スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2013.02飯盛山登山

飯盛山(1,643m)/長野県南佐久郡南牧村



■今回のコース(出発&到着時刻)
平沢峠(獅子岩)登山口10:30→11:19平沢山山頂11:24→11:45飯盛山山頂11:50→11:55山頂下で休憩12:59→13:43平沢峠(獅子岩)登山口

■参考マップ
山と高原地図 32 八ヶ岳


手術前、最後の山登りになりました。

手術を受けたらいつまた山へ戻れるのかは分かりません。だから、最後にどうしても会いに行きたかったんです。
白く輝く八ヶ岳に。

とはいえ、八ヶ岳そのものに登ることは、今の私の状態ではリスクが大きすぎました。
そのため、以前にもお邪魔したことのある飯盛山へ登ることにしたんです!


飯盛山は獅子岩駐車場からなら行程は短めで、しかも目の前にどーんと八ヶ岳が聳える様子を見ることができるんですよね。
手術前最後の登山、目一杯楽しんできます!


こうして当日の朝、獅子岩駐車場へとやってきた私たち。
駐車場へ至る道にも凍結箇所がありましたが、駐車場もすっかり雪に埋もれています。

そして早速、この景色が私たちを出迎えてくれましたーっ!!
雪を頂いた八ヶ岳の山々が、麓の方までくっきりと見渡せます!
八ヶ岳がどーん!

さらに、赤岳をズームしてみると・・・この迫力です。
赤岳アップ

美しい、本当に美しいっ!
この光景をぜひ見たかったんです

この時点ですでに目的を達成してしまったので、登山は終了・・・なんてことはもちろんありません(笑)
この時期、飯盛山は完全に雪山になっているんです。久々の雪の感触、とっても楽しみです☆

今回は装備的には6本爪の軽アイゼンとストックがあれば大丈夫そう(4本爪だと慣れていない人は急降下の時ちょっと恐いかも)なのですが、今シーズン最後の雪山ということで、完全雪山装備を用意しました(笑)

しかも、体力のある男性2人が同行してくれたので、万が一の時はかついで下ろしてもらえるという万全の体制(笑)

それでは準備を整えて、いざ登山スタート!
まずはアイゼンは着けずにストックのみで歩き始めます。
それにしてもいいお天気だぁー
いざ出発

ここからは時折開けた場所を挟みながら、林の中に伸びている明瞭なトレースを辿ります。
木々はすっかり葉を落としているので、青空が見えてとても明るいです。
林の中

前回この道は下りに使いましたが、その時はぬかるみがあったりしてやや歩きづらかった記憶があります。
今は雪に覆われて、とっても歩きやすくなりました!
スノーシューの方も多く歩かれているようで、雪は程よく踏み固められ、私が歩いた時には凍結箇所もありませんでした。
アイゼンがなくても不安なく歩くことができます。

林の中は風もなく穏やかだったので、登っていて暑くなるほどでした。
足の状態も良好です。うん、快適快適!

獅子岩(平沢峠)から飯盛山までは夏道で約1時間のコースタイムですが、その手前に平沢山があります。
平沢山を経由しない巻き道もあるのですが、行きに平沢山へ寄ってみることにしました。
平沢山の頂上辺りから見る飯盛山と富士山のコラボレーションがとっても素敵なんですよー☆

というわけで、傾斜のある雪の斜面をみんなで息を弾ませながら登っていきます。
登ります

そして・・・大きく開けた平沢山の頂上に到着ー!!
平沢山山頂!

期待していた景色もばっちりでした
整った山容の飯盛山と富士山が並ぶ様子を見ていると、まるで親子か兄弟の山であるかのように思えてくるんです
飯盛山と富士山

このアングルでの雪景色は初めて見たので、とっても感動しました!
いやー、本当にキレイだなぁ

また、八ヶ岳だけでなく南アルプスの山々を望むことができました。
中央にひときわ白く輝くのが北岳、その左手前には写真が小さくて見づらいですが、鳳凰三山地蔵岳のオベリスクも見えています。
写真右側のどっしりとした大きな山容は甲斐駒ケ岳ですね。
南アルプス

今はこうして遠くから見上げることしかできない山々ですが、それぞれの山に以前お邪魔した時のことを思い出しました。
どの山も汗だくになりながら、この2本の足で一歩一歩、歩き続けてきたものでした。
本当に楽しかったなぁ

しばらく平沢山頂上からの眺望を楽しんだ私たちは、その先にある飯盛山へと向かうことにしました。
実は、ここからの下り坂がかなり急なんです

凍結しているわけではなかったので、雪山歩きをされている方ならアイゼンなしでも大丈夫とは思います(私もアイゼンは着けずに下りました)
少し不安がある方は六本爪アイゼンがあれば安心できそうな感じでした。
久しぶりに雪の道を下るのはとても楽しかったです

急坂を下り、巻き道と合流してさらに進むと、なだらかで開けた道になりました。
目指すのはあの頂です!
坂を登って・・・

そして、最後の坂をえいやっと登りきると・・・
飯盛山に登頂しましたーっ!!
飯盛山山頂!

雲ひとつない青空の下、360度の大絶景が広がります
山頂周辺には多くの登山者さんがいらっしゃったので、ここでは人の写っていないこちらの1枚を。
どーんと八ヶ岳ですっ!!
山頂からの景色

お天気と展望に恵まれて、こんなに楽しいことはありません
私たちは「すごいねぇ!」なんて言い合いながら、景色を眺めたり写真を撮り合ったりしました。

気付けば時刻はそろそろお昼を迎えようとしています。
私たちは人の多い山頂付近からいったん下り、先ほどのなだらかな広い場所へと移動しました。

そこで荷物を下ろすと、早速山ごはん作りにとりかかりました!
山ごはんを楽しむことも、今回の主な目的のひとつだったんですよねー

今回、同行者さんがニューバウルー ホットサンドメーカーという調理器具を持ってきてくれていたんです。
これにパンと具を挟んで焼くと・・・あつあつホットサンドの出来上がりー!
ホットサンド!

これがものすごく美味しかったです!!
特に、熱々のチーズがとろーりとろけているのなんて最高!

ホットサンドメーカーはそれなりに重量があるのでどの山行にも持って行けるものではないと思いますが、今回のように雪の上で、真っ白な八ヶ岳を眺めながら頂くホットサンドは感動モノでした。
用意してきてくれた同行者さんに感謝です
八ヶ岳を眺めながら

他にもスープやら肉まんやら色々作ったのですが、みんなでパン一斤をあっさり食べ切ってしまいました(笑)

こうして1時間ほどのんびりと雪上で過ごした私たちは、荷物を片付けて下山を始めることにしました。
飯盛山さん、本当にありがとうございました。またいつかお会いしましょう!
さよなら飯盛山

帰りは念のためアイゼンを装着。
来た道を戻り始めると、目の前には八ヶ岳が大きく聳えていました。
目の前に八ヶ岳

赤岳へは2010年の夏に初めてお邪魔したことを思い出します。
また、翌年には八ヶ岳を北から南へとテント泊縦走したことも懐かしく感じます。


本格的に登山を始めてから約4年半、本当に色々なことがありました。
失敗したり感動したり、泣いたり笑ったり・・・どの山にも素晴らしい思い出があります。

こうして山を歩き続けた日々も、明日からはしばらくお休みです。
次はいつ戻ってこれるのか、確かなことは分かりません。

それでも今はっきりと分かることがあります。
山で過ごした時間の1秒、1秒が、どれだけ貴重なものだったのか。
その一歩、一歩がどんなに大切で、幸せなことだったのか。

私はこれまでの4年半のことを心に思い浮かべながら、山を下りていきました。


ほどなく、平沢山への道と巻き道の分岐にたどり着きましたー。
先ほどの急降下の道を思い浮かべつつ、今回は巻き道を進みます(笑)
巻き道へ!

それから、道は林の中へ。
雪の道はとても歩きやすく足の調子も良いので、足下の感触を楽しみながらサクサク下っていきました。
林の中

このまま下山しちゃうのかな・・・?と思ったら、林が途切れて八ヶ岳が再び顔を出してくれましたー!
最後に八ヶ岳


真っ青な空に輝く白い山並み。
私はこの時、山の神様が笑顔で「またおいでよ」って言ってくれているように感じました。

そして、ついに・・・下山完了。
下山完了!

私の手術前最後の山登りが、こうして終わりました。


こうして、トラブルなく無事に下山することができた私たち。
今回の登山では、飯盛山の眺望の素晴らしさを再度実感することになりました。
また、今回はそれだけでなく、冬は短い行程で雪山歩きを楽しめる山であるという新たな魅力にも気付きました。

同じ山でも季節を変えれば、また違った一面に出会うことができますね。
そう考えると、今後お邪魔したい山が増えすぎて、パンクしそうになります(笑)

というわけで、私はこれから、大きな地上の山へ向かっていきたいと思います。
手術とリハビリを頑張って、また必ず山へ帰ってきたいと思います!


この4年半登らせて下さった山の皆さま、山行を共にして下さった山仲間の皆さま、ブログをご覧下さった皆さま、
本当に、本当に、
本当にありがとうございました

【終わり】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2013.01鋸山ゆるハイク

鋸山(329m)/千葉県富津市、安房郡鋸南町



■今回のコース(出発&到着時刻)
ロープウェー山頂駅10:56→11:00鋸山頂上→11:13地獄のぞき→11:25百尺観音→11:40ロープウェー山頂駅

■参考マップ
千葉県の山 新・分県登山ガイド


2013年の初登山は、千葉県にある鋸山へ
実は、鋸山へは2008年、登山を始める前に観光目的で訪れたことがありました。
足の病気が発覚して、あまりハードな山登りのできない私にとっては丁度良い「ゆるハイク」のできる場所だと思ったんです。

手術を受けるまでに残された期間はあとわずか。
もう少しだけ、山にいさせて下さい。


その朝、アクアライン経由で房総半島へと渡った私たち
途中のうみほたるで休憩中、こんな景色に出会いましたー!

横浜の街並みの向こうに、雪を被った富士山と丹沢の山々です
海ほたるから富士山!

思った以上に富士山が大きく見えていることに驚きました。遠近法を完全無視した大きさですね(笑)

アクアラインを下りて海沿いの道をしばらく南下していくと、「鋸岳ロープウェー」の看板が現れました。
駐車場に車を停めて、いざロープウェイへ
鋸山ロープウェー

ロープウェイ車中では、人が少なかったのでゆったりと景色を眺めることができました。
眼下には一面に深い森が広がっています。この辺りは山よりも海のイメージが強いですが、こんなにも緑豊かなんですね
深い森が広がります

そして、ロープウェイ山頂駅に到着!
建物を出ると、素晴らしい眺望が私たちを待っていてくれました。

わぁー!!海だ!
海だー!

冷たい風が吹いていましたが、キラキラ輝く海面を見下ろしているととても爽快な気分になりました。
そして、向こうには富士山も!!
富士山も!

こうして辺りの景色に興奮しているうちに、気付いたら鋸山の山頂標識前にいました。(笑)
実は、鋸山ロープウェイの山頂駅の建物を出ると、すぐそこが山頂なんですよね

(※7/26追記)
鋸山の"本当の山頂"は別の場所にあるようです。次回お邪魔した時に確認してみます!
情報提供して下さった方、ありがとうございました

というわけで、あっさり鋸山に登頂しました
鋸山登頂!

・・・と、鋸山登山だけならこれで終了なのですが(苦笑)、鋸山はこの先が面白いんですよねー
私たちはその先の道へ進んでいきました。
進みます

この先は未舗装の部分もあるものの、登山道というよりは遊歩道という感じでとても歩きやすいコースが続きます。
5分ほど進んだところで、日本寺の管理所にぶつかりましたー。ここから先へ進むには拝観券が必要になります。

日本寺の敷地は広く、この先見所が色々あります!
ただ、今回は無理はできないので、近くのハイライト部分である地獄のぞきや百尺観音を見て戻ってくることにしましたー。
この先へ

私たちは案内に従って、舗装された階段状の道を進んでいきます。
が!ここでびっくり。道端に雪が積もっているではありませんか!?
雪があります!

確かに気温はとても低かったのですが、以前富山へお邪魔した時に出会った地元の方から「最近は雪は見ない」と聞いていたので、ちょっと意外でした。

そんな新鮮な出会いに心弾ませつつ登ること数分で、展望所に出てきましたー。
ここからの景色がこちら!
地獄のぞき

ここが有名な「地獄のぞき」です
どーんと切り立った断崖絶壁の右手は上部が崖にせり出した形になっており、その先端まで歩いていくことができるんです。

先端に立ってみると・・・こんな感じ。「地獄のぞき」という名前がぴったりな、高所恐怖症の人にはあまりお勧めできないスポットです
ここまで行けます

それでも、(下さえ見なければ)先端からの景色はこんな風にとっても素晴らしいんです!
いい景色!

たまたま人もいなかったので、私は思う存分崖っぷちからの景色を楽しみました。
この先端に出る直前だけ、かなりゴツゴツした岩場になっているので足下に注意が必要ですねー。

さぁ、それでは次のスポットへ!
私たちはいったん来た道を少し戻って、今度は百尺観音方面へと進みました。

ここは鎌倉の切通しを思わせるような、高い岩壁に挟まれた細い道です。
切通しみたい

そして、その先には・・・これまた大迫力の観音様が!!
百尺観音

この大きさ、伝わるでしょうか。岩壁に掘られた大きな観音様なんです。
前回訪れた時も大変驚いたことを覚えています。こんな景色が日本にあったとは・・・

私たちはお参りをしてから、来た道を戻りました。
先ほどの岩壁には、木の根がびっしりと張り巡らされています。
木の根がびっしり

これを見た時に、ふと、カンボジアのアンコール遺跡群のひとつであるタ・プロームのことを思い出しました。
なんだかこの辺りは、どことなく東南アジアの遺跡を歩いているような気分にさせられますね

こうして散策を終え、ロープウェイ山頂駅へと戻ってきた私たち。
もう一度東京湾の景色を眺めてから、ロープウェイで下界へと戻りました
ロープウェイで下山

さすがのゆるハイク、色々と見て回ったつもりでも1時間ほどで下山完了してしまいましたねー(笑)

というわけで、ここからはちょっとドライブ♪
海沿いのお店で、海鮮料理に舌鼓
地元のごはん!

それから浜辺で海鳥の足跡を辿ってみたり、貝殻探しをしてみたり。
砂浜

こうして千葉房総の旅を満喫した私たちは、車窓からの富士山と夕陽を眺めながら帰路に就いたのでしたー。
夕陽と富士山


本来ならこの時期には雪山へがっつり登山へ行きたいところでしたが、事情により行くことはできなくなってしまいました。
それでも、こんな風に低山の軽いハイキングを楽しむことができました!

今回のハイキングを通じて、私にとっての登山は標高や難易度が重要なのではないということ、目的や状況に応じて色んな山の楽しみ方あるのだということを再確認することができました。

これまで千葉の山には何度かお邪魔していますが、地形のせいかその標高以上に高度感のある景色を楽しむことができるように感じます。
また、東京湾を一望できたり、富士山を大きく眺めることができたりする点も魅力だと思っています!

今回お邪魔した鋸山は、それに加えて迫力ある岩場の光景が印象的でした。
地獄のぞきや百尺観音は、ぜひお勧めしたいスポットだと思いました
あっ、高所恐怖症の人には地獄のぞきではのぞかないことを推奨します(笑)

ちなみに、今回は行かなかったのですが、この先にある大仏さんもとても素敵なんですよねー。
2008年に訪れた時の写真を載せておきます。
大仏


2013年初登り、ありがとうございました
今年もマイペースで、私なりの「山登り」を続けていきたいと思います!

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.10黒斑山・高峯山登山(3)【高峯山編】

黒斑山・高峯山登山、【黒斑山編】(1)(2)の続きです。

最初に黒斑山へ登り、浅間山の景色を楽しんできた私たち。
高峰高原ホテルへ戻ってくると、いよいよ次なる山、高峯山を目指して歩き始めました
出発!

早速白い鳥居が私たちを出迎えてくれましたよー
鳥居

歩き始めの時点で、既にこの景色です
黄葉たちはまさに今が盛り。今後の景色にも期待が高まります
キレイな黄葉!

私たちは黄葉と笹に覆われた世界の中を登っていきました。
時間帯のせいか辺りに人は誰もおらず、とっても静かな道でした。
静かな道

森を抜けるとベンチの置かれた広場状の場所に出て、その先にはこんな景色が広がっていました
見渡す限りの黄色い世界です
黄色い世界!

眼下の町の景色もこんなにくっきりと見えています。
なんて気持ちがいいんだろう
眼下の景色

そこからは、青空と黄葉の織り成す絶景がひたすら続いていました。
もう、本当にこれは夢のよう!
夢のようです

風が強いのかな?木々の枝が右方向に曲がって生えています。
風の仕業?

そして、ここから見たこの景色が最も印象に残りました。
青い空に黄葉の森。言葉にならない美しさです!
印象的な光景

これまで秋といえば赤をイメージしていましたが、黄色い秋もまた素敵だなぁ、と強く感じました

こうして黄葉を満喫しながら歩いていたため、写真のほとんどが黄葉を写したものになりました(笑)
他の写真もちょっと載せてみます(苦笑)

こちらは山頂まで700m(15分)という標識を過ぎた辺りの道の様子。やや細い道になりましたー。
細い道

その先で出会ったこちらのお花。マツムシソウの仲間じゃないかな?
9月に唐松岳へ登った時に見かけて、とっても気に入ったお花です
マツムシソウかな?

それから、じゃーん!ここでは少数派ですが、赤い葉っぱも秋を謳歌していましたよー!
青空に気持ち良さそうに赤い手を広げています
紅葉も

・・・と、そのすぐ先に、角ばったビルのような大岩が唐突に現れましたー
突如大岩が!

あれっ、もしかして・・・?と、その先へと進んでみると・・・

ありましたー!高峯山、山頂です!!
高峯山山頂

この山頂標識のすぐ近くに、祠と剣がありました。
祠と剣

ここからの眺めはまさに絶景!眼下の町も広く見渡すことができました。
黄葉に染まる山の景色も素晴らしいです!
素晴らしい景色です!

また、ここには大きなベッドみたいな岩がありました。
私たちはこの辺りで景色を眺めながらちょっと休憩。
ベッドみたいな岩

うーん、来て良かったなぁ
秋の景色を満喫した私たちは、先ほど歩いてきた道を引き返し始めました。
戻ります

登りと同じ道でしたが、再び黄葉を楽しみながらのんびりと下山します。
道は歩きやすく、距離も短かったので30分ほどで登山口まで戻ってくることができましたー
登山口へ

私たちは登山口近くに出ていたお店で地元のとれたて野菜を買い込んで、帰路に就きました。
登山のお土産に、地元の野菜を色々買っていくのも楽しいんですよねー

そうそう、もうひとつ紅葉の景色があるんです!
山の風景ではないのですが・・・こちら!
こんな紅葉も

なんと、樹に巻きついたツタのような植物がキレイに紅葉していたんです!
朝登山口へ向かう途中に気付いていたのですが、帰りに写真を撮ることができました。

紅葉の腹巻、なんだかお洒落ですね


こうして今回の黒斑山・高峯山の黄葉登山を予定通り終えることができた私たち。

浅間山とその外輪山が創り出す景色は実に不思議で壮大で、地球が生きているんだってことを毎回強く感じさせてくれます。
また、季節によってがらりと雰囲気を変える浅間山の姿は言葉にできないほど美しく、また何度でも訪れたくなるんです。
本当に素晴らしい場所だなぁって思います

そして、今回初めてお邪魔した高峯山。
行程が短くて歩きやすく、黄葉も景色も大いに楽しむことができる素敵な山でした

2012年を、このような充実した山行で締めくくることができたことに感謝しています。

どうもありがとうございました
そしていつかまた、お邪魔します!

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。