スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.03鍋割山登山

鍋割山(1,273m/神奈川県秦野市、松田町、山北町)



■今回のコース(出発&到着時刻)
表丹沢県民の森駐車場先のゲート07:40―(二俣経由)→10:02鍋割山山頂10:49―(小丸経由)→13:15ゲート

■参考マップ
山と高原地図 28 丹沢


ここ最近は雪のある山へお邪魔する機会が多かったのですが、決して雪のない山への興味を失った訳ではありません。
今回は久しぶりに3シーズン用の登山靴を履いて、丹沢の山へお邪魔することにしましたー!

鍋割山はぜひとも寒い時期に行っておきたかったんですよねー。
その理由とは・・・この後分かります(笑)


今回のスタート地点は表丹沢県民の森駐車場。その先にあるゲートから登山開始です。
ゲート

ここからしばらくは林道歩き。随所に道標が立てられているので迷わずに進むことができました。
今日はお天気もいいみたい。青空の下、春の到来を今か今かと待ちわびているかのような森の景色が清々しい気分にさせてくれます
晴れてます

こうして25分ほど歩いたところで、二俣までやってきました。
ここから、木製のキレイな橋を渡ります
橋

橋を渡った後も、さらに林道歩きが続きます。
すぐに鍋割山(小丸経由)の分岐が現れますが、こちらの道は帰りに使うので私たちはそのまま直進しました。

そこからさらに木製の橋を渡り、沢沿いの道を進んでいきます。
すると・・・ありました!鍋割山荘へ運ぶお水を集めたコーナーです
水を運びます

鍋割山荘には水場がないため、下界で用意したお水を運び上げて使っているのだそうです。
そして、鍋割山荘を経由する登山者さんの中で、体力に余裕のある人にはボランティアでのお水運びをお願いしているのでした。

私たちはトレーニングも兼ねてお水を運ぶ気満々だったので、ザックも40リットルのものを背負ってきましたー(笑)
ペットボトルの中には少し水漏れしているものもあったので、大きなビニール袋に包んでからザックに入れました。

お水を入れたザックを背負ってみると、やはり先ほどよりずいぶんずっしりしています。
それでも歩行に支障が出るほどではないので大丈夫。というわけで、山荘へ向けて出発!

歩き始めて数分後、大小の石が転がる沢沿いの道は、林の中の土の道に変わりました。
ここから山頂まで、ひたすら登りが続きます。

さすが丹沢のメジャールートだけあって、足下の悪いところは木道などできちんと整備されていました。
登ります

少し登って植林帯を抜けると、芽吹き前の広葉樹に囲まれた明るい登山道になりました。
陽射しがポカポカしていて暖かい・・・というより、むしろ暑いくらいです
寒いと思ってかなり厚手のズボンを穿いてきていたので、ベンチレーター(※)を全開にしました。
※ズボンの前のチャックのことではありません(笑)

前後には何組もの登山者さんが続いていたので、私たちもあまり立ち止まらずにどんどん登っていきました。
それでも、周りの景色を見ることは忘れていませんよー

小さなお地蔵様と一緒に岩陰に立てかけられていたのは、木彫りの観音様かなぁ?とっても味わいがあって素敵です
観音様かな?

私たちはさらに登っていきます。
道の雰囲気は全体的にはっきりとした尾根道が多かったです。
尾根道

やがて、道端に霜柱が目立つようになってきましたー!
山道をずっと登ってきた私たちはむしろ暑いくらいでしたが、気温はきっとかなり低いんだろうな
日の当たるところでは霜柱が融けたのか、湿った道やぬかるんだ道も出てきました

そしてそろそろ頂上が近いんじゃないかなー?と思い始めた頃、木々の合間に遠くの景色も望めるようになってきましたー!
少し雲は浮いていますが、景色はクリアーです
見晴らし良好
雲に半分ほど覆われていましたが、この辺りから富士山の姿も望むことができたんですよー☆

しかし・・・荷物の重さも手伝ってか、そろそろ山頂が恋しくなってきましたー(苦笑)
「ここを登り切ったら山頂かな?」と期待して登ったところ、まだ先があったりして
もうちょっとかなー?

それでも何とか、バテずに山頂までたどり着くことができましたよー!!
沢山の登山者さんがいらっしゃったので、これは食事を終えてから撮影したのですが、鍋割山荘の全景です!
鍋割山荘

私たちは山荘の前でザックを下ろし、かついで来たお水をタンクに移しました。
そして、念願の鍋割山名物、鍋焼きうどんを頂きますっ!!!
鍋焼きうどん!

行動中は暑さを感じたとはいえ、さすがに身体が随分と冷えてきたところだったので、熱々のうどんはぴったりのメニューでした。
しかも、たっぷりの具にやや甘めのスープが絡んで本当に美味しいんですっ!!
これは感動の味でした。寒い時期に食べに来られて良かったー

大人気の鍋焼きうどんは同時に作ることのできる数が限られるため、タイミングによってはかなりの待ち時間が発生するかもです。
私たちは10分くらいで食べられたのでラッキーでした☆

美味しい鍋焼きうどんを頂いて、大満足の私たち。
山荘を出てからふと気付いたのですが、山頂の標柱をちゃんと見ていませんでした(笑)

というわけで、改めて・・・鍋割山、頂上です!
鍋割山頂上

ここ山頂からも山並みや街の眺めが素晴らしかったですよー☆

美味しい鍋焼きうどんを頂いて鍋割山の山頂を後にした私たちは、塔ノ岳方面へ向けて歩き始めました。
今回は塔ノ岳までは行きませんが、その手前の分岐から小丸尾根を下って二俣まで戻るつもりです。

分岐までの尾根道は、やはり霜柱が融けたのか少々ぬかっているところもありましたが、明るくてとても気持ちの良い道でした。
小丸方面へ

木々の合間から見えるのは、こんなに迫力ある景色!
素晴らしい景色

この先に「小丸」と呼ばれる小ピークを越えるので、ちょっとした登りがあります。
ザックは軽くなったけれどお腹は重くなったのでちょっと登りはきついですが・・・(苦笑)ひと頑張り!

こうして小丸に到着!
小丸

ここから少し進んだところに、小丸尾根の分岐があるはず・・・と辺りをきょろきょろしながら進んでいくと、ひときわ大きなブナ(多分)の木々に出会いました
とても貫禄があります。幹の模様が美しいですねー
大木

そして、このブナの少し先に「小丸尾根分岐」と書かれた指導標がありましたー。
二俣という名前がはっきり書かれていたわけではありませんが、地図を見る限りではここで間違いなさそう。

というわけで、私たちは見晴らし抜群の分岐から小丸尾根を下り始めました。
下ります!

・・・が!出だしは滑りやすい急な坂で、転ばないように下るのが大変でした
すごい道・・・

以前、塔ノ岳から大倉尾根を下る途中で天神尾根に折れた時、道の整備状況があまりにも違っていて驚いたことがありますが、こちらもメインルートを外れるとなかなかワイルドな道になるようですねー

しかし、しばらくして道が樹林帯に入ると、急なところはあるものの歩きやすくなったので良かったです
樹林帯

ここからは林の中をひたすらひたすら下っていきます
所々に登りの登山者さんに向けた「小丸まであと○○m」という看板が立っていましたよー。登りに使う人が多いのかな?

だいぶ標高を下げた頃に、登山の格好ではないご家族連れとすれ違いましたが、もう午後だったので大丈夫かな?とちょっと心配になりました。
途中まで森の散策をされていたのかもしれませんね。

こうしてどんどん下っていったところで、見覚えのある場所に出てきましたー!
今朝も通った二俣に到着です
二俣

ここまで来れば、後は林道を下っていくのみ。
私たちはのんびりと登山口のゲートを目指したのでしたー


鍋割山はずっと行きたいと思いながら、なかなか行けなかった山でした。
今回お邪魔することができて、何といっても名物の鍋焼きうどんを食べられたこと、そしてそれがとっても美味しかったことが嬉しかったです

ポカポカ陽気の中、見晴らしやブナの大木を眺めながらの山歩きはとても楽しかったです。
鍋割山さん、ありがとうございました!またお邪魔します

【終わり】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.03 天狗岳登山(2)

天狗岳登山、(1)の続きです。

前日に渋の湯を出発し、黒百合ヒュッテで1泊した私たち。
翌早朝に起き出し、お粥(尾西の白がゆ)の朝食を食べて準備を整えます。

外に出ると、予想通りとっても寒ーい!
小屋の入口に温度計がかけられているのですが、氷点下20℃くらいのところを指しているような・・・これって本当かな?
温度計

さぁ、いよいよ山頂へ向けて出発です
早朝の登山道は表面が凍っていて、アイゼンがザクザクと刺さりました。
出発です

森の中へ入っていくと、見たこともないような世界の光景が広がりました。
木々の幹や岩までもが凍りついて、真っ白になっていたんです
真っ白な森

なんなんだろう、この世界は・・・
視界に映る全ての物が白に染まってキラキラと輝き、何もかもが信じられないほど美しく見えました。
自分は今、氷のシャンデリアが輝く宮殿を歩いているんじゃないか・・・そんな浮遊感にさえ包まれるほどでした。

こうして出発から10分で中山峠(2,410m)に到着しました。
残念ながら空は雲に覆われてしまっているようですねー
中山峠

ここから先は森林限界を超え、厳しい道になっていきます。
私たちを包んでくれていた森の木々たちがいなくなると、とたんに風当たりが強くなりました。
辺りは雪と凍りついた岩ばかりの世界に変わります。

そして・・・この光景が目に入った時、私はハッとさせられました
それは、凍りついた指導標だったのですが・・・
指導標だけど・・・

正直、これが私には十字架に見えました。
雪山の美しさに惹き込まれ、現を抜かしているお前のような登山者の命など、あっという間に奪うことだってできるんだぞ・・・
そんな山の神様の声が聞こえてくるかのようでした。

雪山は、私が想像している以上にとんでもないところなんだ。とんでもなく厳しいところなんだ。
そう強く感じました。

この日は少なからず天狗岳を目指す登山者さんがいらっしゃったのですが、私たちは出発が早かったためか、見える範囲では前には誰も歩いていませんでした。
また、トレースは薄く、表面が凍って硬めになっていました。
そのため夏山シーズンに歩いた時の大まかな地形や道の記憶と、地図やGPSの表示を同行者さんと一緒にこまめに確認しながら慎重に登っていきました。

カメラはある程度の耐寒機能があるので大丈夫そうでしたが、電池はダメみたいで、フル充電のはずが「電池残量ゼロ」の警告が早くもピカピカしています
しかも、寒さのためオーバー手袋も外せないので、いつものように沢山写真を撮ることはできませんでした。
というわけで、何とか撮れた1枚をどうぞ。
岩と雪の風景

こうして午前8時過ぎ。視界の先に見覚えのある標柱をとらえましたー!
「あっ、あれは山頂じゃない!?」

近付くと、それは以前記念撮影をした標柱でした。
というわけで、天狗岳(東天狗)登頂です
天狗岳頂上

標柱も真っ白で何だかよく分かりませんが(苦笑)、かろうじて一部の文字を読み取ることができましたー

後から登ってこられた登山者さんの中には西天狗岳を目指す方もいらっしゃいましたが、吹雪ではないものの少し風とガスがあったので、初心者の私たちは無理せずここまでで引き返すことにしました。
その前に少し温かい飲み物でも・・・と、小屋でサーモスに入れてきたお湯を使ってカフェオレを作りましたー!
カフェオレ

風の当たらない岩陰に座って飲みましたが、さすがに寒かったのでほぼ一気飲みです(苦笑)
やはり、温まるなら小屋に帰ってからの方が良さそうですね・・・

というわけで、来た道を引き返し始めた私たち。
下っていくほどにガスが晴れていき、後から登ってきた登山者さんで山が賑やかになってきましたー

まだ向こうの稜線上には雲がかかっていますが・・・森はかなり見渡せるようになりました
雲が晴れてきました

登りの時には精一杯の精神力を使っていた私ですが、下りは少し余裕を持って、景色を楽しみながら進むことができました
キレイです

そして樹林帯へ入る手前で、森の景色に思わず足を止めてしまいました。
これは・・・なんて美しいんだろう!!
美しい景色

雪の山には、ただただモノクロの世界が広がっていました。
その世界の中にぽつり、ぽつりと見えるカラフルなウェアを着た登山者さんたちの姿は、まるでそれぞれに命の火を燃やしながら歩いているかのように思えました。

きっと私もこの世界の中で、自分の命を燃やして生きている一人なんだと思います。
命がどれだけ尊いものなのか、生きるってことがどれだけ素晴らしいことなのかを強く感じました。


こうして中山峠から森の中を下りてきた私たちは、無事に黒百合ヒュッテへと戻ってくることができました。
暖かい小屋は本当にありがたいものですねー
黒百合ヒュッテ

小屋に戻って少し休み、荷物をまとめた私たちは下山を開始しました。
この美しい森に別れを告げて・・・
下山開始

さぁっ、うちに帰るぞー!!
ここから渋の湯への道はとても歩きやすく、快適な・・・というかもはや小走りに近いペースで下っていくことができました
森の中

雪の感触を楽しみながらどんどん下っていくと、1時間も経たずに見覚えのある橋と登山届提出BOXが見えましたー!
下山は思った以上に早かったですねー
あっという間に下山です

こうして無事に下山を果たした私たちは、バスと列車を乗り継いで自宅へと帰ったのでした


今回は雪の八ヶ岳に初めて1泊でお邪魔しました。
そして、雪山には別次元とも思えるような美しさや厳しさ、恐ろしさがあるんだということを実感しました。

これまで夏山は何年か歩かせて頂きましたが、雪山はまだまだ0年生。
焦らずに自分のペースで少しずつ進んでいきたいと思います

天狗岳さん、今回も本当にありがとうございました

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.03 天狗岳登山(1)

天狗岳(2,646m/長野県茅野市)



■今回のコース
【1日目】渋の湯11:57→14:07黒百合ヒュッテ
【2日目】黒百合ヒュッテ06:30→08:05山頂(東天狗)08:23→09:19黒百合ヒュッテ10:09→11:01渋の湯

■参考マップ
山と高原地図 32 八ヶ岳


ここ最近、積雪期の登山や登山講習を続けてきました
今回の山行前にも雪上訓練を受けていたのですが、その際指導して下さった山岳ガイドさんに今後の山行について相談をしました。

「もう少しステップアップした登山をしたいんですけど、この時期自分たちが行くのにお勧めな山はありますか?」
そんな質問に対して、ガイドさんがお勧めしてくれたのが八ヶ岳の硫黄岳や天狗岳でした。

こうして情報収集し、計画を立てたのが今回の天狗岳登山。
渋の湯から入って黒百合ヒュッテで1泊し、翌日登頂して下山するという1泊2日のコースです!

初日にバスで渋の湯までやってきた私たちは、早速真っ白な景色に出迎えられました。
「わー、雪がいっぱい!
渋の湯

天気が良いこともあってか、辺りには大勢の登山者さんたちが身支度を整えていました。
私も公衆トイレを借り、装備を整えると登山口に向けて歩きはじめます。

そして、渋の湯の建物の奥にあるここで登山届を提出し、橋を渡りました。
橋を渡ります

ここからはいよいよ登山道に入ります。
森の中に付けられた道は最初から結構急でやや滑りやすかったので、登り始めてすぐにアイゼンを装着することにしました。
樹林帯の道

また、この寒さの中、真ん丸にふくらんだ小鳥が鳴きながら枝から枝へと飛び回っているのを発見!
思わず足を止めて見入ってしまいました(しかし、まともな写真は撮れず)。

こうして最初からなかなかペースの上がらない私たちでしたが、今日は黒百合ヒュッテまでなので気負わずマイペースで進みました

前後には他の登山者さんもそれなりにいらっしゃり、トレースもしっかり付いていました。
道標も雪に埋もれることなく目立っていたので、歩きやすかったです
分かりやすいです

この日の行程はほぼ森の中なので、遠くの景色を眺めたりすることはありませんでした。
それでも、私は美しい雪の森の景色に魅了されていたんです。
ほら・・・
美しい森

裸になった木々の枝だけでなく、針葉樹の葉っぱまでもが真っ白な雪(氷?)に覆われ、まるでクリスマスのホワイトツリーのよう!
繊細な雰囲気の白い森がどこまでも続いていく道は、ただ歩いているだけでも幸せな気分にしてくれるのでした

雲は多めだけど、青空もきれいに覗いていますよー
青空も

黒百合ヒュッテまでの道には危険と思われる箇所はほとんどなく、程よくしまっていたので快適に歩くことができました。
夏道と比べると、雪の道は木の根や石などの障害物を覆い隠してくれるので、むしろ歩きやすささえ感じることもあるんですね

向こうの森も見えてきましたよー!
みんな真っ白で、本当にメルヘンの世界のようです
向こうの森もキレイ

やがて森が開けると、その先に建物と人々の姿が見えてきました。
賑やかな声も聞こえています!
小屋が見えてきた

そう、ここが本日の目的地、黒百合ヒュッテなのでしたー
黒百合ヒュッテ

私たちは宿泊手続きを済ませると、小屋の中で荷を解いてほっと一息付きました
温かい飲み物とパンを頂きながら、少し休憩。

前回この小屋を訪れたのは夏山シーズンでしたが、その時ここのトイレのキレイさに驚いたんですよねー。
今回も安心して利用させてもらうことができました

そして、こちらの小屋にはこんなハイテクなシステムも導入されていたんです!
ハイテク機器

風力や太陽光で発電している様子がこのモニターで分かるんですねー。
それにしても、15時前で-7℃ということは、朝晩は一体何度になってしまうんだろう?
テント泊の人たちはすごいなぁと思いました!

まだまだ時間があったので、私たちはいったん小屋の外に出ました。
目の前には小高い丘があって、その周辺では多くの人たちが滑落停止やアイゼン歩行などの雪上訓練をしていました。

私たちも邪魔にならない場所を見つけて、雪上自主練(?)を行いましたー!
丘の上から見下ろすヒュッテはこんな感じ。夏とは全く違う景色ですねー
ヒュッテと白い森

練習を終えて小屋に戻ると、夕食までのんびりタイム。
実は、こちらの小屋でもモンベルカードを提示するとドリンク1杯サービス(金額上限あり)の特典が受けられるとのこと。
というわけで、温かいココアを頂きましたー!
うーん、美味しいなぁ
ココア

そして夕食タイム。
今回は素泊まりを選んだので、自分たちで夕食を作りました。
写真が暗くて申し訳ないですが、アルファ米を多めに戻して一部は雑炊、一部はカレーにして食べました
晩ごはん

夕食を終えると早目に寝床へ入ります。
小屋泊まりはかなり久し振りだったのですが、この日は1人1枚の布団を使うことができたので、安心して眠ることができましたよー
寝床

明日はいよいよ天狗岳山頂へ向かいます。
果たして山の神様は、私たちの登頂を許してくれるのでしょうか・・・?

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。