2009.10燕岳登山(3)

燕岳登山、(1)(2)の続きです。

合戦小屋までは北アルプス三大急登と呼ばれるきつい登り、そして合戦小屋からは天候の悪化や高度障害・・・。次々と困難に襲われながらも、なんとか一歩ずつ前へと進み続けた私達。
なかなか近付けなかった燕山荘も少しずつ、少しずつその大きさを増していき、ようやく山荘直下の分岐まで這い上がることができました~。
燕山荘と山頂の分岐

来た・・・。ここまで来たよーっ
標識の向こうに雄大な展望が開けると同時に、冷たーい風が真正面から強く吹き付けてきました思わず目をつぶってやりすごします。

一旦燕山荘に入って休憩を取ろうかとも思いましたが、天気予報から考えても、この後の天気はどんどん悪化してくるように思えました。
「これ以上天気が悪くなると、山頂まで行けなくなるかもだね・・・。今のうち先に山頂を目指そっか!」
友達にそう声をかけると、私は分岐の標識が示す燕岳の方角へと顔を向けました。


「あ・・・・・・・・・・



あった・・・・・・・」




燕岳山頂の景色が・・・




駆け抜けていく風の向こうに、はっきりと見えるあの美しい光景。
白砂とハイマツに覆われた稜線、そしてそこにざくざくと突き刺さる、水晶の結晶みたいな花崗岩の柱たち・・・。
これまで写真や映像を眺めながら、ため息をつくばかりだった憧れの場所が、そこにちゃんとあったんです。
私はここにいるんだ、ここまで来たんだ・・・言いようのない感情がぐっとこみ上げてきて、胸を詰まらせました。

なんて美しいんだろう・・・。なんて、美しいの・・・。
「絵画みたいだなぁ」って思ってたけど、やっぱりこの目でリアルに見ても絵画みたいな風景だよ・・・。
心は目の前の光景にすっかりとらわれて、全身を金縛りのように動けなくさせるんだけど、それでも頂を目指す本能みたいなものに導かれるようにして、私はかろうじて歩き始めるのでした。

嘘みたい。信じられない・・・。もしかしたらこれはこの世の光景じゃないのかもしれない。
私はその異世界に、今まさに足を踏み入れているのかも・・・
こうして夢と現の間をさまよい始めた私を正気づかせるかのように、突然何かがパチパチと頬を打ちました。

「ちょっと・・・これって・・・」
友達の声で我に返ると・・・

えええええ――――っ雪が降ってる――――っ

雪というよりも「あられ」のような小粒の塊が、強風に乗ってパラパラと吹きつけてきます・・・
この事態に、一気に現実へと引き戻された私
まだ本降りという感じでもなく、視界も道も悪くなかったので、ペースアップして山頂を目指すことにしました。ううーん、この美しい世界をゆったり楽しんでいる余裕はないのか・・・

これは振り返っての撮影。だいぶ進んできました~。
振り返っても美しい


10月半ば過ぎの燕岳は、いつ雪が降ってもおかしくない気候だということは念頭に置いて準備をしてきたのですが、まさか本当に雪に遭うとは思ってもみませんでした
ただ、モンベル シャミースジャケットに二重構造のモコモコあったかズボン、それからマフラーとJackwolfskinのストームロックの帽子、そして厚手の手袋という装備で、顔以外はほとんど寒さを感じることはありませんでした~

それでも、やっぱり息苦しさは変わりません・・・
道はとても歩きやすいけれど、やっぱり酸素が足りない。強い風に呼吸を阻まれて、喘ぎながらの苦しい道のりが続きました。

ゼーハー言いながらも、天候の悪化を恐れて少し速めのペースで歩いたお陰か、目指す頂はどんどん近くなってきました。
近付いてきました~
こうして見ると、山頂の尖った岩場が、下りてくる分厚い雲を押しとどめていてくれているようにも思えます。
待っていてくれるのかな。私に山頂の世界を見せてくれるのかな・・・。

やがて、辺りはニョキニョキと突き出した奇岩に囲まれるようになりました。
山頂まであと少し
山頂まではもうすぐなんだ・・・。嬉しさがこみ上げる一方で、こんなに早く着いてしまうのがもったいないって気持ちも湧いてきました・・・

それでも、歩いていればいつかは着くから・・・




燕岳山頂




着いた・・・。

着いたよ―――っ!!
どんなに苦しくても、この世界に会うために、ここにたどり着くために頑張ってきたんだよ――
来て良かった!この世界を見れて良かった!!
ちょっと風は冷たいけど、でも・・・やったぁぁぁぁぁっ!!!

先を見ると、美しい稜線がまだまだずっと続いていて・・・
頂上の先にも・・・
計画段階では、あわよくば北燕岳まで足を伸ばせたらいいなーなんて考えていたんだけど、天気のこともあるし、今回はここまでで十分。大満足

素敵な世界を見せてくれて、ありがとう燕岳。本当にありがとうっ
山頂で記念写真
(※注:顔真っ白ですが、生きてます。)


そこから私達は、まるで雪雲という追っ手から逃げるかのようにして燕山荘へと急ぐのでした。
わー、もっと景色を楽しみながら歩きたかったけど・・・仕方ないよね

でもちょっとだけ。(笑)

これはめがね岩かな?
めがね岩

燕山荘前にいる石の人。手乗りサイズ(というか小脇に抱えるサイズ?)で超カワイイ~ウチの玄関先にも欲しい~!!
石の人

「槍ヶ岳」の文字も書かれた素敵な標識。晴れてればバックにすごい景色が見えるんだけどなぁ~
素敵な標識!

こうしてちょこちょこっと寄り道撮影会をしてみましたが、これ以上フラフラすると友達に怒られそうなので(苦笑)、燕山荘で休憩を取らせて頂くことにしました~
燕山荘

燕山荘さん、お邪魔しま~すっ

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2009.11.08 Sun 10:55  |  やりましたねっ!!

yamajosiさ~ん! 燕岳登頂、おめでとう~v^^
一緒に感動させていただきました!!

田部井淳子さんが登っていた、あの燕岳に登ったんですね♪
すごいです! 登る途中の苦しさとか(思いもかけない雪にもであったり)、困難もありましたが、だからこそ頂上にたどり着いた喜びと感動は、大きいんですね。

yamajyosiさんの登山日記は、とても楽しく、一緒にワクワクしたり、驚いたり、時には声を出してケラケラ笑ってしまいます♪
いつか、こういう山に挑戦して(体力が、あれば)、この目とこの体中で感動を味わってみたいです!ヽ(^◇^*)/

これからも楽しみにしてま~す♪♪♪

2009.11.08 Sun 22:40  |  山の桜様

山の桜様、こんばんは!コメントありがとうございます☆

はい、燕岳に登ってきました。山頂付近での雪にはびっくりしてしまいました~e-330
それでも、燕岳の美しい風景を見ることができて、本当に感動しましたe-420

自分の日記のようなもので、こうして感想を頂けて本当に嬉しいです。ありがとうございますe-454
日本にはまだまだ沢山の素晴らしい山があるので、私も少しずつ挑戦していけたらいいなって思っています。山の桜様も、マイペースに楽しく山歩きなさって下さいね♪

それではまたお時間のある時に、遊びにいらして下さい☆

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/135-44fd08b4
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉

 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山
 ・ 沼津アルプス
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳

◆北アルプス

 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国
 ・ キナバル山
 ・ キリマンジャロ
 ・ 桂林(中国)
 ・ 台北ハイキング
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ メルー山
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten


PR by amazon

Copyright © yamajoshi