに覆われてしまっており、眼下の景色は大半が隠れてしまっていました
前回もそうだったけど、ここ南アルプスでは午前中の早い時間からガスが上がってきてしまうことが多いなぁ。
ただ、ここまでの行程で既に十分すぎるほど素晴らしい景色を楽しんできたので、残念に思う気持ちは全くありませんでした。
むしろガスで太陽が隠れたぐらいが気温的にもちょうどいいよね♪(昨日みたいな暑さはこりごりですし・・・

それにね、景色だけが山の楽しみじゃないよね。
身近なところにも素敵なものが沢山あるんです。

これは小さなお地蔵様?とってもキュート☆
かわいいミニお地蔵?さま

花ももちろん咲いていました!
花もキレイ☆

「本当に来ちゃったね、私たち・・・。」
「登れたんだね、北岳に・・・。」

山頂の大岩に並んで腰を下ろしながら、友達としみじみ登頂の喜びを噛み締めました。
今回ご一緒した友達とは、歩くペースや登山の楽しみ方、感動するポイントがぴったり一致していて、びっくりするほどストレスなく過ごすことができました。
それはまるで単独行をしているかのような気楽さに、複数登山ならではの「助け合ったり、共有できたりする喜び」がプラスされた感じ。
こんなに素敵な登山仲間と出会えたこと、そしてこうして山をご一緒できたことに、心から感謝したいと思います

私たちが山頂でゆっくりしている間に、ガスはだんだんと濃くなっていきました。
そろそろ下山を始めないと・・・。広河原発の最終バスの時間にも間に合わせないといけないしね。
名残惜しくはあるけれど、私たちはザックを背負うと山頂を後にしました。

ガスに覆われた道をしばらく下っていくと、見えてきた青い建物。

北岳肩の小屋に到着です!
北岳肩の小屋
北岳山荘は赤い建物で、こちらは青。どちらも素敵ですね~
少しずつ疲労が出てきていた私たち、ここでも少しお茶休憩を取りました。

ここからの下りは本当に長かったー!
外人さんのグループと抜きつ抜かれつしながら、ひたすらひたすら下っていきます
下山も長いです
足にどんどん疲労がたまってきて、歩くのがかなりきつくなってきました。
それでもまだまだ先は長い・・・。ヒー!!

それでもなんとか下り続け、白根御池小屋までもうすぐのところまでやってきました。
登山地図に「草すべり」って書いてあって、どこかで(というか黒斑山で・苦笑)聞いたような名前だなーと思っていたら・・・
ギョエー!!やっぱり急坂!!これはキツイー!!!
草すべりの急降下

夏草の生い茂る細道からチラチラ覗く池と、その畔に張られたカラフルなテントを目標にして、なんとか足を止めずに下りきることができました。
こうしてようやくたどり着いた白根御池小屋は、驚くほどキレイで素敵な建物でしたっ

白根御池小屋

しかも、ここではなんと、ソフトクリームを販売しているんです!
これは食べるっきゃない!私たちは小銭を握り締めて小屋へ駆け込みます(笑)

そして小屋前のベンチで食べたそれの、なんと美味しいことか。
「あぁー、生き返るー!
と思わず絶叫してしまいました。

ソフトクリームで生き返るー!

実はここで休んでいるうちに、雨がパラパラと落ちてきていたんです。
ところが、私たちが休憩を終えて小屋を後にする頃には、雨はすっかりやんでしまいました。
雨女2人組だというのに、奇跡のような出来事です!

こうして小屋でトイレ(すごくキレイ!)を借り、水場で南アルプスの天然水を補給させてもらう(山頂付近の小屋では有料でしたが、ここでは無料でした)と、私たちはいよいよ広河原へ向けた最後の下りにかかりました。

地図の等高線を見る限り、初めのうちはほとんどアップダウンがないように見えたのですが・・・
等高線には現れない、細かな登り下りがあったようです
これがまた、疲れた足にはかなりこたえるんですよね・・・
最後のひと頑張り

白根御池小屋での休憩が長すぎたせいで、最終バスへの時間がギリギリになってしまいましたが、「あの時の休憩がなかったら、無事下山できていなかったかもしれないよね」とは後の私たちの一致した意見でした。
足は疲労で痛くなり、歩いても歩いても見えてこないゴールに気持ちも萎えてしまいそうでしたが、ソフトクリームで元気をチャージしたお陰で、なんとか、なんとか最後まで歩き切ることができたんです

そして現れた、最後の吊り橋。
地上の世界へ戻ります

ここを渡れば、ゴールの広河原だね。
私たちはこの橋を渡って、「雲の上の世界」から、「地上の世界」へと戻るんだ。

橋を渡り始めると、私はなんだか複雑な気持ちになりました。
無事下山できてホッとした思いと、あの夢のような世界から現実世界へと帰らなければならない淋しい気持ち。

橋を渡り切って振り返ると、そこには昨日の朝見た時と同じ深い森が広がっていました。
また「雲の上の世界」は、私の手の届かない場所になってしまった。

でも、いいんだ。また来ればいい。また何度でも来ればいいんだ。
山はいつだってそこにあるんだから、ね。

あの信じられないほど美しい光景。感動的な朝焼け。苦しい急坂。
その全てが、私の心の中に大切な大切な思い出として刻み付けられました。
北岳さん、間ノ岳さん、南アルプスの皆さん・・・今回も本当にありがとうございました!

また・・・会いに来ます

【終わり】

※自分用メモは後日掲載予定です。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.09北岳~間ノ岳登山【2日目】(3)

北岳~間ノ岳登山、(1)(2)の続きです。

南アルプスの山々や雲海や空と一緒に、朝焼けに染まった私たち。

朝陽を浴びて記念撮影

富士山から望むご来光も本当に感動的だったけど、こうして雲海に浮かぶ富士山とご来光を同時に眺めるのもまた素晴らしく幸せな気分でした

さぁ、再び間ノ岳を目指して出発!
ヘッドライトを消して岩だらけの斜面を登ること数分で、昨日も訪れた中白根山の山頂へたどり着きましたー!

中白根山山頂

山頂標柱の背後には、見渡す限りの雲海が広がっています。
すごい、昨日はガスに隠されて気づかなかったけど、こんなにも見晴らしがいい場所だったんだね。

ここから先は、初めて歩く道。
岩の転がるルート沿いには、こんなにかわいらしい花たちも咲いていました!
花も咲いてます!

北岳から間ノ岳までは、広大な南アルプスのエリアの中で考えればほんのお隣さんのようなもの。
そんな印象から、時間も体力もそれほど使わずたどり着けると思っていたんだけど、実際歩いてみると思ったより距離とアップダウンがあるように感じました。
良かった、昨日午後遅くからお気軽に間ノ岳を目指していたら、途中で日没を迎えていたかも・・・

そしてついに、やってきました!間ノ岳山頂です。
間ノ岳山頂
まぶしいほどの朝陽と真夏の青空に、思わず目を細めます。

それにしても・・・ここからの眺めもまた本当に素晴らしいの

東に目をやれば、まるで真っ白な雪の大地のように、どこまでも雲海が広がっていました。
その向こうに浮かび上がるのは、美しい富士山のシルエット。
まさに、「雲の上の世界」の景色だね。
素晴らしい雲海と富士山

そして南側、農鳥岳方面の景色。
日本は小さな島国って言われるけど、こんなにも自然は雄大なんだ。
農鳥岳方面の眺望

間ノ岳山頂からわずかに東へ進むと、富士山と向き合うとっておきの場所がありました。
そこに立つと、視界に写るのは真っ白な雲の海と富士山だけ。
自分がこの夢のような世界に吸い込まれて、溶けてなくなってしまうような錯覚にもとらわれました。

こんなにも幸せな場所が、この世にあったなんて・・・。

そしてこのとっておきスポットに立つ人々を、間ノ岳山頂から眺めるのもまた素敵なんです
ほらね。
富士山のシルエットと登山者たち

こうしてしばらくの間、絶景を楽しんだ私たち。
今日の行程はかなりハードなので、名残惜しいけれどそろそろ山荘へ戻ることにします。

雲ひとつない青空の下、標高3,000mの稜線歩きはとっても快適
北岳山荘へ戻ります

そして山荘へ戻った私たちは、早速朝ごはんを作りました。
前回の仙丈ケ岳登山でも作ったスキムミルクの「山シリアル」。さっと作れて美味しいので、夏山の定番になりそうです
山シリアル!

腹ごしらえを済ませて荷物を片付けた私たちは、いよいよ北岳へ向けて出発しました。
昨日の午後からずっとサブザックで行動していたので、久しぶりに背負うザックはずっしりと重みを感じました。
ていうか、重すぎ・・・

ゆっくりと歩き始めると、見えてくるのは目指す山頂の景色。
まるで夢のように美しい山の姿に、心が躍ります。

北岳・・・なんという美しさだろう。まるで絵画の世界みたいな光景だよ。
本当に美しい北岳の姿

・・・ちなみにこの写真、左上の方に黒っぽい小さな影が写っているのが見えるでしょうか?
実はコレ、レンズの汚れじゃなくて虫なんです(笑)
この辺りにはアブの仲間かな?黄色と黒のしましまで、ハチより薄っぺらな虫が何匹もいました。
ところが彼ら、驚くほど動きが遅いんです!
ちょっと手で追い払おうとしたら逃げ切れなかったのかバシっと当たっちゃうし、ペットボトルをつかんだらそこにとまっていたらしく指で挟んじゃったし・・・
「どんくさっ!」と思わずツッコミを入れたくなるほどです(苦笑)
汗などの水分や塩分が欲しいだけみたいで刺してきたりもしないので、最初はうざったかったのですがだんだん気にならなくなり、しまいには「ちょっとかわいいやつ」とさえ思えるようになってきました(笑)

こうして”憎めない彼ら”と一緒に、北岳山頂への道を進みます。
この先の道もずっと景色が開けていてとても気持ちがいいのですが、だんだんと傾斜がきつくなってきました。
やがて指導標が示す私たちの進路に、所要時間と一緒に「転落注意」という文字まで現れるようになりました~
北岳山頂(転落注意)

この頃にはもはや傾斜というよりは、大岩をよじのぼるような感覚になってきました。
背中のザックに地球の重力をずっしりと感じながら、それに抗うように必死で足を上げ、段差を乗り越えていきます。
昨日もきつかったけど、やっぱり今日も相当きついですー!!

段差がハンパないっ!

この時まだダブルストック(LEKI シーヴァアンチショック)を手に持っていたのですが、ここから先は大岩が続くようになってきたので、OSPREY(オスプレー)ケストレル28のストックホルダーにダブルストックをしまいました。

岩だらけの急登を必死に登り切って、砂礫の乾いた道(でもやっぱり急坂)に変わると、北岳のとんがったピークがもう目の前に見えていました。

「あれっ・・・でも、あれが本当に山頂なのかな?」
「あのてっぺんに上がったら、その向こうにもうひと山あったりして・・・

なぜかここまで来て、急に弱気になる私たち(苦笑)
その時、上から下りてくるご夫婦とすれ違いました。

「あぁ、山頂はもうすぐそこですよ!がれて歩き辛いけど、もう10分、15分位で着くはずです
「頑張ってね!

そんな励ましを頂いて元気を取り戻した私たち、急登にあえぎながら一歩、一歩足を進めていきます。
苦しいけど、きついけど、もうすぐ・・・もうすぐ・・・。

もう少しで、あの山頂に立てるんだ。
あのてっぺんにある世界の景色が見れるんだ!

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。