スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.08棒ノ嶺(棒ノ折山)登山(3)

棒ノ嶺登山、(1)(2)の続きです。

開けた山頂で、まだまだ夏を感じさせる青空を目一杯楽しんだ私達。
山頂ともお別れ・・・

動画も撮ってみましたので、見ることのできる環境の方は是非どうぞ
[高画質で再生]棒ノ嶺(棒ノ折山)山頂からの景色
[広告] VPS

ずっとここにいたいところだけど、早く下山して、冷たいお茶を飲んで、温泉にも浸かりたい!
という訳で、いよいよ山頂に別れを告げる時が来ました。
草が生い茂っています
草の生い茂る小道を抜けるとすぐ、先ほどゼーゼー言いながら登ってきた階段道に出ます。

登りがきつかったということは、下りも楽なはずはないわけで・・・
ダブルストック(シナノ VIP-CARBON)を使って、膝にかかる衝撃を吸収しながら下りていきます。

やがて行きにも通った岩茸石にぶつかりました。
帰りは沢コースではなく、滝ノ平尾根コースを使う予定だったので、この大きな石をぐるっと裏側に回りこむようにして尾根道へと入りました~。
ここからはひたすら下りです

途中、こんな不思議なものを見つけました!
ボールみたいなキノコ!
大きさはソフトボール位、でも見た目はゴルフボールみたい!?なんとこれ、キノコなんです!
キノコって色も形も色々あって、面白いですよね~

そしてキノコのいたスポットから少し下りたところでは、こんな景色も望めました。
時折展望も開けます

こうして所々に目を引くものはあったのですが、やはり延々と続く下り道は結構きついものがありますねこの尾根コースには、行きのような沢歩きはないので、蒸し暑くて喉も渇きます。
なのに、手持ちの飲み物が得意ではないスポーツドリンクのみ・・・
「下山したら、まずは冷たい水を!!」
そればっかり考えながら足を動かしていました(苦笑)

これは振り返って撮った写真。ここでも道の左右で植生がはっきりと分かれていますね。
尾根道を振り返る

しかしこの尾根ルート、鎖場などの難所はないものの、なかなか手ごわい道です。
後半になると、細かい木の根が網の目のように張り巡らされた急坂を下るようにもなりました。
振り返って見てみると、こんな感じです。このルートを登りに取ったとしたら、途中で力尽きて山頂までたどり着けないかもしれないなぁ・・・・・
木の根がわしゃわしゃ・・・

実は私、今回の下山途中で5回ほど転びました
ちょっと滑ってしゃがみ込んだり、尻餅をつく程度の転倒で、大きな怪我や事故などにつながるものではなかったのですが、ここで自分のある問題点に気付きました。
これについては対策含め、また改めて書かせて頂こうと思います

こうしてだいぶ消耗したものの、なんとか無事に里へと下りてくることができました。
ふー、下山完了ですっ。
里に下りてきました~

そして早速、
「自販機はどこっ!?さわらびの湯はどこっ!?」
と必死で探す私。(笑)
見つけた目的地は舗装された急坂を登りきった先にありまして・・・実はここが今回一番きつい登りだったと思われます
それでもなんとか気力で坂を登りきり、冷たいお茶と温泉にありつくことができました
かなり疲れが身体に出ていましたが、温泉にゆっくり浸かってマッサージをしたら、疲れや痛みもお湯に溶けて流れてしまったみたい。
最後はすっきり爽快な気分で、足取り軽く帰りのバス停へと向かうことができたのでした~
さわらびの湯近くからの景色

そして・・・飯能駅ではお決まりの「竹むら」へ!
いつもここでは天ぷらそばだったから、今回はとろろそばを頼んでみたんだけど・・・

ど――ん!!!
竹むらのとろろそば!
ふわふわに溶かれたとろろがどんぶりいっぱいに盛られていて、麺が見えませんっ
すごい・・・こんなとろろそば初めて見たよ~
もちろんとっても美味しかったですし、ここで出される濃い目のお茶にもホッとするんです。
今度また違うメニューにもチャレンジしてみようと思います

・・・と、最後は蕎麦レポートになってしまいましたが・・・(苦笑)
棒ノ嶺(棒ノ折山)は、噂どおりの楽しくて素敵なお山でした
本格的な沢登りとまではいかないものの、沢の中を歩いたり、渓谷を登って行ったりと、今までの山歩きにはない新鮮な感覚で登ることが出来ました。後で同行の友達に聞いたら、私は随分はしゃいでいたとのこと。(苦笑)
ただひとつ心残りがあるとすれば、この山の美味しい湧き水を飲むことができなかったということですね。またいつか、空のボトルを持ってこの山に遊びに行けたらいいなと思います
予備のボトルに入れてくるのは、甘くない飲み物にしようっと(笑)

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
川又名栗湖入口バス停近くの休憩舎(8:43)→有間ダム(8:53)→棒ノ嶺登山口(9:10)→沢歩き開始(9:39)→ゴルジュが続く辺り(9:50)→鎖のついた岩場(10:06)→林道交差点の休憩舎・水場らしきところ(10:32)→岩茸石(10:58)→ゴンジリ峠(11:21)→棒ノ嶺山頂(11:40-12:20)→岩茸石(12:46)→立ち入り禁止の展望台(13:09)→里道へ出る(14:11)→さわらびの湯(14:18)

◆周辺の天気予報
さわらびの湯周辺のYahoo!天気情報

◆水場とトイレ
トイレはスタート地点の休憩舎やさわらびの湯にあるけど、コース中にはなさそう。
水場は白谷沢ルートの登山口にあるはずだったんだけど枯れてた・・・。岩茸石手前の休憩舎近くにあるのも水場だと思う。
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2009.09.08 Tue 09:55  |  棒ノ折山

yamajoshiさん はじめまして。

私も棒ノ折山はトレーニング山行で行きますが・・・
階段きつくなかったですかぁ??
幅や高さが微妙で私はどーも苦手です(笑)

でもここは下山したらすぐに温泉が待っているから良いですよね。
また、遊びに来ます。

  • #-
  • 芳太郎
  • URL

2009.09.08 Tue 16:51  |  おぉ

yamajoshiさんこんにちは!
本来なら「乗鞍レポ参考になりましたありがとう!」と、乗鞍にコメントするところですが、芳太郎さんの名前を見つけたのでこちらで(笑)
芳太郎さん、奇遇ですね!

乗鞍はマイカー規制が入って久しく、地図を見ても「どこでバスに乗ったらいいのか?」で悩み、まずはここは一発解決。
ありがとうございます。

あとは雷鳥が晴れの日より雨の方が出没率高いなど、意外と知られてないですよね(知りませんでした)

黒い花はクロユリで間違いないと思います。

乗鞍は三番目の候補・・だったのは、ふもとの温泉街にせせらぎの湯という小さいながらも無料の共同浴場があるから(今もあるのかな?)ですが、yamajoshiさんは行かれましたか?

2009.09.08 Tue 20:26  |  棒ノ嶺はいいですね!

yamajoshi様 こんばんは!

白谷沢経由の棒ノ嶺、素敵なコースですよね。私もお気に入りのコースです。

でも、沢を詰めて尾根に上がる登りは結構キツイですよね…

棒ノ嶺は単独でも充分に楽しめますが、ここを基点に青梅の高水三山や、川苔山、日向沢の峰、蕎麦粒山などの奥多摩の山々、有間山、蕨山と名栗湖を周回する奥武蔵の山々が縦走コースで楽しめます。

武甲山も尾根続きなのですが、これはさすがに気が遠くなりそう(笑)

これから秋の登山シーズン、頭の中はいろんな登山プランで一杯なのでは(笑)

それでは!

2009.09.08 Tue 20:59  |  棒ノ折山

はじめまして

以前、大菩薩嶺で検索して、こちらのブログにたどり着きました(笑)親しみやすい文面に、気付いたら端から端まで読破してしまいました。

と、ここで棒ノ折山が出てきたのでついコメントを(笑)
私も2年前の春先に行ってきて、ゴルジェ風な沢登りがとっても印象に残っていたので。ただ、林道を越えてからの階段地獄はホントにきつかったです(汗)

次回作(?)、楽しみにしています(笑)

2009.09.08 Tue 22:53  |  白谷の泉の秘密

こんばんわぁー、はじめまして!
ブログいつも楽しみに拝見しています。

自分も棒ノ折に何度か登ったことがあります
その時に、上りに出ていた「白谷の泉」が
帰りには出ていませんでした!!
おかしいと思ったら近くにバルブがありました!!!

どなたが管理しているのかは分かりませんが
止められていることがあるようです...

そんな時は数百メートル上流に
いつも流れている泉(名前は忘れました)
がありますので今度、お試し下さい!

あと、有馬ダム対岸の蕨山もおすすめです!
ただ、距離があり、傾斜もキツイです...
黒ラブわんこ連れの方が
よく登っていますよー(めっちゃ健脚)

でわぁ、また、お邪魔します


2009.09.08 Tue 23:59  |  芳太郎様

芳太郎様、初めまして!ブログご訪問&コメントありがとうございます。

棒ノ折山、階段きつかったです~e-327e-330しかも所々崩れているところもあって、かなり苦戦しました。

そうですね、下山してすぐに温泉に入ることができるのは最高ですよね。疲れも吹き飛びました☆

はい、よろしければまた遊びにいらして下さい♪

2009.09.09 Wed 00:09  |  長次郎様

長次郎様、こんばんは!コメントありがとうございます。

芳太郎様とお知り合いでしたか~!山は広いけれど山ブログの世界は意外と狭いんですね(笑)

乗鞍のマイカー規制については、私もなかなか的確な情報が見つけられなかったんです・・・e-330畳平までにいくつかバス停があるような雰囲気でしたが、乗鞍高原観光センターには大きな無料駐車場もあるので便利かと思います。

黒い花はやはりクロユリなんですね。教えて頂きありがとうございます!
ふもとにそんな魅力的な浴場があるとは知りませんでした。今回は日帰りだったので乗鞍岳直行直帰みたいになってしまいまして・・・。今度はゆっくり時間を取って、周囲を観光したり、温泉や食事を楽しんだりしてみたいですe-454

2009.09.09 Wed 00:15  |  川越人様

川越人様、こんばんは!コメントありがとうございます。

川越人様もやはり棒ノ嶺の沢コースがお気に入りでしたか。本当に素敵なところですよねe-257
はい、沢の後がかなりきつかったですね・・・。

わぁ、棒ノ嶺から奥多摩・奥武蔵の山々へ縦走するコースが色々あるんですね!
しかし、棒ノ嶺単独でもだいぶヘロヘロだった私は行けるのかどうか・・・(苦笑)

これからは、奥多摩の山にもお邪魔したいなぁと思っているんです。奥多摩初心者にもオススメなコースがもしありましたら、教えて頂けると嬉しいです☆

2009.09.09 Wed 00:21  |  まぁぼぅ様

まぁぼぅ様、初めまして!ブログご訪問&コメント頂きありがとうございます☆

文章が長くて読みづらいブログかと思いますが、読破して頂けたとはe-451
そういうお言葉を頂けるととっても嬉しいです。励みになります!
ありがとうございますe-454

まぁぼぅ様も棒ノ折山に登られていたのですね。
「階段地獄」・・・確かに!この言葉がぴったりのハードな登りでした・・・e-330

はい、まだブログに載せきれていない山や自然のお話&写真がいくつもありますので、マイペースに更新していきたいと思います。
またお時間のある時に遊びにいらして下さいね♪お待ちしていますe-454

2009.09.09 Wed 00:28  |  ひよっこ様

ひよっこ様、初めまして!ブログご訪問&コメント頂きありがとうございます。

楽しみにして頂いているとは・・・e-451ありがとうございます!

な、なんと・・・「白谷の泉」はバルブで調整されていたんですかっ!!e-329
水が枯れるというより、管理人さんの気分次第だったりするのでしょうか・・・衝撃の事実ですe-330
数百メートル上流にも泉があったんですね。情報ありがとうございます!次回もし白谷の泉のバルブがしまっていたら、そちらに移動したいと思いますっe-271

蕨山、噂には聞いております~。素敵な山なのでしょうねe-420
黒ラブさんたちすごいですね・・・。私も是非チャレンジしてみたいです!

この度は色々と情報を頂きありがとうございました☆
またお時間がある時に是非遊びにいらして下さいね~♪

2009.09.13 Sun 18:55  |  奥多摩

yamajoshi様 こんばんは! 川越人です。

今日は初めて山を走ってきました! といっても本当にスローペースで、天覧山から多峰主山を2往復ですが…

>これからは、奥多摩の山にもお邪魔したいなぁと思っているんです。奥多摩初心者にもオススメなコースがもしありましたら、教えて頂けると嬉しいです☆

あらためて山行記録を確認しましたら、奥多摩はまだ未踏なんですね。

奥多摩を代表する山で日帰り圏内といえば、多摩川の南側だと、大岳山、御前山、三頭山。北側だと、川苔山、鷹ノ巣山でしょうか。どれも魅力的ですし、ルートも数多くあって、いろいろ楽しめます。

早めに帰って来られる山でしたら、奥多摩駅や鳩ノ巣駅から直ぐに取り付ける本仁田山(ほにたやま)や、奥多摩湖畔の倉戸山などが手頃かと思います。どちらも日が短くなった時期など、単独でも充分楽しめるかと思います。

足に自信があれば、本仁田山は川苔山へ、倉戸山は鷹ノ巣山へと縦走することもできます。

奥多摩はどうしても地味な山域になってしまいますが、是非一度訪れてみてください。

それでは!

2009.09.13 Sun 22:00  |  川越人様

川越人様、こんばんは!コメントありがとうございます。

おお!トレイルランされたんですね?いかがでしたか?
天覧山~多峯主山の道は走りやすそうですね。

はい、実はまだ奥多摩の山へはお邪魔したことがなくて・・・。奥多摩と奥秩父や奥武蔵の境目ぐらいまでなんですよね。
いくつもの山をご紹介頂きありがとうございます!本仁田山はちょうど自分でもチェックしているところでしたe-257
奥多摩は紅葉の時期も素敵なんでしょうね~☆近々是非お邪魔したいと思います!

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/105-f0d89588
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。