スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.01金冠山・達磨山登山(3)

金冠山・達磨山登山、(1)(2)の続きです。

達磨山から広がる絶景の中に腰を下ろして、幸せなひとときを過ごした私たち。

この先にも、素敵な道がずっと伸びていっているのが見えました。
伽藍山へと続く道
当初の計画では、余力があればその少し先にある伽藍山まで行ってみようと思っていたのだけれど・・・達磨山の長い長い階段を登ってきた私たちは、その先へ向かう気にはとてもなれなかったのでした(苦笑)
それに、ここまでの道のりだけでも十分すぎるぐらいに景色を満喫できたしね

達磨山山頂からの眺め
足元に落とした目が笹の斜面を滑り降りると、その先には港町が見えました。
その向こうに広がる青い海と青い空をつなぐのは、雪を抱いた南アルプスの山々と、その裾野から伸びる台地。
本当に、ため息のでるような素晴らしい景色です

ぐるりと回って動画も撮ってみましたので、よろしければご覧下さい
[広告] VPS

「それじゃ、そろそろ駐車場に戻ろうか。」
私たちは荷物をまとめると、来た道を戻り始めました。
時間が早いせいか、ここまでの行程で出会ったのはカメラマン2人きり。とても静かな山歩きです。
長い階段を下ります
・・・とはいえ、行きにあれだけ私たちを苦しめた長ーい階段を下るのですから、さくさく歩くわけにもいきません
今日は使わないと思いながら念のために持ってきていた登山用ステッキ(シナノ サントレース 3YS)だけど、ここにきて大活躍でした~(苦笑)

こうしてなんとか階段を下りきると、少しだけ車道を通って再び登山道へ。
小達磨山へ向かって少し登ると、山頂を境にまた階段を下ります。
小達磨山からの下り階段
うーん、やっぱり結構アップダウンが激しかったんだねぇ。

そして戸田峠の駐車場に出てくると、ようやく登山者の姿がちらほらと見られるようになりました。
この辺りに車を停めれば、達磨山までは登りやすいかもしれませんね。(と言ってもあの長ーい階段を登らなければならないことには変わりありませんが

ちょうどご年配のご夫婦とすれ違った時に、旦那様の方から
「達磨山への道は、どこから入るんですかねぇ?」
と尋ねられたので道を説明していたのですが、奥様の方が、無言でずーっとニコニコしながら、私に向かって手を振っていらっしゃったんです
至近距離で手を振られるってあんまりないことなので、ちょっと照れてしまいましたが(笑)、何だか楽しくなってきて、私も手を振りながらお別れしました~
「笑顔」って、やっぱりいいよね

こうして戸田峠を越えると、再び歩きやすい芝生の道へ入ります。
のどかな登山道
ここなんて、沖縄や北アメリカの田舎道みたいにのどかな雰囲気♪

だけどその後、あれっ、こんな急坂あったっけ?と思うような坂を登りました
前方に急坂が見えます・・・

それから登山口までは思ったよりも長く感じましたが、とても歩きやすい道なので苦にはなりませんでした。
ようやく駐車場まで戻ってくると、私はもう一度展望台のところへ出て行きました。
だるま山高原レストハウスから、再び富士山
そこから見る富士山には、朝に見た「燃えるような赤」はもうどこにもありませんでした。
少しずつ湧き出した雲をえりまきにして、ただ静かにそこにたたずんでいるように見えるのでした。

こうして絶景の金冠山・達磨山登山を締めくくった私たち。
それで、その後にね・・・

海が丸見え(その代わり海からもこちらが丸見えな気がする)の赤沢温泉でのんびり過ごし

ほころびはじめた河津桜(だよね?)を眺めながら、自然薯のとろろそばでお腹を満たし
河津桜

伊豆アンディランドでおっきな亀たちと戯れ(亀大好き!うちでもリクガメ飼ってます
ゾウガメと遊ぶ♪
伊豆での1日を満喫して、帰路に就いたんです。

そして伊豆スカイラインを走っている時に、私はものすごい景色を目の当たりにしました。
「ちょっと、そこで車停めてくれるっ!?」
駐車スペースのある展望台のような場所に車を停めてもらうと、私は車を飛び降りて、その景色の方へ駆けていきました。

そこにあった景色――



夕日が・・・



そこら中のものを真っ赤に染めながら、ゆっくりゆっくりと下りていく太陽。
そこにいる何人もの人々が、そのパワーに吸い込まれるように、ただ黙ってその様子をじっと眺めていました。

これが、日本の夕焼けだ。日本は、こんなにも美しい国なんだ・・・。
私は、太陽が下の方から少しずつ姿を隠していく様子を、最後まで見届けました。
真っ赤な夕焼け

こうして昼間の空を照らしていた光が消えると、代わりに足元の街に次々と灯がともり始めます。
こんな昼と夜の狭間の時間、残照の中でもなお富士山はくっきりとその姿を浮かび上がらせているのでした。
残照の富士山

今日という1日を、ずっと富士山と共にいられたことに感謝します
世界はこんなにも美しくて素晴らしい・・・。この世界に存在していることに感謝。今日の長い行程に付き合ってくれた友達にも感謝!
そして今日のこの感動を胸に、私は明日からもこの世界を元気に歩いていきたいと思います

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
金冠山ハイキングコース入口(7:21)→金冠山・達磨山分岐(7:45)→金冠山山頂(7:50-7:55)→金冠山・達磨山分岐(8:01)→戸田峠(8:07)→アセビのトンネル(8:13)→小達磨山山頂(8:30)→一旦車道へ出る(8:39)→達磨山山頂への階段入口(8:41)→達磨山山頂(8:54-9:20)→階段入口(9:29)→車道から再び登山道へ(9:31)→小達磨山山頂(9:40)→戸田峠(9:58)→金冠山・達磨山分岐(10:05)→金冠山ハイキングコース入口(10:25)

◆周辺の天気予報
静岡県伊豆市大沢周辺のYahoo!天気

◆水場とトイレ
トイレはだるま山高原レストハウスの駐車場横にキレイなところがある。
水場はコース中にはない。同レストハウスで調達できそう。
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2010.03.07 Sun 09:44  |  赤沢温泉

yamajoshiさんおはようございます~。

赤沢温泉ってもしかして?無料の露天風呂の方ですかな?
だとすると、温泉マニアです(笑)

河津には国道の真下にこれまた無料露天風呂がありまして、さすがに上から丸見えなので日没後に湯浴みしに行きました(行くんだね・・笑)

あとで聞いたらウェットスーツのサーファーさんがよく使うらしい・・。
とはいえ、カタチは風呂だし入らず見過ごすわけにも・・。

しかし、カメさんでかいです。
カメさんは子供の頃に噛まれて(しかも、縁日の小さいカメ)少し怖いですが、このカメさんは大丈夫そう??

2010.03.07 Sun 23:35  |  長次郎様

長次郎様、こんばんは!コメントありがとうございます。

私が行った赤沢温泉は、DHCがやってる結構お高めのところでした~(笑)
露天風呂は開放感があって見晴らしが素晴らしいのですが、漁船や国道から丸見えな予感が・・・e-263

国道の真下の露天風呂・・・かなりスリリングですね(笑)
でも入るとは、さすが長次郎さん!
ですが、ウェットスーツの人たちと混浴になったらかなりきついですね・・・。せめて登山ウェアで浸かりたい(苦笑)

長次郎様を噛んだカメはきっとミドリガメとかの水に住むカメだったんでしょうね。
リクガメとかゾウガメは基本的に草食なので、噛み付いてきたりすることはほとんどありませんよ~!おっとりしてます。
みんな寄ってきてかわいかったですよ~e-454

2010.12.10 Fri 16:41  |  

自分も山好きでよく行ってます♪
達磨山からの海越しの富士山素敵ですね
今度、ここにいってみようかと思ってます。

2010.12.18 Sat 23:08  |  taka-9様

taka-9様、こんばんは!コメントありがとうございます。

達磨山のこのルート、とてもよく整備されているし見晴らしもご覧の通りなので、本当に気分良く歩くことができます☆他の山にはない新鮮さがあるんですよね。
機会がありましたら是非どうぞ!

2011.02.01 Tue 14:04  |  

yamajoshiさま

初めまして。
いつもブログを拝見しています。一昨年山デビューのまだまだ
山初心者ですが、yamajoshiさんのブログを参考にさせていた
だきながら簡単な山を登っています。

先週末に金冠山・達磨山→船原峠まで行ってきました!
寒くて何度もくじけそうになりました。。人がほぼゼロで、風の
音にビクビクしながら進みましたよ。

でも、yamajoshiさんの記録通り、とーーーっても眺めの良い
コースで、歩き易いし存分に楽しみました。
野生の鹿も見かけましたよ。もちろんライオンキング写真も
撮りました(故意に 笑)

今年は高川山に登ってビッキーに是非会いたい!と思って
いたのですが、ビッキーは逝ってしまったのですね。
とても残念です。山での生活がビッキーにとって幸せなもの
であったことを切に願います。

難しい山はまだ無理だけど、今年も色々な山に登れたら
いいなぁと思っています。どこかでバッタリお会いできたら
楽しいですね!!

2011.02.14 Mon 23:08  |  wanta様

wanta様、こんばんは!コメントありがとうございます。
ご返信が遅れてしまい、本当にごめんなさい。

ブログをご覧頂き、ありがとうございます☆私もまだ登山を始めて3年目のひよっこ登山者です。
金冠山・達磨山~船原峠までを歩かれたのですね!開けているところが多い分、風当たりは強そうですねe-330
でもあの見晴らしの素晴らしさは病みつきになりますよねー!私もまたお邪魔したいと考えています。
なんと、ライオンキング写真も撮られたのですね(笑)

はい、ビッキーの件は私も再会がかなわずとても残念でした。
多くの登山者に愛された彼女が、今は高川山を望みながら穏やかに休んでくれていることを願っています。

これからも沢山の山にお邪魔したいと考えていますので、もしどこかの山で見かけましたらどうぞお気軽にお声がけ下さいねe-454

2016.01.03 Sun 21:52  |  山ボーイ

明日は、達磨山冒険します!

日記を見て、決断しました^o^
年末に 高野山冒険しましたが、やっぱり富士山みたいです! ってか、富士山の頂上にいた時の感動と感謝を、至近距離で、味わいたいです^ ^

2016.01.04 Mon 20:33  |  タケル君さま

タケル君さま、こんばんは!コメントありがとうございます。

明日・・・ということは今日達磨山に登られたのでしょうか?いかがでしたか?
ここ最近はお天気の良い日が続いているので、富士山がバッチリ見れたかもしれませんねー!

達磨山は視界が大きく開けていて、ちょっとアップダウンはきついですが、とっても気持ちの良い登山ができますよね。
私もまたお邪魔したいと思いますe-257

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/186-508a4e9b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。