2011.07 霧ヶ峰・車山登山(1)

車山(1,925m)・南の耳(1,838m)・北の耳(1,829m)・ゼブラ山(1,776m)・蝶々深山(1,836m)/長野県諏訪市

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

前日蓼科山に登った後、近くの宿に泊まって、今日は霧ヶ峰・車山へやってきました!

この時期はニッコウキスゲがキレイらしいので、今回のテーマは「お花見登山」に決めました
という訳で、今回のレポートは花の写真を多めに・・・というか、ほとんど花の写真でお届けします!(笑)
花の種類には詳しくないので、後日自分で調べて分かった範囲で書きますね


今回の登山出発地である「車山肩」にはビーナスラインが走っていて、車で気軽にアクセスすることができます。
ちょうどここにニッコウキスゲの大群落があったので、早朝から大勢の観光客さんたちで賑わっていました。

最寄りの駐車場は混雑していたし、短時間利用の観光客さん優先なので、私たちは少し離れた駐車場にレンタカーを停め、徒歩で車山肩までアクセスしました。

すると、早速出迎えてくれたのが、この景色!
ニッコウキスゲの大群落!

この黄色いのが、ぜーんぶニッコウキスゲの花なんです
「わぁー!!すっごい!黄色い絨毯みたいー!
私は早くも大興奮で、カメラのシャッターを切り続けました(笑)

この群落の辺りは散策できるようになっているのですが、道に沿ってロープが厳重に張られています。
撮影につい夢中になって、花を踏んでしまう人もいるのかもしれませんね
私も道を外さないように気を付けながら、なるべくロープが写り込まないように写真を撮ってみました(笑)
背後の景色も素晴らしい

黄色い絨毯もキレイですが、一つ一つの花もとっても鮮やかで美しいです
ニッコウキスゲアップ

こうしてしばらくニッコウキスゲの景色を楽しんだ私は、いよいよ車山へ向けて歩き出しました。
車山へ

車山へ向かう景色は、若い緑の草に覆われた丘のように見えます。
道は整備された遊歩道でとても歩きやすいですが、人がぐっと少なくなり、急に静かになりました。

そして少し登ったところから振り返ると、こんな景色と出会えました。
振り返る

黄色い絨毯を取り囲む沢山の人々、そしてその向こうには残雪の槍・穂高。
なんて素敵な風景ではありませんか!

そしてなんと、富士山も姿を見せてくれましたー!
頭にお洒落な帽子をかぶっていますね。今頃山頂の天気は・・・
富士山も!

私はこうして、清々しい景色を楽しみながら快適に進んで行きました
砂利っぽい乾いた道は、傾斜もきつくなく、とても歩きやすいです。

そして、ニッコウキスゲ以外の花も、沢山見ることができました

これはシャッターを切った時にちょうどアブさんがやってきて、花と2ショットになってます(笑)
花は、イブキトラノオかな?
花と虫の2ショット!

こちらは白い花。葉っぱと花の感じから、チダケサシのように思います。キレイですねー
白い花

こうして景色と花を楽しみながら歩いていくと、向こうの方にガスタンクやお台場フジテレビみたいな球体を乗せた建物が見えてきました。
あれが、気象レーダー観測所のようです。
あの球体は・・・

そして、この観測所がある広場が、車山の山頂でしたー!
車山山頂!

車山の広い山頂からは、素晴らしい眺めが広がっています。
車道の走っている車山肩から少し登っただけなのに、こんなにも高いところに立ててしまうなんて。すごいです!
素敵な景色です

山頂標識のある場所から少し進むと、車山神社の祠がありました。
この辺りで、ものすごーく軽装&手ぶらな家族連れの方と出会ったんです。
奥の方から来たみたいだけど、他の山から縦走してきた訳じゃないよね・・・?とちょっとびっくり

と、ここでも花発見!なんだかすごく変わった雰囲気の花です。
ウスユキソウの仲間のようですね
面白い花

その直後、道がキレイな石畳に変わって、すぐ先に建物が見えました。
なんと、ここまでリフトが運行しているんですね!先ほど出会った家族連れの謎が解決しました(笑)

私たちはリフトは利用しないので、その脇を徒歩で下りて行きます。
眼下には雲海みたいな雲が広がって、とっても気分がいい!
石畳の道

歩きやすい道を気持ちよく下っていくと、左手にニッコウキスゲの群落が現れました。
車山肩の賑わいとはうらはらに、こちらはとっても静かな雰囲気。ちょっとした穴場ですねー

その先に、白樺湖方面と八島湿原方面の分岐がありました。私たちは後者の方へ進みます。
(実は最初、間違えて前者の方に少し進んでしまい、引き返してきました

ここから先もよく整備された道が続いていましたが、人の気配は全くなくなり、実に静かな山歩きになりました。
少し進んで車山乗越の標柱を過ぎると、私たちは南の耳・北の耳を目指します。
1本道!

花がいっぱい、緑もいっぱいの原っぱの一本道を、一人占めして歩く楽しさといったら
少しどんよりとしてきた空が気がかりですが、私たちは気分よく歩いていきました。

しばらく行くと、向こうに特徴的な2つのこんもり山が見えてきました。
あれが南の耳・北の耳じゃないかな?あの辺り、歩くのが楽しそう!
あれが耳2つ?

この辺りにも花は色々咲いてました。
この変わった雰囲気の花は、コウリンカですね
変わった花

こうして花散歩を楽しみながら、私たちは南の耳の山頂までやってきました!
山頂標柱が素敵。景色も最高っ!
南の耳!

晴れていたらここでもゆっくり休みたいところでしたが、私たちはひとまず先へ進むことにします

北の耳に向けて、すっと伸びる登山道。
あぁ、この道めちゃめちゃ楽しいなぁー!こういう道、大好きです!
先へ進みます

もちろん、道中の花チェックも欠かしません。

こちらはエゾカワラナデシコかな?以前飯盛山で見かけたカワラナデシコに似ています。かわいらしいですね
かわいらしい花

それから、とっても鮮やかなアザミの仲間も。
鮮やかな花!

お花見登山、まだまだ続きます!

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.07 蓼科山登山(2)

蓼科山登山、(1)の続きです。

女の神茶屋の登山口からスタートして、登ること2時間ちょっと。
大岩だらけのきつい坂を登り切り、無事に蓼科山の山頂へとたどり着くことができましたー

この山頂というのが、ものすご――――く広いんですっ!
広い山頂

登山者の皆さんは、見晴らしの良い場所に腰を下ろして、景色を眺めながら休憩をされていました。
ここからも、濃い緑に覆われた八ヶ岳の姿がはっきりと見えています。
八ヶ岳方面

それから・・・縞枯れも発見!
縞枯れも・・・

先ほど縞枯れ現象のエリアを歩いてきたというのに、そのことには気付かず、向こうの縞枯れ現象を見つけて喜んでいる私って一体・・・(苦笑)

ここで私たちはザックを下ろして、ごはん休憩を取ることにしました。
今回の山ごはんは・・・マルタイ 棒ラーメンです!
スーパーで売られていたラーメンの具セットも入れたので、ちょっと豪華になりました
最高の景色の中で食べるラーメンは、やっぱり美味しかったです
豪華版?ラーメン

それにしても穏やかな良い天気で、食後にはお昼寝をしてしまいたくなるほどでした
私たちは少しゆっくりしてから、この広大な山頂広場をお散歩することにしました。

この山頂広場、山頂標柱や一等三角点は八ヶ岳が見える側の端の方にあります。
その反対側の端には方位盤が置かれていて、広場の中央付近には蓼科神社の鳥居がありました。

まずは荒々しい岩場を慎重に歩いて、鳥居に到着ー!
青空が気持ちいいですねー!
神社

それから私たちは、方位盤の方へ進みました。
ただ、こちらの山頂は足元が悪いせいか、方位盤の上に乗る方がとても多い(方位盤の方が平らで立ちやすいのかな?)ようです
私たちが登頂してからご飯を食べて、ここへ来るまで、方位盤はずっとお立ち台状態でした(苦笑)
というわけで、方位盤は見ることは諦めて、付近をウロウロしながら景色を眺めました。
周辺の景色

いやー、いい天気見晴らしも実に素晴らしいです!
本当にここでお昼寝をしたい気分でしたが、直に寝てしまうと背中が痛くなりそうなので我慢して(笑)、そろそろ下山することにします。

こうして広い山頂を後にした私たちは、蓼科山頂ヒュッテの前まで出てくると、蓼科山登山口方面へ。
下山します

大岩には、下山客にも分かりやすいように表示が付いていましたー。
分かりやすいマーキング

この辺りの大岩エリア、登りもかなりきつかったですが、下りもかなり大変です!
丁度良い足場を探しながら、えいやっと足を運んでいきます。
下からはゼーゼーと息を上げた登山者さんたちが、何人も登ってきました。「頑張って下さい!」と思わず応援の声をかけてしまいます。

こうして、私たちは再び縞枯れエリアまで下りてきましたー。
縞枯れエリア

そして、開けた明るい道から、深い森の中へと入っていきます。
森の中へ

そこからは、木漏れ日の美しい森の道になりました
時々立ち止まって、辺りを見回しながら深呼吸します。
心から癒される感覚
木漏れ日の森

気持ちに余裕も出てきたので、足下のちょっとした風景にも目が行くようになりました。
これはゴゼンタチバナでしょうか。生き生きと咲いている姿に、元気をもらいました!
生き生きと咲いてます!

それから、虫食いの木の葉たちが地面に落とした影絵。
色んな表情があって、とっても面白かったです!
葉っぱの影絵

こうして、私たちは無事に登山口まで下りてくることができました
女の神茶屋さんは、営業中のようですねー。ちょっと寄って休憩していこうかとも思ったのですが、山頂でご飯も食べてしまったので、今回はそのまま駐車場に戻りました。
下山完了!

その後、レンタカーをしばらく走らせたところで、小さな鳥居の向こうに蓼科山が見える場所を見つけました。
ちょっと車を停めて、先ほどまで過ごした山をしみじみと見上げました。
小さな鳥居と蓼科山


その美しい山容に惹かれて、計画した今回の蓼科山登山。
実際に訪れてみると、想像以上に深い森の景色と、荒々しい岩場が印象に残りました。
やっぱり、実際にお邪魔してみないと感じられないことや、見えない景色が沢山あるんだなぁと感じたのでした


これからも私は、心惹かれた山々を、できるだけ自分の足で歩き、自分の目で見てきたいと思います。
技術、装備、資金、休暇・・・足りないものは色々ありますが(苦笑)、憧れを夢に、そして夢を目標に変えるべく、少しずつ進んでいきたいと思います

【終わり】

※自分用メモは後日掲載予定です。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.07 蓼科山登山(1)

蓼科山(2,530.3m/長野県茅野市)

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

八ヶ岳北部にある蓼科山は、以前からずっと、その美しい姿に惹かれていた山でした。
「登ってみたい」とは思っていたものの、残雪の状況や、アクセスの問題などがあり、なかなかお邪魔することができませんでした。
ようやく今回、登山計画を実行に移すことができたんです

蓼科山にはいくつかの登山ルートがあります。
行程の長さや道の状況、アクセスなどを色々と検討した結果、今回は「女の神茶屋」ルートで登ることにしました!

駐車場近くにあった案内看板が分かりやすかったので、載せておきますねー
案内図

こうして、レンタカーでやってきた登山口近くの駐車場
朝7時台ですが、すでに車がいっぱいです!
駐車場

周囲には、カラフルなウェアに身を包んだ若者グループなど、何組もの登山者さんたちが準備をしていました。
渋滞は避けたかったので、準備体操などをして少し時間調整をしてから、人の流れが切れた隙にササッと出発します(苦笑)

登山口を入ると、早速雰囲気の良い森の中へ
数日前に雨が降ったのか、地面がぬかるんでいるところも多少ありました。
スタートです!

しかし、出だしから、こんなに立派な大木が現れました!
「おおーっ!」と、思わず歓声を上げてしまいます。
立派な木

そこから道は、一瞬開けたり、小石の道になったり、また土の道になったりと、少しずつ変化をつけて続いていきました。
前後にも登山者さんたちがそれなりにいたので、速めのペースでどんどん進みます。
進みます

やがて、大きな岩がゴロゴロとし始めましたー。
岩がゴロゴロ

つまづかないように気を付けて足を運んでいると、背後の木々が切れて、遠くの景色がパァッと広がったことに気付きました。
「わーっ!すごい景色!
景色が開けました

地上の街並みや、その向こうに浮かぶ雲と山々の景色も素晴らしいのですが、裾野にかけての森の深さがすごいです!
山頂からの見晴らしが、今から楽しみになってきました!

それからまた、私たちは木漏れ日のまぶしい森の道へ入りました。
雰囲気の良い森

この辺りには、苔やきのこの姿も多く見られました。すごく清々しい雰囲気の森ですねー。

やがて、再び木々が切れ、頭上に青空が広がると、足下はまた岩でごつごつしてきました。
その辺りで撮った写真が、こちらなのですが・・・
大岩の開けた道

この時、私は「この辺り、昔火事でもあったのかな?立ち枯れの木がすごく多いけど・・・」なんて思ってましたが、これって、縞枯れ現象だったんですねー!
後で気付いたのですが、当記事の1枚目に写真を掲載した案内看板に、ちゃんと丸で囲んで「縞枯れ区域」って書いてあるじゃないですか・・・(苦笑)

そして、この辺りからはびっくりするほど大きな岩が積み重なった、険しい道になりました。

岩に黄色いペンキで書かれた矢印に従って、どんどん高度を上げていきます。
森林限界を越えると、背後の景色は一層大きく広がりました。

眼下に続く深い深い森の向こうには、寄り集まって頭を並べる八ヶ岳の姿が。
その右手奥、霞の上に壁のように峰を連ねているのは、南アルプスのようです。
素晴らしい景色

そのスケール感には、圧倒されるばかりです
私、地球を歩いてるんだなぁ・・・。

さぁ、山頂まではあと一息!
私たちは、黄色いペンキと赤いポールで示されたルートを登っていきます。
岩がすごいです

それにしてもものすごい大岩だらけ。もちろん、トレッキングポール(LEKI シーヴァアンチショック)を持っていては危ないので、ザックにしっかりくくり付けて、よじ登るようにして進んでいきました。
これは下りも気を付けないといけないなぁ。

やがて、岩の向こうに小屋が見えてきました!
黄色いマーキングが、小屋へと導くように細かくつけられていますねー。
親切なマーキング

このマーキング、今日みたいに晴れた日なら親切すぎるほどなのですが、ガスが出ていて視界が悪い時などは、ありがたいものなのだと思います。

こうして、私たちは無事に蓼科山頂ヒュッテまで出てくることができました!
うーん、見晴らしが良さそうな小屋ですねー
蓼科山頂ヒュッテ

そして・・・「山頂ヒュッテ」というからには、私たちの目指す山頂は、もうすぐそこにあるはずです。
ヒュッテ前から斜め後ろにカクっと折り返した方角へ、マーキングが付けられていました。
そして、そのすぐ先には、大勢の人たちの姿が見えています。
山頂へ・・・

よし、もうひと登り!と、歩きづらい岩の道を注意して登っていくと、広大な山頂広場に出てきましたー!

蓼科山、登頂です!!
蓼科山山頂!

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi