スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.10.04ロングウォークちちぶ路参加報告(2)

ロングウォークちちぶ路参加報告、(1)の続きです。

長瀞駅を出発した私は、宝登山、長瀞アルプスを経て、一旦野上駅へトイレを借りに行くというロスはあったものの順調と言えるペースで出牛峠を通過しました。

ここからはしばらく、舗装された道路を歩きます。
糠掃峠へ向かう舗装道路
道幅が広いので渋滞の心配もなく、勾配も比較的緩やか。よーし、ここでちょっとペースアップ

・・・なんて意気揚々と歩き始めたのもつかの間、私のペースは突然、ガクッと落ちることになります。

「どうしよう、股関節がすごく痛くなってきた・・・

体重がかかる度、足の付け根の関節にズキッと痛みが走るんです
少し前、舗装道路歩きの時に気付いた股関節の違和感は、一時的なものではなかったみたい・・・。

今までにない事態に面食らいながらも、原因をあれこれ考えてみました。
今日はいつものトレッキングシューズ(Danner デイハイカー)を履いているのですが、今回のコースは舗装道路の歩きがかなり長かったんですよね。
でも、最長の27kmコースを目標にしているので、そんな舗装道路の上もかなりの早足で歩いてきてしまいました。この靴と歩き方が、舗装道路上では足に負担をかけていたのかもしれません
ううーん、失敗ここまで歩いてきた山道の様子からしても、もしかしたらもう少しソールの柔らかい、軽いタイプの靴の方がこういう大会向きだったのかもしれないなぁ、と思いました。

ルートマップを確認すると、この先不動山を越えて間瀬峠(まぜとうげ)まで行けば、エスケープルートが設定されているみたいです。
ひとまず不動山まで行ってからこの後のことは考えよう、と登山用ステッキ(シナノ サントレース 3YS)で足をかばいながらゆっくり歩いていきました

そしてようやく、不動山に向かう山道へと入りました~
舗装道歩きが終わると足の痛みがかなり楽になったので、なんとか元気を取り戻して不動山へと登り切ることができました
不動山
山頂は展望がなく、あんまり広い場所でもないのですが、ここが本日の最高地点(549m)とのこと。
早速ちょっとしたスペースに腰を下ろして靴を脱ぎ、足全体を入念にマッサージ&ストレッチしました。

そして、ここで考える。
うーん、せっかくだから27kmコースを完歩してみたいけど・・・。

実は、27kmのロングコースを歩くには、途中で何箇所か、チェックポイント通過時間のリミットが設けられているんです。
そのため、道中かなり気持ちが焦って急ぎ足になっていました。
細い山道ですごくゆっくり歩いている方がいらっしゃると、すぐに後ろが何人も詰まって渋滞になってしまうのですが、そんな時に「安全な場所でちょっと道をゆずってくれれば、この渋滞も解消されるのになぁ・・・」なんて、正直ちょっとイライラしてしまう瞬間もあったんです
加えて今や、足の痛みをこらえながら時間とも戦っている状態・・・。

私は何のために山を歩いてるんだっけ?
イライラや苦痛を抱えながら歩き続けて、27km先のゴールを踏むことが目的なんだっけ?
・・・違うよね。

山そのものを楽しむ、山を歩くことを楽しむ。少なくとも今の私の目的ってそういうことだったはず

自分の中で結論が出ると、すぐに私はルートマップを広げました。
次のポイントである間瀬峠からエスケープルートを辿って樋口駅へ出るには所要90分。間瀬峠から雨乞山、榎峠を経て樋口駅へと降りる17kmコースだと所要100分かぁ。そんなに変わらないんだね。
よし、今回は17kmコースに変更っ

そう決めた瞬間、気持ちがふっと楽になりました。
ここからは時間にも余裕ができたし、山の空気や景色を楽しみながら、ゆっくりゆっくりゴールを目指そう!

そして私は再び歩き始めました。
ひたすら歩きます

気持ちの良い山道を下り、間瀬峠へ。もう渋滞したってイライラすることはありません
森林浴を楽しみながらのんびり進みます。
さっきのストレッチ&マッサージが効いたのか、足の痛みはほぼ解消されました。でもまた舗装道路に出たら再発するかもしれないので、油断禁物ですね・・・

やがて間瀬峠を越えて、雨乞山への道へ入りました~。
張り紙いっぱい
今回のコースでは、ポイントポイントに係員の方が立って誘導して下さったり、案内の張り紙があったりしてとても道が分かりやすいです。ありがたいですね~

と、ここからの登りはかなり急になりました
皆さんかなりゼーゼー言いながら、ゆっくりゆっくりと登っていきます。
私もさすがにきつくて、写真を撮る余裕もなし(苦笑)

そして、ようやく林の道を抜けて、景色がぱぁっと広がります。雨乞山に着きましたっ!
雨乞山
うーん、写真ではちょっとどんよりしちゃってますが、小高い丘のような斜面には爽やかな風が吹いていて、眼下の街から遠くの山々まで見渡すことができました~

多くの人たちがそうしているように、私もここに腰を下ろしてお昼休憩をとることにしました。
この場所はパラグライダーの発進場にもなっています。私は持参したおむすびを頬張りながら、それらしき人が風を読みながらスタンバイしている様子を眺めていました。
すると、
タタタッ・・・バサバサッ!!

パラグライダーの人が斜面を駆け下り始めると、その背後で地面に横たわっていた翼の部分が、空気をはらんで一気に大きく開くんです
まるでさなぎから抜け出した蝶が、大きく羽を広げたよう。周囲の登山客からも大きな歓声が上がりました。

そしてその人はふわりと宙に浮いて・・・
パラグライダーで空中散歩
わぁぁぁぁ~・・・空中散歩、すっごく楽しそうだなぁ~!!

こうして私はしばらくの間、ここからの景色と気持ち良さそうに空を漂うパラグライダーを眺めて過ごしたのでした。

さてと、そろそろ出発しようかな。
いよいよゴールへ向けて最後のひと頑張り。休憩を取りながらゆっくり歩くようになってからは、股関節は多少の違和感を残すものの、痛みが出ることはなくなりました。
こうして難なく榎峠へ。
榎峠
この時点で足の調子も悪くなかったし、一瞬「27km行けるかも・・・?」って思いがよぎったのですが、途中で痛みが再発する可能性もあるし、明日の仕事のこともあるし・・・何より、実は結構トイレにも行きたくなっていたのでやっぱり17kmコースでゴールすることにしました(苦笑)

ここからはひたすら山道を下りまして、
榎峠から樋口駅へ

舗装道路に出てからも、道端の花を愛でつつのんびり歩いていきました
花もキレイです☆

そして、何だか電車の音が近くで聞こえるようになったなぁ~と思ったら、いきなり樋口駅にぽんっと出てきてしまいましたっ
駅はもう少し先だと思ってたのでちょっと拍子抜けしましたが・・・とにかく、

ゴ―――ルッ
ゴール記念!

わぁぁぁー、やっぱり、つーかーれーたー!!!!
係員の方に完歩証明書と記念バッジをもらうと、一気に疲れが出てきて、寄居行きの電車を待つ間、思わずホームにへたりこんでしまいました

こうして何とか寄居駅まで移動した私は、抽選会で石井スポーツのナップサックなるものを当て、
本日頂いたお土産一式
色んな思い出やお土産と共に、帰路へ就いたのでした~。(もちろん爆睡で・笑)


初めて参加したイベント、ロングウォークちちぶ路。
最初は「自分には絶対に無理だなぁ」なんて思っていたけれど、皆さんから色々とアドバイスを頂き、17kmコースにはなってしまいましたが何とか完歩することができましたありがとうございました!
歩き方や装備で失敗したり、道中自分の山歩きの目的を見失いかけたりと色んなことがありましたが、今後につながる良い勉強になりました。
何より、私よりはるかに年上の皆さんのご健脚ぶりには脱帽です。私も何十年後かに、同じように元気に山歩きできていたらいいなぁ
また機会があれば、こうしたイベントに参加してみたいと思います。
今度は装備や歩き方も改善できそうだし・・・残る問題は、トイレのことかなぁ(苦笑)

(自分用メモ)
◆今回のルート
長瀞駅(7:45)→宝登山(8:41)→長瀞アルプスを越えたチェックポイント(9:43)→野上駅(9:54)→出牛峠(10:40)→糠掃峠(10:56)→不動山(11:21-11:45)→間瀬峠(12:04)→雨乞山(12:23-12:50)→榎峠(13:15)→樋口駅(14:00)

◆水場とトイレ
水場はなさそう。駅などの施設に自販機があるかもしれない。
トイレは長瀞駅、宝登山神社入口のところ、野上駅、樋口駅で利用。
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/127-c0e85aa0
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。