スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.03岩殿山登山(簡易レポート)

岩殿山(634m/大月市)

※今回の登山ルートは、前回岩殿山登山時とほぼ同じです。

3月のお休みに、登山関係でお世話になっている会社の方々と4人で岩殿山登山へ行ってきました!
担当さん1人以外は皆さん初対面だったので、まずは大月駅前でご挨拶。
同年代位(20~30代位)の人たちとのグループで登るのは富士登山以来のことなので、どんな登山になるのかな?と新鮮な気持ちで歩き始めました

電車で大月駅を通過する時も、高速道路を走っている時も、いつも目を引くあの「大きなおでこ」みたいな山容。
その山こそ、私たちがこれから登る岩殿山です
それにしても・・・あの姿が民家の裏にどーんとある光景はいつ見ても圧巻だなぁ。
裏山が岩殿山!

住宅街を抜けて橋を渡ると、いよいよ「岩殿山」と書かれた道標が見えてきます。
私たちは矢印の示す通りにこのフェンスをよじ登って岩殿山の山頂へ・・・

このフェンスを登るのかっ!?

そんなわけない。(笑)
実際はこの少し先に、立派な登山口があるんですよー!

ここから岩殿山ふれあいの館を経て山頂へ至るまで、かなり急な階段が延々と続きます。
それまでワイワイお喋りしたり、写真をばしばし撮ったりながら歩いてきた一行は、急に静かになりました(笑)
息を弾ませて階段を登りながら、ふと向こうの景色に目をやると・・・

「あ――――っ!!

富士山が見えた!

前回登った時には見ることのできなかった富士山の姿が、くっきりと見えていたんです!!

「すごーい!」「富士山きれーい!」
再び賑やかさを取り戻した一行は、岩殿山ふれあいの館でトイレ休憩&館の前にある「丸山」という山の頂で景色を楽しんだ後、順調に山頂までたどり着くことができました

山頂から見下ろす大月の町は、まるでジオラマのよう。
私はここから見るこの景色が本当に大好きなんです
しかも今回は、富士山までキレイに見えてるよ・・・ホラ。
岩殿山山頂から

どうやら最近、この岩殿山を観光スポットとして盛り上げていこうという動きがあるようです。
というのも、この山の標高が、あのスカイツリーと同じ634(ムサシ)mなのだそうで・・・(笑)一足早く、あのタワーのてっぺんと同様の高度感を味わうことができるんですね~。
見晴らしもいいし、休憩できるあずま屋なんかもあるので、駅から山頂までを単純往復するだけでも楽しめそうです

ですが、私たちはここからもっと登りごたえのある面白いルートを辿ります!
兜岩への分岐
山頂から少し下ったところにある分岐を折れて、兜岩方面へ。

ここからの道の面白さは前回のレポートで既にアップしているのでここでは多くは語りませんが、兜岩も鎖場たちも、記憶にあるものより大きく長く感じました。なんでだろう?
でもやっぱりこの道は楽しかった!!
兜岩

それから、前回も少し気になったのですが、結構道が荒れ気味なんですよね・・・。今回はかなり乾燥した土がボロボロと崩れていて、特に下りの時には滑りやすかったです
最近のものと思われる倒木も・・・。指導標が倒されてるーっ
倒木が・・・

それでも、岩や木々の合間に現れる開けた場所では、こんなに素晴らしい眺望が楽しめます。
岩殿山方面を振り返る
お天気も良くて、本当に気分がいいの

そして・・・稚児落としに到着!
稚児落とし
今回のメンバーの中には、高所恐怖症の人はいなかったみたい。(高所恐怖の人だとここは結構厳しいんですよね・・・)
皆で腰を下ろして、この絶景を眺めながらのお茶タイムにしました

お茶を飲みながら眺めていた岩壁の方へ進んで、今まで自分たちのいた場所を振り返る。
稚児落としから振り返る
わぁー、私たち、あんなすごいところに普通に座ってたんだね・・・(苦笑)

岩殿山のハイライトはこれにて終了。ここからは、滑りやすい下り坂を慎重に下っていきます。

ここにも倒木が・・・
また倒木!

これはタテハチョウの仲間かなぁ?この種類の子はカメラにポーズを取ってくれるから写真が撮りやすいよね
タテハチョウかな?

こうして私たちは気持ちの良い山歩きを終え、大月駅へと下っていきます。
大月駅へ
舗装道路に出てから大月駅までの道のりは、前回よりもずっと短く感じました。皆さんとワイワイお喋りしながら歩いていたからかもしれませんね
最後は駅前でほうとうとビールで乾杯して、帰路に就いた私たちなのでした
(駅前のお店のほうとうは、本格的で量も多くて美味しかったです♪)

今回は、いつもと違った雰囲気で山歩きをすることができました。
私が山を歩く一番の目的は「山自体とじっくり向き合う」ってことだから、私としては単独や気心の知れたごく少人数で山に入るのが自分の目的に一番適っていることは変わらないんだけど、こんな風にたまには「みんなで"山登り"という行為を楽しむこと」を目的にした山歩きっていうのもアリだなぁって思いました。
同じ山でも、行く時期や行く相手によっても全然違った登山を楽しめるもんね

そして何より、皆さんに山登りを楽しんでもらえたっていうことが、私は嬉しかったです。
実はこの頃、時々登山に同行してもらっていた友達の1人に、「ごめん、やっぱり山はキツイ」って今後の山行を拒否されたばっかりで・・・これまで一緒に登ってきて、その人は山を楽しめていなかったんだってことを知ってすごくショックだったんです

人には色んな感じ方があるから、私の感動するモノが相手の感動するモノとは限らないんだってこと。
誰かと同じ感動や楽しみを共有できることは決して当たり前のことなんじゃなくて、本当にありがたいことなんだなぁってこと。
色んなこと、勉強になった山行でした!

【終わり】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2010.05.10 Mon 09:14  |  

はじめまして!
ひとり登山って、ものすごく自然に近づける感じがしますよね。
私は以前、屋久島を歩いたときに、
五感がフル稼働する心地よさを強烈に感じました。
でも、同じように歩いても、
山女子さんが言うように、
すべての人が同じ気持ちになるわじゃない。
わかるわ~
だからこそ共有できたときは、すごくうれしいですよね!

2010.05.10 Mon 12:19  |  初めまして

私は大月市に住んでいて、家からは岩殿山が見えます。
なぜかとても懐かしい気がしたので、コメントを書かせていただきました。

前回の岩殿山も見させていただきました。
私も山が好きなのですが、今は若いころのようにあまり登っていません。

岩殿山も普通の登山道で山頂に登った事しかありませんが、
山女子さんのブログで、稚児落としなど拝見してすごい岩場なので驚きました。

これからも楽しい山登りを続けてくださいね。(*^_^*)

2010.05.10 Mon 21:33  |  高所恐怖です。(^^ゞ

yamajoshiさん、こんばんは♪
山は楽しみに行く場所です。(^○^)/
自分の好きな時間をいっぱい味わうところと思います。
山も旅のひとつでしょう。ヽ(^o^)ρ
色んな景色や出会いがあって面白いですね。

でも、岩殿山のハイライトは怖くて足がすくみそうです。(^^ゞ
文字通り、岩の殿様みたいです。
あれ?城跡もありますか~。(^^)/

2010.05.10 Mon 23:23  |  

yamajoshiさん、こんばんは!
岩殿山、思えば山梨百名山の中で一番初めに登った山になります。
でも、そのときは山を趣味とする前の話で、目的は岩殿城跡で結果的に岩殿山に登頂したことになります。
その後、岩櫃城跡に行くついでに岩櫃山に登りました。
ここから、山自体を目的に登るようになっていきました。
ほんと、何がきっかけになるかわかりませんねぇ~。

たとえ趣味が山登りで共通してても、人によりその登山スタイルは違うように思います。
☆登頂が一番の目的で、黙々と歩いて行く人。
☆登頂だけでなく、花、木、空、景色などに感動し、立ち止り、自然と一体化する人。
両者が一緒に山に行っても、ペースが合わず有意義な山登りにはならない気がします。
逆に同じ感性の人と山登りできたら楽しいでしょうね。
まぁ、これが価値観が合うということなんでしょうけど。
いろいろと面倒くさくなって結局、単独での登山になってしまうのかな(汗)





2010.05.11 Tue 18:26  |  北アも最高でしたよ

突然のコメント失礼します。5/1、2、3と8、9は、北アルプス。5/5は谷川岳に登っておりました。いづれの山もまだ雪が多く、一般の登山者さんはけっして多くは居なかったんですが、この時期ならではの絶景をみる事ができました。私は異質な格好で山に居たりしますが、もし見かけたら声でもかけて下さいませ。
山登り仲間がいるってうらやましいですね。。

  • #-
  • 今日もベイダー卿
  • URL

2010.05.11 Tue 22:46  |  

yamajyoshiさんこんにちは。岩殿山行かれたんですね。
私も週末行ってきたところです♪。冬にくらべたらもやっていましたが、富士山も見えてスタートからテンションアップ。そしてなにより新緑の美しいこと。そして稚児落としからの景色はうわさ通り絶景でした。稚児落としではさややかな風があったのですが、その後気温も上昇アップダウンもあり最後はかなりバテバテとなっていまいました。でも充実感でいっぱいの一日でした。新緑の岩殿山もお薦めです。 追伸 先日はザックのアドバイスありがとうございました。まだ購入できていませんが・・・。九州遠征のザックもよかっらた紹介してください。

2010.05.12 Wed 21:49  |  rockey-tommy様

rockey-tommy様、初めまして!ブログご訪問&コメント頂きありがとうございます☆

ひとり登山、リスクももちろんありますが、山と1対1で向き合える良さがありますよね~。
屋久島は本当に素晴らしいところですよね。あの森の空気の濃さには圧倒されましたe-454

はい、山に入って気持ちを共有できると、すごく嬉しいですよね☆
それから逆に、仲間が自分とは違った感じ方をしていてとても興味深かったりもしますね。
天気が悪くて視界が霧で真っ白だった時、テンション下降気味の私に友達が、
「すごいよ!今日はマイナスイオンがたっぷりだね!」
って言ってきたのがおかしくて、嬉しくて・・・。
そっか、そんな考え方もできるんだね♪って元気を取り戻したことがありました~e-454

2010.05.12 Wed 21:56  |  花音様

花音様、初めまして!ブログご訪問&コメントありがとうございます☆

花音様は大月にお住まいなのですね!山好きとしては、大月市には沢山の素敵な山があるのでとても羨ましいですe-454

岩殿山は見晴らしがとてもいいですよね。天気が良ければ富士山もあんなにキレイに見えるんですね~。
岩殿山側から稚児落としへ行くには、大きな鎖場をいくつも越えなければならないのですが、通常ルートを逆に取ると比較的楽な行程で稚児落としに出れるかもしれないですね。
機会がありましたら是非ご覧頂きたい絶景です☆

はい、ありがとうございます!これからも事故や怪我には十分気をつけながら、山歩きを楽しみたいと思います♪

2010.05.12 Wed 22:01  |  クロちゃん

クロちゃん、こんばんは!コメントありがとうございます。

そうですね、山は誰かに強制されて行くところではなくて、自分から行くのだから、目一杯楽しみたいですよね♪
山の中では見知らぬ人とも気軽にお喋りできてしまうから楽しいですよね~。

クロちゃんは高所恐怖なのですか!?意外ですっe-451
稚児落としは目がくらむほどの高度感ですよ~。是非一度体験してみて下さい(笑)

はい、この山は昔岩殿城というお城があったそうです。稚児落としにはそのお城にまつわる悲しい伝説があるようで。
歴史に疎いもので詳しくは語れませんが・・・e-330

2010.05.12 Wed 22:07  |  hiro様

hiro様、こんばんは!コメントありがとうございます。

岩殿山も山梨百名山だったのですね!hiro様の登山は元々城跡めぐりから始まっていたのですね~。岩殿山も岩櫃山もお城にぴったりの山ですよね!

まさにhiro様がおっしゃることと同じことを私も登山を始めた頃に感じました。ブログでも妙法ヶ岳のところに書いているのですが、目的の異なるパートナーと一緒に登ったらお互いほぼ単独行になりました(笑)
価値観の合う仲間がいるといいですよね♪私としては是非、価値観の合う若い独身男性と知り合いたいところですが・・・(苦笑)

2010.05.12 Wed 22:12  |  今日もベイダー卿様

今日もベイダー卿様、こんばんは!コメントありがとうございます。
以前も一度コメント下さいましたよね。覚えていますよ!

北アルプスに谷川岳、わぁ~すごいですね!
私にはまだまだ雪山を登ることはできません~e-443

今日もベイダー卿様、山でものすごい格好していらっしゃるんですね(笑)すごく面白いです!
山でお見かけしたら声かけさせて頂きます。是非写真撮らせて下さいe-454

2010.05.12 Wed 22:21  |  もも様

もも様、こんばんは!コメントありがとうございます。

もも様も岩殿山登られましたかー!富士山も見えたようで何よりですe-454
そうですね、新緑の岩殿山もとっても楽しそうですね♪

岩殿山から稚児落としをまわって戻るコースだと、アップダウンも多いし岩場で全身を使うのでかなり登りごたえがありますよね。
下山直後に今回のメンバー全員がなぜか手がむくんでいたんですよ~。みんなそうなのかなぁ?

九州遠征で使ったザックは、オスプレーのケストレル28(SMサイズなので実質26L)です。
コンパクトなのに多機能で、ぎゅっと絞れば飛行機の手荷物サイズにちょうどおさまったんですよ~。山旅のお供にすごく役立ちましたe-454

2011.03.07 Mon 18:59  |  2度目のコメントです!!

以前に山女子さんのblogを見て宝登山に登った者です!!
(大山フリーパスの事も話したかな?)
遅くなりましたが去年の年末に岩殿山に登ってきました!!
階段の中腹のところで富士山がくっきり見えてすごく感動しました!!
勿論、写真を撮って年賀状にプリントして出しました!!
みんなに好評で嬉しかったです!!

さてさて、またまた山女子さんにオススメの山が出来たのでもし良かったら挑戦してみてくださいね(^_-)-☆
?雁ケ腹摺山
この山は昔500円札の富士山のモデルになった山です。近くまで車で行けますよ☆
?王ケ頭
美ヶ原の辺りです。
めちゃくちゃ神秘的な景色が見れますよ~
詳細は…内緒o(^-^)o

山って良いですよね~

2011.03.08 Tue 23:57  |  よぅ様

よぅ様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、大山のお話伺いました。前回はメールでご連絡頂きましたねe-454

岩殿山に登られたのですねー!富士山が突然どーんと見えると、テンションが上がりますよね☆
オススメ山情報もありがとうございます!雁ケ腹摺山は何度か候補に挙がっていたのですが、なかなか機会が得られずでした。今度友達に車を出してもらえる時には是非行ってみたいと思います♪

王ケ頭も名前だけは知っているのですが、神秘的な景色とは興味が湧きますね~!
こちらもチェックさせて頂きますね。ありがとうございました!

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/201-df032b21
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。