スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.09 鳳凰三山テント泊登山(2)

鳳凰三山テント泊登山、(1)の続きです。

御座石温泉から鳳凰小屋まで登ってきたものの、途中から真っ白なガスに覆われてしまったためテント場でお昼寝をすることにした私たち。
しかし、目覚めてみると予想外の青空が広がっているではありませんか!

どうしよう・・・慌てて地図を広げ、地蔵岳往復の所要時間を確認しました。
「よし、行ける!
こうしてサブザック(シートゥーサミット ウルトラシル・デイパック)に必要な荷物を詰めると、私はテントから飛び出したのでした。

登り始めは樹林帯の中、所々に丸太が敷かれて整備された道でした。
結構傾斜のきついところがあり、ハイペースで歩いていたのですぐに息が上がりました
それでも、ペースを落とすことなく山頂を目指します!
樹林帯の道

やがて足下が一面の白砂に変わりました。
坂はきつく、砂に足を取られるのでかなり歩きづらくなりました

それでも、「あの景色を見たい」という思いが強かったので、足が止まることはありませんでした。
樹林帯を抜けた時にはまだガスがたちこめていましたが、私が一歩を踏み出すごとに、景色がだんだんとクリアになっていきました。

そして、空に突き出す岩塔の姿を視界に捉えました!
あれがオベリスクかぁ!すごい迫力!
オベリスクが見えてきた!

私はその姿にパワーをもらい、一気に砂の斜面を登りました。

こうして、地蔵岳の山頂標識があるところまで登ってきましたー!
いつの間にかガスがキレイに晴れて、オベリスクがくっきりと見えています!
地蔵岳

すごいっ、オベリスクかっこいい!!

私たちは賽の河原へ上がりました。
さすが地蔵岳、お地蔵さんが沢山並んでます!
お地蔵さんがいっぱい!

そこから、オベリスクへ向かいました。
まるで、大きな岩が空に向かって積み上げられているかのよう。
それは決して人間の手では創ることのできない世界の光景でした。とにかく圧倒されます!
オベリスクへ向かいます

私は大岩を一つ一つ乗り越えていきました。
そして、オベリスクのてっぺんまで最後のひと登りのところまでやってきましたー。
最後のロープ場・・・

てっぺんに立つには、上から垂らされたこのロープを使って、ほぼ垂直によじ登ることになります。
うーん、登ることはおそらくできるけど、下りがちょっと危ないなぁ

私は頭の中で、このてっぺんから下る時のことをシミュレーションしてみました。
もし手が滑って落ちたら・・・という悪いイメージが浮かびます。
山は無理せず楽しく。なんだか悪い予感がする時は無理しないでおこう。
そう考えて、今回はここまでとしました
よーし、もっと成長して、次回は余裕を持ってここを登れるようになるぞ!

それから私たちはオベリスクを後にして、白砂の急坂を下りました。
ここは富士山の砂走りみたいな感覚で、一気に下ることができましたよー
急坂を下ります

下り始めるとあっという間にガスが出てきました。
山頂にいる間だけ晴れていてくれたなんて、すごいラッキー!

私たちはその後も気分良く樹林帯を下っていきました。
途中で元気な苔とキノコたちを見つけましたよー。かわいいっ☆
苔とキノコ!

そして、無事にテント場まで戻ってくることができました。
無人だったテント場も、今やこれほどの大混雑です!さすが人気の山ですねー。
テント場に戻りました

私たちはテントに戻って一息ついてから、晩ごはんを作りました。
今回も、最近ハマっている永谷園 煮込みラーメンです(笑)
煮込みラーメン

美味しくて温まるし、具と麺を入れて煮込むだけなので楽なんですよねー

翌日は小屋からショートカットコースを使って稜線へ上がり、観音岳、薬師岳を歩いて再び鳳凰小屋経由で御座石温泉へ下る予定です。
明日は天気が良くなりますように・・・と祈りつつ、シュラフに潜り込みました


翌朝、4時前に起床すると、すぐにお湯を沸かして具とスープを混ぜたお粥を頂きました。
身体が温まったところで、身支度を整えていざ出発!

外に出ると、頭上には雲一つない夜空が広がっていました
稜線へ上がるショートカット道への入口が分かりづらくて、たまたま外に出ていらっしゃった小屋のおじさんに尋ねました。
おじさんは丁寧に道を教えて下さり、「今朝の気温は氷点下ぐらいまで下がったよ。でもその分、天気はバッチリだぞー!」との嬉しい言葉をかけて下さいました。
やった、「天気はバッチリ」だって

お礼を言って歩きはじめると、東の空には早くも朝の予感がいっぱいに漂っていました!
わぁ、今日一日が楽しみだなぁー!!
朝がすぐそこに

ショートカット道の入口にはハシゴがかかっていたのですが、暗闇にヘッドライトで照らしただけではハシゴの下に行き着く道が見えづらく、やや苦戦しました
なんとかハシゴの下にたどり着いてよじ登ると、私たちは樹林帯に伸びる登山道を登っていきました。
ハシゴ

このコースはあまりメジャーではないせいか、人の気配は全くなく、足下もやや荒れている雰囲気です
しかも朝一番の身体にはキツイ傾斜だったので、息を弾ませながら高度を稼いでいきました。

暗闇だった森は徐々に明るくなってきて、ヘッドライトなしでも歩けるようになりました。
もうすぐ日の出の時間だけど、この樹林帯ではご来光を拝むことはできなさそうだね。

・・・と思っていたら、なんと、鬱蒼と生い茂る木々の隙間から太陽が顔を出してくれたではありませんかっ!
まさかのご来光!

森の中に太陽の光が差し込むと、辺りの雰囲気は一変しました。
薄暗かった森の中が、一気にオレンジ色の光に包まれたんです。
オレンジに染まる森

「うわぁーっ、すごいっ!!
木々も、地面も、自分もオレンジに染まっています!
そして、木々の合間に覗くオベリスクも・・・
オベリスクも・・・

昇ってくる太陽そのものだけじゃなく、太陽が山に運んできてくれる朝の光景もとっても素敵なものなんだなぁ
こうして私は素晴らしい朝を迎えることができました!

明るくなって道の様子も見やすくなったので、ここから一気に稜線まで上がりたいところ。
しかし、思った以上にこの道はハードでした
岩や倒木、大きな段差・・・かなりワイルドな雰囲気です(笑)
荒れた道

まだかな、まだかなー・・・
まだ見えない稜線への思いを募らせながら、次々現れる障害物を乗り越えていきます。

やがて、道端には霜柱が、岩には氷柱が見られるようになりました。こちらはハードな登りで身体が温まっているけど、実際の気温はかなり低いんだね。

そして、ついに目指す先が明るくなってきました!
これを登り切ったら・・・もしかしたら・・・

こうして小屋近くのショートカット道入口から登ること1時間ほど。
ようやく稜線へと上がることができましたー!
稜線に上がりましたー!

「わーっ、真っ白!
辺りは白砂と白岩だらけの真っ白な世界でした。

そして、振り返ると・・・ほら。
雲一つない絶景が、見渡す限りに広がっています!
絶景です!

今日の山歩き、めちゃめちゃ楽しくなるに違いない!
私はワクワクしながら、白い稜線を歩き始めました。

【次回へ続く】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.09 鳳凰三山テント泊登山(1)

地蔵岳(2,764m)・観音岳(2,840m)・薬師岳(2,780m)/山梨県韮崎市他



この夏は、中央アルプス、北アルプス、八ヶ岳の山へお邪魔してきました。
そうなると、自然と南アルプスにもお邪魔したくなってしまうわけで・・・(笑)

「せっかくテントもあることだし、テント泊で南アルプスのどこかを歩いてこよう」と計画を立て始めました。
ただ、この時期は次々と台風が発生していて、場所によっては大きな被害が出ていたんです。

周辺の山小屋さんや自治体などから情報収集をして検討した結果、マイカーで登山口までアクセスできる鳳凰三山へ、1泊2日で登りに行くことに決めました!
今回は沢ルートは避けたかったので、行きも帰りも御座石温泉からの尾根ルートを使います。

こうして車で御座石温泉へとやってきた私たち
実はここへ来るまでの道路に台風の影響が残っていて、小石や小枝などが多く落ちていたので結構大変でした
(翌日帰る時にはほとんど片付けられていましたよー

駐車場では御座石温泉の女将さん(?)が各車の駐車位置を細かく指示していました。
帰りに分かったのですが、この駐車場はかなり混雑するみたいで、早く来た人がキレイに停めていかないと駐車台数が少なくなってしまうんですね。

そして温泉のワンちゃん(?)に見送られ、登山口のトイレを借りてからいよいよ登山道へ入ります。
御座石温泉の建物の脇の斜面を登っていくと、明るい雰囲気の森が広がりました
登山スタート!

すると早速珍しいキノコを発見しました!
ぶれてしまうのでフラッシュ撮影したのですが、茶色い球みたいな身体をしていて、頭のてっぺんに赤ペンで×印が付けられているみたいなキノコ!
面白いキノコ

後で調べたのですが、クチベニタケというキノコのようです。
他にも、全身オレンジのサンゴみたいなキノコもいましたよー

こうしていきなり足を止めるような出会いがありましたが、森全体の雰囲気もとても良かったです。
こんな大木の脇を通ることもありました!
大木も

やがて「治山工事をしています」という看板が現れました。
トラロープと紅白の杭の誘導に従って進むと、工事現場らしきところに出てきましたー!
結構規模が大きそうですねー。
治山工事中

ここから少し遠くの景色が見えましたが、全体的に雲が多かったです。
今日明日の天気予報自体は悪くはなかったんだけど・・・晴れてくれるといいなぁ。

そこからも、森の中の道がずっと続いていました。
傾斜は結構きつめなところが多く、これから先の長い道のりが思いやられます

しかし、この辺りにも次々とキノコが現れましたー!
登山道から少し離れていて写真はきちんと撮れなかったのですが、タマゴタケが2本並んでいるのも見ましたよー

その先に少しだけ木々が切れた場所がありました!
眼下の景色を望みます。結構高いところまで登ってきたみたいだね
景色が見えます

しかし、私たちのいる場所は上空が雲にすっかり覆われているようです。さすが雨女・・・(苦笑)

さらに登っていくと、石の祠や「猿田彦大神」「頂上」と書かれた石碑が立てられた場所に出てきましたー。
ここが旭岳のようです。
旭岳

まだまだ先は長い。私たちは次の燕頭山を目指して進んでいきました。
しかし、この辺りから登山道にガスがかかるようになってきてしまいましたー
崩れかけている道もあったので、気を付けて歩かないと・・・。
ガスが出てきました

それから、白く霞む森の中の道をひたすら進んでいきます。
やはりこの辺りにもキノコが沢山いましたよー!美味しいキノコ、ハナイグチも発見しました(見るだけですけど・笑)

しばらくすると林床に笹が目立つようになり、なんとなく雰囲気が変わってきました。
そして、ベンチが置かれた広場のような場所が現れました。ここが燕頭山です!
大木にも燕頭山の看板が掛けられていましたよー。
燕頭山の山頂

この周辺の大木の枝や幹からは、サルオガセがいくつも垂れ下がっていました。
今日のようにガスが出ている天気の方が、仙人の出てきそうな山深い雰囲気があって良いのかもしれませんね(笑)

燕頭山の山頂を後にした私たちは、笹の絨毯に覆われた森の道を進んでいきます。
笹の道

この辺りにもキノコは多数生えていました。これは黄味が強いけど、ベニテングダケの幼菌だね!かわいいっ!
ベニテングダケ幼菌

やがて、目の前に白い砂地の斜面が現れましたー。崩れかけているようで、木の足場がなんだか浮いています
道が崩れかけてます!

その先は再び土の道になりました。所々に岩の転がる森の中の細道をひたすら登っていきます。
延々と登りの続くこのルート、精神的にもだいぶ疲労感が増してきました

ですが・・・足下の小さな生き物たちが、私たちを励ましてくれました!
この植物、すごい!緑と赤の葉っぱが半分ずつになってるの
赤と緑が半分ずつ!

木の枝にはかわいらしい小鳥もとまっていましたよー!
小鳥発見!

こうして進んでいくうちに、道にはまた白い砂が混じるようになってきました。
さらに、木の橋や階段などで整備された箇所も増えてきました。
木道

この辺りまでくれば、きっと目指す山小屋は近いはず
テント泊装備の詰まったザックがズッシリと背中にのしかかってきますが、気力を振り絞って足を運びました。
白砂の道

そして・・・
「あっ!小屋が見えたよー!」
ようやく鳳凰小屋に到着しました!
鳳凰小屋到着!

ああー、かなり長かったなぁ。ほんっとーに疲れた―!

こちらの小屋、入口の前にはテーブルやベンチが置かれていて、手描きの案内地図も飾られています。目の前の水場からも水がザーザー出ていて、登山者がのんびりと憩えるような雰囲気でした。
私たちは早速受付をして裏のテント場へ向かいます。

鳳凰小屋さんのホームページによれば、御座石温泉から鳳凰小屋までのコースタイムは5時間半ほどのよう。
私たちはヒーヒー言いながらも4時間半で登ることができたため、到着は午前11時半でした。

時間が早かったのでテント場には誰もおらず、テントを張る場所は選び放題でした(笑)
しかし、この後の混雑のことも考えて、一番奥の端っこにテントを張ることにしました。

こうして無事にテント設営完了!
テント場は広く、砂地だったのでとても張りやすかったです
テント設営完了

上の写真でもちょっと見えますが、辺りは完全にガスに包まれて真っ白になってしまっていました。
当初の予定では、テント設営後に最低限の荷物だけを持って地蔵岳を往復してくるつもりでしたが、この天気ではオベリスクもあんまり見えなさそうだなぁ・・・

だいぶ疲れていたこともあったので、私たちはひとまずテントの中でお昼寝をすることにしましたー(笑)
できれば青空に聳えるオベリスクを見たいので、明日天気が良ければ朝一番で登ってこようかな。

こうして、2時間半くらい熟睡してしまったのです(苦笑)
山でのお昼寝って結構好きなんですよねー。私はよく山でお昼寝しますが、消耗した体力を回復するには栄養補給と睡眠が効果的だと感じています。

そしてふと目が覚めると、テントの外はだいぶ賑やかになってきていました。
登山者さんが続々到着してるんだなー・・・なんて思いつつ、ヒョイッとテントから顔を出してびっくり!!

「あれっ!?青空が見えてるーっ!!
まさかの青空・・・!

これは、予想外の展開です!!
ど、どうしようっ!?

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

本白根山でコマクサの大群生を見てきました!

高山植物の女王と呼ばれているコマクサには、これまで赤岳日光白根山白馬岳で出会ってきました。

しかし、タイミングが悪くて、いつも終わりかけの花だったり、1株しか咲いていなかったりしていました。

白馬岳登山の時には「いつか、群生しているところを間近でじっくり眺めてみたいなー。」なんて思って、そのようにブログにも書いていたのですが・・・

ついに、コマクサの大群生を見ることができましたー!

場所は草津の本白根山。
直前の情報で、「コマクサが見られそうだ」ということは分かっていましたが、まさかこれほどとは。

なんとっ、見渡す限りコマクサだらけですっ!!
コマクサの群生!

他の草が育たないような険しい岩屑の斜面に、彼女たちは好んで居を構えるようです。
そのため、本白根山の山頂(遊歩道最高地点)に至るまでの岩場は一面コマクサ色に染まっていました

1つ1つのコマクサを見ても、とってもかわいらしいんです!
コマクサアップ!

確かに、下に伸びている部分が馬の鼻にそっくりですよねー。
うーん、かわいいっ!!

残念ながら真っ白なコマクサは見つけられませんでしたが、濃い赤から薄いピンクまで、個性豊かなコマクサの花を楽しむことができました。
本当に感動ですっ!!

コース中にはコマクサ以外にも、色々な花が咲いていましたよー。
ゴゼンタチバナも今が盛りのようです
ゴゼンタチバナ

この時の登山の様子は、また改めてレポートを書きたいと思います。
今度の週末にはもうピークを過ぎてしまっているかもしれませんが、コマクサに興味のある方は最新情報をチェックの上、お出かけしてみるのも良さそうですね♪
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。