スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.01蔵王スノーシュー&ワカントレッキング

蔵王温泉(登頂なし)


これまで、1月というと雪のない低山を中心に登山計画を立ててきた私ですが、この頃になると俄然「白い山」への興味も湧いてきました
特に心惹かれたのは樹氷の景色。中でも蔵王の樹氷は有名で、条件が整えば「モンスター」と呼ばれる怪物みたいに成長した樹氷群が見られるのだそうです。

「蔵王の樹氷が見頃」とのニュースを見かけた私は、「これは行くっきゃない!」と早速情報を集めて計画を立てました。
こうして、1泊2日の蔵王スノーシュー&ワカントレッキングが実現した・・・わけですが・・・。


今回の現地へのアクセスは、スキー客向けの直行バスを利用しました。
なかなか距離のある場所ではありますが、このバスを利用すれば前夜遅くに都内を出発して当日の朝には蔵王温泉へ到着してしまいます

全面雪に覆われた道を転ばないようにヨチヨチ歩いてホテルに荷物を預けに行き、装備を整えたらレンタルショップへGO!
ここでスノーシューを借りてから、さらに進んで蔵王温泉スキー場へと入りました。

事前に調べた情報では、樹氷が見られるのは山頂に近いエリアのようなので、ロープウェイを乗り継いで地蔵山頂駅まで一気に上がりましたー!
さぁ、いよいよここでモンスター達とのご対面です!!





と、思ったら・・・・・・・・・・・




外は吹雪で真っ白ではありませんかっ!!
真っ白です!

駅舎を出ると肌を刺すほどの冷たーい強風が吹きつけてきて、遠くにいる人は霞んでしまっています
それでも辺りの白い世界の中には、何やら白い大きなモノがいくつも立ち並んでいるのが分かりました。
そこで、撮ってみた写真がコチラ。

樹氷が・・・


・・・よく分かりませんね(苦笑)

というわけで、ここからは画像編集ソフトの力を借りて、明るさやコントラストを調整した写真を掲載します
元の写真が写真だけに、補正するとなんだかものすごくレトロな雰囲気になってしまいますが・・・2012年にデジカメで撮影した写真ですのであしからず(笑)

上の写真を補正すると、こんな感じ。確かにモンスターさんたちが並んでいらっしゃいます!
かなり大きくてすごい迫力です。これが木だと言われてもピンと来ませんねー。
加工しました(笑)

実はロープウェイの地蔵山頂駅には大きなお地蔵様がいらっしゃるのですが、それを見に行く気力すら湧きませんでした
とにかくこの吹雪を逃れるには下るしかない!私たちはすぐにスノーシューを履いて歩き始めました。
(登山者専用の別ルートがあるわけではなく、コースの端をスキーヤーさんたちの邪魔にならないように下る形になります)

ちなみに、スノーシューの写真をまともに撮れなかったのですが、こんな感じです。
今回は登山靴に加えてオーバーシューズ(モンベル シンプルオーバーシューズ)も履いていました。
スノーシュー

歩き始めは風が特に強く、寒さも強烈だったので歩くのも必死でした
目出し帽にゴーグル、厚手の手袋で寒さを防いでいましたが、少しでも素肌を露出してしまうとあっという間に凍傷になってしまいそうです。
スキー場とはいえ、雪山の恐ろしさを身にしみて感じることができました。

少し下ると吹雪がだいぶ収まってきて、視界も明るくなってきました
明るくなってきた!

見えてきたのは雪面までびっしりと雪に覆われた木々の姿です。
重く冷たい雪に包まれて、中の木は無事なんだろうか?きっと寒さに耐えて耐えて、ひたすら春を待っているんだね。
迫力です!!

手袋を外すことができないので、ピントが合っていなかったり指が入ってしまったりしている写真を量産していましたが(苦笑)、少しずつ余裕も出てきて景色を楽しみながら下っていくことができました
樹氷の森

そして、暖を求めて中腹のレストハウスに飛び込みます!
レストハウスへ

建物内は天国のような暖かさです。熱々のラーメンも胃に染み渡るー
ラーメン

休憩を終えた私たちは、再びゲレンデに戻りました。
辺りにはスキー&スノーボードの方々が多く滑っていらっしゃり、コース案内表示も随所にあるので道は分かりやすかったです。
また、ふかふか雪でスノーシューでも歩きやすかったです。基本的にほぼ下りなので快適!

ゲレンデをスイスイ滑っていくスキーヤーさんやスノーボーダーさんたちにどんどん抜かされましたが、なだらかな場所ではスノーシューの私たちが追い抜いてみたりして(笑)、楽しく下ることができました。

下の方になると樹氷ももはやモンスターではなくなりました。
でも、この繊細な雰囲気の樹氷もとってもキレイです☆
繊細な雰囲気の樹氷たち

こうして何とか無事に麓まで下ってくることができた私たち
無事下山

下の方は天気は穏やかでしたが、青空は全く見えない状態でした。
夜には樹氷のライトアップもあるので楽しみにしていたのですが・・・さすがにこの天気では見えないだろうと諦めました。

スノーシューを返却して宿に戻ると、窓から見えた景色にびっくり!
つららが長ーいっ!!
すごい氷柱

やっぱり雪国の冬ってすごいなぁとしみじみ感じつつ明日の装備を点検し、温泉と食事を堪能して1日を終えたのでした。


そして翌日。今日はワカンをレンタルして再度樹氷を見に行ってきます!

こうして昨日に続きロープウェイで山の上へやってきた私は、駅舎でこんな写真を目にしました。
うわー、すごい景色!!これが、条件が良い時のモンスターなんですねー
条件が良い時のモンスターたち

さぁ、今日はこの写真みたいな景色が見れるかな?
ちょっとワクワクしながら駅舎を出てみると・・・

・・・


残念っ!!(苦笑)
今日も真っ白・・・

昨日同様に山頂付近は風が強く景色も霞んでいたのですが、昨日に比べればいくぶん空は明るく感じました。
近くのモンスターたちも白く輝いています。ちょっと猫背!?(笑)
モンスター!

こちらのモンスターはまるで芸術作品のよう。とても美しいです
芸術作品のよう

昨日に比べてずいぶんと歩きやすくなっていたので、今日はお地蔵様のところまで行ってみましたー!

すごい、肩のところまで雪に埋もれてしまっています
お賽銭箱はスキー板を履いてるんですねー!
お地蔵様

こうして私たちは、ゲレンデの端を下り始めました。
今回レンタルしたワカンはプラスチック製のようです。簡易のものですが、軽くて歩きやすかったです!
(ですが、足の大きな人や体重のある人がハードに使うと壊れてしまうかも・・・
今日はワカン

掲載写真枚数の都合でこの日出会った樹氷たちの写真は省略しますが、下山後には山形名物の玉こんにゃくを食べました!
味がよくしみていて、あったかくて美味しかったです
玉こんにゃく

ワカンを返却して宿に戻り、荷物をまとめた私たち。
帰りのバスを待ちながら、お蕎麦で今回の遠征を締めくくったのでした。
お蕎麦


今回の滞在中はお天気に恵まれず、モンスター達がずらりと立ち並ぶ森の全容までは眺めることができませんでした。
その代わりに、冬山の厳しさを肌で感じることができました。これは私にとって、とても良い経験になったと思います。

またいつか、晴れた日のモンスター達を見に蔵王へお邪魔したいと思います。
その時は山頂まで登山ができるような、ちゃんとした登山者になれたらいいな

そして、白一色のこの時期とは全く違う景色を見せてくれるであろう、夏の蔵王にも・・・。
こうして行きたい場所や季節がどんどん増えていく私なのでした(笑)

【終わり】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.06高尾山~陣馬山ひとり縦走登山(3)

高尾山~陣馬山ひとり縦走登山、(1)(2)の続きです。

※本レポートは、2010年6月に登山した時の内容を記したものです。現在とは状況が変わっている場合もありますので、ご了承ください。


高尾山口駅から6号路経由で高尾山に登頂した後、非常によく整備された登山道を順調に小仏城山~影信山と歩いてきた私。
影信茶屋で昼食を済ませ、その裏手で大きく広がる景色を眺めてからさらに先へと進みました。

この登山道、本当にキレイでとっても歩きやすいです!
まるで公園の散策路のようですが、この場所は標高600~800m位の山の上なんですよねー。
素敵な道!

道が森の中へと入っていくと、陽射しが遮られていくぶん暑さが和らぎました。
それでも熱射病などにならないよう、意識してこまめに水分を摂るように心がけました。
森の中へ

この縦走路を歩きながらだんだん分かってきたのですが、登山地図には表示されていないような細かいまき道が沢山あるんですよね。
ちょっとしたアップダウンのある場所には、できるだけなだらかな傾斜で先へ進めるような道が付けられているんです

歩きやすい登山道が続いていたとはいえ、少しずつ足に疲労が蓄積してきているのを感じていた私。
陣馬山を経て藤野駅まで歩き切るために出来る限り体力を温存しておきたかったので、このまき道を積極的に利用することにしました

こうして影信山から歩くこと1時間ほどで、明王峠までやってきましたー
この日は営業しているのかちょっと分からなかったのですが、お茶屋さんもありましたよー。
明王峠のお茶屋さん

ベンチやテーブルもあったので、ザックを下ろして10分ほど休憩。
居合わせた登山者さんと軽い会話を楽しみました

ここから陣馬山までの距離はもう2kmを切っているようです。
あと30分くらいで着けるかも・・・!!身体は疲れてきてはいたものの、がぜん元気が出てきました

それでは出発!
そこからも歩きやすい縦走路が続いています。
私は高尾山を登り始めた時と変わらない新鮮な気持ちで、森林浴を楽しみながら進んでいきました

やがて、森の向こうから大勢の人々の賑やかな話し声が聞こえてきました。
その森の先にある明るい場所に向かって、階段が伸びています。
明るい場所に向かって・・・

もしや、これは・・!!
私ははやる心を抑えきれず、階段をやや早足で登っていきました。
階段をのぼります!

そして・・・
どーん!!
これまで写真でしか見たことのなかった、大きな白馬が目の前に現れましたー!!
白馬がどーん!


その脇にはこんな表示も。
陣馬山、無事に登頂です!!やったー!!
陣馬山山頂

陣馬山の山頂はとても広くて、お茶屋さんなどの建物もいくつもあり、多くの登山者さんたちがワイワイ楽しく休憩していました。
この日は遠くがやや霞んでしまっていましたが、見晴らしも良好。周囲の景色を広く見渡すことができました

少しの間、辺りをぐるぐると巡りながら爽快な景色を楽しんだ私。
朝から長い距離を歩いてきたし、今日は真夏のような気候だし・・・
というわけで、近くのお茶屋さんに入ってコチラを注文しました!

じゃーん!カキ氷ー!!
カキ氷!

このカキ氷すごいです。富士山盛りとかエベレスト盛りと言ってもいいほど氷が高く盛られています

ところが!
私が最初の一口を食べようとスプーンを入れた瞬間、氷の山が崩れて、半分以上が落ちてしまったんですー!!
あああ、まだ一口も食べてないのに・・・(号泣)

すると、お店の方が、
「あらあら、それじゃもう1回氷を足しましょうね。」
と言って、再び氷を山盛りに入れてくれたんです!

山の上にあるこのお茶屋さんへ氷を運んでくるのは、地上のお店ほど簡単なことではないと思います。
それなのに、何のためらいもなくこのような親切な対応をして下さるなんて・・・感謝、感激です

こうして私は無事に山盛りのカキ氷にありつくことができました
さらに、たまたま近くにいらっしゃった常連の登山者さんに、槍ヶ岳に登った時のお話など、色々なお話を伺うことができましたー。

こんな風にのんびりと、くつろいで山頂での時間を過ごした私ですが、今日の登山がこれで終わったわけではありません。
ここから藤野駅へと下山すること、そして元気に家へと帰ることが今日の登山のゴールなんです。

よし、それでは最後まで気を抜かず・・・下山開始!
お茶屋さんを出た私は、陣馬山山頂からの景色に別れを告げました。
下山開始

今回の下山ルートは、藤野駅へと下りる一ノ尾尾根コース。
案内表示に従い、「とにかくまっすぐ下るんだよ」という常連さんのアドバイスを頭の中で反芻しながら下り始めました。
下ります

こちらの登山道も、人によく歩かれていてはっきりとした歩きやすい道でした。
しかし、これまで歩いてきた縦走路とは違って人が少なく、とても静かです。
静かな道

道は所々で分岐していて、土地勘のない私には指導標に書かれた地名がイマイチピンと来ませんでした
それでも地図を確認しながら、そして「まっすぐ下る」というアドバイスを思い出しながらひたすら下っていきました。

途中には、こんな素敵な看板も・・・!!
これを登りの時に見たら、きっと元気が出るだろうなー
素敵な看板

そして山頂から1時間近く下ったところで、ついに「藤野駅」の表示のある道標が現れましたー!
が・・・表示板が半分割れて、下に落ちています
道標が・・・

私は再度地図&コンパスを確認してから進んでいきました。
本当にこっちでいいんだよね?と少しだけ不安を感じながら・・・
こっちだよね?

やがて、麓の集落まで出てくることができましたー!
民家が見えてきて、ちょっとホッとします。
集落に出ましたー

そこからもしばらく下りが続きました。
この先にバス停があるはずなんだけど・・・まだかなー?
だいぶ疲れが出てきて、バス停までの道のりが随分と長く感じられました
バス停まだかなー

それでも、脇の水の中に魚がいっぱいいるー!なんて里の景色を楽しむ余裕はまだあったりして。(笑)
魚がいっぱい!

そして16時ちょっと前、ようやく陣馬登山口バス停へと到着しましたー!!
バス停到着


実は、この後にちょっとしたエピソードがあるんです。
藤野駅までは歩いて行けなくもない距離でしたが、かなり疲れていた私はバスを利用したかったんですよね。
しかし、時刻表を見てみると、あと1時間近くは待たなくてはいけないことが分かりました

仕方ない、頑張って駅まで歩こう!と、トボトボと歩き始めた時、私は意外な方から声を掛けられました。
それは近くにあるホテルの送迎バスの運転手さん。
「これから藤野駅に行かれるんですか?」
「あ、はい、そうです。」
「ちょうど送迎の仕事を終えて、これから帰るところなんです。暑いでしょう、駅まで送りますよ!」
「えええーっ!?

これは予想外の展開!
私はたまたま居合わせた他の登山者さんと、ホテルの送迎バスに駅まで送って頂いてしまったんです!!

暑い車道歩きが待っていると思ったら、クーラーの効いたバスで快適に駅まで連れて行って頂けるとは・・・。
運転手さんのご親切が本当に本当にありがたく、感謝してもしきれないほどでした。
本当にありがとうございましたー!!

こうして朝7時に出発してから約9時間、私の長い長い1日が終わりました。


初めて歩いた高尾山~陣馬山の縦走路は予想以上に歩きやすくて、距離は長いものの楽しく歩くことができました。
エスケープルートやお茶屋さん、トイレなどもいくつもあるので、初めて縦走登山にチャレンジされる方や、トレランの方にも向いているコースだと思いました

そしてたまたま出会った登山者さんたちとの交流を楽しめただけでなく、お茶屋さんや地元の方などの親切にも触れることができ、とても心温まる山行になりました
雰囲気の良い登山道や森の景色、時々開ける眺望も十分に満喫することができて良かったです

子どもの頃から身近なところにあった高尾山。
その裏へと続いていく長い長い縦走道は、こんな風に高尾の奥深さをより感じさせてくれる、本当に素敵なところだったのでした。

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.06高尾山~陣馬山ひとり縦走登山(2)

高尾山~陣馬山ひとり縦走登山、(1)の続きです。

※本レポートは、2010年6月に登山した時の内容を記したものです。現在とは状況が変わっている場合もありますので、ご了承ください。

高尾山口から6号路を通って高尾山に登頂し、そこから陣馬山を目指す縦走路を歩き始めた私。
道はとてもよく整備されていて、とっても歩きやすいです
それから、トイレやベンチなどの設備も整っていましたよー。
設備が充実

ですが・・・お天気の良さも相まって、かなり暑さを感じるようになってきました
まだ6月とはいえ、真夏のような気候です。

今回陣馬山まで無事に歩き通せるかどうかは、体力というより暑さが重要なポイントになってくるかもしれないなぁ。
ザックの中には冷たい氷水を入れたサーモス 真空断熱ポケットマグを入れていましたが、予備の水(常温)が入ったプラティパス 1.0Lプラティパス ドリンクチューブキットを取り付けて、こまめに水分補給ができるようにしました。

ハイドレーションのセッティングをしていた場所には、とてもキレイな花が咲いていましたよー!木にびっしりと白い花がついていたんです。すごい
花がすごいです!

装備を整えた私は、さらに先へと進んでいきました。
うぅ、これは長い・・・暑さがこたえます(苦笑)
長い階段

しかし、そのきつさを忘れさせてくれるような景色が私を待っていてくれました!
ここが一丁平の展望デッキです!
一丁平

ここからは丹沢の山並みから富士山まで一望できるようです。この日はやはり遠くは霞みがちでしたが、開放感のある景色に気分がすぅっと軽くなりました

さぁ、それでは次の目的地、小仏城山へ!
私は再び歩き始めました。

この先にはいくつもの太い枝がくねくねと伸びているいる大きな木々の立ち並ぶ道がありましたー。
前を行く登山者さんと比較して、その大きさが分かるでしょうか。
とっても雰囲気がいいですねー
雰囲気の良い道

それからは鬱蒼と木々の生い茂る木陰の道になり、いくぶん涼しさが感じられるようになりました。
しばらく進んで再び丸太の階段を上って行くと、「おでん」ののぼりの立てられたお茶屋さんにたどり着きましたー!
城山茶屋に到着

城山茶屋ということは・・・小仏城山に到着だね
広場の一角には山頂標柱がありました。早速ここで記念撮影。
小仏城山

私はベンチに腰掛けて、行動食をつまみながら少し休憩を取りました。
先はまだまだ長いから、水分とエネルギーをこまめに補給しつつ、体力も温存していかないとね

休憩を終えた私はザックを背負い直し、さらに先へと進んでいきました。
辺りは背の高い針葉樹がずらりと並んでいて、少し薄暗い雰囲気です。
木々に陽射しを遮ってもらえるのでだいぶ歩きやすくなりました。これはありがたいですねー
歩きやすい道

10分ほど進んだところで、ベンチが沢山置かれた場所に出てきましたー。
近くの切り株から、こんなにかわいらしいキノコ3兄弟が生えていたんです。とってもキュート
キノコ3兄弟

縦走路は歩きやすいだけでなく、こんな風に指導標もしっかりと設置されていました。
距離が分かるのでとても助かりますねー。次の影信山まではあと1.3kmか、頑張ろう
(今は敢えて陣馬山までの距離については触れないでおきます・・・苦笑)
あと1.3km

そして、ベンチや案内図が設置された小仏峠に到着ー
名前は聞いたことがあったけど、ここがその峠なんだね。
小仏峠

この辺りには別ルートからやってきた登山者さんたちも多くいらっしゃいました。
昔々もこんな風に色々な人たちが行きかっていたのかな。

私は人の続いているタイミングを少し見送ってから、影信山方面へと進み始めました。
この辺りもとっても歩きやすいですねー。反対側からやってくる登山者さんたちとも多くすれ違うようになりました
歩きやすいです

幸いなことに体力にもまだ余裕があったので、私は山の空気を楽しみながら歩き続けました。
木漏れ日も気持ちがいいね!
木漏れ日

やがて、木々が切り開かれて景色の開けた道へと差し掛かりましたー。
そこからは深い森が見えています。
森が見えます

それでも、陽が射すとやっぱり暑いです(苦笑)
乾いた道は砂埃も立ちやすかったので、私は立ち止まらずに景色を見ながら進みました。
開けた道

そこから少しで、影信山のお茶屋さんに到着しましたー!
やったー!ここでお昼ご飯だー!!
お茶屋さんに到着!

今回、お昼に雑炊を作ろうと思って食材や調理器具を準備してきていました。
ガスを使うにはお茶屋さんに声を掛ける必要があったので立ち寄ってみたところ、そこの「名物なめこ汁」という張り紙に強烈に心惹かれました(笑)

というわけで・・・じゃーん!
なめこ汁&雑炊のお昼ご飯です
きのこ汁と雑炊(作成中)

雑炊となめこ汁だとどちらも汁物なんじゃ・・・というツッコミは無しでお願いします!(笑)
このルートにはトイレがいくつも設置されているので、いざという時も安心ですね。

こうして、お茶屋さんのテーブル&ベンチで1時間近くのんびりと過ごした私。
しっかり休憩もできたし、そろそろ先へ進もうか・・・と、荷物をまとめて歩き始めました。

お茶屋さんから少し下ったところにあるキレイなトイレを借りてから登山道に復帰すると・・・あれっ!?
先ほど休憩したお茶屋さんの裏手に、なんだかものすごく見晴らしの良い広場がありましたー!
見晴らし良好

そして、ここに影信山の山頂標柱が・・・!!
影信山

多くの人々は、こちら側で景色を眺めながら休憩をしていたのでした。
そうだったのかー!私もこの景色が見える場所で食事をすれば良かったかも。

とは言えもう一度なめこ汁を飲むわけにもいかないので、そのまま先へと進むことにします(苦笑)

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。