スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.07 愛鷹山(越前岳)登山

愛鷹山(越前岳:1,504m/静岡県富士市他)

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

梅雨まっただ中のある週末、私はツーリング登山&キャンプの計画を立てました。
出発当日まで気がかりだったのは、雨雲の動きと、運動不足で重い自分の身体。果たして、今回の計画はうまくいくのでしょうか

今回の登山先は、愛鷹山(越前岳)。条件が良ければ、富士山が間近に望める素晴らしい展望の山です。
ここは以前からずっとずっと、お邪魔したいと思っていたんですよね


「うわっ、すごーい!!

その朝、登山口へと向かう林道で、私は思わず声を上げて、バイクを止めました。
朝もやの中、背の高い木々の合間から、神々しいほどの光が降り注いでいたんです。
木漏れ日がすごい!

うん。今日はきっと、いい天気になるに違いない!

こうして私たちは意気揚々と、越前岳の東側にある「山神社」の駐車場へやってきました。
装備を整えて、いよいよ出発!というところで、ちょっとした事件が。

「あっ!!スズメバチが飛んでる!!

登山口の看板の周囲を、それはそれは大きな"黄色と黒のシマシマ"が1匹、ゆっくりと飛び回っていたんです
それは今までに見たことがないほどの大きさでした。オオスズメバチでしょうか・・・。

彼(彼女?)と私たちの間にはまだ距離があったので、気付かれる前にダッシュで遠くまで逃げました(苦笑)
あんな巨大なハチに追いかけられでもしたら、刺される前にショック死してしまいそう

ハチは私たちに気づくことなくどこかへ飛び去ってしまいましたが、私たちのテンションは、あっという間に急降下してしまいました
口数少なく、やや速足で登山道へ入っていきます。
登山口

前日まで降っていたとみられる雨のために、登山道はしっとりと湿っていました。
辺りには土の匂いが立ち込め、深い森の中にいるんだという気持ちを強くさせてくれます。
登山スタート

よく踏まれた登山道は、丸太や石などで階段状に整備されているところもあり、とても歩きやすいです。
登山道の雰囲気も良く、水を得て鮮やかさを増した苔たちの姿が目を和ませてくれます。
先ほどのハチの件で萎縮していた私たちの心も、少しずつほどけていきました

30分ほど進むと、「この先120メートル 落石に用心して下さい」という看板が立てられていました
その先には、短いですが梯子のかけられている箇所も。気を付けて進みます。

そんな時、かわいらしい森の住人とばったり出会いました!
ギンリョウソウ!

ちょっとピントが合いませんでしたが・・・ギンリョウソウです!
こちらのギンリョウソウさんはかなり色白で、目玉の親父というよりは目玉のお嬢様といった感じでしょうか?(笑)
とってもキレイな子でした☆

それから少し進むと、簡単な作りの小屋が見えてきました。
手前には「男 小キジ専用」と書かれていて・・・まぁ、内容はその文字の通りです(笑)
反対側には個室がありましたが、この時は扉が一部はがれかけていて、使えるのか不明な感じでした。
(その後登った人のレポートなどを拝見すると、扉がキレイに直されているようですね!)

そのすぐ先には、「山荘兼避難小屋 無人・無料」と書かれた愛鷹山荘がありました。
山小屋というより、民家のような雰囲気ですねー。
愛鷹山荘

それから私たちは、傾斜のある坂を登って、富士見峠へとたどり着きました。
指導標によれば、越前岳までは2.5kmとのこと。
雨は降っていないものの、昨日までの雨の影響で、道のぬかるみが気になるようにもなってきました

ここからは緑いっぱいの尾根道を歩き始めます。
右側の木、すごく大きいですよねー!
大木の道

それから、この植物。
黄緑色と濃緑色のグラデーションがとってもキレイ!
グラデーションがキレイ!

こうして私たちは、辺りをキョロキョロしながら進んでいきました。

時期のせいなのか、この辺りにはハルゼミなのかな?独特のセミの鳴き声が響き渡っていました。
登れば登るほどその数は増えていき、気付けば会話すら阻まれるほどのセミの大合唱!
ザックに付けていたクマ避けの鈴(CHUMS BEAR BELL)の音もかき消され、もはや意味をなしていませんでした(苦笑)

それからも、花たちやシダ植物、きのこなど色んなものを見つけながら歩いていきました。
しかし、深く掘られてドロドロにぬかるんだところもでてきましたー!
つるつると滑って、かなり歩きにくいです
深く掘られた道

何度も足を取られ、ヒーヒー言いながら登っていくと、「鋸岳展望」という小さな看板がかけられたところにぶつかりました。
その先は木々が少し切れて、眺望が開けています。
見れば、緑の森の向こうに、少し霞んだギザギザのシルエットが浮かび上がっていました。
あの辺りが鋸岳なのかな?
鋸岳展望台から

それにしても、ここから見る限りでは、登山前に期待していたようなお天気ではなさそうです。
富士山、見えるかなぁ・・・ちょっと心配になってきました

やがて、私の心配はどうやら気のせいではないことが判明したんです。
「富士見台」という看板の立てられた場所があって、木々が開けていたのですが、見えるのは真っ白な雲ばかり!
"富士見"ってことは、富士山が見えるところなんだよね、きっと・・・(苦笑)

気を取り直して先へ進んでいくと、今度は辺りに霧まで立ち込めてきてしまいましたー!
霧が・・・

ムシっとする空気、ぼんやりと霞む視界、そして頭の上から覆いかぶさってくるセミたちの鳴き声・・・
なんだか私は、異空間に足を踏み入れたような、不思議な気分になってきました。
一瞬でも気を抜けば、ふわふわと宙を漂ってしまいそうになる意識を足元に集中させて、今はただ、激しいぬかるみや水たまりをうまく乗り越えることに心を尽くします。

すると、無数の花が敷き詰められた道に差し掛かりました。
「うわぁ・・・!すごい・・・!!
この花道を越えたら、異世界へワープしてしまいそう・・・!!
花の絨毯!

なんて思いながら花道を抜けると、そこにあったのは異世界ではなく、越前岳の山頂でした。(笑)
なにはともあれ、登頂おめでとう!ありがとう!
越前岳山頂!

そして、注目の愛鷹山からの眺望はこちらですっ!!(苦笑)
ガスってますねぇ・・・
やっぱり分厚い雲に覆われて、全然見えませんでしたーうーん、残念っ

「自然相手のことだし、仕方がないよね。」
「もしかしたら雲が切れるかもしれないから、少し待ってみようか。」
私たちは気を取り直し、山頂広場の片隅に腰を下ろしました。

こうして行動食をつまみながら、しばらくのんびりと過ごします。
私たちの歩いたコースにはあまり人がいなかったのですが、十里木方面からの登山者さんは多いようで、次々と登頂されてきました。
「あららー、残念!」
皆さん、富士山の眺めを楽しみにしていらっしゃったのでしょうね。そんな言葉が山頂に飛び交っています。

雲の流れは比較的早く、上空には時折青い空も覗きました。
その度に期待でドキドキしてしまうのですが、富士山方面の雲はどっしりと構えていて、動く気配がありませんでした(苦笑)

そんな時、私がすぐ脇の低木に何気なく目をやると・・・
細い枝には丸々と太った?ハルゼミさんがびっしりとまっているではありませんか!!

「ギョエエエエエー!!!!

ハチやブヨなどを除いて、虫は嫌いではない私ではありますが、この光景にはさすがにびっくりしてしまいました。
今日はハルゼミさんのお祭りでもあるのでしょうか(苦笑)


今日はもう富士山が姿を現してくれることはなさそうだね。諦めもついたところで、私たちは下山することにしました。
山頂直下の激しいぬかるみエリアを慎重に通過すると、深い森の中を順調に下っていきます。

歩いていくにつれ、心なしか空が明るくなってきたような気がします。
木々の合間に、木漏れ日も見えてきましたー
帰り道

越前岳からの富士山の景色は、以前からずっと楽しみにしていただけに、少し残念でした。
晴れていたら、どんな風に見えていたのかなぁ?あんなに開けた山頂だから、きっとどーんと聳えていたんだろうなぁ。
そんなことを考えながら、私はひたすら駐車場を目指しました。

・・・と、「富士見台」に差し掛かった時のこと。
「あれっ!?もしかして・・・!!
私たちは思わず声を上げました。

雲の切れ間にほんのわずか、富士山の肩が見えているではありませんか!
ほんの少し、富士山が・・・!

『またおいでよー!』
私には、富士山がそんな風に言ってくれているように感じました。
同行者さんも同じことを感じていると、横顔を見てすぐに分かりました。

そうだ、そうだね。今日出会えなかった景色には、また会いに来ればいいんだ。
次来た時にも会えなかったら、会えるまで何度でも来ればいい。
山はいつでも、ここにあるんだから!

その瞬間、すぅーっと音がするほど、私の心の霧は晴れていきました
急に足取りが軽くなって、ハルゼミさんたちのお祭りの中を、私は一気に下っていったのでした


愛鷹山(越前岳)は、富士山の眺望こそ得られませんでしたが、沢山の生き物が暮らす深い森はとても雰囲気が良く、楽しく山歩きができるところだと感じました。
また色々なコース取りもできるので、また違った時期やコースでお邪魔したいと思います!


ちなみに、この日の宿は、田貫湖のほとりにあるキャンプ場のバンガローでした。
バンガロー
家具などは何もない、シンプルな建物ですが、マットと寝袋があれば、テント以上に広く快適です!

また、炊事場もあるので、料理もしやすいです。
暗くなってから照明をつけて調理をしたので、きらびやかな蛾さんや、巨大なカミキリムシさんなど、無数の飛び入り客と一緒に夕食を楽しんだ私なのでした(苦笑)
晩ごはん!

【終わり】

※自分用メモは後日掲載予定です。
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.06入川渓谷ハイク

入川渓谷(埼玉県秩父市大滝)

「音が消える場所」

そんな言葉に目が留まったのは少し前、西武鉄道の駅でパンフレットをパラパラと見ていた時でした。
「音が消えるっていうのは、どういうことだろう?とっても静かで、何の音もしない場所なのかな?」
そう興味を引かれたのを覚えています。

そして6月のある日、バイクツーリングを兼ねて軽いハイキングをしようという計画が持ち上がった時、私はふとその言葉を思い出したんです。
そして、今回の入川渓谷ハイクが実現したのでした。


入川渓谷にある「音が消える場所」とは、荒川の起点ともなっている「赤沢出合」というところだそうです。
電車では三峰口駅から中津川行のバスに乗って、川又バス停で下車します。バス停からは往復約3時間の道のりです。

今回、私たちはバイクだったので、川又バス停から徒歩15分ほど奥へ進んだところにある「入川渓流観光釣場」の有料駐車場に駐車しました。

身支度を整えて歩き始めると、すぐにゲートにぶつかります。
この先は車は入れないようですね
ゲート

そこから先も、しばらく舗装道路が続きます。
鬱蒼と生い茂る木々に囲まれて、辺り一面に緑の世界が広がります
緑の道

少し木が開けたところからは、こんもりした緑の山の姿が見えていました。
とにかく、緑が濃いんです
景色

しばらく進んでいくと、道にレールのようなものが敷かれるようになりました。
どうやらこれは、昔材木を運び出すのに使っていたトロッコの線路跡のようです。
屋久島の縄文杉を見に行った時を思い出すような道ですねー。
気持ちの良い道です

道はよく整備されていて、登山道というよりは遊歩道といった雰囲気です。
見上げれば、目に入るのは緑ばかり。この辺りの空気すら、濃厚に感じてきます。
緑いっぱい!

しかも、道はずっと沢沿いに伸びているので、谷側を見下ろせば、涼しげな水の流れを目にすることもできます。
水量も豊富で、ざぁざぁと気持ちの良い水音が耳に届きます。
眼下には川
時には、山側の斜面から浸み出した水が、小さな滝になって登山道へ流れ落ちていることも。

こんなに清涼感のある道は、起伏もなく、とても歩きやすいです。
ここは本当に素敵なところだなぁ。すごくリフレッシュできそう!
癒されます!

こうして私たちは、あちこちの景色に足を止めながら、のんびりと歩きました。
ホラ、見て。ふかふかの苔の絨毯に舞い降りた葉っぱに、テントウムシがつかまってる!
苔と葉っぱとテントウムシ

沢沿いの道は、目的地が近づいてきたのか、だんだんと水音が大きくなってきました。
川沿いの道

やがて、発電所の取水口が見えてきました。ここを過ぎれば、赤沢出合はすぐです!

そして、細長い広場状のところで道が行き止まりになりました。
立てられた標柱には、「赤沢出合」の文字。ついに目的地へ到着です!
赤沢出合

その先には、驚きの光景が広がっていました。

「わぁ・・・!!すごーいっ!!

私の目の前で、水量豊富な2つの沢が、激しくぶつかり合っているではありませんか!
最前線!

森の中には、轟音と呼ぶべき音量の水音が響き渡っていました。
最前線とも言える上の写真の場所では、すぐそばに立っている人との会話すらままならないのでした。

「音が消える場所」
そこは音のない場所ではなく、全ての音をかき消してしまうほどの壮大な自然の営みが繰り広げられている場所だったんです!

この時の動画は以前ブログにアップしましたが、こちらにも掲載しておきます!
[広告] VPS
この迫力、躍動感。本当に素晴らしいです。
私はしばらく、この轟音に包まれながら、生きている自然の姿を全身で感じていました。
沢がぶつかります

その後、家族連れのハイキンググループがやってきたので、最前線の場所を譲って少し下がりました。
ここには「一級河川 荒川起点」のの石碑がありました。なんだかかっこいい!!
石碑

赤沢出合の手前は小広くなっていて、ベンチも設置されています。
私たちは、いったんベンチに腰掛けて、お茶を飲むことにしました。

ですが、ちょっと動きを止めると、ブヨ(ブユ)が沢山集まってきます
彼らは渓流に生息しているそうなので、ここはぴったりの場所なのかもしれませんね
私はハチとヒルとブヨがどうにも苦手なので、落ち着きなく手で仰いだり、足をバタバタさせたりして、彼らの攻撃の手を逃れました(苦笑)

こうして少し休憩をした後、私たちはもう一度間近で沢の様子を眺めてから、駐車場へ戻ることにしました。
この辺りにも立派な木がありましたよー。
大木

赤沢出合を後にして、歩きやすい道を戻り始めると、徐々に水音は小さくなり、普通に会話ができるようになりました。
「すごかったねー。」
「うん、すごい迫力だった!」
普段は静かな山歩きを好む私なので、こういう「自然が創り出す轟音」の中に身を置くというのは、とても新鮮な体験でした。

そこからはまた、緑や水に癒されながら歩いていきます。
同じ道でも、行きと帰りでは見えてくるものも少しずつ違ってきます。そういうものを楽しみながら、私たちはゆっくり進んでいきました。
帰り道

こうして駐車場まで戻ってきた私たち。
癒しの入川渓谷ハイク、これにて終了です!

今回お邪魔した入川渓谷の赤沢出合までは、行程が短く、アップダウンのほとんどない遊歩道歩きでした。
渡渉などの可能性も考えてスパッツ(コロンビア ボムポップゲイター)を装着していったのですが、沢近くまで下りることはありませんでした。

とても良く整備された道ながら、深い森を目で楽しみ、土や水の香りを鼻で楽しみ、ぶつかりあう沢の轟音を耳で楽しむことができる、入川渓谷の赤沢出合。
とにかく癒しのパワーが絶大で、ブヨ対策はした方が良さそうですが、普段山歩きをされない方にも楽しんで頂けそうな場所だと思いました

新緑の時期だけでなく、紅葉の時期もまた素敵なんだろうな
癒しを求めて、また訪れたいと思います。


ちなみに、この日は道の駅あらかわのお向かいにあるお蕎麦屋さん「あづま屋園」さんで食事をしました。
こちらのお蕎麦、いい意味で手作り感に溢れていて、とても美味しかったです!!
美味しいお蕎麦!

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.05本仁田山登山(2)

本仁田山登山、(1)の続きです。

奥多摩駅から出発し、奥多摩三大急登と呼ばれる大休場尾根を、ひたすら登り続けた私たち。
5月とは思えないほどの暑さにうだりながら、なんとか足を進めていくと・・・

着きましたー!!本仁田山登頂!!
本仁田山山頂!

「いやー、着いた!!
ホッとしたのは、登頂の達成感というより、「これ以上登らなくて良い」と分かった安堵感だったのかもしれません(苦笑)

広場状になった山頂にはあずま屋のようなもの(茶店の跡?)もあり、既に何組もの登山者たちが休憩をされていました。
東面は明るく開けています。生命力あふれる緑の森の頭ごしに、遠く山並みがわずかに見えていました。
緑が濃いです

私たちは陽射しを避けて、木陰に腰を下ろしました。
が、この辺りには結構虫が飛び回っていまして・・・そろそろそういう時期になったんだなぁ、と実感しました。

実は今日、私たちは暑くなることを見越して、「山頂でアイスを食べる実験」をすることにしていました。
保冷効果の高いグラナイトギア エアセルブロックスに保冷剤をいくつか入れ、そこに飲むアイス、ロッテのクーリッシュを冷やしてきたんです

暑い山頂でアイスを食べられたら、きっとものすごく美味しいだろうな~♪と期待いっぱいで持ってきたのですが、残念ながら結構溶けてしまっていて、冷たいドリンクに近い状態になっていました(苦笑)
山頂アイス計画は、もうちょっと改良が必要そうですねー

こうして休憩も十分に取れた私たちは、下山を始めることにしましたー。
今回は、コブタカ山を越えて鳩ノ巣駅へと下るコースをたどります

まずは、気持ちの良い林の中を、快適に下っていきます。
ピンクの花が咲いていますよー。ツツジかな?
下ります

それからも、比較的なだらかで歩きやすい道がしばらく続きました。
足元の花を愛でながら進みます。カワイイ
黄色い花

それから少し登って・・・
さらに進みます

ここの分岐で左の川乗山方面ではなく、右の鳩ノ巣駅方面へ進みます
コブタカ山!?

って、アレっ!?
この分岐の標識、柱のところに太いマジックで「コブタカ山」って書いてあります!!(笑)
あやうく気付かずに通り過ぎてしまうところでした・・・。

こうしてなんとなく!?コブタカ山への登頂を果たした私たち。後は鳩ノ巣駅へひたすら下るのみ!
最初は明るい散歩道のような尾根道でした。

少しすると、明るい林の中へと入っていきました。
緑いっぱいで、とても気分良く下ることができます!
気持ちの良い道

やがて、一部工事中のため迂回路を通りましたが、案内もしっかりしていて迷うことはありませんでした。
一度工事中らしき林道に出ると、そのすぐ先に大根山の神の祠のある広場がありました。
大根山の神
ここで私たちは少しだけ腰を下ろして、行動食をつまみました。

ここまで来たら、駅まではあと30分ほど。
私たちは林の中の道を、再びどんどん下っていきました。

はい、どんどん下って・・・・
さらに下って・・・


「え!!!


ものすごくびっくりして振り返ると、そこにいたのはなんと、

だるまさん!!
だ、だるま!?


なぜこんなところに・・・登山中で休憩をなさっていたのでしょうか・・・(笑)


こうして最後まで色々な出会いがありましたが、ようやく町に近づいてきました。
もうすぐ地上です

そして、こんな洋風な顔立ちの狛犬さんに挨拶しつつ、
洋風?狛犬

下山完了です!!
鳥居

それから私たちは、5分ほど歩いて鳩ノ巣駅へたどり着いたのでした
鳩ノ巣駅へ到着

新緑の美しさを求めて足を踏み入れた本仁田山でしたが、予想以上にハードな急登と暑さに出迎えられ、内容の濃い1日となりました。
色とりどりの花たち、元気いっぱいの虫たち、そして日ごとにパワーアップしていく太陽の光。

いよいよ、夏山のシーズンが始まるなぁ、と感じずにはいられない山行になったのでした。

【終わり】

※自分用メモは後日掲載予定です。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。