スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.11金袋山巨樹めぐり登山(1)

金袋山・人形山(1,325m・1,176m/東京都奥多摩町日原)

「山に登り始めた理由は何か」と問われると、私は迷わずこう答えます。
「雲の上に広がる世界を見てみたかったから」
ですが、その世界は、雲の上に頭を出す位に標高がある山で、なおかつ天気の良い日に登らないと見ることができないわけで・・・

これまで私は、雲の高さまで到底及ばないような超低山(例えば天覧山)に登ったり、真っ白なガスに覆われて展望の全く利かない時の山(例えば石裂山)にも登ってきました。
それでも、下山していつも思うのは、「楽しかった」「来て良かった」ってこと・・・。

どうやら山には「登頂すること」や「景色を楽しむこと」以外にも、私を惹きつけてやまない何かがあるみたい。
今回登った金袋山(きんたいさん)が、そんな私の漠然とした思いに明確な答えをくれたのでした。


この山へ登る2週間ほど前から、私は緊張して様々な情報を調べに調べていました。
そんなにすごい山なのかって?標高が高いとか、切り立った岩壁をよじ登るとか・・・そんなことはありません。
特に危険な道はないんです。距離も標高差もさほどのものではありません。
でも、今回のルートには3つの難関が待ち構えていました。

1つは、このエリアには確実に熊が生息しており、かなりマイナーな山だけに遭遇する確率が低いとはいえないこと
2つは、登山道のすぐ脇の木の根元に、オオスズメバチが巣を作っているとの最新情報があったこと
3つは、途中から登山道が整備されておらず、踏み跡も不明瞭になる難路(山と高原地図では点線表示されていたルート)をたどらねばならないこと

これらのことが、私にとってはかつてないほど高い壁のように思えました。
それでも山行を決めたのは、この山でどうしても会いたい"彼"がいたから。
とにかく事前の情報収集と装備だけは万全にして、その山へと向かいました。

同行の友達に出してもらった車で、日原鍾乳洞の駐車場までやってきた私達は、装備を整えるといよいよ登山口を出発します!
金袋山登山口
階段には「←金袋山のミズナラ 入口」って張り紙がありました。
そう、私の会いたい"彼"というのは、この山の中腹に暮らすミズナラの巨樹なんです
ガイドブックなどでその名を見かけたためしのない金袋山ですが、このミズナラはひそかな人気で、訪れる人も増えているとか。
そのため、ここからミズナラまでの周回コースは比較的整備されているようです。

そっかぁ、最初は整備されてるから歩きやすいってことだよ・・・ね・・・・・・

って、いきなりものすっっっっっっごい急登なんですけどっ
突然の急登!

多分、良く整備された登山道なら階段になっているような急勾配が、九十九折れになってずーっと続いていきます。しかも一瞬たりとも平らになるところがないの
かかと立ちをしているような足首の角度で延々と登りつづけなければならなかったため、息が上がるよりも先にふくらはぎの筋肉が音を上げてしまい、何度も立ち止まらなくては前に進めませんでしたイタタタタ・・・
今まで登山道中に階段があると、「階段って歩きにくいんだよね~」なんて言ってましたが、今そのありがたさを痛感しておりますっ

こうしてかなりきつい登りをヒーヒー言いながら登っていたのですが、至る所で「わぁ・・・っ」と胸を躍らせてしまうような光景とも出会いました

これは急斜面にどーんと立っていた、桂林の独秀峰のミニチュアみたいな岩
桂林の岩山みたい

それから、木々の合間に覗く空の向こう、暖かな陽射しを受けて、キラキラと輝く糸のようなものが沢山舞っているのが見えるかなぁ?
クモの飛翔!?
これ多分、クモの子どもたちが空を飛んでるんじゃないかな?
きっと太陽の暖かさから生まれた上昇気流に乗って、それぞれの新天地を求めて旅に出るところなんだと思う。
子グモのみんな、頑張って私もとりあえずこの坂道、頑張ります・・・

そして再び歩き始めた直後、びっしりと苔むした岩が転がる場所に出ました~。
苔むした岩の道
これまでと道の雰囲気が一変したのでびっくり
まるで屋久島のような美しい光景に、思わず立ち止まって写真撮影~

でもそんな道も長くは続かず、再び落ち葉の積もった急坂へと戻ってしまいました
ところどころにこんな案内標識があるから、安心して登っていけますね~
巨樹周回コースの案内標識

わっ、これ何?松ぼっくりみたいだけど、よく見かけるやつとは雰囲気がちょっと違うよ!?
松ぼっくりに似てるけど・・・

私達はこうして、色んなものに興味をひかれて、立ち止まって、観察して・・・まるで遠足の小学生みたいにして進んでいきました(笑)
今回は最初から「登頂すること」や「眺望」を目的としていなかったんだけど、その分こうした「山歩きの過程」で出会うものがより新鮮に見えてくるようになりました

これは九十九折れの急坂を振り返っての撮影。
振り返った道
急斜面につけられた、細い踏み跡。一面に落ち葉が積もって、じゅうたんのようにふかふかです。
きついけれど、とっても気持ちの良い山道なの
ただし、油断するとつるっと谷側に滑ってしまうので要注意です

さて・・・この辺りから私はだんだんと緊張の度合いを高めていました。
というのも、ここから尾根に出る直前の登山道脇に、オオスズメバチの巣があるって聞いたから。
朝早くなら気温も低いからハチも活動していないだろう・・・とふんでいたのですが、想像以上に天気が良くて、既に汗ばむほど気温は上がってきていました

とにかく今日はなるべく黒っぽくない服装をしてきたし、尾根近くでは熊鈴も一旦止めてハチの皆さんを刺激しないように行こう・・・とドキドキしながら最後の曲がり角へ差し掛かりました

・・・あれっ!?
尾根に出ました!
ハチの巣どころか、ハチの姿を1匹も見ることなく、無事に尾根まで出てこれちゃいましたっ
ああー良かったぁー・・・

ハチの恐怖から解放され、さらにこれまでずっとふくらはぎをいじめ続けてきた九十九折れの急登も終わり、ようやく気持ちが落ち着いた頃、待っていたのはこんなに素敵な尾根道でした。
快適な尾根道☆

すっかり冬の装いで、枝ばかりとなった木々が立ち並ぶ、明るくてなだらかな1本道。
見上げると、雲ひとつない真っ青な空が広がっていました
ここまでは本当にきつかったけど、それを乗り越えたらこんなに素晴らしく快適な道があったんだね~

足を踏み出す度に、カサカサと乾いた音を立てる落ち葉たち。
見ればそこには、まるで砂絵のように、山歩きを楽しむ私の姿がくっきりと描かれていました。
落ち葉アート!?

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2009.11.27 Fri 21:44  |  彼って・・

yamajoshiさんこんばんは!

山小屋の小屋番さんか・・?と、いろいろ想像を膨らませてしまいました・・(笑)
そうですね、道中見かけるいろんな草木や石ころひとつ、どれもが心惹かれる対象ですね!

私は槍ヶ岳の山頂に転がる岩を見て、「何万年ここにいるんだろう?」って想像して、なんだか楽しい気分になりました。
すき好んで誰もこんなところに運んでこないし。

冬は冬で、また違った楽しみがありますネ。

2009.11.28 Sat 22:45  |  長次郎様

長次郎様、こんばんは!コメントありがとうございます☆

金袋山の「彼」、本当に素敵な方でした(笑)
山では素敵な自然や景色との出会いは沢山あるのですが、人間の男性との出会いがなかなか・・・(苦笑)

あぁ~、そこにいる岩の歴史に思いを馳せる・・・それって私にとって、今までにない発想でした!
そうですよね、岩や木って、長い長い間ずっとそこで暮らしてきているんですよね・・・
そういう風に考えると、もっともっと山歩きが楽しくなりそうです!
素敵な発想を教えて頂き、ありがとうございましたe-454

長次郎様は雪山も登られますか?
私はまだ雪山は難しいかなぁと思うのですが、スノーシュートレッキングは一度体験してみたいんですよねe-454
雪のない近郊低山は、見晴らしの良くなる冬のシーズンは本当に楽しいですよね。
結局私には登山のオフシーズンはないような気がします(笑)

2009.11.29 Sun 11:53  |  はじめまして

いつも楽しく記事を拝見させていただいています。
私も小学生の一人むすこと山歩きを楽しんでいますが、
むすこが高学年になってきましたので、
今年から少しずつ山歩きの回数を増やして来ました。
yamajoshiさんの記事は、
写真も多くてとても分かりやすいですよね。
金袋山は登った事がありませんが、
とても良いところだなと思い一度歩きたくなって来ました(^-^)
続きも楽しみにしています♪

  • #djnh.SQU
  • ポレポレとうさん
  • URL
  • Edit

2009.11.29 Sun 20:47  |  雪山

yamajoshiさんこんばんは!

こういうのを雪山というのかわかりませんが、1月の九州、祖母山でのラッセル、九重山の凍り付いた岩場、3月の真っ白な丹沢・・。
スパッツと軽アイゼンで冬も楽しんでおります。

スノーシューはネイチャープラネットというところのツアーに参加したことがあります。↓
http://www16.plala.or.jp/nature-planet/index.html

今シーズンは上高地のスノーシューツアーに参加したいと考えておりますが、確かに私にもオフシーズンはありませんね。
なにかしらやってると思います(笑)

2009.11.29 Sun 23:40  |  ポレポレとうさん様

ポレポレとうさん様、初めまして!ブログご訪問&コメントありがとうございます☆

ポレポレとうさん様は息子さんと山歩きされているのですね。親子で一緒に楽しめる趣味があるって本当に素敵なことですよねe-454
金袋山は、ミズナラの巨樹まででしたら道も比較的整備されていて道迷いの危険も少ないですし、道中色々な「不思議の木」との出会いもありますので、楽しく登れると思います♪
ただ、尾根に出るまではかなり急なのでびっくりされるかもしれませんが・・・(笑)
所要時間も長くないので、周辺の観光などとあわせて楽しむのも良さそうですねe-257

先ほどミズナラさん登場の記事をアップしましたので、よろしければお時間のある時にでもご覧頂けると嬉しいです♪

2009.11.29 Sun 23:52  |  長次郎様

長次郎様、こんばんは!コメントありがとうございます。

わぁー、すごいですね!私もそろそろ軽アイゼンの使い方を勉強したいと思っているんです~。
私もこの冬はどこかのスノーシューツアーに参加してみようと思いますe-454

別件のご返信、明日にでもさせて頂きますのでもう少しお待ち下さいe-466

2009.12.01 Tue 09:37  |  行ってみたいです

奥多摩にはいい山がたくさんありますね。
写真がいつも素敵です。影が長く秋だなと感じます。

今年はトレーニングとしての山行きでしたので、これからはブログ参考に
のんびり楽しみながら歩こうと思います。

  • #-
  • トラおばはん
  • URL

2009.12.01 Tue 21:58  |  トラおばはん様

トラおばはん様、こんばんは!コメントありがとうございます。
この秋にものすごいレースに出られるとおっしゃっていましたが、いかがでしたか?

奥多摩の山にはこれまでなかなか縁がなかったのですが、素敵な山が本当に沢山ありますよね。私も今後は奥多摩にちょこちょこお邪魔したいなぁと思っています。

陽だまりの中、のんびり山歩き・・・冬には冬の楽しみがあって、しばらくは冬眠できそうにありません(笑)

2009.12.04 Fri 21:03  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/146-d9f7063e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。