スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.01金冠山・達磨山登山(1)

金冠山・達磨山(816m・982m/静岡県伊豆市修善寺)

今回のルートマップはこちら(ルートラボ)

久しぶりに友達が車を出してくれることになった週末。
普段は電車移動の多い私だけに、車が使えるというだけで行きたい山はいくつも浮かびます。

どの山がいいかなぁ・・・私はふと思い出して、携帯電話のメモ帳を開いてみました。
思いついたことを書き留めるために使っているそのメモには、いつ書いたものか、
「金冠山 達磨山」
という文字がありました。

私がどんなきっかけでこの山のことを知ったのかは覚えていないのですが、その時「行ってみたい」と思ってメモに残しておいたに違いありません。
そこで、友達に
「金冠山と達磨山っていう山はどうかな?」
と提案のメールを送ってみました。

するとしばらくして、こんな返信が。
「達磨山って、日本で一番富士山がキレイに見えるところって言われてるよね。」
そんな博識の友達からの一言によって、その「候補地」は「目的地」へとすぐに変わったのでした。


その日、「せっかくだから日の出の時間の富士山も見てみたいねー」と、まだ暗いうちに出発した私たち。
高速を降りてから思ったよりも時間がかかってしまい、だるま山高原レストハウスの駐車場に滑り込んだのは日が昇るほんのわずか前でした。

車を降りると、レストハウスの奥にカメラを持った人たちがずらりと並んでいます。
私たちもカメラを片手に、彼らの方へ駆けていくと・・・

あぁっ・・!!


朝焼けの富士山


駿河湾を隔てた向こうに聳える富士山は、いつもと変わらず悠々とそこにいたのだけれど、その姿はこれまで見たことのないようなものでした。
中腹までを覆う雪面が、まるで朝焼けの炎が燃え移ったかのように赤く染まっていたんです。

辺りはまだモノクロの世界から抜け出せていないのに、富士山だけが赤々と燃えている・・・
それはあまりに神々しく、言葉では言い表せないような美しさに満ちた光景でした。
駿河湾と富士山

動画も撮りましたので、よろしければご覧下さい
[広告] VPS

ここからの風景写真は、1939年のニューヨーク万博に出展されて大絶賛を浴びたのだそうです。
なるほどうなずける、本当に素晴らしい景色だね・・・
こうして、カメラのシャッター音とカメラマンのため息だけが響く朝は、静かに明けていったんです。

その後、東の空に昇る朝日をこの目に焼き付けた私達は、装備を整えるといよいよ金冠山・達磨山を目指して歩き始めました。

「金冠山ハイキングコース入口」の立派な標柱の立てられたところから、わずかに階段道を登っていくと、まるでゴルフコースみたいな芝生の登山道に出てきました~。
うわぁ!こんなに歩きやすい道、初めてだよ~
この写真、私たちはポーズを取っているわけではありません(笑)写真撮ったらたまたまライオンキングみたいになっちゃった
歩きやすい登山道!

この歩きやすい道は、時々勾配が増したり、ごつごつした岩がまばらに突き出したりしながらも、しばらく続いていきます。
私たちは地図を片手に、
「あれー?そろそろ金冠山への分岐が出てきてもいい頃なんだけどなぁ・・・。あの辺りかなぁ?」
なんて言いながら歩いていきます。
前方の視界が開けている場所が多いので、先が見えてしまって思ったより遠く感じたのかもしれませんね~

こうして歩き始めから25分ほどで、金冠山と達磨山の分岐点にたどり着きました~。
ここからは一旦、金冠山方面へと進みます。
すると、これまでの芝生の道が一転、長い丸太の階段道になりましたっ

ようやく訪れた山らしい登りに思わず呼吸を乱しながらも、ゆっくりと段差に足をかけていきます。
金冠山への階段

そして何とか、階段を登り切ると・・・
わぁぁぁっ
金冠山山頂
絶景の金冠山、到着です~

芝生の合間にごつごつとした岩の突き出した、そんなに狭くはない山頂には、木の山頂標識以外にこんな石碑?もありました~
こんな石碑も
光の関係で白くなってしまいましたが、この背後にも山並みから海へ通じる素晴らしい景色が広がっているの。
1,000mに満たないこの山の頂から、これだけの眺望が得られるなんて・・・素晴らしい!

さっきのレストハウスより、少し高いところから望む富士山の姿。水際のラインもはっきりと見えるようになってきて、より広がりのある素晴らしい風景
金冠山からの富士山
すごいよ・・・。こんなに素敵な景色が見られるなんて、思ってもみなかった

こうして金冠山からの眺望を満喫した私たちは、再び階段を下って達磨山の分岐へと戻ります。
階段の途中で、道の脇にこんな素敵なものを見つけましたよ~
落ち葉の砂糖菓子!?
落ち葉に霜がついて、白いふちどりになってるの。
まるで粉砂糖をまぶした落ち葉のお菓子みたいだね
その中の1枚をそっと手に取って空にかざすと、小さなダイヤモンドみたいに霜がキラキラ光っていました
冬の山には色んなところに魔法がかけられているんだね

こうして分岐まで下りてきた私たちは、今度は達磨山方面へ進路を取って歩き始めます。
するとすぐに、こんな斬新な標識?がありました~!
木文字の「戸田」
「人文字」ならぬ、「木文字」?(笑)
でもすごく分かりやすくていいですね。ここが戸田(へだ)峠なんだ。

戸田峠のところで一旦広い車道に出ると、道を渡って右手の駐車場の方へ進み、またすぐ登山道へと入ります。
ここも先ほどと同じように、歩きやすい芝生の道になっていますね~。
ここからも歩きやすい道が・・・

・・・と思ったら、ものの数分で道の雰囲気ががらりと変わることになるのでした。
道の両側にずらりと立ち並ぶアセビ(多分)の木々が、まるでトンネルのように覆いかぶさってきているんです!
アセビのトンネルに変わりました!
すっごーい今までにない独特の雰囲気に、わくわくしながら進んでいきます。

「となりのトトロ」でさ、メイちゃんが小さなトトロを追いかけてやぶの中の小道を駆け抜けていったじゃない?
そしてその先で、大きなトトロに出会うの。
私もこの不思議なトンネルを抜けたら、何か素敵なものに出会える気がする!
トトロのメイちゃんになった気分

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2010.03.03 Wed 18:22  |  

綺麗な富士山ですね~!
思わず「山に行きたい!」と思うような画像です。
メモしていたものをもとに行くというのも、
とても素敵なきっかけだなと思いました♪

  • #djnh.SQU
  • ポレポレとうさん
  • URL
  • Edit

2010.03.03 Wed 19:54  |  いい天気

yamajoshiさんこんばんは!

またまたナイスウェザーですね!
もう堂々と晴れ女をアピールしてよいのでは?

富士山がきれいだ・・。
あ、山女子さんもですね(笑)

しかし私はここのところ4戦4くもり。
降られてないけど風景を楽しめず、悶々としています。

そのぶん、山女子さんの写真で楽しんでおります!

2010.03.03 Wed 21:33  |  開運の赤富士ですね

やりましたね !
開運の赤富士を撮りましたね。

やっぱり風景写真は、夜討ち朝駆けと言われてますから
早起きは三文の徳ですね(笑)

2010.03.04 Thu 00:06  |  絶景ですね

初めてのコメント失礼致します。
晴天に恵まれて羨ましかぎりです。こういう天気の日に初めて登山とかすれば、ハマってしまうんでしょうね。これからも立ち寄らさせて頂きます。よい山行を。。

  • #-
  • 今日もベイダー卿
  • URL

2010.03.05 Fri 00:41  |  ポレポレとうさん様

ポレポレとうさん様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、今回の富士山もとってもキレイでした~!
レストハウスの駐車場が撮影スポットになっているようで、撮影ツアーのバスが来ているぐらいでしたよ~。

ポレポレとうさん様も機会がありましたら、是非達磨山に登ってみてくださいね♪
道はとっても歩きやすいのですが、意外と登りごたえもありますよ~(笑)

2010.03.05 Fri 00:48  |  長次郎様

長次郎様、こんばんは!コメントありがとうございます。

いえいえ、晴れ女転向説が早くも崩れてきていますよ~。
珍しくグループで山登りする予定が、もう2つぐらい雨で延期になっていますから・・・。
(もしかしたら単独行なら晴れるのでしょうか!?近々試してみます・笑)

確かに天気が良い日の山登りは楽しいですよね~。
以前、ずっと真っ白な霧に覆われた中での登山になったことがあって、その時に友達が
「わぁー!今日はマイナスイオンがいっぱいだね!!癒される~♪」
って言ったのが、おかしくておかしくて・・・。そういう楽しみ方もアリだなって思いました(笑)
ナイス友達!

2010.03.05 Fri 00:52  |  mino様

mino様、こんばんは!コメントありがとうございます。

やりました!予定より到着が遅れてしまって、見れないかと思っていたのですが、しっかり赤い富士山を拝むことができました。

なるほど、確かに登山の時でも午後になると雲が出てきてしまったりなどしますよね。
今後も早起きできるよう、夜更かしには気をつけたいのですが・・・今日もこんな時間です(苦笑)

2010.03.05 Fri 01:02  |  今日もベイダー卿様

今日もベイダー卿様、初めまして!ブログご訪問&コメントありがとうございます。

はい、普段はかなりの雨女なのですが・・・最近は天気に恵まれて楽しい登山ができています。
ただ、今月に入ってからはまた雨女がぶり返し気味で・・・e-330

ありがとうございます!これからも事故や怪我には気をつけて、山歩きを楽しみたいと思います。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/184-44b1bbba
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。