スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.11観音山登山

観音山(滝峩山)(530m/群馬県吾妻郡東吾妻町)

スリルと展望の岩櫃山から無事下山を果たした私達は、近くにあるもうひとつの山へ立ち寄ることにしました。
それが一本松駐車場の東、程近い場所にある「観音山(滝峩山)」という山です。
先に言ってしまうと、ここは色んな意味で「穴場」でした!


誰もいない駐車場に車を停めると、まずはこんな案内看板が目に入ってきます。
観音山案内図
えっ!2つの山の中腹に、ウルトラマンに出てくる怪獣みたいなシルエットがずらりと並んでるんだけどっ
びっくりして説明文に目をこらすと、それらは全て洞窟(岩窟)であることが分かりました。
すごい・・・こんなに穴だらけの山があったなんて。埼玉にある「吉見百穴」を思わせるような外観ですよね。

私達は登山道の整備されている右側の山、東山をぐるっと周回するコースを歩こうと思っていましたが、中腹を横切る道が通行止めのようなので、東山の山頂までを単純に往復することに決めました。

歩き始めると、まず見えてきたのが不動滝。
不動滝
滝の中段まで岩の合間をジグザグに走った水が、そこから一気に滝つぼへと落ちていきます。水量も多く見ごたえアリ
近くまで行けるようでしたが、私達には時間的制約もあったので、今回は遠くから眺めるだけにして先へ進みます。

「観音山登山口」と書かれた柱を過ぎると、辺りはすっかり岩だらけになってしまいました
岩だらけ!
岩櫃山で見た「天狗の蹴上げ岩」周辺の景色に近い感じですが、もっと無造作な、荒れた印象を受けました。
人影もなくひっそりと静まり返った山の中を、全くと言っていいほど踏まれていない落ち葉たちに足を取られながら進んで行くと、なんだか古代遺跡の発掘調査に向かう探検隊みたいな気分になってきますね~

見れば、岩壁や足元など、至る所に大小の穴がボコボコ開いています。
岩壁に開いた洞窟
うわぁあの中って一体どうなっているんだろう?
岩壁にぽっかりと口を開ける真っ暗な穴に、強い好奇心をかきたてられました。
だけど、これらを1つずつじっくり見ていったら、時間がいくらあっても足りないかも
なので、私達はいくつか気になった穴をちょこちょこ覗きながら、山頂へと向かっていきました。

ところが、私達の足はこの洞窟の前でぴたっと止まります。
金掘穴入口
「金掘穴入口」・・・もしかして、金が掘れたのかなぁ?
これまでに見た他の洞窟は、入口から奥が覗けるくらい浅いところが多かったのですが、この金掘穴は中を覗いても真っ暗で何も見えません。
「ちょっと・・・入ってみる?」
私達はドキドキしながらヘッドライトを装着し、暗闇の奥へと向かいました。

入口付近はとても小さく、体育座りをするぐらいに深くしゃがみこんで、よちよちと前進します。
途中で少しだけ広くなったと思ったら、今度は横道が・・・。
えええっ、これってかなり奥まで続いてるよっ!?

ヘッドライトに照らされて、ぼんやりと浮かび上がる洞窟の壁。
金掘穴内部
なんだかこれって・・・ピラミッドの発掘調査をしているみたいじゃない!?
登山者の自分が、一瞬にして考古学者に早変わり。そのことがおかしくもある一方で、狭くて暗い洞窟が延々と続いていることに対する恐怖心が強く湧いてくるのでした・・・
「やっ!これはちょっともう無理かも・・・戻ろう戻ろう!!」
こうして小心者はさっさと引き返すのでした(苦笑)

後で東吾妻町のホームページを見たら、この洞窟にはコウモリもいるみたいです。
あぁ、こんなに狭くて暗い洞窟の中で、コウモリと鉢合わせなんかしたら・・・ショックで失神しそうです~
でも奥がどうなっていたのかすごく気になる・・・。次の機会には頑張って奥まで行ってみようかな・・・。
こうして洞窟から這い出してきた私達は、再び登山者に戻って山頂を目指すのでした。

やがて、こんな大迫力の岩場にぶつかりました~
象ヶ鼻
うわぁぁ~、すごいっ大岩がまるでワニのように口を開けています!ここを通ろうとした時に、パクっと岩が閉じて食べられてしまいそう・・・
どうやらここは「象ヶ鼻」と言って、山頂周回コースの分岐点のようです。
ただし、現在はこの岩の下をくぐって直進するコースは通行止め。(見るからに危険そうですしね
私達はここで左に折れて、山頂へと向かいます。

間もなく、今度は「見晴台」と呼ばれる場所に出てきました。
これまでの明るい樹林帯が切れて、一気に展望が広がります。
見晴台付近からの景色
ちなみに私が立っている場所は、松の木が真横に伸びた崖っぷちです(笑)
高度感のある爽快な景色を楽しむことができました~

そこからさらに登ること数分、通りかかった指導標にはなんと、「観音山頂上」の文字が書かれているではありませんかっ
思ったより早かったけど・・・無事登頂です
観音山頂上
この山に設置されている指導標、みんな日本語と英語が併記されているの。英語圏の人たちが多く訪れる山なのでしょうか!?
やっぱり探検隊とか、考古学者とか・・・(笑)

こうして私達は、柔らかく美しい晩秋の森と、
美しい森

時折木々の切れ間から望むすっきりとした景色を楽しみながら、下山したのでした~。
見晴らしも良いです!

観音山は、登山口から山頂までの往復だけなら1時間かからないような軽いコースなのですが、道中に次々と現れる洞窟や大岩に好奇心や冒険心が駆り立てられ、登山というより探検気分を味わえる珍しい山だと思いました
まさに「穴場」のこの山、いつの日かきっと、金掘穴の秘密を探りに再訪したいと思います
・・・閉所恐怖症ですけどね(笑)

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
案内図(12:33)→不動滝(12:35)→観音山登山口(12:37)→金掘山入口(12:44)→象ヶ鼻(12:50)→見晴台(12:55)→観音山頂上(13:01)→象ヶ鼻(13:16)→観音山登山口(13:21)

◆周辺の天気予報
吾妻郡東吾妻町郷原周辺のYahoo!天気

◆水場とトイレ
水場、トイレともに見た記憶なし
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2009.12.15 Tue 14:40  |  

わー、栄光のコメント一番乗りだっ(笑!
それにしても山女子さん、まだ、山にいるのかなー、このまま下界にはもう二度と降りて
こないのかな・・・いや、もしかして降りて来れない理由があるとか・・・
と心配になってくるほどに、山女子の名に恥じない怒濤の連載、天晴です!
と前置きが長くなってしまいましたが(汗。

このお山、凄いね!
うんうん、確かにウルトラマンの歴代怪獣をかたどった穴、住処と言っても可笑しくない
かもね(笑。
よっ、ナイス表現にアルファ米1俵!

うんうん、穴ってつい覗いてみたくなるよね。みーんな穴好きなんだね。
次回、奥の奥レポ待ってますぞ。こうもりなんかなんだ!人間の方がよっぽど、怖いぞ!

おっ、そしてこの鼻もなかなか自然の造形美(?)ってな迫力!
でも鼻と言うよりは象の舌って感じかな。象ケ舌。
意外と岩の上で飛び跳ねたら、ドサッ!と落ちて来たりする軟弱な鼻だったりして。
でも、山女子さん運が良かったんだね。ドサっと落ちてこないで・・・
山では、これまで大丈夫だったんだから・・・は、禁物だからねー。
「仕事は強気でも、山では臆病に!」って位の標語があるくらいだし。

しかし、いやはや山女子探検隊長!ありがたい山をみさせて頂きました。

さっ、今頃はどこのお山を歩いているのかな・・・・

2009.12.15 Tue 23:44  |  穴場ですね

yamajoshiさんこんばんは!

いや~、穴場ってそういう意味か!と気付いたときには一本取られてましたね(苦笑)

洞窟にこうもりなんて、まんまそのまんまってかんじですね!
新潟にはこうもりのいる洞窟の奥から温泉が湧いてるところがあるそうです。

これ見たら「いよいよ行ってみるか?」なんて・・(笑)

2009.12.16 Wed 00:26  |  sho様

sho様、こんばんは!コメントありがとうございます☆

あ、あの・・・小心者なもので、平日はまだ地上で地味に暮らしております(苦笑)
思い切って山へ移住したいところですが、まだ車とテントを買う資金が・・・e-330

はい、こちらの山は登山というより探検気分で歩くことのできる、面白い山だと思いました。
象ヶ鼻の先は、確か「落石のため通行止め」だったんですよ~。やっぱり穴からウルトラ怪獣たちが出動?するときの振動で、岩がガラガラ崩れてくるのでしょうね(笑)

今月も、忘年会の合間を縫って色んな山へ出かけちゃおうと思っています!
sho様も時々は地上に下りてきて、ブログにも遊びに来てくださいね~♪

2009.12.16 Wed 00:32  |  長次郎様

長次郎様、こんばんは!コメントありがとうございます☆

はい、色んな意味での「穴場」でした!
金掘穴はかなり奥まで続いていそうな雰囲気で、すごく怖かったですよ~。

えっe-451新潟にはコウモリのいる洞窟温泉があるんですか!?
ということは・・・コウモリと混浴でしょうかe-330e-330

混浴デビューはまだ無理です~っ(笑)

2009.12.17 Thu 00:43  |  今だけ

岩櫃山、観音山、いろんな要素があって面白いですね。ウチからそんなに遠くないので、ふらっと行きたくなちゃいますね。
吾妻付近の山でしたら榛名山はどうでしょう?掃部ヶ岳や榛名富士とか1時間位で登れるコースが色々あります。
しかも、12/27まで夕方から榛名湖でイルミネーションを開催中です。湖畔のイルミネーションはとても幻想的ですよ☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すいません。もう、雪が降っていました(汗)

  • #-
  • いのいの
  • URL

2009.12.18 Fri 01:13  |  いのいの様

いのいの様、こんばんは!コメントありがとうございます☆

岩櫃山&観音山、ご自宅からそう遠くないのであれば、是非オススメしますっ!
ご自宅から遠くてもオススメするんですけどね(笑)

榛名富士、実は登山にハマる少し前に登ったことがあります。もちろんロープウェイでですがe-330
榛名湖から眺める景色はとても美しいですよね!しかもイルミネーションだなんてすごく素敵じゃないですかっ。
もうあちらのほうは雪が降っているのですね・・・。では、予定を変更してワカサギ釣りにしようかな・・・。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/153-5fb6f61f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。