スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.03三頭山登山(2)

三頭山登山、(1)の続きです。

出発時間の遅さや強風という懸念事項があったものの、比較的順調に山頂までたどり着くことができた私たち。
ここへ来て初めて知ったのですが、山頂からの見晴らしがなかなか良いんです
見晴らしがいいです!

あれっ、こっちにも山頂の標柱があるよ!?
山梨の山頂。
こちらには「山梨百名山」って書いてある。そうか、さっきのは東京都の山頂標柱で、こちらは山梨のものなんだね。
そういえば雲取山でも東京都と埼玉の標柱で写真を撮ったっけ。(笑)

この時、時刻は14時半頃。小広い山頂にはこの時間とはいえ、ちらほらと登山者がやってきています。
そんな中、私たちはこの山頂一番の特等席を確保することができましたっ

それが、このベンチ。
ここが特等席

えっ、何が特等席なのかって?
このベンチの目の前に広がる景色をちょっとズームしてみると・・・ホラ。

富士山が見える☆

黄砂の影響かだいぶ霞んでしまってはいるものの、肉眼ではもっとはっきりとした富士山の姿を望むことができたんですよ~
ここからこんなに素敵な景色が見られるなんて予想していなかったので、思わぬご褒美にテンションも上がります

この特等席に腰掛けた私たちは、あんまり長居はできないけれどせっかくだから、と手早くお湯を沸かして、温かいお茶を頂きました
甘いミルクティーで、富士山に乾杯☆
お茶タイム
少し風があって肌寒くなってはきましたが、心はポカポカしていました

こうして山頂ティータイムを終えると、私たちは荷物をまとめていよいよ下山にかかります!
裸の木々
裸になった美しい木々の姿を眺めながら歩いて行くと・・・あれれ!?

また山頂!
山頂が・・・

そしてそのすぐ近くには・・・

またまた山頂!!
またまた山頂っ!!(笑)

よくみると、それぞれの標柱にはカッコ書きで(中央峰)(東峰)って書いてあります。
そう、三頭山は「三」つの「頭」を持つ「山」なんですね~

こうして無事に3つのピークを訪ねることの出来た私たちは、展望台からもう一度素晴らしい景色を楽しみました。
展望台から

ここからいよいよ、本当の「下山」だね
「鞘口峠」の道標を頼りに、ぐんぐん高度を下げていきます。

途中、木々の合間にチラチラとこんな景色も見えました~
木々の合間に望む山々と奥多摩湖
傾き始めた太陽が山々の陰影をより濃く浮かび上がらせていて、その麓にはエメラルドグリーンに輝く奥多摩湖がほんの少しだけ顔を覗かせています。
その神秘的な水の色に心惹かれて、もっと良く見てみたいって思うんだけど、なかなか奥多摩湖の全景を望むことができませんうーん、なんだかじらされている気分(笑)

というわけで、私が10年近く前に訪れた、11月半ばの奥多摩湖の写真を載せてみます
(古いカメラだったので、画質が悪くてゴメンナサイ
10年位前の秋の奥多摩湖
自然って、こんな風に芸術作品のような美しい光景を作り出せるんだ・・・ってすごく感動して、ただひたすらこの景色に見入っていたことを思い出します。

そして私たちは順調に鞘口峠を通過し、改修工事のため閉鎖中のスポーツ歩道の脇を抜け、明るいうちに森林館まで戻ってくることができたのでした
森林館
ここ森林館には、森の動植物たちの標本や情報があれこれ展示されています。そのほか、一般参加可能な木工教室も行われているんです。
特にこの木工教室がすごい!立派な棚とかスツールとかの木工品を、安い価格で自分で作らせてもらえちゃうみたいなんです開催スケジュールをみて、今度参加できたらいいなぁ。

こうして無事下山を果たした私たちは、数馬の湯で温泉に浸かり、かつおだし(多分)のすごく美味しい舞茸天ぷらそばを食べて今回の山旅を締めくくったのでした


今回は午後の登山ということもあって、短時間にはなってしまいましたが、それでも沢山の木々と触れ合ったり、素晴らしい景色を楽しんだりと、山歩きを満喫することができました
(でもやっぱり「朝から登山」が一番です・・・苦笑)
都民の森は、コースがきちんと整備されていたり、森林館のような体験施設があることもあって、登山者だけでなく一般の人たちに対しても優しい場所・・・「森と人との心の距離が、近づくことのできる場所」だと感じました。
都会の空気に疲れたら、都民の森のブナたちに会いに行く。三頭山のてっぺんにある特等席で富士山を眺めながら、あったかいお茶を飲む。そんなゆるい登山もありだなって思います

三頭山、ブナの新緑がまぶしい頃もいいだろうな。紅葉の美しい頃もきっと素敵だね
私の心はいつだって、イタヤカエデさんの背中に乗ってあの森へ飛んでいけるような気がしています。

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
都民の森駐車場(12:58)→森林館(13:04)→見晴らしのいい場所(13:11)→三頭大滝(13:25)→ムシカリ峠(14:12)→三頭山山頂(14:25-15:16)→中央峰(15:21)→東峰(15:22)→鞘口峠(16:05)→森林館(16:20)

◆周辺の天気予報
東京都西多摩郡檜原村数馬周辺のYahoo!天気

◆水場とトイレ
トイレは都民の森駐車場にある。
沢沿いを歩くけど水場があったような気がしない・・・。飲み物は都民の森駐車場付近や森林館などで調達できそう。
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2010.04.29 Thu 16:33  |  

こんにちは。

こちらの記事を拝見してGWの山行きの候補にと思ったのですが、バスだと登山口まで一時間くらいかかるとのことで少し腰が退けます。でも下山後の数馬の湯は捨てがたいし・・・。あぁ迷います。

2010.04.29 Thu 16:39  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.04.29 Thu 20:08  |  

yamajoshiさん、こんばんは!
山梨百名山の標柱を撮影して頂きありがとうございます。
山梨県人としては、山梨百名山である三頭山へ行かなければなりません(笑)

えぇ~!、三頭山って山頂が三つあるんですか!
知らなかったぁ。勉強不足です。

先週、筑波山に行ったのですが、カタクリの群生があり綺麗でした。
カタクリはもう終わりかけていましたが、標高が高いところでは見ごろなものもありましたよ。

2010.04.29 Thu 23:16  |  

yamajoshiさん、お晩です。はじめまして。いつも楽しく貴ブログを読ませていただいてます。「山大好き!」というお気持ちが、行間からも伝わってくるのが最高です。

今回の日記の三頭山には、私も24日に登ってきましたので、思わずコメントを残してしまいます。私が登頂した時は、雪がチラつく中の山行となってしまいました。4月も下旬だというのに・・・。おかげで、富士山には完全にフラれてしまい、その姿をチラっと拝むことすらできずじまい。それだけにyamajoshiさんが羨ましいです。これも日頃のおこないなのでしょうか。

先週の分を取り戻すべく、当方、今週末は丹沢方面へ足を運ぶつもりでいます!

これからも、山を、自然を、エンジョイしていきましょう!!

2010.04.30 Fri 08:25  |  

こんにちは。

三頭山、昨年4月に登った際、
やはり福寿草やキクザキイチゲが咲いていたことを思い出しました。
ハシリドコロは芽吹いていませんでしたか?

ここの森林館のお蕎麦も美味しいという噂が…
といっても私もまだ食べたことがないのですが~ ^^;
木工教室、私もすごく気になりました ^^

  • #-
  • よしころん
  • URL

2010.04.30 Fri 23:18  |  amigo様

amigo様、こんばんは!遠征中のため短文にて失礼します。

ううーん、確かに三頭山はバスですとなかなか行きづらいですよね。
車で行っても思ったより時間がかかった気がしますし・・・。

数馬の湯、そしておそばは絶品でしたよ!(誘惑・笑)

それから別件のご連絡ありがとうございました!これからなおします!

2010.04.30 Fri 23:21  |  hiro様

hiro様こんばんは!遠征中のため短文にて失礼します。

三頭山が山梨百名山とは知りませんでした!というか、山梨エリアにかかっていることも初めてしりましたe-330

そして、山頂が3つというのも初めて知った次第でして・・・。ただ、他の2つの山頂は結構地味な感じでした。

カタクリもいいですね~!これから花を探すのが楽しくなりますね♪

2010.04.30 Fri 23:24  |  RCG様

RCG様、初めまして!ブログご訪問ありがとうございます。

三頭山、なんと24日は雪でしたか~!!今年はなんだか天候が不安定ですよね。
私も雨女なのですが、幸いなことに最近は天気に恵まれています・・・って調子に乗ると雨に降られそうです(苦笑)

丹沢、いいですねぇ!今度はきっと天気も良いでしょうね。ぜひ山歩き楽しんで下さいね♪

2010.04.30 Fri 23:26  |  よしころん様

よしころん様、こんばんは!遠征中のため短文にて失礼します。

すみません~!私植物の名前がほとんどわからなくて・・・もしかしたらハシリドコロもあったのかもしれないですね。
やっぱり種類が分かると山歩きももっと楽しくなるんだろうなぁ。少しずつ覚えていきたいと思いますe-454

森林館のおそばもあったのですねー。次こそは・・・!

2013.01.17 Thu 11:37  |  奥多摩一周の山旅

 昔々の話で御免なさい。
 それは秋だった。夜行列車を上野原で降り、北上して棡原(ゆずりはら)の家々を後に霜の降りる道を歩いていて薄明るくなってきたとき、突然赤い鼻緒の草履を突っかけた真っ裸の子供が一匹飛び出してきた。そして道端で小便をしだした。さらにもう一匹。誰もが貧しかったがたくましかったのだ。
 すっかり明るくなって、村人が仕事を始めるころ、郷原から槙寄山への尾根を登っていた。三頭山は落ち葉が一尺もあるふかふか道だった。風張峠をすぎ、何処まで行ったか忘れたが、茅戸の快適な尾根を駆け下る。家々の夕餉の煙が上がるころ麓に着き、薄暗くなってきた道をバス停の本宿に急いだ。本宿に着いたら、バスはすでにないことが分かりがっくり来たが、最後の体力を使って、五日市の駅着、その日のうちに東京に帰りつくことができた。
 昔々、60年以上も前のことです。

2013.02.18 Mon 22:58  |  古島昭雄様

古島昭雄様、こんばんは!コメントの返信が遅くなってしまって本当にごめんなさい。

私が生まれるずっと前の山のお話、私は実際には見ることはできませんが、情景が目に浮かびました。
素敵な山のお話をありがとうございました!

  • #-
  • yamajoshi
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/197-d746522c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。