スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.11鐘撞堂山ひとり登山(3)

鐘撞堂山登山、(1)(2)の続きです。

千体荒神の石碑がずらりと立ち並ぶ薄暗い下り坂は、九十九折れに延々と続いていきます。
落ち葉の下に潜む尖った岩や木の根に足を何度も取られながらも、ほんのりと漂う不気味な雰囲気に思わずペースが上がります
今日はトレーニングのつもりで登山用ステッキ(シナノ サントレース 3YS)を持ってこなかったのですが、ここばかりはあった方が良かったかも・・・。

こうして進むことしばらく、木々の合間に明るい光が射して、建物の姿が見えて来ました。
ホッ、助かった~・・・
そしてたどり着いたのが、ここ少林寺。
少林寺
もう少し時期が早ければ、真っ赤な紅葉に囲まれた美しい景色が見られたかもしれませんね
ここで一旦トイレを借りると、今度は五百羅漢の道を通って戻ることにしました。

千体荒神の道はかなり怖かったですが、五百羅漢はどうなっているんだろう・・・。
恐る恐る歩き始めた私はすぐに、こんな風景に出会いました!
五百羅漢

わぁ~、石像がいっぱい
ここからは先ほどの千体荒神同様、道に沿ってずらりと並んだ石像さんたちを見ながら登っていくことになりました。

でも、千体荒神の道のような不気味さは全くないんです。
だって、石像さんたちがすごくいい表情をしてるから・・・
にこやかな石像

こうして1体ごとに違うポーズや表情を楽しみながら進んでいきます。
少林寺を訪れる人のほとんどがこの五百羅漢の道を通っているみたいで、道も比較的歩きやすいです。
(千体荒神の道も、ちょっと怖い感じですが十分面白いですよ!)

この石像さんは、太陽を見上げながら祈りをささげているみたいだね
祈りをささげているのかな

私も暖かな陽射しを目一杯浴びながら登っていきます。
登ってます!

そして千体荒神との分岐のところまで登りきった私は、急な階段道を下り、車道へと再び戻って来ました。
ここからは車道沿いに円良田湖を右手に見ながら進むことになります。

途中、すぐ脇の藪から、ガサガサガサッ!!と何かが突然飛び出して来ましたっ
ビクッ!として身を縮めながらその"何か"の行き先を目で追うと・・・

飛び出してきた鳥

あ~っ!鳥だぁ。カワイイ~
この鳥、警戒心がさほど強いわけでもなく、私がカメラを構えて近付いてもこんな風にじっとしてました。
何ていう鳥だろう?カワラヒワかな?とその時は種類までは分からなかったのですが、家に帰って調べてみたら、「アオジ」って鳥みたいです(多分)。
去年の誕生日に知人から何故かもらった本、「野鳥」がまさかこんなところで役に立つとは(笑)

円良田湖はとても静かな湖で、釣堀やボートなどもありました。
向こうに連なる山々の紅葉を受けて、湖全体がまぶしいオレンジ色に染まっていたの。
本当にキレイだなぁ
円良田湖

こうして私は湖を後にして、車道沿いを下っていきます。
いくつかのカーブミラーを見送ると、こんな横道が。
「かんぽの宿 寄居」への分岐
私のこれからの行き先、「かんぽの宿 寄居」はこの横道を入るようなのですが、指導標がこっそり立っていてちょっと見落としやすいんです
たまたま何気なく右後方を振り返った時に、指導標を見つけました。危ない危ない・・・。

ここからは落ち葉の積もる、静かな山道へと変わりました。
沢の音をBGMに、快適にペースを上げていきます。
沢沿いの裏道を歩きます
というのも、「かんぽの宿 寄居」で立ち寄り温泉に行くつもりなのですが、送迎バスの時間に間に合えば寄居駅まで無料で送ってもらえるの
温泉にしっかり浸かる時間も確保したいので、逆算すると・・・ちょっと早足で行かなければっ

もうすぐゴール!

道は歩きやすく、余力も十分だったので、予想タイムを大きく縮めて「かんぽの宿 寄居」に到着~。
かんぽの宿 寄居

早速温泉に入ったのですが・・・ここはすごいっ。
最上階である6階に浴場があって、天然温泉の内湯・露天風呂ともにこれまで歩いてきた山並みが広く展望できるんです
(・・・ってことは、向こう側からもこのお風呂が丸見えだったりして
いや~、極楽、極楽
こうして温泉で疲れと汗を流した私は、送迎バスで寄居駅へと帰っていくのでした。

今回は変化に富んだ道々にワクワクして、紅葉真っ盛りの絶景に心打たれて、温泉で癒されて・・・。こんなにも贅沢な1日を過ごしてしまって申し訳なくなるぐらいでした
決して単独行を熱烈に勧めるわけではないし、1人では行ける山も相当限られてしまう(私の場合は)けれど、私にとって今回のひとり登山はすごく意義のあるものだったと思います。
私のとっておき登山コースに、今回のコースが加えられたことは言うまでもありません。
鐘撞堂山さん、ありがとう

※今回のひとり登山(セルフ写真の撮り方とか)は、山と渓谷 2009年 11月号 [雑誌]を参考にさせて頂きました~。
・・・とはいえ、三脚を持っていかなかったので、まともに自分が写っていないのはご愛嬌(苦笑)


【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
寄居駅(10:42)→大正池(11:15-11:25)→鐘撞堂山登山口(11:38)→竹林(11:44)→鐘撞堂山山頂(12:01-13:01)→少林寺に至る登山口(13:29)→五百羅漢・千体荒神分岐(13:35)→少林寺(13:46)→少林寺に至る登山口(14:05)→円良田湖(14:08)→「かんぽの宿 寄居」への分岐(14:20)→かんぽの宿 寄居(14:32)
◆周辺の天気予報
埼玉県大里郡寄居町桜沢周辺のYahoo!天気

◆水場とトイレ
トイレは寄居駅前にキレイなところ、大正池横に簡易っぽいけど汚くはないところ、少林寺にキレイなところがあった。
水場はなかったような(沢はいくつも通ったけど)。駅から大正池までの間にコンビニがあったのでそこまでの間に調達するのが無難かも。
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2009.12.24 Thu 11:49  |  石仏群

yamajoshiさんこんにちは!

石仏群、いい表情ですね!
自然の石が仏像に見えるその名も「大仏石」が筑波山にありますが、石仏に思いを馳せたらまた見に行きたくなってきました。

2009.12.25 Fri 11:27  |  のんびりと・・・!

こんにちは!!なんかほのぼのとした感じかとても伝わってきますね!このようなハイキングも素敵かもですね!長瀞の破風山へでも行こうかな?

山小僧は高水三山へ行ってまいりました!軍畑駅から御嶽駅への縦走ルートで、ところどころ眺望抜群で、ちょっとした岩場があったりで楽しい山行でした!!ツーリングがてら陣馬山の白馬にも逢ってまいりました!!

そうですね寒くなりましたよね!!山小僧は冬山(雪山)へは行かない事を自分で条件にしてはじめた登山なのでもうそろそろ今シーズンは終わりかな?!

また、楽しみにしてます!

  • #-
  • 山小僧
  • URL

2009.12.26 Sat 20:50  |  長次郎様

長次郎様、こんばんは!コメントありがとうございます☆

五百羅漢、山道に沿って延々と続いているんですよ~。
1体ごとに表情やポーズも様々で、中にはいじけて体育座りしてるみたいな石仏さんもいらっしゃいましたe-454
筑波山の石は自然のものが大仏に見えるんですね~。それはすごい!

私が自然の岩でびっくりしたのは、アメリカ・モニュメントバレーにある「ミトン」と「ブーツ」の岩、それから中国・桂林にある「らくだ岩」です。
これらは本当にそのまんまでした。でもあんなに巨大なミトンは使えない・・・(笑)

2009.12.26 Sat 21:03  |  山小僧様

山小僧様、こんばんは!コメントありがとうございます☆

はい、この時期の低山をのんびり歩くのも楽しいですね~e-454
高水三山お疲れ様でした!駅から駅へ抜ける縦走ルートは魅力ですね。この時期は陣馬山からの展望も素晴らしいでしょうね~。参考にさせて頂きます♪

確かに、雪山は夏山とは全く違った厳しさがありますよね。
私もまだまだ雪山を考えるレベルにはありませんが、冬とはいえ雪のつかない低山や、暖かい地域の山などに思わず目がいってしまっています(笑)

2009.12.28 Mon 17:59  |  いいところですね!

yamajoshi様、こんばんは!

なんか里山の魅力が凝縮されたところのようですね! 駅から近くて、紅葉がキレイで、山以外にも見どころがあって、温泉に入れて、しかもそんなに時間もかからない!

比企の山って、標高があまり高くなくて山深くもないので、正直なところいままであまり関心がありませんでした。でもこうしてみると、いままで気付かなかった魅力がありますね~

日が短くなった今のような時期など、観光名所と併せてハイキングを楽しむのもいいかもしれませんね。寄居や小川など歴史のある町ですし、東秩父には牧場もあったような…

五百羅漢は、埼玉ですと川越の喜多院が有名ですが、少林寺のほうがユーモラスで趣がありますね。

そういえば、小学生の時に小川少年自然の家(現、小川げんきプラザ)に行きました。確かyamajoshi様が以前行かれた官ノ倉山近くの金勝山にあったと思います。

単独行は、特に若い女性にはあまりお勧めは出来ませんが、実は非常に楽しいんです!(笑) 気の置けない友達との山行も楽しいものですが、季節ごとに異なるの山の表情、自然と同化する感覚などを「心から味わう」(ん~、表現が適切かどうか…)ことができるのは、やはり単独行ならではだと思うんですよね。

これからも慎重に山を楽しんでください。

では、よいお年をお迎え下さい。

2009.12.29 Tue 00:28  |  川越人様

川越人様、こんばんは!コメントありがとうございます☆

はい、今回は色んな寄り道を楽しみながら、最後は無料送迎まで付いてしまうという本当に素敵な癒しのコースでした☆
個人的には円良田湖の静かな雰囲気の中で、ボートに揺られてのーんびり・・・というのも良さそうだなと思いました。

小川げんきプラザ、官ノ倉山登山の時に看板を何度か目にしました。色んなイベントもやっているみたいで面白そうですよね!機会があれば利用してみたいです~。

単独行について、おっしゃる内容良く分かります。本当にその通りですよね。
ただ、その分リスクも高いということは絶対に忘れてはいけませんね。
これからも無理なく、油断なくを心がけたいと思います。
「ただいま!」って元気に帰宅するところまでが「登山」ですしねe-454

2010.01.05 Tue 16:48  |  うん♪

心に染みる山旅だったんですね!

もう季節は冬だけども、山女子さんのひとり旅を覗いてみたくって、
おじゃましましたが、もしかしたらいつにも増して、
自然が心の隙間を埋めてくれたんじゃないかなーって思いましたよ。
それに、なんとも穏やかな時間が流れていたんだなーって、ビンビン伝わってきました。

読んでいても、訳もなく・・・涙腺がほろっとする感じ。

移りゆく季節の山の1ページに触れたような素敵なブログでした。
それにしても山女子さんの山選びに感服!

2010.01.07 Thu 23:24  |  sho様(2)

sho様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、鐘撞堂山は想像以上に素敵なところでした。
最後に温泉&バス送迎もついていて、まさに至れり尽くせりの山旅でしたe-446

山に登っていると、季節の移り変わりを肌で感じることができますよね♪
四季のある日本という国に生まれて良かったなぁって思いますe-420

そんなsho様は、今年も信じられないほど美しい雲の上の世界へ行かれるのでしょうね~。
私もいつかそういう場所へ足を伸ばせるようになりたいです!

2010.12.09 Thu 11:49  |  感謝!です

はじめまして、深谷市に住む mann と申します

筑波山に行こうかとあちこちネットを彷徨っているうちに yamajoshi さんのブログにめぐり合いました
あちこち行ってるんだなぁ、と思いながら読み進んでいるうちに鐘撞堂山にも登られていることを発見、一気に読ませていただきました

平成の大合併により鐘撞堂山も深谷市隣接の山になりました
深谷に住む前には寄居町に住んでいたこともあり、こんな身近にこんないいところがありながら行ったことがないなんて!と一念発起、11月末に連れ合いと出かけました

時期的にも yamajoshi さんが出かけたころとほぼ同じ、コースも踏襲させていただいたおかげでブログで目にした光景が次から次へと眼前に現れます
おかげさまで晩秋の北関東の低山の美しさを満喫できました

何度も周囲の景色に足を止めながら「いいなぁ」と思いつつ、それでも yamajoshi さんほどに感激してないなぁ、感性が鈍ってるのかなぁ、年のせいかなぁ(苦笑)などと感じてしまいました

だんだんと本格的な登山にもチャレンジされているご様子、楽しみに拝見しています
でも低山歩きのよさも今後も伝えてくださいね

鐘撞堂山も載っているという新しい本、ぜひとも読ませていただきます

2010.12.18 Sat 23:00  |  mann様

mann様、こんばんは!コメントありがとうございます。
ご返信が遅れてしまい、ごめんなさい!

mann様も鐘撞堂山に登られたのですね。このブログが少しでも登山計画の参考になったようでしたら嬉しいです。
私はたまたまでしたが紅葉の素晴らしい時期に登ることができてとても感動しましたe-446本当に素敵な山ですよね。

この夏は機会を得て高山へ登ることが多かったですが、これからの時期は低山にも多く登っていく予定です!
mann様もどうぞお気をつけて、楽しい山歩きを続けていかれて下さいね♪

2011.10.01 Sat 11:40  |  とても楽しい一人登山

鐘撞堂山、こんなにも素敵な山だったんですね!!
今度は紅葉の時期に行ってみたくなりました。
楽しい 日記をありがとうございました。楽しく読めました。

2011.10.21 Fri 22:05  |  トシちゃん様

トシちゃん様、こんばんは!コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまい、ごめんなさい。

鐘撞堂山、たまたま紅葉の素晴らしいタイミングで登ることができラッキーでした。
山頂から見る赤い海、ぜひぜひご覧になって下さい!感動しますよ~☆

  • #-
  • yamajoshi
  • URL

2012.08.05 Sun 09:12  |  感激です!

 文章表現が素敵で癒されます!
 何となく、私の感性に近くて驚きました。3日に一度はひとりで山登ってます!

2012.08.09 Thu 22:18  |  黒鯛様

黒鯛様、こんばんは!コメントありがとうございます。

3日に1度単独行をされているのですかー!それはすごいですね!
これからも山で自分が出会ったものや感じたことをブログに書いていこうと思っていますので、よろしければまた遊びにいらして下さいね♪

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/156-74360561
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。