スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.03北横岳スノーシュートレッキング(1)

北横岳(南峰2,473m/長野県茅野市)

今回のルートマップはこちら(ルートラボ)

この冬一度は体験してみたいと思っていたスノーシュートレッキング。あれこれ情報を集めてはいたものの、友達と都合が合わずに3月も過ぎようとしていました。
私にはまだやり残した「冬」があるけれど、春の足音はどんどん近付いてくる。楽しみにしてたけど、スノーシューは来年に持ち越しかなぁ・・・
そう諦めかけていた頃に、友達から「今週末なら行けるよ!」と嬉しいメールが届いたんです
「やったぁ!行こう行こう!」
というわけで、北八ヶ岳の北横岳へ、張り切って行ってきました!


ピラタス蓼科ロープウェイ山麓駅近くにあるレンタルショップでスノーシューを借りた私たちは、始発のロープウェイに乗り込みます。
麓周辺は土の露出も進んで、春スキーといった雰囲気です。そのためか、スキーヤーやスノーボーダーよりも、しっかりした装備で泊りがけの雪山登山へ向かうらしき登山客の割合が多いように感じました。
(逆に言うと、日帰りスノーシュー体験のつもりで山頂に向かっているのは私たちだけ・・・苦笑)

ロープウェイがぐんぐん高度を上げていくと、辺りは一気に雪景色へと変わりました。
ロープウェイの車窓から

合間に白い雪面をちらつかせながら、どんどん流れていく濃い緑の針葉樹林たち。
こんな景色を上から眺めるのって、なんだかとっても新鮮な気分だね。
動画も撮ってみました~
[広告] VPS

ところが山頂を目前にして、突然ゴゴゴォー!という音と共にロープウェイがゆらゆらと揺れ始めたんです
「うそっ!?風、強い!?」
一気に湧き上がった不安を胸にロープウェイから下りると、建物の外にはかなりの強風が吹き荒れていました・・・

ひとまず建物の中で装備を整えると、意を決して外へ飛び出した私たち。
わぁ・・・
ロープウェイ山頂駅からの景色
そこにはまぶしいほどに真っ白な世界が広がっていました

風は強いものの断続的で、今のところ歩行に支障を来たすほどでもないみたい。
私たちはひとまずレンタルショップで教わった通りにスノーシューを装着してみました。
スノーシュー装着!
こ、こんな感じでいいのかな・・・・・・?
辺りは雪もかなり踏まれているし、場所によっては少し地面が見えているところもあったりして、スノーシューでは歩きづらいように思いましたが、スノーシューを手に持って歩くのも大変なので、このまま歩き始めることにしました。

ロープウェイ山頂駅周辺に広がる坪庭には、遊歩道に沿って細い棒が刺さっていたりロープが渡されていたりして、ルートは分かりやすいです。
辺りには雪と森と岩の、まるで地球とは思えないような光景が広がっていました。
坪庭を歩き始めます

わぁぁ、すごい、すごい世界!
歩き慣れないスノーシューがくっついていて足取りは重いのですが、気持ちは軽く弾んでいます。
どこを見ても、まるで異世界のような美しい景色・・・。
広い雪原

坪庭の平原を通って北横岳へ近付くと、目の前には大きな大きなモノクロの山が聳えていました。
黒い山が聳えます

さぁ、ここからいよいよ森の中へ。
いよいよ森の中へ

勾配が増してきて、慣れないスノーシューに早速息が上がります
それでも私は、この山歩きを思いっきり楽しんでいました。
石割山登山の時に覚えた、新鮮でわくわくするこの感じ。まるで夢のような道がずっとずっと続いているんです
楽しい雪道!

小学校に上がる頃から中学生までは、スキーが趣味の両親に連れられて頻繁にスキー場へ通っていました。
「私たちはちょっと上級者コースを滑ってくるから、ここで待っててね。すぐ戻るから。」
途中で両親は私を小屋に残して、2人で滑りに行くことがしばしばありました。
小屋で1人、空っぽになったココアのカップをじっと眺めながら両親の戻りを待つ時間は、無限に思えるほど長く感じたんだっけ。
そうしていつしか、私は雪の山が嫌いになっていたんだ。
高校受験を理由にスキー旅行の誘いを断って以来、両親とは1度もスキーには行かなくなってしまったなぁ・・・

でも私は戻ってきたよ
前に見てたような、寒くて淋しいだけの黒い山はもうどこにもない。今はただ、キラキラ輝く真っ白な山を「美しい!楽しい!」って思いながら歩いている自分がいます。
人って変わるもんだね。(年のせいなのか・・・
雪山の景色

振り返れば、こんな道を歩いてきたんだぁ!と感動もひとしお。
来た道を振り返る

こうして私たちは、スノーシューの歩き方を試行錯誤しながらも、なんとか無事に北横岳ヒュッテまでたどり着いたのでした~
北横岳ヒュッテ

ここからが大変なことになるのです・・・

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2010.04.05 Mon 21:55  |  スノーシュー

yamajoshiさんこんばんは!

夢にまで見た?スノーシュー体験、行ってきたんですね!
しかも天気いいし(笑)

私も高校生の頃から「山登りなんてありえない」とか思ってましたが、今は・・。
トシかな?(苦笑)

2010.04.05 Mon 23:22  |  長次郎様

長次郎様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、念願のスノーシューへ行ってきました!とはいえ3月のお話なのですが(苦笑)
天気は良かったです。良かったのですが・・・(次回へ続く)

私もほんのちょっと前までは、「都心以外での生活なんて考えられない!」なんていう生意気な女子でした(苦笑)
それがこうも変わるなんて・・・やはり年月ってものは・・・(以下自粛)

2010.04.05 Mon 23:51  |  その手が有ったか

yamajoshiさん こんばんは!
スノーシューの初体験おめでとうこざいます。
しかし初体験でいきなり八ヶ岳というのは凄いよ。(笑)

私もスノーシューをやってみたかったのですが、まともなモノは値段が高くて手が出ませんでした。
ですがレンタルという手が有ったんですね。
来年はチャレンジしようかな



2010.04.06 Tue 21:04  |  デビュー?

こんばんは、スノーフィールドへようこそ。
雪山デビューですか?なかなかいいでしょう。
雪山はシンとしていて、思うようには足が動かないし、歩いてるときは暑いけど、休むとすぐに寒くなります。風が吹いたら最悪だし。
スノーシューは歩きが簡単そうで結構むずかしい。自分もこのあいだ、もんどりうって転びました。急坂はキックステップがうまくできない。
悩んでるこのごろです。
普段の山歩きと違い、楽しいですよね。自分のはTSLというスノーシューです。スノーボード担いで登ってます。のぼりに二時間かけても、下りは15分です。この15分に全てをかけてます。
ではでは、雪山をもっと楽しんでください。

  • #-
  • へっぽこ隊長
  • URL

2010.04.06 Tue 23:11  |  雪山は良いね

スノーシューを履いて雪山を登った事がないが
慣れると歩きやすそうですね。

横岳ヒュッテか...
登山の練習と思い丹沢ばかりを登っているので
そろそろ他の山も登ってみたくなっているので
八ヶ岳は憧れですね。

以前歩いた頭高山は単なるハイキングコース
山登りじゃないですよ(笑)

2010.04.10 Sat 22:40  |  mino様

mino様、こんばんは!コメントありがとうございます。

スノーシューのできる場所はあれこれ調べていたのですが、お知り合いの方から「この時期だと標高のある場所じゃないと雪が融けて状態が悪いかも」との情報を頂き、北八ヶ岳に行くことにしたんですe-454
確かに購入するとなると安くはないですよね~・・・。ツアーに参加するとスノーシューを貸してくれるところもありますし、今回のようにツアーではなくスノーシューを単品で貸してくれるところもあるので、是非一度お試しで使われてみてはいかがでしょうか。

私も来年またスノーシュートレッキングをやりたいです♪

2010.04.10 Sat 22:46  |  へっぽこ隊長様

へっぽこ隊長様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、雪山は夏の山とも全然雰囲気が違っていて、とても楽しいですねe-454
でもやっぱり北横岳からみた雪の南八ヶ岳は険しくて、私が近寄れるような場所ではないなぁと感じましたe-330

下りをスキーやスノーボードで滑り降りたら爽快でしょうね~!
これからもゆっくり少しずつ雪山に親しんでいきたいと思いますe-454

2010.04.10 Sat 22:56  |  sam様

sam様、こんばんは!コメントありがとうございます。

スノーシューは、雪が積もって普通の靴では歩きにくいような場所で威力を発揮しそうですよね。私が歩いたところは、かなり踏み固められていたり、たまに地面が露出しているところもあったりして、スノーシューの実力がいまいち発揮されずでしたe-330

頭高山、「ずっこうやま」と読むんですね。なんだか響きの良い言葉ですe-454
行程自体は軽そうですが、お寺や神社、里の風景なども楽しみながら歩けるのでしょうか。
丹沢の山にもこれからもっと沢山お邪魔できたらいいなと思っています♪

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/191-e90e11ce
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。