スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.01石割山登山(2)

石割山登山、(1)の続きです。

私達は真っ青な空の下、所々薄い雪に覆われた登山道を進んでいきます。
青空の下を進みます

そして、ちらりと覗く山中湖や富士山の姿に歓声を上げたり、桂の御神木のごつごつとした幹に圧倒されたりと、道中の色んなものを楽しみながら、八合目にある石割神社までやって来ました~。
そのご神体が、この大岩。

石割神社ご神体

うわぁっこれはすごい
それはそれは大きな岩が、パカッと見事に割れているんです!
どうやらこの大岩が「石」の字みたいに割れているところから、「石割」山の名前が付けられたのだそう。
そして、この岩の割れ目を時計回りに3回通り抜けると、運が開けるんだって
早速私達も開運奇岩・・・もとい、開運祈願といってみよう

こうしていざ割れ目の前に立ってみると、かなり狭いことが分かります。
この隙間を通ります!
解説版には幅約60cmって書いてあったんだけど、なんだかもっと狭い気が・・・
途中で詰まって動けなくなったら恥ずかしいなぁなんて思いながら進んでみると・・・

あっ、意外と大丈夫でした(笑)
意外と大丈夫そうだね

私ってこういう岩の隙間を見ると、こんな風にはさまってみたくなるみたい。
ブログには載せてないけど、アメリカのヨセミテ国立公園瑞牆山燕岳でも似たようなポーズで写真撮ってました(笑)

こうして無事3周し終えた私達は、ザックを背負い直して再び山頂へと向けて歩き始めます。
それからの道も、雪が現れたり、消えたりしていました。
いよいよ勾配もきつくなってくると、こんなロープ場も現れましたよ~
ロープもありました

そんな時、ふと足元の霜柱に目が留まりました。
「わぁ、何これ!?すっごくキレイ~
霜柱がキレイ!
それはあまりにも繊細で、透き通っていて、私がいつもざくざくと踏み鳴らすものとは全く別のもののように思えました。
きっとこの山がたたえる水は、ものすごくキレイなんだろうなぁ

こうしてしばらく、足元の霜柱に夢中になっていた私。
ふと顔を上げて友達の後ろ姿を目で追うと・・・彼のすぐ前には大きな青い空が広がっていました。

あれっ、登山道の先が見えない。それに、空があんなに近いよ?
ってことは、もしかして・・・

慌てて彼の後を追った私がその1分後に見たものは、想像を絶するほどの光景でした。


石割山からの富士山


ふ、富士山だぁぁぁぁ―――っ!!
すごい、すごい!!足元からてっぺんまで、ぜーんぶ見えてるっ

そして、富士山の裾野を追って右方に目をやると、そこには真っ白な雪をかぶった壁のような南アルプス(かな?)の山並みが・・・。
南アルプスかな?
地上から連れてきた胸の中のモヤモヤも、スカーっと蒸発してしまうほどの大絶景です

動画も撮りましたので、観れる方はご覧下さい
[広告] VPS

あまりの景色にしばらく我を忘れて見入ってしまったけれど、ここが石割山の山頂です!
石割山山頂

あぁ、なんてところに来てしまったんだろう。なんて景色なんだろう。
テンション振り切ったまんま、富士山と2ショット写真を撮ってみたりして。(苦笑)
富士山と2ショット

それじゃぁ、せっかくだから富士山を眺めながらの山ごはんにしよう
今回はプリムス114ナノストーブスノーピーク ソロセット“極”チタンで、パスタを作ります。
山ご飯作り中~♪
このパスタ、乾燥した麺にトマトソースのパウダーがまぶしてあって、しばらく煮詰めて水分を飛ばすとトマトソースパスタになるっていう便利なものなの。
麺を入れて茹で始めると、風下にいた友達がこんなことを言いました。
「おっ、トマトソースのいい匂いがする~
「・・・あっ、本当だ!なんだか美味しそうだねぇ

こうして、先に作っていたおしるこをすすりながら待つこと数分。
今度は友達が言いづらそうに、ぼそっとつぶやきました。
「あのさ・・・。なんか、焦げてるっぽい・・・」
「え"!!うそっ

慌てて底の方を混ぜてみると、底面に接した麺が数本、焦げ付いてしまっていました~
あぁー失敗・・・。やっぱり火力も強いし、チタン鍋だし、焦げ付きやすかったのかも。
それでも、焦げ付いた数本の麺以外は見た目普通のトマトソースパスタになっているみたいだよ

というわけで、焦げた部分をよけて食べ始めたのですが・・・
「なんか・・・煙の味しかしないね・・・
「うん、トマトはどこへ行ったんだろうね・・・

こうして富士山の雄姿を眺めながら、黙々と煙を食べる私達なのでした

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2010.02.06 Sat 05:03  |  石割

yamajoshiさん、おはようございます。♪
私も石の隙間、回りましたよ~。
知らずに時計と逆回り~でした。(^^ゞ
山頂からの富士山は素晴らしいですね。
私の年賀状はここで富士山とツーショットでした。
青空に白い雪、素晴らしい山日和でしたね。(^^)/

2010.02.06 Sat 11:18  |  クロちゃん~

クロちゃんこんにちは!コメントありがとうございます。

やっぱり石の隙間は皆さん回って行かれますよね!
えぇっ、反時計回りですかっ!?あの細い隙間で対向者が来たら、完全に詰まりますね(笑)

山頂からの見晴らしは本当に素晴らしいですよね。富士山の裾野の方まで全部見えたのが感動的でした☆
確かに、年賀状にぴったりの場所ですよね~♪

この日は天気も良くて、最高の山日和でした!

2010.02.06 Sat 22:10  |  富士山

yamajoshiさんこんばんは!

私も箱根で富士山堪能してきました~。
またしても平日、しかも関東ドカ雪直後だったので、山の中もドカ雪(苦笑)

石割山、そのまんまですね(笑)
「大人1時間」に、なんで誰もツッコミ入れない?!(これまた笑)

見たところ、アイゼンは出番なし?でしたかな?

2010.02.07 Sun 00:49  |  長次郎様

長次郎様、こんばんは!コメントありがとうございます。

長次郎様も精力的に登られてますね。それにしてもドカ雪遭遇率が高いような(笑)
ここ最近連続して雪になったので、近郊の低山でも結構積もっているのかなぁと気になります。

「大人1時間」、何のことだろう?って探しちゃいましたよ!なんと、山頂の標識のところに書いてあったのですねe-451
さすが長次郎様、ツッコミポイントを探す目が鋭いですっ。
こうなると勿論、この標識に向かって「何でやねん!」って突っ込んでいる長次郎様のお写真が近々ブログにアップされる、と。(笑)

はい、アイゼンは終始「ザックの重し」になったままでした。使えるかな~ってちょっと期待していたのですが・・・。
さぁ、どこで練習しようか・・・。

2010.02.07 Sun 22:16  |  つっこむ標識

yamajoshiさんこんばんは!

いや、箱根の神山山頂にも金時山と同じ「捨てないで」の標識があったので、「こ、これはもしかして、yamajoshiさんがツッコミ入れてた標識では?」と、感慨にふけってました(笑)

ドカ雪遭遇率・・それにしてもやられまくってます。
でも、これを克服しないと見れない風景が・・たぶんどこかにあるのです!

石割山、私にとっては未踏の頂ですが、地理的にも雪があまりないのが不思議に思えました。
昔バイクで山中湖から御殿場に抜けようとして、後悔した思い出がトラウマになってるからかな?(苦笑)

2010.02.09 Tue 00:05  |  長次郎様

長次郎様、こんばんは!コメントありがとうございます。

なんとっ、神山山頂にも例の看板ありましたか!?
今回の石割山には、「鹿に叱られぬよう~」という看板がありました~。
他にも熊がクマッた看板なんかもありますよね(笑)

石割山、レポート今更なのですが、実際はまだお正月気分の頃に行きました~e-330
今頃はきっとすっかり雪の中なのかもしれませんね!

私もいつかドカ雪を乗り越えられるような、たくましい山女になりたいものです・・・。
多分、雪に頭まで埋もれそうですがe-330

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/174-566a46cb
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。