スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2008.11武甲山登山

武甲山(1,304m/秩父市)


まずは、2006年のGWに撮った写真をご覧下さい
2006年の芝桜
芝桜のじゅうたんを見下ろすようにそびえている威厳に溢れた美しい山、それが武甲山です。
一度見たら忘れられないような特徴あるその姿は、秩父のシンボルと言っていいものだと思うの。
でも、それにはこんな秘密が隠されていて・・・


この日、私たちはスキーにでも行くような格好にさらに下着や上着を重ね着して、バイクでツーリング登山へ行きました~
右へ左へ延々とカーブの続く峠道を抜けると、今度はシールドいっぱいに無数の山々が広がる山里の道へ。やがて左手前方に圧倒的な存在感を誇るこの山が見えてきたんです。
武甲山が見えてきました

本当は違う山に登るつもりだったんだけど、不思議な力に呼び寄せられるようにして、自然とハンドルを切っていた私たち。(とは言え、一応武甲山の登山マップも持ってたんだけどね)こうして今回の武甲山登山がスタートしました。

未舗装のボコボコ道をヒーヒー言いながらバイクで駆け上がり、生川からいよいよ登山スタート。
最初は比較的整備された歩きやすい道だったのですが、本格的な登山道に入ると急激に勾配がきつくなってきました。
勾配のきつい登山道

登り始めた時間が遅かったためか、出会う人々はみんな下山客。
やはり人気の山のようで、遠足の小学生たちや家族連れの姿も多かったです。
子どもがいると、登りの私たちの方が立ち止まってやり過ごす形になることが多いのね子ども100人ぐらいの団体さんだと全然動けなくなっちゃうし、ペースも乱れるからちょっとやりづらい・・・

それでも何とか大杉の広場まで到着しました~
大杉到着~

・・・ってものすごく端折ってるけど、実はこの山、登りのきつさがハンパないっ
勾配は前回登った黒斑山の草すべりより少しはマシだと思うんだけど、何しろ延々とこの急勾配一辺倒で頂上へ向かう苦しさといったら
だけど、下山してくる子どもたちやおばあちゃんの姿を認めるたび、「泣き言は言ってられないわね・・・」と若者代表?の意地を見せて頑張りました(苦笑)

大杉の足元にはかわいらしい看板が立てられていて、「頂上まであと60分」って書いてあるの。
「こ、この苦しい登りがあと60分も!?」と、励まされるどころか逆にショックを受けつつ先を目指します

こうしてようやく、頂上の神社に到着~。
御嶽神社到着~

これまで視界はほとんど開けていなかったこの山。展望台へ駆け上がると、わー!!
展望台

天気が悪くて霞んでいるものの、遠くの山々や町まで一望できました
武甲山からの景色

・・・だけど、金網越しに足元を見下ろすと、露出した山肌に沢山の作業車の姿。
足元の風景

そう、この山は今でも石灰岩採掘が進められ、山がどんどん削られていってるんです。
私が芝桜ごしに「美しいなぁ」と見ていたその姿は、この山本来のものではなかったのでした。
この前立ち寄った秩父駅近くのお蕎麦屋さんで、石灰採掘が始まる前の写真を見せてもらって初めてその事実を知ったんだよね。

だから、標高も変わってくるみたい。山頂標識には「1336-41+9」って書いてある。えーと、何メートルだ?(笑)
山頂標識

なんて余裕を見せていますが、実は山頂は冷たい風がビュービュー吹いていて、顔も手もちぎれんばかりに凍えていたのです(苦笑)
ホッカイロを握り締めながら岩陰で軽食を済ませた私たちは、かなりのハイペースで逃げるように下山したのでした

最後に生川の駐車エリアから麓へ下る時、通りかかる工場の写真を。
この一帯は石灰岩の粉が落ちたせいなのか道も真っ白になっていて、まるで宇宙ステーションにいるみたいに感じました。
まるで宇宙ステーション

きっと私たちは何らかの形で、ここで採れる石灰岩の恩恵を受けているんだと思うし、採掘業者さんの配慮もあってこの山に登ることが出来るんじゃないかなとも思います。
だから不用意にこのことについて意見するのは控えたいと思うんだけど、少なくとも秩父が誇るこの素晴らしい山が、いつまでもこの地にどっしりと腰をすえて、芝桜の丘や里の人々の生活を見守っていて欲しいなぁと思うのでした。

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
生川登山口(11:45)→大杉(12:55)→御嶽神社(13:43)→生川登山口(15:15頃)

◆周辺の天気予報
登山口周辺のYahoo!天気情報

◆水場とトイレ
山頂直下にとてもキレイなトイレあり。
登山道の途中に水場あり。この山の水はすっっごいキレイで美味しそうだったから、飲まなかったことを後悔・・・
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
▼関連ワード
ツーリング

Comment

2010.01.25 Mon 21:29  |  

山女子さん、はじめまして。

長次郎さんに誘導されてブログを拝見させてもらいました。
どのエントリーにコメントしようかと迷いましたが、関係のあるところということで、こちらにしました。

西武線沿線だけでなく、偏りのないエリアを訪問していますね。
ここ最近の短期間で多数の山歩きをしているようですが、膝などを痛めないようにして、山歩きを楽しんでください。
レポート楽しみにしています。

2010.01.26 Tue 23:08  |  なき様

なき様、初めまして!ブログご訪問&コメントをありがとうございます。

長次郎様のお知り合いなのですね。お越し頂きありがとうございました!

はい、色々な地域の山へ少しずつお邪魔しています。
とはいえ、やはり東京近郊が中心になってしまいますが・・・e-330これからはもう少し行動範囲も広げていけたらいいなと思っています。

昨年10月は膝に負担がかかりすぎたのか、少し痛みが出てきてしまったことがありました。
自分の身体をいたわりながら、怪我や事故なく山歩きを楽しみたいと思います。

それでは、よろしければまた遊びにいらして下さいね♪

2010.01.27 Wed 20:26  |  

山女子さん、お返事ありがとうございます。

説明不足で申し訳ありません。
長次郎さんとは「お知り合い」ではないんです。

長次郎さんのブログに武甲山の古い写真(蕎麦屋)が紹介されていました。それを見て感化された自分は、先日、武甲山を訪れたのでした。

(写真の)お礼と(現地訪問の)報告を兼ねてコメントしました。このときずうずうしくも「もっと西武線沿線の山を紹介して」とお願いしてしまったので、それなら...と山女子さんのブログを紹介されたのでした。

2010.01.28 Thu 16:27  |  いやいや

yamajoshiさんどうもです~。

先になきさんへ・・。
いやいや、武甲への想いは十分伝わってきましたよ!

私の記事で武甲を訪れた・・。うれしいです。
これからはお知り合いということでよろしくお願いします。

yamajoshiさんへ・・。
平日に休み取って笠山に登ってきました。

いや、けっしてyamajoshiさんのマネではありません!(断言)
久々、プチ稜線歩きといったかんじで楽しかったです。

レポはおいおい・。

2010.01.29 Fri 22:25  |  なき様

なき様、こんばんは!コメントありがとうございます。

そういうご事情だったのですね。早とちりしてしまってすみません!

武甲山、いかがでしたか?私は登りが結構きつくて、ヒーヒー言っていた覚えがありますe-330
それでもお子さんからご年配の方まで、多くの人に登られて、親しまれている山なんだなぁと思いました。

西武線沿線には素敵な山が沢山ありますよね!駅から歩ける山が多いことも魅力です。
私のブログでは沿線別のカテゴリ分けをしておらず申し訳ないのですが、奥武蔵や奥秩父のエリアなどが西武線利用の範囲になると思いますので、よろしければお時間のある時にでもご覧頂けると嬉しいですe-454

2010.01.29 Fri 22:31  |  長次郎様

長次郎様、こんばんは!コメントありがとうございます。

笠山に行かれたのですねー!いかがでしたか?
以前、山でお話した登山者の方も笠山はオススメだとおっしゃっていました。

いやいや、マネしないでくださいよ~(笑)
私は基本的に土日休みなので、たまにする平日の山歩きって何だか新鮮で楽しいんですよねe-454

はい、レポ楽しみにしています!

2011.01.21 Fri 08:25  |  お初です(o~-')

いつも楽しく拝見させて頂いてます

ここのブログを観させてもらいいつも行き先を決めているのですが先日武甲山へ登って来ました
この時期雪はありませんでしたが氷柱や氷で覆われる感じになっており綺麗な世界な分非常に滑り危険な状態でもありました
あの頂上の標高を示す石柱が倒れた状態になっており少し哀しい気持ちになりました

正月は富士の見える山に登りたく高川山へ登りましたが最高の眺望でしたねぇ

Yamajoshiさんは僕の師匠的存在なのでどぉかお身体に気を付けて楽しいを世の中の人達に提供し続けて行って下さいo(^-^)o

2011.01.21 Fri 19:51  |  鳴神様

鳴神様、初めまして!コメントありがとうございます☆

最近は武甲山、高川山に登られたのですね。この時期は空気が澄んで、見晴らしが素晴らしいでしょうね!
ですがおっしゃる通り、凍結箇所などスリップには注意が必要ですね。

ありがとうございます♪このブログが少しでも参考になるようであれば嬉しいですe-454
これからもお互いに、事故無く楽しい山にしましょう!

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/15-ab08628a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。