スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2015.01黒斑山登山

黒斑山(2,404m/群馬県吾妻郡嬬恋村・長野県小諸市)


ルート詳細はコチラ

■今回のコースと所要時間
所要時間合計(休憩等込み):約3時間10分

(行動時間)
車坂峠登山口(高峰高原ホテルにトイレあり)―【表コース:約20分】→車坂山―【約1時間10分】→トーミの頭―【約15分】→黒斑山頂上―【約10分】→トーミの頭―【中コース:約45分】→車坂峠登山口

■参考マップ
山と高原地図 19 浅間山 軽井沢


これまで、このエリアには何度もお邪魔してきました。
黒斑山を往復したり、トーミの頭までで引き返したり、時にはJバンドまで縦走したり、向かいの浅間山を登ったり・・・

登山を始めて間もない頃に出会った、このエリアの美しい景色は今でも私の心の中にはっきりと残っています。
「登山ってなんて楽しいんだろう」と気付かせてもらえた場所のひとつのが、ここだったのではないかと思います

そして今回もまた、黒斑山へお邪魔することになりました!
冬のシマシマ浅間山を是非見に行きたい!間近に迫った南米登山旅行の装備チェックも兼ねての山行です

登山口となる車坂峠は、すでに雪がたっぷり積もっていました
準備を整えて出発しようと思ったら、まず道路から登山口まで、雪壁状の大きな段差を乗り越えなければいけませんでした(苦笑)
黒斑山1

今回は敢えて、登山口からアイゼンを着けて登ることにしました
実は以前、同様の装備で黒斑山を目指したところ、夏山とは全く違う次元で体力を消耗し、結局トーミの頭までで引き返したことがあったんですよね
今回は、その後積んできたトレーニングの効果を確認するいい機会でもありました。

それにしても・・・最初はよく晴れていたのに、私がアイゼンを着けて顔を上げたら、いきなり曇っているというのはどういうことですかっ!?(苦笑)
浅間山がちゃんと見えますように、と祈る気持ちで歩き始めます。
黒斑山2

往路は表コースを選択。締まっていてとても歩きやすい雪の上を、快適に進んでいきます。
登り坂は結構急なところもありましたが、マイペースに登っていきました。

途中で見晴らしの良い場所に出ると、上空に雲が多いものの、八ヶ岳や街を眺めることができました
その先に、「車坂山」の小さな標識がありましたよー。結構気付きにくかったです(笑)
黒斑山3

ここからは、一気に下ります。結構急な下り坂なんですよねー

ここを下り切ると、今度はまたまた登りになります。しかも、傾斜がきついです
黒斑山4

前回はこのアップダウンと雪の踏み抜きで、体力をかなり消耗してしまいました
今回はかなり余裕を持って登れています!良かった、少しはトレーニングの効果が出ているのかも

こうしてぐんぐん高度を上げていくと、辺りの景色もどんどん広がっていきます。
このモノクロの世界が、やっぱり美しいんだなぁ・・・
黒斑山5

そして雪の斜面に黒っぽい岩が所々ごつごつと露出しているエリアを通過し、森の中へと入っていきます。以前もここを歩いた記憶が残っていました。
その先でまた森が開けると、細い道を進んでいきます。痩せ尾根のような所もあるので足を踏み外して落ちないよう注意が必要ですが、とっても楽しい道です
黒斑山6

と、途中ですれ違った登山者さん(もう下山とは早い!)に、「景色いいよ!」と教えてもらいました。
「えっ、浅間山も見えますか?」と尋ねたところ、「この先から見えてくるよー」とのこと。やったぁ、雲に隠れていなかったんだね

ワクワクしながらさらに登っていくと・・・

見えたーっ!!浅間山のシマシマですっ!!
黒斑山7

もうちょっと、あっちまで行ったらどーんと浅間山が見えそうだね。
それまでに雲が下りてきませんように・・・。祈りながら進みます。

その少し先には、シェルターがありました。
雪がたっぷり積もっていますねー
黒斑山8

そしてそこからさらに少し進むと、こんな景色も見ることができました。
麓の町にも雪が積もっているんだね。なんだか幻想的にさえ思えるような光景です。
黒斑山9

そして、そこから少しで・・・
浅間山、どーん!!
黒斑山10

青空が見えないこともあって、視界に映るのはただただモノクロの景色でした。
その何とも言えない美しさに、心が震えます。

さぁ、ここからトーミの頭へ、左手に伸びる急な斜面を登っていきますよー!
ここは頑張りどころですが、浅間山を見ることができて気分の上がっていた私は、意外と順調に登っていくことができました。

ふと振り返れば、向こうにはなんと青空が・・・!!
太陽さん、頑張ってー!!
黒斑山11

そして・・・
登り切った先はこんな風に、黒っぽい岩がゴツゴツしていました。この周辺がトーミの頭だと思います(笑)
黒斑山12

この辺りからの眺めも本当に素晴らしかったので、少し立ち止まって景色を楽しみました。
シマシマの浅間山、その下に広がるジオラマみたいな湯ノ平・・・白と黒の世界。たまりません
黒斑山13

でも、ここは目の前が雪庇のようになっていて、その先はスパッと切れ落ちているんです。
景色に見とれて、前に出過ぎないよう気を付けないと

今回は雪の状態が良いこともあって、とても順調に登ってくることができました。
以前はトーミの頭までで引き返しましたが・・・今回は黒斑山まで進みます

こうして私たちは、さらに先を目指しました。
木々の合間を縫うように続いていく細い道は、ちょっとしたアップダウンがあります。
黒斑山14

視界の開けた場所からは、Jバンドへ続く壁のような稜線も見ることができました。
浅間山もまだまだ見えています!
黒斑山15

それから、ライブカメラとスピーカーの設置された場所を通過しました!
この先も道幅が狭く、踏み外すと崖下まで落ちそうなので気を付けて進んでいきました。

こうして・・・無事に黒斑山に登頂!!
山頂標識が雪に埋もれていますよー!これでも、誰かが掘り出してくれたようです。積雪の多さがうかがえますねー。
黒斑山16

そしてここからも、浅間山さんにご挨拶ができました
本当に素晴らしい景色だなぁ

時間的にかなり余裕もあったので、私たちは後から来るであろう方々の邪魔にならない場所で少し休憩することにしました。
パンと行動食を、温かい飲み物と一緒に頂きます。毎回絶賛ですが、やはりサーモス 山専ボトルは雪山でも本当に頼もしい存在で、自宅から入れてきたお湯もあまりの熱さに舌を火傷しそうになるほどです(笑)

登り始めは少し風もありましたが、今はすっかり落ち着いて、とても穏やかな天気。
美しい浅間山の景色を眺めながらの時間は、とても贅沢なものに感じられました。

・・・と、後から次々と登山者さんたちがやってきました。
それほど広いスペースではないので、私たちはそろそろ下山することにして荷物をまとめました。

下りはさすがに歩きやすくて、登りよりもペースが上がります。
私は最後まで景色を楽しみながらトーミの頭へ戻り、その先の急な斜面を下っていきました。
黒斑山17

そして、この案内のある場所から中コースへと入ります。
黒斑山18

中コースは、路面が雪に覆われて歩きやすくなっていることを予想していました。
ところが、雪が積もって上げ底状態になっていたため、特に最初のうちは木々の枝が低い場所まで覆いかぶさってきて、思ったより歩きづらかったです
黒斑山19

それでも、赤いリボンが沢山つけられていたので、道はとても分かりやすくなっていました。
木々の枝を避けながら進むエリアが落ち着いてきた辺りで、ペースアップ。こうなるとやはり、夏道よりも歩きやすいですね

見晴らしは表コースの方が良いのですが、森が開けて景色が広がるところもあるので、楽しく下っていくことができました。
やがて眼下にホテルやスキー場が見えてきたら、もうすぐ登山口!

・・・と、登山口の直前だけ雪がふっかふかになっていて、突然の踏み抜き祭りにハマりました(笑)
それでも、距離が短かったので大きな支障はなく下山を果たすことができましたー!
黒斑山20


こうして今回も、美しい雪の景色を楽しむことができた私たち。
このエリアが持つ、ここにしかない空気感、世界観が本当に大好きです

今回も、本当にありがとうございました

【終わり】
スポンサーサイト
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2015.01守屋山登山

守屋山(1,650.3m/長野県諏訪市・伊那市)


ルート詳細はコチラ

■今回のコースと所要時間
所要時間合計(休憩等込み):約5時間25分

(行動時間)
杖突峠口駐車場―【約1時間10分】→避難小屋・守屋山登山道入口(トイレあるけどこの時期の使用可否は不明)―【約1時間】→東峰頂上―【約15分】→カモシカ岩―【約10分】→西峰頂上―【約7分】→カモシカ岩―【約10分】→東峰頂上―【約1時間】→駐車場


今回は長野県にある守屋山へお邪魔してきました!
こちらのお山、南アルプスや八ヶ岳に比べれば知名度は低いかもしれませんが、実は本っ当ーにいいところなんです。

普段は朝早く登山を開始するために、暗いうちから家を出なければならないのですが・・・
今回は同行メンバーが前夜のうちに茅野のホテルに各自集合し、翌朝ロビーで待ち合わせをしてみました(笑)
その結果、あっという間に登山口に到着してしまい、あまりの早さにびっくり!あぁー、長野に移住したい・・・!!

登山口となる杖突峠の駐車場は結構広そうでしたが、この時期はほとんどが雪に埋もれてしまい、スペースはそれほど広くありません。
それでも、朝早かったためか、他に車は1台も停まっていませんでした。

準備を整えたら、駐車場奥にある看板とフェンスの間の道を入っていきます。
守屋山1

今回同行したメンバーのうち、1人が今シーズンから本格的な雪山登山を始めたとのことで、みんなでまずはアイゼンを使わない雪道歩きについて説明&練習しながらゆっくり登っていきました。
登山道はトレースばっちりで雪もかなり締まっており、とても歩きやすかったです。
それでも、出だしはちょっと急な坂もあるので、手術をした方の足がやや置きづらかったです(可動域が狭いので

道は樹林帯の中を続いていきますが、枝越しに青空が見えて、とっても気持ちがいいです
守屋山2

登山道は林道に接近したり、いったん林道に出たりしながらのびていきました。
案内表示もしっかりあるので、分かりやすかったです。

しかも、この辺りはなだらかなところが多くて、「このまま山頂まで行けたらいいのにねー」なんて言いながら歩いていました(笑)

途中で林道に出ると、「守屋山座禅草コース(近道)」という案内がありました。
ここから練習のためにアイゼンを着けることにして、少しの間アイゼン歩行のレクチャーなどをしてから下り始めます。

アイゼンがよく効いて歩きやすい雪道を下り、木道(雪がたっぷり積もっていたので、木道そのものを踏むことはありませんでした)を進んでいきました。
その先で、「守屋山登山道入口」と書かれた大きな柱や建物のある場所に出ましたー
守屋山3

近くには仮設トイレが4基ほどありましたが、そこまでのトレースもなくて、使えるのかは未確認です

ここから山頂方面へもトレースがしっかりとつけられていました。天気も良くて穏やかだし、道はとっても歩きやすいし・・・もう言うことありません!

こうして楽しく登っていくと、やがて気持ちのよい尾根道に出てきましたー。
でも、それに伴って傾斜もだいぶきつくなってきましたよー。
雪面につけられた色んな動物の足跡を見つけたり、木々の合間から向こうの山や青空を眺めたりしながら、私たちはどんどん登っていきます。
守屋山4

高度を上げるにつれて、見晴らしもだいぶ良くなってきました。かなりの急坂も出てきたので、色々な歩き方のパターンをみんなで練習しながら登っていきます。
やがて、木々が開けてこんもりとしたピークが見えてきました!すごーい、あれが山頂かもっ
守屋山5

そして、この辺りだけ少し霧氷が残っていました。キレイだなぁ
風に吹かれてぽろぽろと氷の粒が落ちてきています。
守屋山6

こうして直下のきつい坂を登っていくと、その先に守屋山(東峰)の山頂標識がありましたー!
標高は1600mほどですが、なんだかものすごい高峰を登っているような景色です
守屋山7

ここ山頂からはものすごい絶景がぐるりと広がっていて、みんなで大歓声を上げてしまいました。
諏訪湖をはじめ、八ヶ岳やアルプスの山々・・・とにかく景色が素晴らしいんです
登頂の喜びと絶景の興奮で、テンションは最高潮に
守屋山8

守屋山にはここ東峰だけでなく、さらに先へ進んだところに西峰もあります。
ただ、標準コースタイムで見ると往復1時間ほどかかるよう。今回は雪山登山練習中の仲間がいることもあって、無理せず東峰までで引き返そうかとも考えていました。

ところが、東峰の頂上付近で休憩をしていると、後から登ってこられた地元の登山者さん方に、
「西峰に行かないなんて、勿体ねぇなぁ!あっちの方が山頂が広くて、景色がすごいんだぁー。うちらの足でも20分で行けるよ!」
と口々にお勧めを頂きました。

天気は快晴でとても穏やかな陽気、メンバーみんな余力も十分、時間もまだ午前中の早い段階ということで、相談の結果、西峰まで足をのばすことにしました
こうして荷物をまとめ、西峰へ向けて再び歩き始めた私たち。キラキラと霧氷が輝く美しい雪道を進んでいきました。
守屋山9

西峰までの道には、いくつかの見どころがありました。
こちらは「元気になる木」。とっても立派ですねぇー!
守屋山10

それから、「カモシカ岩」というところもありました。
この時は雪に埋もれてしまってよく分かりませんでしたが、よくその岩にカモシカが立つのだそうです。(看板に説明がありました)

こうして写真を撮りながらでも30分かからずに、西峰の頂上直下までやってくることができましたー!
ここにはとても小さいけれど立派な造りの小屋がありました。「ラビットハウス」と呼ばれているそうです。
うさぎさんのイラストがとってもカワイイ
守屋山11

小屋のすぐ先には、以前登った笠取山みたいな、三角おむすびにまっすぐ道が付けられているようなピークが現れましたー!
守屋山12

息を弾ませながら坂を一気に登り切り、守屋山西峰に無事登頂!
守屋山13

ここからの景色もとても素晴らしかったです。東峰では見えなかった木曽御嶽山の姿もありました。
諏訪湖方面も、とっても眺めがいいですねー
守屋山14

あちこちにカメラを向けていると、先ほど西峰をお勧めして下さった地元の方々が、
「暖房つけておくから、小屋に寄っていきなよ」
と声を掛けて下さいました。

というわけで、さっそくラビットハウスにお邪魔した私たち(笑)
小屋の中はとても狭くて、向かい合わせにぎゅうぎゅうに詰めて座れば、8人くらいは入れるかな?といった感じでした。

地元の方がよく利用されているようで、中には色々な小物や看板があり、誰かのお部屋にお邪魔しているかのようでした。
そして、色々なところからお茶や食べ物などがぞくぞくと出てきます!!
守屋山15

私たちはお漬物などを頂いてしまいました雪山でこんなお茶会ができるなんてびっくり。そしてとてもありがたかったです

ラビットハウスでしばらく過ごしていると、さらに地元の方々が登ってこられました。
小屋はもはや定員オーバーになってしまったので、私たちは早めに下山することにしました。
最後まで「ゆっくりしていけばいいよー」と言って頂いて、本当に嬉しかったです

こうして小屋を後にした私たちは、足取りも軽く来た道を引き返していきました。
東峰の直下には、守屋神社の奥宮が。行きには気付きませんでした
守屋山16

私たちは最後に美しい眺めを楽しんでから、快適に下っていきました。
なんて素晴らしい日なんだろう
守屋山17

さすがにこの陽気なので、下の方は雪が融けかけてグシャグシャになっているところもありましたが、特に大きな支障もなく駐車場まで戻ってくることができましたー!
守屋山18

私たちは荷物を片付けて、途中のサービスエリアでご飯を食べてから東京へと戻ったのでしたー


今回お邪魔した守屋山の存在を、私はごく最近まで知りませんでした
実際に行ってみると見晴らしが本当に素晴らしく、とても充実感のある登山をすることができました

また、頻繁に通っていらっしゃるという地元の皆さま方の優しさに触れることができ、雪山ながら心がポカポカに温まるような体験もさせて頂きました
今回お会いした皆さま、お世話になりました!ありがとうございました

小屋でお会いした地元の方々のお話によれば、今回歩いたコース以外にも面白いコースがあるとのこと。
また、守屋山そのものが諏訪大社の御神体となっていることを、私は下山後に知りました・・・(遅いっ!!
そういう知識を持ってまたお邪魔すれば、さらに違った守屋山の魅力を味わえるのではないかと感じています。

こんなに素敵な山が自宅の近くにあったら、私も毎日のように通ってしまいそう!
今後もまた、色んな季節にぜひお邪魔したいと思いました
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ネパールの大震災について

皆さまもご存じのように、2015年4月25日にネパールでマグニチュード7.8という大きな地震があり、
首都カトマンズをはじめ、トレッキングや登山で人気の山岳エリアまでもが大きな被害を受けました。

この震災で、ネパールの方々や海外から来られていた方々など、多くの方々が亡くなられました。
心より、ご冥福をお祈りいたします。


地震の起こるほんの1ヶ月前に、私が歩いていた場所、見ていた景色、出会った方々・・・
ショック、悲しい、心配、不安・・・色んな感情が渦巻いて気持ちの整理がつかず、この記事を書くまでにかなりの時間が経ってしまいました。
そして、下書きの段階ではとても長々と思いを綴ってしまったのですが・・・本題を優先するために、それらはいったん、全て心の中にしまうことにしました。


現地では現在も、多くの方々が懸命に活動されています。
それでもまだまだ被害の全容が明らかになっておらず、今後の復興に向けても長い時間が必要になるのではないでしょうか。


とりいそぎ、私が調べられた範囲だけなのですが、下に今回の震災に関する募金を受け付けている団体についてまとめてみました。
もし、「何かしたいな」とか、「募金したいけど、どこでやってるんだろう?」と思っている方がいらっしゃったら、少しは参考にして頂けるかもしれない・・・と思って記事にした次第です。

(現在、沢山の団体が募金を受け付けているので、全てを網羅できていないことをご了承ください。
また、募金先や活動内容などは私が調べた時点の情報なので、募金される前に必ず最新情報をご確認ください。)



■日本赤十字社 2015年ネパール地震救援金
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/2015_1/
ネパール赤十字社、国際赤十字・赤新月社連盟と協力しての救援、復興活動を実施されるとのことです。

※日本赤十字社へは、以下を経由しての募金も可能です。
☆Yahoo!基金 ネパール 地震被害緊急支援募金
http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630016/

☆LINEスタンプ購入(Pray For Nepal)
https://store.line.me/stickershop/product/4378/ja


■国連UNHCR ネパール大地震緊急支援
http://www.japanforunhcr.org/activities/em-nepal_2/
緊急支援物資(シェルター用の防水ビニールシートやソーラーランタン)の提供を中心に行っているようです。
寄付金額が必要以上集まった場合には、UNHCRが最も必要とする援助活動にあてるとのことです。
※募金の際、「募金・寄付のきっかけ」欄で「ネパール緊急支援ページ」を選択してください。


■国連WFP ネパール地震 緊急支援
http://www.jawfp.org/lp/helpnepal/
食糧支援・物流支援・情報通信支援の3分野での活動をして下さるとのことです。(山間部への食糧支援、ヘリ輸送なども計画に含まれています)


■Yahoo!ネット募金
http://donation.yahoo.co.jp/search/?query=%E3%83%8D%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB+%E5%9C%B0%E9%9C%87
ネパール大地震支援募金を受け付けている団体の情報がまとめられています。
クレジットカードやTポイントでの募金ができます。


■公益社団法人日本山岳協会 ネパール大地震救援募金
http://www.jma-sangaku.or.jp/cominfo/donation/
日本の主要山岳団体と合同で、ネパール被災者の方々へ全額が届くよう手配してくださるそうです。
※正式な募金受付口座の開設は5月下旬になるとのこと。(暫定口座の情報はリンク先に記載されています)


■モンベル アウトドア義援隊ご協力のお願い
http://about.montbell.jp/release/disp.php?infomation_id=278
モンベルストアのカトマンズ店と連絡を取り合って、最適な援助を行っていくとのことです。
モンベルクラブのポイントでも寄付できます。


■認定NPO法人ピーク・エイド 野口健 ヒマラヤ大震災基金
http://www.peak-aid.or.jp/category/fund-himalaya-earthquake/
野口さんが実際にクムジュン村周辺の被災状況を確認し、直接支援の手が行き届くよう動いて下さっています。
※上記Yahoo!ネット募金を通じた募金も可能です。

その他、リンクがはれませんが、iTunes StoreやFacebook経由でも募金受付を行っているとのことです。
好日山荘さんなど、店頭で募金箱を設置しているところもあるようです。



以上です。

目を閉じれば、すぐにでもあの場所に飛んで行けるほど心は近くにあります。
ネパールの国、人々の心と身体、そして生活が少しでも早く復興へ向かえますよう。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。